CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#354〜頼まれごとに全力を尽くす〜 [2013年07月23日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #354 《 2013.7.23 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

先日、息子とWiiのサッカーゲームを
初めてやったんですが、最近のゲーム、絵が
とてもリアルですごいですね。

そして操作方法がフクザツ。
コントローラーが左右2つあって、ボタンもたくさん。

「この時は右のこのボタン、切り替えは左のこのボタン」
と言われてもなかなかついていけません。

うーん、オヤジ化… ?

───────────────────────□■

★今日の話

 頼まれごとに全力を尽くす。

■□───────────────────────

今日は、齊藤正明さんの著書


「自己啓発」は私を啓発しない(マイナビ新書)


からご紹介します。


(以下、著書より引用)

人生設計を自分で思い描き、「ああしたい、こうしたい」
と夢や希望を持つのは自由ですが、それは周りの人から
「勝手にやれば」と思われたり、「それよりも、今の
仕事を一生懸命やってくれないかなぁ…」と思われて
しまっている人が多いように感じるのです。

その原因のひとつには、「今は個人の時代だから」と、
行き過ぎた個人主義に陥ってしまっていることが
あると思うのです。

一方で、周りの人から「ああしてほしい」「こうしてほしい」
と言われることは、組織体(会社や家族など)から
「あなたの力を貸してほしい」と頼まれているということです。

それが自分の希望と合うかどうかはわかりませんが、
少なくとも、自分でやりたいことをやるよりも、
このように頼まれたことをやるほうが、周囲の人から
喜ばれる可能性は高いことでしょう。

そして喜ばれれば喜ばれるほど、結果としてよりやりがいの
あることを頼まれていくようになると思います。

これは私の性格の話にすぎないことかもしれませんが、
私は人に喜ばれることが一番やりがいがあり、また楽しいと
感じています。

ですから、「あれがやりたい、これがやりたい」と自分で
やりたいことを決めるより、頼まれたことをしっかりと
やり遂げ、「ありがとう!」と言ってもらえるような、
周りに流される生き方のほうがずっと楽しく、また
活躍ができると思うのです。

(引用ここまで)


齊藤さんはサラリーマン時代、職場の上司との
人間関係に苦労され
「このままではやばい、なんとか自分を変えなければ」
という一心から、様々な自己啓発セミナーや
教材に投資してきました。


その額、なんと600万円。


は? と目を疑う額ですよね。


それも車や豪華クルーザーで世界一周!
なんかじゃないんです。
セミナーや自己啓発の教材。


そして、それらの投資に見合う結果が出たかというと、
職場での人間関係は相変わらず。


むしろ、セミナーで学んだことを実践しようとすると
余計気まずくなったりして逆効果。


「また週末に何か習ってきたんですか?」
などと冷たく言われる始末。


それを克服しようとしてまたセミナーに通い、
そして効果が出ず…という経験を何度も繰り返されました。


そんな齊藤さんも、今では著書がベストセラーになり、
年間200回もの講演を行うまでになりました。


その過程で行き着いた齊藤さんの結論の一つ。
それが「人から頼まれることに全力を尽くす」。


こう書くと、
そこに自分はないの?何をやりたいの?夢は?


こんな言葉が聞こえてきそうです。


自分のやりたいこと、目標、それももちろん
大切だと思います。


でも、やりたいこと、自分に本当にあっていることが
最初からわかっている人って意外と少ないと思います。


目の前のことを一所懸命やっていく過程で、
失敗や小さな成功体験を繰り返し、そこから学び、
最終的に本当に自分のやりたいことが見つかる、
ということもあると思います。


なので、最初から「私はこれをやりたいんだ!」と
思いを決め、頑なにこだわるのは危険な場合が
多いのかなという気がしています。


頼まれるというのは、
「あなたならできる」「あなたの力が必要」
と思われていることですよね。多くの場合。


案外、自分のことは自分よりも周りの方が
よくわかっていたりします。


頼まれたことは断らずすべて引き受ける、
という話ではなく、その中で自分らしさを発揮して
いかに人に喜んでもらえる自分の出番を作れるか、
ということ。


「やりがい」もいいですが「やらされがい」も
いいですよね。


「あなたじゃなきゃだめなんです」


そう言ってもらえるような自分になれるよう、
今日も自分を磨いていきましょう。
#353〜ツイてますか?〜 [2013年07月17日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #353 《 2013.7.17 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

