CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#346〜活かすべき強みとは〜 [2013年04月30日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #346 《 2013.4.30 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

体のメンテナンス、やってますか?

私はこの1年ほど、人生初の腰痛を経験していまして、
椅子に座って立ち上がったり、かがんで下のものを
拾ったりするのがしんどかったんですが、
先日、知人に「指圧」を紹介してもらって
行ってきました。

1時間、たっぷりもみほぐしていただきましたが、
それが痛いのなんの…

先生曰く、見事に背中・足に疲労が蓄積してますよ、
とのこと。背中の筋がこちこちだったようです。

昔は運動をやっていましたし、体も柔らかいほうだと
思っていたので、まさか自分の身体に疲労が
蓄積しているなんて思ってもみませんでした。

指圧のおかげで腰痛が劇的に回復! とまでは
さすがにいきませんが、たまにはこうして体の
メンテナンスをするのは大事ですね。

───────────────────────□■

★今日の話

活かすべき自分の本当の強み、わかっていますか?

■□───────────────────────


よく、「弱みを克服するよりも、強み、長所を伸ばそう」
と言われますよね。


では、自分の強みってなんでしょう。
自分の強み、すぐに頭に浮かびますでしょうか。


ここでちょっとしたクイズと言いますか、質問です。


■質問

 サッカーで右利きの選手がいました。
 右でのキックはそれなりに高いレベルだとします。

 この選手が自分の強みを磨くとしたら、
 右足と左足、どっちの練習をすれば良いと思いますか?


これだけの条件じゃわかんないよ、と言わず、
ちょっと考えてみて下さい。





もともと右利きで、それなりに高いレベルであれば
強み、長所を生かすべく更に右足のキックを磨いた方がよい。


と思いましたか?
それとも左足の練習をした方がいい?


 今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則
 『ジャイアントキリング』の流儀
 仲山達也さん著 講談社


という本に、こうありましたのでご紹介します。


(以下、著書より引用)

『スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか』
(松村尚登著、ソフトバンク新書)という本に、
こんなことが書かれていました。

― 日本人選手は、スペインだと左サイドバックとして
重宝されるのだ、と。

その理由は、「日本人はまじめに練習するので利き足
ではない足で蹴れるから」だそうです。

右利きならうまいスペイン人はたくさんいるので、
日本人選手の出番はないが、左足で蹴れるスペイン人は
少ないからレギュラーになりやすい、と。

このエピソードから、「強みは相対的である」ということが
わかります。

自分では左足より右足が得意だからといって、それが
強みになるかどうかは、まわりとの比較になるわけです。

活かすべき強みは「右足」ではなく、「左足を練習しようと
するまじめさ」かもしれないのです

(引用おわり)


いかがでしたでしょうか。


サッカーの試合では出場できる人数が決まっていますし、
その限られた数のレギュラーに選ばれるために、生き残る
ために考える「自分の活かすべき強み」なので、
仕事で考えるのとはちょっと違うかもしれません。


でも、今いるチーム(職場)力を更に向上させるために
自分の役割を考えるという点では同じことが言えると思います。


これまで自分では強みと思ってたものが、それを追求しても
チームのためにはならない、ということもあると思います。
それはもう強みとは言えない、という事ですね。


ご紹介した著書

 今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則
 『ジャイアントキリング』の流儀

は、弱小プロサッカーチームを立て直すために抜擢された
監督が、チームをどう導いていくかに焦点をあてた
「GIANT KILLING」(ジャイアントキリング)というマンガ
(NHKのアニメでも放映されていました)を題材にし、
チームビルディングについて書かれている本です。

※「ジャイアントキリング」とは、「大金星」「大番狂わせ」
 という意味をあらわす言葉


監督就任直後の紅白戦で、それまでのキャプテンが


「集中しろ、俺たちは堅守が武器だろ!」


と叫ぶシーンがありますが、それに対して新監督が
こう言います。


「そいつは武器とは言わねえよ。守って守ってカウンター、
 走れねえからそれしかできねえんだ」


つまり


「攻めより守りが得意だからといって、守りが強みと
言えるわけではない」(著書より)


と言っているんですね。


・自分の強みに一番気づけていないのは自分自身。
 真の強みであればあるほど、自分にとっては自然に
 苦もなくできることなので、あたり前すぎて強みだと
 自覚していない。
・「強み」とは、他人が同じことをやろうとすると
 自分より高いコストがかかるもののこと。


と著書にあります。


自分自身としっかり向き合って、今のチームで
生かせる自分の強みを考えてみる。


GWに、そんな時間をつくってみてもいいかもしれませんね。


では、よいGWを!

#345〜「おたがいさま」の気持ち〜 [2013年04月23日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #345 《 2013.4.23 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

「涙活(るいかつ)」という言葉、ご存知ですか?

新聞などでも取り上げられていたのでご存知の方も
多いと思いますが、

「1か月に2-3分だけでも『能動的に涙を流す時間』
を設けることで心のデトックスを図る活動」

なんだそうです。

何でも最後に「カツ」をつければいいってもんじゃ
ないでしょ、と思ったんですが、20〜30代の
ビジネスマンを中心に人気みたいですね。

そう言えば先日、朝出社してきたある女性の目が
真っ赤で、明らかに腫れていました。

聞いちゃまずいかな、と思いつつ… どうしたのか
聞いてみると、前日の夜見たDVDで号泣してしまった
とのこと。

泣くような映画とは思っていなかったようで、
油断して夜の遅い時間から見始めたそうですが、
見るうちに引き込まれ、号泣し、翌朝目が
腫れたまま出社した、ということだったようです。

皆さん、最後に思い切り泣いたのはいつですか?

最近泣いてないなぁ…と思った方、新宿で
月に一度「涙活」が行われているようですよ。

 http://ruikatsu.com/

4月は明日、24日(水)の20時から。
興味のある方はぜひ!

───────────────────────□■

★今日の話

 「おたがいさま」の気持ちをもつ。

■□───────────────────────


先週「仕事は99%気配り」という本をご紹介しました。


「気配り」といっても、相手がタバコをくわえたら
さっとライターを差し出す、といった類のことではなく、


・この人は何をいちばん大切にしているんだろう
・自分が役に立てることはなんだろう


と、「自分に何ができるかを考え、周りや相手をよく見て、
その人のために役に立とうとする事」がビジネスにおける
気配り、と著書にあります。


当たり前かもしれませんが、それがなかなか
難しいんですよね。


気配りか…と考えながら読み進めると、「おわりに」に、
著者の川田さんと、ある住職の方との話があり、
「本当に大切なこと」が書かれていましたのでご紹介します。


(以下、著書より引用)

「子どもたちには、雨で濡れた傘がほかの人に
当たったりしないように心掛けなさいと教えて
いるんですよ。自分がやられたら嫌だと思うことは
しないようにしなさいって」

私がそんな話をすると、その方は
「本当に大切なことはそうじゃないんですよ」
と言われたんですね。

「いちばん大切なのは、濡れた傘が当たらないように
気をつけることよりも、誰かの傘が当たった時に、
「今日は雨が降っているんだから、しょうがないよな」と
『おたがいさま』という気持ちでそれを受け入れられる
ことなんですよ。人は必ず人に迷惑をかけるものなんです。
みなそうやって生きていくんです」

「深いなぁ…」

心に沁み入るお話でした。

確かにそうですよね。人は誰もひとりでは生きて
いけません。
生きていれば、必ず誰かに迷惑をかけるものです。

であれば、人の行動に対して受け入れられる心を
持つことが大切なのは当然です。

気配りについて書いていたら、最後にこの住職に聞いた
話を思い出しました。

相手を思いやって、ちょっとした気配りを心掛ける
ことは大切です。

しかし、もっと大切なのは、たとえ気配りが
足りないと思うことがあっても、イライラしたりせず、
それを受け入れる気持ちを持てるようになること
なのかもしれません。

何よりもその方が温かい感じがします。

どんなに周囲に気を配っているつもりでも、
必ずどこかで迷惑をかけているはずです。
(私も迷惑をかけています…)

だからこそ、「おたがいさま」という気持ちを
忘れちゃいけないんですね。

(引用ここまで)


なるほど。
確かに「おたがいさま」の気持ちを持つことは
とっても大切ですね。


「私はいつもこうして気配りしているのに、
 あの人はなんて気が利かないんだ」


なんて思いはじめると、毎日が楽しくなくなりますよね。


誰かのしぐさが気になったり、何だよ!と思うような
ことがあったとしても、
「いやいや、おたがいさまだよね」と思える
気持ちの余裕、おおらかさを持っていたいですね。


細かい所に気を配りながらも、相手の行為の小さな事は
気にしない、だっておたがいさまだし、と、
ゆったり構える。その両面をあわせ持つことが
できるといいですよね。


最後に住職の言葉をもう一度。


「いちばん大切なのは、濡れた傘が当たらないように
気をつけることよりも、誰かの傘が当たった時に、
「今日は雨が降っているんだから、しょうがないよな」と
『おたがいさま』という気持ちでそれを受け入れられる
ことなんですよ。人は必ず人に迷惑をかけるものなんです。
みなそうやって生きていくんです」


では、今週も「おたがいさま」ってことで、気持ちに
余裕をもっていきましょう!


■□───────────────────────

〜ジェイカレッジ開催のお知らせ〜

『ラテラルシンキングで未来を開く!』

 4月26日(金)@KIT虎ノ門大学院 1900-2100
 (会費:3,000円、JALグループの方:1,000円)

「ラテラルシンキング」とは発想に一切の“制約”
を設けず、あらゆる可能性から問題を解決しようとする
考え方のことです。

いわゆるロジカル的発想に行き詰まったとき、
スピディーに、スマートに、そしてカンタンに
問題を解決する。

そんな発想を身につけたい方、ぜひご参加ください!
お申し込みはこちらから。

 ⇒ http://kokucheese.com/event/index/84721/


#344〜気配り〜 [2013年04月18日(Thu)]
─────────────────────────

いけもとメール #344 《 2013.4.18 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

〜ジェイカレッジ開催のお知らせ〜

『ラテラルシンキングで未来を開く!』

 4月26日(金)@KIT虎ノ門大学院 1900-2100
 (会費:3,000円)

「ラテラルシンキング」とは発想に一切の“制約”
を設けず、あらゆる可能性から問題を解決しようとする
考え方のことです。

いわゆるロジカル的発想に行き詰まったとき、
スピディーに、スマートに、そしてカンタンに
問題を解決する。

そんな発想を身につけたい方、ぜひご参加ください!
お申し込みはこちらから。

 ⇒ http://kokucheese.com/event/index/84721/

───────────────────────□■

★今日の話

 相手が喜んでくれそうな、ちょっとした気配りを
 実際にやってみましょう。
 そこからいろんな気づきが生まれてくるはず。

■□───────────────────────


会社の後輩から、素敵な本を紹介してもらいました。
(Aさん、ありがとう)


「仕事は99%気配り」
 川田修さん著 朝日新聞出版


川田さんは元リクルートにお勤めで、その後
生命保険会社に転職。


生保会社の営業で、気配りができるたくさんの
素晴らしい人に出会い、ご自身の経験も踏まえ、
気配りの大切さ、素敵さが書かれています。


「気配り」という言葉、よく耳にするようで
普段あまり使っていない気がします。


気遣い、心づかい、配慮、心配り。
こうした言葉と同義ですが、こうしてみると
改めて日本語って素敵だなと感じます。


相手のために「気」を「心」をつかう。
「気」を、心を、「慮り(おもんぱかり)」を配る。


こうした考え方、日本人の心に昔から根付いて
いるはずなんですよね。


ただ、自分が出来ているかというと…


職場で「この人、すごく気が利くなぁ」という人を
見ては、自分の至らなさに気づかされます。


著者の川田さんは、気配りについてこうおっしゃっています。


(著書より引用)

 気配りとはとてもクリエイティブなものなのです。
 でも、そうは思っても、実際に同じことをするのは
 なかなか難しいですよね。

 『こんなことをしたら、相手が喜んでくれるんじゃないか?』

 そう思うことはみなさんにもあると思いますが、
 多くの場合はただ「思う」だけで、具体的に行動は
 せずに終わってしまうのではないでしょうか。

 たとえ些細なことでも、本当に実行に移せることは
 素晴らしいと思います。

(引用おわり)


川田さんは営業先におじゃまする際、カバンは
自分のハンカチの上に置くようにしているそうです。


他にも細やかな、ちょっとした気配りをされて
いらっしゃいますが、いずれも最初は先輩営業マンが
やっていることを真似するところから始めたそうです。


「どうすれば他の営業マンより良い印象を与えられるか」


そこが出発点でしたが、ちょっとしたテクニック、
行動を起こすようになると、他のことも気になってきたそうです。


カバンはちゃんと置いているのに、靴が汚れてたら
だめだよな、とか、相手の話を聞く姿勢が全然できて
いなかった、等々。


そうした気づきから小さな気配りが増え、それによって
お客さまから喜んでもらえると自分も嬉しくなり、
更に気づき・気配りが増えていく。


大切なのはテクニックを真似する事ではなく、
本質的なことに気づき、自分の中に変化を起こせるかどうか
なんですよね。


いきなり本質的なことはかわらないでしょうが、
相手に、お客さまに喜んでもらいたい、と考えて、
小さなことを実践していくと、次第にいろんなことが
見えてくるんでしょうね。


「ひとつの細かいことに気がつけるようになると、
 ほかの細かいことに気がつけるように意識が
 変化していくのです」


と川田さんはおっしゃっています。


そのきっかけに、身近な「お、これいいね」と思う、
ちょっとした、でも素敵な気配りを真似してみるのも
いいかもしれませんね。


「今まで気づかなかったけど、同じチームの人が
 こんな気遣いをしてた」


という新たな発見があった方、ぜひ教えてください。

#343〜自分のペース〜 [2013年04月09日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #341 《 2013.4.9 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

先週はメールをお送りできませんでしたが、
気がつけばもう4月。

はい、新年度です。早いですね〜。

街中にいかにもフレッシュです!というスーツを
着た人たちがたくさんいますが、新入社員って
いいですよね。見ていてこっちも気持ちが
引き締まってきます。

息子たちは昨日始業式があり、それぞれ1年進級。
新しいクラスには誰がいて…と楽しそうに話しています。

朝晩もずいぶん明るくなりましたし、
気持ちのいい、何となくワクワクする季節ですね!

───────────────────────□■

★今日の話

 自分のペースを守り続ける。

■□───────────────────────

この2か月ほど、自分のペースがちょっと乱れていたような
気がします。


日々の仕事でいろんな事が起き、刺激的な毎日を送りつつ、
仕事やそれ以外のやらなければならないことが時期的に重なり、
何となく日々時間に追われ…


当然時間は有限なので、優先順位をつけて取り組みます。


すると、緊急かつ重要でないものは後回しになります。
当然と言えば当然。


そこで、仕事以外で最近後回しになっていた主なものが

・日報
・読書
・毎週のメールレター(このメールです)

でした。


日報は、以前ご紹介したことがある

 A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく
 なかづか日報(中司祉岐さん著)
 Amazon http://p.tl/0Kz6

を読んで始めた自分の日報。


朝、一日の予定を書き、最後にそれを振り返って反省し、
翌日につなげていくんですが、これを最近書いて
いませんでした。


次に読書。
主に通勤時間ではありましたが、最近ほとんど
読めていなかったんですよね。


友人にもらった本や後輩に薦めてもらった本も
あるのに。。


そして、読書などで学んだことをアウトプットする
このメール。


毎週書き始めてもうすぐ7年になりますが、このところ
書かない週が多くなっていました。


いずれも、今はやめておこう、と自分で選択している
ものの、結果として自分のこれまで続けてきたペースとは
違う日々を送るようになっていて、「何かおかしいぞ」
と思うようになってきました。


やめること、捨てることは大事。
はい、いろんなところで耳にします。


でも、それらの優先順位をつけるのって難しいですね。
何を軸に考えるのか。


よくある「重要・緊急」のマトリクスで考えるのが
いいんでしょうが、その「重要」の考え方がなかなか難しい。


長年続けてきた自分なりのペースや、大切にしたいもの。
これらの重要度は本当は高いんでしょうね。


最近の私は、そこをいつの間にか後回しにして、結果として
自分のペースが乱れていたような気がします。


みなさんも「そう言えば昔はこれをやっていたのに、
いつのまにかやらなくなってたな…」というもの、ありませんか?


新年度になって、環境が変わった方もいらっしゃると思います。


環境が変わった方も、そうでない方も、自分なりのペース、
大切にしてきたものたちを、もう一度見直してみませんか?


自分のペースで、焦らず毎日をじっくり楽しみましょう!

プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml