CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
本の紹介(1)田んぼの生き物図鑑(内山りゅう) [2010年11月19日(Fri)]
私達「いきものマイスター」が活動する石川県は、県土の6割を里山が占める緑豊かな土地であり、同時に伝統的な里山の文化が育まれてきた土地です。
里山の文化と共に、里山の生き物について私達は、より良く知る必要があるでしょう。
間もなくフィールドワークの難しい冬を迎えます。手に取って自然を体験するには向きませんが、暖を取りながら読書に親しみ、次の春に向けて生き物の知識を蓄えるのもいいかもしれません。まずは最も身近な里山の1つである田んぼの生き物について、参考資料を紹介したいと思います。

「田んぼの生き物図鑑」(内山りゅう著、山と渓谷社)

米は日本人の食卓に最も欠かせないものであり、田んぼは最も馴染み深い里山の景観です。本書は導入部分で、人の働きかけにより維持される田んぼの特性について詳しく解説しています。1年の耕作スケジュールの中で、田んぼでは様々な作業が行われます。「田起こし」や「代掻き」により田んぼの表面は掘り返され、水管理によって水の増減が繰り返されます。秋に水を落とした後は、翌春まで陸域となります。変化の少ない環境では競争力の強い生き物(優先種)ばかりが生き残りますが、田んぼのような不安定で変化の多い環境では、競争力に関わらず多くの生き物が共存出来ます。
田んぼの生き物の多くがこうした耕作スケジュールに上手く適応し、その結果として田んぼで里山生物の多様性が保たれてきた背景があります。本書はこのような「手つかずの自然」とは大きく異なる田んぼの本質をわかりやすく説明しています。

水田は多様な里山景観に支えられています。多くの水を使う為に、水田は川や溜め池と水路で繋がれており、水田の生き物と、河川や溜め池の生き物は深い関わりを持っています。水田で育ったカエルは陸に上がった後に、水田周辺の森林で過ごす種類も少なくありません。水田を餌場として利用する鳥は、餌取りや子育て、越冬などの為に水田周辺の陸域も利用します。
このように、「水田の生き物」について考えると、その背後には水田を含む里山の広い生態系が見え隠れしており、更にそこには人の暮らしが大きく関わっています。

本書は図鑑と銘打っていますが、読者を飽きさせない写真中心の構成となっています。記述も魚類、爬虫類、両生類、水生昆虫、植物までに至り、入門者から上級者まで楽しみながら学ぶことが出来ます。各生き物については写真と共に詳細な生態解説がなされており、オタマジャクシや魚の見分け方など、野外で役立つ知識も得られるでしょう。ゲンゴロウを撮影する為に足しげく溜め池に通った苦労談など、撮影のエピソードも興味深く、生き物を追うことの大変さや楽しさも伝わってきます。
また暖かくなったら、本書を持って野外に出てみると面白くなるかもしれません。


尚、著者の内山りゅう氏は、「水」に関わる生き物とその環境の撮影をライフワークとする写真家です。

内山りゅう氏ホームページ

本書以外にも、多くの生き物ガイド本に関わっています。これをきっかけに、更なる生き物の世界に入ってみてはいかがでしょうか?