最近パソコンの調子が芳しくありません。。。
メールを打つ際の変換にやたらと時間がかかるし、
この前は画面がいきなり真っ暗になるし…

今日はちょっと涼しいですが、パソコンも
この暑さでバテ気味?

画面がいきなり真っ暗になった時はあわてて
「東芝PCあんしんサポート」に電話しましたが、
オペレーターの方がとても親切に、丁寧に
対応してくださいました。

別件で携帯の不具合もあったので、購入した近所の
家電ショップに行ったら、前回イマイチだった人とは
別の感じのいいお兄さんが、これまた丁寧に
対応してくれました。

ネット社会ではありますが、だからこそ
人による温かいサービスが心に残りますね。

───────────────────────□■

★今日の話

 あなたはツイてる人ですか?

■□───────────────────────


(著書「ツバメの法則」(西田文郎著)より引用)

 私は30年以上、メンタルトレーナーとして、
 スポーツ選手や起業家を成功に導いてきました。

 そしてさまざまな本の中で、ツキを呼ぶ方法を
 説いてきました。

 成功するポイントは、努力ではありません。
 「自分をツイてる人間だと思えるかどうか」です。

 「ツキがない」と思っている人間には、絶対に
 ツキはやってきません。

 知らず知らずのうちに、脳がツイてないことを
 選択してしまうからです。

 それだけ人間の行動は、脳の潜在意識に
 操られているのです。

(引用おわり)


西田さんはプロスポーツ選手やオリンピック選手、
経営者の方などのメンタルトレーナーとして
多くの実績を残されていますが、一貫しておっしゃって
いるのは、「脳をいかに『快』の状態にするか」
ということ。


脳の中をワクワク、楽しい気持ちで満たす。


何が起きても

「自分はツイてる、なんてラッキーなんだ」

と、心から思えた瞬間、人は成功する、と
おっしゃっています。


逆に、無理やりポジティブシンキングをしたり、
イヤイヤながら努力したとしても、成功は
ありえないそうです。


なぜなら脳が「不快」の状態になっているから。


先週も書きましたが、脳は単純なんですよね。


楽しい話をしていれば脳は「快」の状態に
なりますし、楽しくない事を話していると
「不快」になります。


不快になると、楽しくないことをどんどん
引き寄せてしまうんですね。
嫌なものばかり目につきますし、実際に
嫌な事に遭遇したりするんですよね。不思議ですが。


ではどうすればいいか。


詳しくは著書をお読みいただければと思いますが、
まずは「なんてツイてるんだ!」と思う事。
どんなことがあっても「自分はツイてる」と思う。


はい、以上です。




というのは冗談のようで本気なんですが、
「ツイてる」と思うことで脳の感情をつかさどっている
部分がプラスの信号を出し、脳を「快」の状態に
してしまうそうです。


そうすると、いいことばかりを引き寄せるようになる。
これが本当なんだからびっくりですよね。


ここで注意が必要なのは、「無理やり」思い込むのはNG。


無理やりの行為は、それ自体「不快」と脳が感じて
しまうそうなので。


昨日トラブルがあった。
仕事でもめている。
人間関係で気まずくなっている。


なんてラッキー!
それらを経験することでまた成長しましたし、
同じことで困っている人にアドバイスもできますね。


一度きりの人生。やっぱり楽しまなきゃですね。


今日もツイてるネタを探して一人で盛り上がりましょう!


 (著書)
 成功者が必ずやっている3つの秘密
 ツバメの法則 (西田文郎さん著) 

 Amazon: http://goo.gl/bsk3l
#352〜脳に入れる情報〜 [2013年07月08日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #352 《 2013.7.8 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

3週間ほどごぶさたしておりましたが、
いつの間にか7月になり、梅雨も明け、とうとう
夏本番。

しばらく暑い日が続きますが、一段とビールが
美味しくなる季節でもありますし、せっかくなので
この夏も何か楽しみを見つけ、毎日楽しみながら
夏を乗り切りたいですね。

───────────────────────□■

★今日の話

 脳は素直で単純に出来ているので、
 入ってきた情報通りの生き方をする。

 では、脳にどういう情報を入れるか。

■□───────────────────────


朝、テレビをつけると、新聞を見ると、
どこそこで事件が、事故がおきた、という情報が
必ず飛び込んできます。


それらも必要な情報かもしれませんが、そういう
話になると、チャンネルを変えるかテレビを切ります。
朝から気分が乗らなくなるので。


日本、世界を見渡せば、今、この瞬間も素敵な、
素晴らしいできごとが沢山起きているはずで、
そういう話ばかりをニュースでも報道してくれたら
いいのにな、と思ったことがあります。


昨日は久しぶりに結婚式に出席したんですが、
それはそれは感動しましたし、メディアが追い切れない
いい話はたくさんあるはずなんですよね。


何度かご紹介したことがある「みやざき中央新聞」
http://miya-chu.jp/)は、講演会などを取材して
面白かった話、感動した話、心温まる話などを
掲載しています。


新聞といってもタブロイド判(新聞1面サイズの裏表、
2ページ)で、日刊ではなく毎週月曜日発刊なので、
これが毎日の新聞だったり、テレビニュースだと
もっといいのに。


そのみやざき中央新聞の6月24日の社説に、
こんなことが書かれていました。


見出しは「素直で単純だから気をつけて」。
何が素直で単純かと言うと、私たちの「脳」です。


(以下、社説より)

 この20年ほど、脳の研究が急激に進歩した。
 脳科学者がいろんなメディアに登場している。
 脳のことがいろいろ分かってきたのだ。
 脳は精密で正確だが、素直で単純らしい。

 例えば、胃は体に悪いものが入ってくると
 吐き出したり、痛みを与えたりして、
 身体にメッセージを送るが、脳はそんな
 親切なことはしない。

 ネガティブな情報を入れたらネガティブな
 生き方を、ポジティブな情報を入れると
 ポジティブな生き方を、きちんと正確に、
 素直に出力する。

(引用おわり)

確かに体は敏感で親切にできていて、
ウイルスが入って来ても抵抗して戦いますよね。


でも、脳の場合はそうじゃないんですね。


「この話、情報は精神衛生上よくないよ」


と、ネガティブな情報を入れたらちょっと頭痛が
するとか、都度何らかのシグナルを発信してくれたら
いいんですが、そうは行かないようです。


ただ、自分の考え方や発言・行動には反映されて
しまうんですね。
ネガティブな場合も、ポジティブな場合も、
自分では気づかないんでしょうが、少しずつ、でも確実に。


だとしたら自分でアンテナを張り、ネガティブな
情報はどうしても必要な場合以外は極力入れないようにし、
できるだけポジティブな情報をインプットしたいですね。


「ネガティブな情報は入れないように」と書きましたが、
同じことでも違う角度から見て「ポジティブな情報に
してしまう」というのもありですね。


ただ、それも日頃からポジティブな情報に多く
接していると、考え方、発言、行動、態度などが
自然とポジティブになっていくんでしょうね。
脳の構造からしても。


やっぱりプラスの話ばかりに囲まれて毎日を
過ごしたいですね。


となると、友達づきあいも重要ですね。
毎日グチばかり聞いてると自分もそうなってしまうので、
思い切って友達づきあいを変える、なんてことも
必要かもしれません。
(その友人にプラスのストロークを浴びせ続けて、
考え・発言を変えてしまう、というのもありですね)


今日も気持ちのいい青空が広がりそうです。


汗をかいて水分を補給し、しっかり食べ、栄養をとり、
新陳代謝を高めて、今週も楽しくいきましょう。

プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml