• もっと見る
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
歴史とは! [2024年04月10日(Wed)]
歴史とは何か!

−ねずさんの学ぼう日本− から抜粋

意外なことに、戦後生の私たちは、学校で歴史を教わっていません。
これは昭和20年にGHQが日本における歴史教育の無期停止を実施したことを受け、当時の文部省が昭和22年に、正式に歴史教育を廃止し、社会科を新設したことによります。

あのGHQですから「一時停止」だったものを、日本の文部省が「廃止」にしてしまったのですから、いつの世にも茶坊主はいるものだと呆れてしまいますが、いずれにしても、現代においてもなお、我が国の歴史教育は復活していません。
いま行われているのは、社会科にほかならないのです。

・ 社会科というのは、その子が社会人になっても困らないように、過去におきた出来事を、ただ暗記してもらう科目です。
ですから当然、テストには「鎌倉時代は何年に始まりましたか?」「はい、1192年です」というように、必ず正しい答えが用意されているというように、社会科というのは、ただの暗記科目です。

・ では、そもそも歴史学とはどのようなものなのでしょうか。

まず簡単にその定義を述べると、歴史とは、
「過去の事実の因果関係を記述したもの」
ということができます。

従って書かれたものが歴史であり、因果関係を持つものが歴史です。
ということは、書かれた史書がなかったり、あってもそれが因果関係を表していなければ、それは歴史になりません。

そもそもとして歴史を持つ国や民族というのは、限られた少数しか存在しないということになります。
その通りなのです。

歴史とは   1 直進する時間  2 時間を管理する技術  3 文字で記録をつくる技術  4 ものごとの因果関係の筋書きの4つを満たす過去の記録です。
歴史を持つ国や民族は、世界の「少数派」なのです。

では、歴史を持つのは、どの民族なのでしょうか。
答えは3つです。
それが、東洋史、西洋史、国史です。

現代日本では、世界史と日本史という分類がされていますが、もともとは世界史などというものはありません。
なぜなら西洋史と東洋史では、その記述(筋書き)がまるで異なるからです。
西洋史は勇者譚であり、東洋史は正統物語なのです。

ちなみに戦後はGHQによって、西洋史と東洋史の授業が停止され、文部省が廃止を決めたため、この西洋史と東洋史が合体されて「社会科・世界史的分野」となりました。

ところが、実際には西洋史も東洋史も、どちらにもストーリーがあり、しかもそのストーリーの組立が全く異なるわけです。

ぜんぜん違う筋書きのものをひとつにまとめるということは、サッカーと野球をまとめてひとつの種目にするようなものです。
本来、できるものではないのです。

そこで無理やり考案された方法が、
「単に世界で起きた出来事を列記して丸暗記させる」
という教科としての世界史です。
これは日本だけにある、不思議な学科です。

歴史を持つ民族である日本は、どのような歴史観なのでしょうか。

日本の歴史は、日本書紀を元にしています。
日本書紀は、チャイナに唐という巨大な軍事帝国が生じたときに、我が国を統一国家にする目的で書かれたものです。
そこに書かれていることは、
我が国の国柄と、その成立の物語です。
そしてその中には、神々の時代から、いかに先人たちが努力して日本という国を築いてきたかが描かれています。
勇者であっても儚く散り、正統であっても争いがあります。
従って、これを読む人々は、過去の様々な事実から、現状打破の力を学ぶことになります。
日本書紀以降の他のすべての日本の史書が、すべてこの形です。

◎ 日本人にとっての日本古来の歴史は、記述された過去の事実を前にして、
そこから読む人それぞれが何を学び取るかが重要視されるものとなっています。

◎ 日本の歴史(国史)は、過去の事実を基に、自分ならどうしたか、自分ならどうするかを考えるための手がかりの書なのです。

◎ 日本人にとっての歴史は、
「事実を基に、自分の頭で考えるためのもの」ということになります。

◆ 社会科と歴史学の違いも、ここにあります。
社会科は、単に「事実を覚える」ためのものです。
けれど歴史科は、過去の事実に基づいて、どうしてそうなったのか、自分ならどうするか、本当はどうすればよかったのかを、自分が当事者の一員となって考える学科なのです。

◎ ただ「知っている」だけなら、何の意味もないのです。
そうではなく、そこから自分の頭で考える技術を磨く。
そこが大事なのです。

※ 過去と他人は変えられない? とか言われますが・・・
過去から学び 自分を磨き 自分が変わることで他人も変わる・・・目指すは「そこ」に有り!


Bfb-fSICMAA88Ql.jpg
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:47 | 脚下照顧・人として… | この記事のURL | コメント(0)
ASG構想ありえない [2024年04月03日(Wed)]
ASG構想ありえない

【高市早苗経済安全保障担当相は当初から
「エネルギー安全保障は、国民の生活や経済活動にも大きな影響を及ぼす安全保障の中核的な課題の一つだ。
他国から干渉されるようなことがあってはならない」と指摘していた】

(大林ミカ・河野→日本のエネルギー政策を支那に委ねる工作員と名指しされてもやむを得ない?)

◆ 大林ミカ・自然エネルギー財団事業局長のTF委員起用について林芳正官房長官は「内閣府の事務方が提案した案を河野氏が了承した」と語った。
人選に関わった河野氏と内閣府の責任は重い。

河野氏が外相当時の「気候変動に関する有識者会合」では委員9人のうち3人が自然エネルギー財団のメンバーだった。河野氏は同財団との関係についても説明すべきだ。

同財団は太陽光、風力、水力などの自然エネルギー資源を相互に活用するため日本と中国、ロシア、インド、タイなどの送電網を連結するアジアスーパーグリッド(ASG)構想の実現を唱えている。中国国家電網公司の呼びかけで設立された国際的な送電網構築を目指す非営利団体にも参加していた。

ASG構想も国際的な送電網も専制国家の中露両国などに日本の電力供給を左右される余地を与えかねない。国家安全保障、エネルギー安保の両面から到底受け入れられない構想だ。日本国民の安全と国益を損なう構想を掲げるような財団のメンバーを政府の会議体の委員にすることは極めて危うい。

国民民主党の玉木雄一郎代表は、政府の審議会などの委員選定にも、経済安保上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」が必要との見解を示した。その通りである。

※ TF→再生可能エネルギーに関する規制見直しを目指す内閣府のタスクフォース(TF)
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:29 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
日本の国家防衛に関する資料「プレゼンテーション資料を中国がつくった」 [2024年04月02日(Tue)]
河野大臣の再エネ推進で自衛隊の機密が筒抜けに
日本の国家防衛に関する資料「プレゼンテーション資料を中国がつくった」
という疑惑が発覚   −拡散要−
2024年04月01日  −草莽隊日記−

 河野太郎防衛大臣のときに行われた自衛隊施設の再エネ化によって、自衛隊の動くが海外に筒抜けになっている。
それを玉木雄一郎国民民主党代表が問題視している。

玉木氏は昨日の「たまきチャンネル」では河野氏が防衛大臣時代に、レーダーなどの防衛施設に関して、そこに提供するエネルギーの再エネ化を推進した。
玉木氏は重大な懸念を示す。電力の自由化で小売りの業者が入り乱れて700社くらいあるという。それで何社もが自衛隊の施設に電気を売っている。
どれだけの電力量があるかが把握されてしまう。

まさしく国家機密の漏洩ではないだろうか。使用量によって自衛隊が何をしているかが分かる尾である。しかも主な契約事業者というのは、バンブーパワートレーディング合同会社である。検索してみると、親会社はタイだというから驚きだ。

玉木氏が言うように、「再エネよりも防衛の方が優先されなくてはならない」
国あっての再エネであるわけで、河野氏はとんでもないことをしでかしていたのだ。


 河野氏はデジタル担当大臣であると同時に、規制改革担当大臣でもある。
玉木氏が厳しく批判するのは、規制改革の観点から再エネタクスホースつくって、他省庁の政策に色々と口を挟んできたからである。

私的な勉強会で法的根拠がないにもかかわらず、自然エネルギー財団のメンバーが入って発言し、あたかも権限があるかのような動きをしたからだ。

そのプレゼンテーション資料を中国がつくったという疑惑が発覚し、
それでロゴのことが世間を騒がせたのだった。

 岸田首相は即刻、河野大臣をクビにすべきだろう。万事が万事河野大臣がしてきたことは、国益を損なうことばかりである。

裏カネよりも深刻な問題であるにもかかわらず、マスコミはまったく報道しないが、玉木氏が危機感を抱くのは当然であり、私たちも声を上げなくてはならないのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:04 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
大林ミカ [2024年03月29日(Fri)]
今話題の大林ミカ氏のバックは飯田哲也氏か
2024年03月28日 | 再エネ利権の闇 −草莽隊日記−

我が国の再生エネルギー戦略が
中国の意のままに
進められていたのではないか。あまりにも衝撃的なことであった。

 再エネ導入のための規制の見直しをするタスクフォースの民間構成委員の人選に問題があったことは明らかである。河野太郎デジタル担当相が無理やりに押し込んだのである。

さらに、大林ミカ氏が所属している自然エネルギー財団は、中国との密接な関係があることが、高市早苗経済安全保障担当相も認めている。

 中国の代理人のような人間が、我が国の重要政策に関与していたとしたら大問題だし、大林氏が政府の有力機関の肩書を示して、地方で反原発、再エネ推進の運動を展開していた活動家であることも判明している。

 池田信夫氏のXによると、大林氏のバックには飯田哲也氏がいるといわれる。これまでマスコミは必死になって飯田氏を持ち上げていたが、いよいよこれから中国とのつながりなど、闇に包まれた部分が明らかになるはずだ。

 すでに一部週刊誌なども動いているようだが、日本の国益を守る意味からも、与野党を問わず徹底的に究明されるべきだろう。

 とくに会津地方の再エネ関係者は認定NPO法人環境エネルギー政策研究所の所長である飯田氏とは密接に連携しており、今後の成り行きが注目さる。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:53 | 日本の闇 | この記事のURL | コメント(0)
日本のために働く政治家かどうか [2024年03月27日(Wed)]
 私たちは闇雲に自民党を批判するのではなく、自民党の親中派をターゲットにすべきだろう。保守派同士が角を突き合わせているときではないのである。

バツ1バツ1バツ1 再生エネルギー分野の規制改革を議論する会議の資料に中国企業のロゴが入っていたことが判明した。公益財団法人「自然エネルギー財団」の事業局長である
大林ミカ氏を通じて、中国が我が国の重要政策に口出しをしていた疑惑が持ち上がった。

 完璧なものではなりかも知れないが、セキュリティ・クリアランス法があれば、再エネタスクフォースの有識者会議に、いかがわしい人物が入ることは阻止できたはずである。

◎◎◎ 自然エネルギー財団と中国との関係については、国家安全保障上の観点からも徹底的に究明されなくてはならない。
小林鷹之前経済安全保障担当相のような政治家がいたことは救いであった。

 アジアスーパーグリッドなる構想について、
小林前経済安全保障担当相が

「わが国は安全保障上、国際送電網で大陸と繋ぐわけにはいかない。
つまり日本は、エネルギーミックスを一国だけで完結させなければならない、という(欧州とは異なる)特殊事情がある。
自給率を上げつつ、電力源の多様化の必要性は欧州とは比べ物にならないほど大きいことに留意する必要がある」と予算委員会分科会で発言していたことを、私たちは高く評価すべきだろう。

与野党を問わず、親中派は中国の言いなりである。
中国に日本の電力が握られてしまえば、その段階で我が国は属国に転落することになるのである。

 今の自民党は腐っているが、反自民だけでは物事を判断しては、政治的な混乱を招き、中国を利することになる。

自民党の国会議員を選別し、保守派に力を与えなければならない。

そこでの判断の基準は日本のために働く政治家かどうかである。
そして、
◎◎◎ 日本維新の会や国民民主党には、
まともな野党として頑張ってもらわなくてはならないのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 06:20 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
岸田さんは高市さんに総理後継者指名をせよ! [2024年03月24日(Sun)]
安倍元首相がテロリストによってこの世の人でなくなってからは、
保守派としてのまとまりに欠けるようになった。
そこで人気を博するようになったのが、より過激な主張する人たちであった。
そして、いつの間にやら、
左翼以上に自民党批判を繰り広げるようになった。

もともと保守派は温厚な人の集まりであるから、それに背を向ける人たちも出てきている。

 当初は反左翼で一致していたのに、保守派同士の主導権争いに明け暮れている。岸田首相の節操のなさが原因ではあるが、新党まで立ち上げて騒がれると、高市早苗さんを女性初の首相にしようとする自民党内の勢力との亀裂が生じてしまった。

 それで喜ぶのは自民党内の親中派や親米派なのである。

我が国は核武装も含めて重大な岐路に立たされている。保守派が四分五裂することで、岸田下ろしをできずにいる。

 こうなれば岸田首相に決断を求めるしかない。

後継に高市さんを指名し、今日にでも高市さんを官房長官にして、リベラル色を一掃して、保守色を鮮明にするのである。

そこまでしなければ、自民党は終わる。自民党が終わろうが終わるまいがどうでもいいいが、日本が終わってしまっては困るのである。それをやれば岸田首相は歴史に名をとどめることになるだろう。まず難しいとは思うが、それが日本を救うことになるのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:09 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
上川陽子、クルド人の祭りに祝賀メッセージ [2024年03月21日(Thu)]
上川陽子、クルド人の祭りに祝賀メッセージ

そういう方なようです・・・

クルド人が「殺す」で釈放!
日本人が事実を批判すると訴訟「人権侵害」だと?

埼玉県川口市では、トルコ国籍のクルド人と地域住民の軋轢が表面化している。

◆ 同市内などに住むクルド人ら11人が19日、X(旧ツイッター)への投稿で名誉を傷つけられたとしてフリージャーナリストの石井孝明氏を相手取り、500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
訴訟に訴えることで、騒動を起こしているクルド人への批判を封じる。

難民申請への規制が施行される前に訴訟を起こすことで、
強制送還を逃れるなどの考えがあるのだろう。


石井孝明氏の話しを江東区で聞いた。事実を報告しているに過ぎない。

昨年9月には市内在住のクルド人が川口署内で署員に対し、石井氏を「殺す」「ここに死体を持ってくる」などと脅迫したとする容疑で逮捕された。

外国人は逮捕されても不起訴処分で釈放される。警察署に行って「殺す」「ここに死体を持ってくる」と騒ぐ事態が異常な光景だ。

クルド人らを支援する者らは、騒動と混乱を異常とは思わないのだろうか。

さて・・・社会秩序はどうなって行くのだろうか????????

今の自民党で大丈夫なんでしょうか。
大丈夫じゃないな、ベラル派じゃなくて、高市さんに頑張ってもらいたいと思います。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:27 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
【エマニュエル大使は帰れ!】 [2024年03月18日(Mon)]
【エマニュエル大使は帰れ!】

現行憲法(占領憲法)によって米軍と米政府の要求が「命令」と化している。
わが国の首相の条件は「これにどこまで従うかが問われてしまっている」


◆ エマニュエル占領大使発言 千里の道も一歩から。
東京地方裁判所の今日の判断で、婚姻の自由、そして法の下の平等を実現するために、日本がまた一歩前進しました。ほんとうにうれしく思います。東京地裁は、札幌、名古屋、福岡などの地裁と同様に、日本がより包括的になることを支持しているのです。…

◆ 米民主党のジョー・バイデン大統領がユダヤ系初のシカゴ市長だったラーム・エマニュエル元大統領首席補佐官(バラク・オバマ政権)、元下院議員(イリノイ州選出・民主党)を駐日大使に任命した時から私たち国民は、
この口の悪いことで知られていた小男が「内政干渉を隠さないこと」を警戒すべきでした。

◆ アメリカはGHQに先祖返り
日本は、敗戦直後の占領下状態に逆進
(戦後レジーム脱却を挙げた安倍元総理が暗殺されてしまった要因)


◆ 上川陽子を?日本の総理に?? 「必死に押す日本のマスゴミ」
総理はアメリカ様が決める! それいいのか? 日本国民。


次の総理とか言われる者が上川陽子、河野太郎、福田達夫、小泉進次郎、全員がアメリカの日本支配のジャパンハンドラーの手先となってる者が次々と次の総理として持ち上げられ続けてきた。
 中曽根康弘もそうです。小泉純一郎もそうです。この人たちはアメリカに従順だという理由で5年以上の政権を維持した。
 そういう意味ではアメリカの日本支配というのが実は政権与党の自民党に深く手を突っ込んでいて、そこにメディアが加担して日本人の目をくらまして、アメリカに従順なリーダーを次々と生み出す。

 これはシステム化してるって事については、これは日本人が無能でバカで世界がわからないからではなくて、

[ サンフランシスコ講和条約の後も日本を軍事的、政治的に占領し続けるんだというシステムの中で、日米合同委員会があって、財務省があって、東京地検特捜部があって、そして自民党がある ]

 これがアメリカのソフト面における日本占領の継続の証拠なわけですね。
 だとすれば、まず日本人最大の敵はメディアだってことになってくる。訳のわからない上川陽子とか小池百合子とか河野太郎とか福田達夫が次期総理になりかねない。
 上川陽子って、なんで今ポスト岸田で名前が出てきたんですか?
急に出てきた。

 この人はハーバードケネディスクールの後マックス・ボーカスというね、もうアメリカ人お2人はご存知の通り、民主党の中の国際金融資本と最も近しいとされる人の、事務所スタッフをやってたのが上川陽子ですよ。

 英語で直接「ウクライナ支援をやれ」と、そのまま電話を取れるのが上川陽子なわけですね。日本の国益をアメリカに売り飛ばす。そのための種を、若いうちの自民党の政治家に、アメリカは投資し続けてきてるということ。

アメリカ様の言うとおりにやってたら、それなりにポストにも就けて、ええお給料も貰える人が政治家にも、マスゴミにも、学者の中にも、いっぱいようです。クズですね。わからんとやってる人もおるかも知れません。私ら日本国民、早う気付きましょう。

 ケネディ暗殺についてはもう、アメリカでも真実暴露の本が出たそうです。
安倍元総理暗殺の真実は「いつ分かるのか」

◆ 日本が真の独立を成すには!

日本が独自性を発揮しなくては、国家の存立も危うくなっている今、唯一救世主となりうるのが高市早苗内閣府特命大臣である。
 しかし、岸田首相らの宏池会や、自民党内に巣食っている親米、親ロ、親中派の政治家は、上川陽子外相を次期首相にしようと画策している。米国と中国に物申すことができないような政治家を押し立てようとしているのだ。
 米国民主党の言いなりになってLGBT法案が国会を通過してしまい、中国の脅威に対抗する術がなく、米国に頼ることで、第二のウクライナになりかねないのが今の日本である。その路線を転換しなければ、我が国はどん底に突き落とされるのである。
 岸田首相のお先棒を担ぐ産経新聞が「上川陽子首相待望論」をぶち上げた。高市大臣を保守派が推していることを知りながらの裏切りである。さらに、日本保守党の一部には、高市大臣に対して批判的な物言いをする人たちも出てきた。
 外交勢力ももっとも恐れているのが高市首相の誕生であり、それを阻止するためには、あらゆる手を使ってくるだろう。上川首相が就任すれば、自民党が終わるだけでなく、日本が終わってしまう。保守派は小異を捨てて大同に就くべきだろう。日本を救うことができるのは「親日派」の政治家だけなのだから。−草莽隊日記−
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:11 | 日本大丈夫か? 国民の危機! | この記事のURL | コメント(0)
反日テロ政党みたいなりっけん党には政権を渡すわけには行きませんね! [2024年03月02日(Sat)]
立憲民主党、「議事遅らせる戦術」
2024.03.02
例え自民党が自滅しても…
反日テロ政党みたいなりっけん党には政権を渡すわけには行きませんね!

立民・山井氏、約3時間演説 衆院最長、議事遅らせる戦術
https://nordot.app/1136232350489706508

 立憲民主党の山井和則国対筆頭副委員長は1日の衆院本会議で、小野寺五典衆院予算委員長に対する解任決議案の趣旨弁明演説を2時間54分行った。
議事進行を遅らせる「フィリバスター」と呼ばれる戦術で、衆院では記録が残る1972年以降で最長となる。2024年度予算案の1日採決を職権で決めた小野寺氏の運営を「裏金問題隠し、裏金問題幕引きのそしりも免れない」と断じた。

 演壇上で紙袋から大量の資料とファイルを取り出した山井氏は、午後1時15分に演説を開始。自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件に触れ「自民は裏金、脱税問題に対する国民の怒りを分かっていないから強行採決する」などと批判した。

◆ 政治資金法違反、不記載問題は野党も含めて政治家全体の資質の低下が原因だ。
その根幹・本質を忘れて神聖な政治倫理審査会妨害に「予算案審議」を人質にとる政党など存在を許してはいけない。

◆ 能登半島の救済と復興予算は勿論のこと、国家の義務「防衛・防災・防疫」に関する予算審議は本来「スキャンダル追及や政局誘導」の場ではない。不謹慎だ!


Posted by 余生を憲法改正に! at 08:22 | 日本の闇 | この記事のURL | コメント(0)
自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだ! [2024年02月29日(Thu)]
ピンチはチャンス
自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだ!
2024年02月28日 −草莽隊日記−

 自民党の保守派は世代交代を加速させるべきだろう。
清和研の5人衆は立場を失っているが、それ以外の同派の議員たちは、自分たちが中心になって勉強会を立ち上げればいいのだ。

安倍元首相がやめろと言ったことを無視し、パーティ券を裏金として使った責任は重い。政治倫理審査会で釈明に追われるというのは、政治家にとっては最悪である。
 政治は権力闘争である。隙を見せれば攻撃され、政治生命を一瞬にして失うのである。安倍元首相がテロに殺害され、それ以降の清和研は、岸田首相の思いの通りに動き、結局は保守派の猛反発を買ってしまった。

◎ たいした国家観のない5人衆などを期待せず、今はただ政策的に一致する高市早苗さんの旗の下に、一致結束すべきときなのである。そして、11月の総裁選に向けて走り出せばいいのである。それまでに、岸田首相が解散に踏み切るとは、まずは考えられないからである。

 政治家は一度信頼を失ってしまえば、二度と元に戻ることはない。新しい酒は新しい革袋に盛れといわれる。

自民党内の保守派若手の時代を迎えたのである。
媚中派の長老などの意見を聞く必要はない。
岸田首相の二番煎じのような総裁が選ばれれば、そのときは自民党は終わりである。

 自民党などなくなってもいいが、日本が大変なことにならないようにするためにも、是非とも頑張ってもらわなくてはならない。悲観材料ばかりしかないように思えるが、自民党を立て直すには、今がチャンスなのであり、日本のチカラを発揮する上でも、政治がしっかりするしかないのである。
Posted by 余生を憲法改正に! at 07:24 | 頑張れ「日本」 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