CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#342〜すべては必然〜 [2013年03月27日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #342 《 2013.3.27 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────


月曜日の夜テレビをつけたら、サッカーの本田選手の
特番が流れていました。


本田圭佑。プロサッカー選手。
言わずと知れた、サッカー日本代表のエース。


華やかな、光り輝く道を歩んでいるように見える
本田選手ですが、2年前に膝を怪我して以来、
幾多の苦難に遭遇し、昨日行われたサッカーW杯予選にも
出場していません(日本、負けちゃいましたね…)。


そんな本田選手の苦悩と挑戦を追った、
NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル」。


相次ぐケガ、壮絶なリハビリ、知られざるドラマ。


大ケガをした後に本田選手が言っていた言葉。

 
  ケガしたことはね 残念ですけど
   
  しょうがないですし。

  ケガして思ったのは 僕チャンスやなと。

  オレはチャンスやなと思ってるんですけどね。


選手生命を脅かしかねない大ケガにも関わらず、
それはチャンスと捉える姿勢。


自分に無理やり言い聞かせているのかもしれません。

 
でも、誰が何と言おうとそれを信じて疑わない。


「間違いなくチャンスなんだ」
「これがチャンスになるとオレは知っているんだ」


そう言っているんだと思います。


そしてケガをしている間に、
自分の弱みを克服するトレーニングに励む。
ビッグクラブで活躍する姿をイメージしながら。


「信じこむ力」。


本田選手が他の選手と違うところは、恐らくその力。


 まだ神さまがオレにトレーニングしろって
 言っているのかな


本当にそう信じているからこそ
出てくる言葉じゃないかと思います。


こうも言っていました。

 
 まだ完璧に治ったと言えるような
 状況ではないんですけど、

 治ってなくとも自分は
 ケガする前の自分より成長したと思ってます。

 ケガしている時
 トレーニングしている時というのは
 全然マイナス面を感じずに

 希望に満ちあふれながら
 ずっとトレーニングに励んでいました。

 ケガして辛いことがある、悩みがある。
 その悩み問題を どこの角度から見るか。

 すごい辛い問題に見えるかもしれない。

 みなさんは辛いほうから見てくれているんでしょう
 僕に対して同情の目を持って。

 でも僕は反対から見ているから
 チャンスになるんです。

 その考える技術っていうか
 習慣を身につけて 高めていってほしいんです。

 そうすれば どんな困難にもポジティブに対応でき
 
 負のオーラというか
 マイナスな要素は持たないようになってくるかなと。

(本田選手が大学で行った講演より)


本田選手、かっこいいです。


意識しなくても自然とそういう言葉が出てくる。
なるほど、という言葉がたくさん出てきます。


「ケガをしたという事実」をどうとらえるか。


プレーできない。
筋力が落ちる。ライバルに水をあけられてしまう。
もう1度ケガをしたら選手生命が絶たれてしまうかもしれない。


そうやってマイナスとしてとらえるのか。
それとも反対から見て、何かのチャンスととらえるか。


実は私もちょっとショックな出来事がありました。
予期していなかった出来事…。


そう言えば昔ラグビーをやっていたころ、大きな挫折を
何度か味わったことを思い出しました。


挫折?


その時はそう思ったかもしれません。
確かに辛かったです。


でも、それらはその時の私に必要だった事なんですよね。


それらの出来事がなければ、その後の私はなかったでしょうし、
今の私もなかったと思います。


そう、昔も今もこれからも、自分に起こる出来事は、
みんなその時の自分に必要なこと。


必要な時に必要なことが起こる。
全てに意味がある。


すべては必然なんですよね。
本田選手のケガも、恐らく今の彼に必要なこと
なんだと思います。


ケガから何かを学ばせようとしてくれている。
今よりもっと進化させる、成長させるチャンス。
神さまがあえて用意してくれた試練。


そう信じ込んで、本当にチャンスにできるかどうか。


日々いろんなことがあると思います。


嬉しいこと、残念なこと、ムカつくこと、感動すること。


「あの出来事があったおかげで今がある」と、
1年後、5年後、10年後に言っていられるような
毎日を過ごしたいですね。


では、今日も充実した1日を!


#341〜自分の人生という家〜 [2013年03月19日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #341 《 2013.3.19 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

★ おススメセミナーのお知らせ ★

 3月23日(土)14:00-18:00 @ 目白教育ホール

「自分の強みを発揮して世の中のお役に立つ!」
 たった1日で10年後の未来を創る『進化の4段階説!』

 講師 小田真嘉さん(ブーストパートナーズ株式会社 代表取締役)
 http://mentoring-mgt.jp/mgt/news/2013/01/31/post-2.shtml
 
 参加費:25,000円

 ちょっと高い…? と思いきや、特別割引があります。
 3/22までにお申し込みいただき、備考欄に「ジェイカレッジ紹介」と
 ご記入いただくと、4,000円引きで受講いただけます。
 (本来早割は3/14で締切りですが特別に!)

 ジェイカレッジにもお越しいただいたことがある小田さん、
 おススメです!

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

先日、家を出て携帯を忘れたことに気がつきました。

あ、と思ったものの、取りに帰るとバスに間に合わない。

まぁいいや、と思ってあきらめましたが、
物理的にポケットの中が軽いだけでなく、気持ちも
ちょっと軽くなったような気がしました。

もちろん気になるんですけどね。
大事なメールが来てたらどうしよう…とか。

でもしょうがない。

家に帰って携帯を見たらたくさんメールが
届いていましたが、案の定、その時にすぐに
対応しなきゃいけない!なんて要件はまったく
ありませんでした。

待ち合わせがある時はちょっと不便ですが、
わざと携帯を置いていく、なんてのもありかも!?

───────────────────────□■

★今日の話

 今という瞬間の積み重ねが
 自分の人生という家を創り上げる

■□───────────────────────

以前ご紹介したことがある「人の心に灯をともす」
というメールマガジンで取り上げられていた

『読むだけで 運がよくなる77の方法』
リチャード・カールソン著(浅見帆帆子訳)

よりご紹介します。


(以下、引用)

引退しようとしているある高齢の大工の話を紹介しよう。

この話が私は好きだ。

とても大切なことを語っているからだ。


その大工は、もうそろそろ家を建てる仕事をやめて、妻と一緒に
のんびり暮らそうと思った。

雇い主は、個人的な願いとして「もう一軒だけ建ててくれないか」
と頼んだ。

大工は承知したが、真剣に仕事をする気はなかった。

粗悪な材料を使い、手を抜いた。

キャリアを積んだ優秀な職人の幕引きにしては、残念な仕事だった。


家は完成した。

点検にやって来た雇い主は、玄関のカギを大工に渡していった。


「この家はあなたの家です。
 私からのプレゼントです」


大工は、大ショックを受けた。

ひどく恥ずかしかった。

自分の家を建てているとわかっていたら…
たぶんもっと頑張っただろう。


私たちもこの大工と同じだ。

毎日毎日、人生という家を建てている。

だが、建てていることに全力を尽くしていないことが多い。


そしてずっと後になって、自分がつくりあげた人生(建てた家)に
一生住みつづけなくてはならないことを知ってショックを受ける。

もう一度、やり直すことができたら、まったくちがうことをするだろう。

だが、その時はもう、後戻りはできないのだ。


あなたに後悔してほしくない。

あなたも私も、大工のことを笑えない。

私たちは人生という一生住みつづける家をつくっているが、
果たして最善を尽くしているか…


「ベストを尽くせ」という言葉は耳にタコができるほど
聞かされた言葉かもしれない。

それから「あと、ひと頑張りだ」という言葉も。


でも、もう一度いおう。

いま、取り組んでいることに全力を尽くすと、
思いがけないところから幸運がもたらされることが多い。

もうダメだとか、おしまいだとか思っても、
もうひと頑張りすることが何より大切である。

それをどうか忘れないでほしい。

(引用ここまで)


いかがでしたでしょうか。


「毎日毎日、人生という家を建てている。
 だが、建てていることに全力を尽くしていないことが多い」


この言葉、ずしっと響きました。


最近、とても刺激的な毎日を過ごしています。
日々本当にいろんな事があります。


でもその1日1日が、一生かけてつくりあげる
最高傑作である「自分の人生という家」を建てていると
意識できているかというと…


そんなこと意識したことはありませんでしたが、
でも、そういうことなんですよね。


疲れることもあります。
ふざけんな!と思うこともあります。


でも、それも自分の人生。
人の人生を歩んでいるわけではありません。


晩年になって、
「はい、あなたの人生だったんですよ」
と手渡されて、この大工のようにはっと気づく。


今という時間は二度と戻ってきません。


今つくったその箇所は、やり直しはきかない。
その積み重ねで人生という家が完成する。


「自分の人生という家」という比喩を使っていますが、
だからといって自分のことだけを考えていると
この大工さんのように、また違う意味で後悔しそうです。


完成して住み始めた時(晩年)にどう思うか。


最高傑作を創り上げた。悔いなし。


そう思えるように、
肩の力は抜きつつ、今日も全力でいきましょう!
#340〜行動の速さ〜 [2013年03月04日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #340 《 2013.3.4 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

久しぶりに月曜日の朝にお届けしますが、
やっぱり月曜日の朝はいいですね。

よし、今週も気合い入れていくぞ、と、
力が湧いてくるような。

私の今の仕事は曜日が関係ない勤務なので
曜日感覚がなくなることが多いんですが、
それでも月曜の朝は気が引き締まる気がします。

ところで今日は3月4日。
2月、本当にあっという間に終わっちゃいましたね。

そうこうしてる間に、気がつけば新年度…
とならないように、今日も今週も張り切っていきましょう!

───────────────────────□■

★今日の話

 どうしようか…
 その一瞬の迷いが積み重なってチャンスを
 逃しているかも。

■□───────────────────────

今日は、


「ヒラメキを、即、行動に移そう」
 中谷彰宏さん著 中谷彰宏事務所


からご紹介します。


中谷さんは様々なジャンルで活躍され、超多忙な中、
著書も1000冊近く書かれていらっしゃいます。


どこにそんなエネルギーと時間があるんだろう、
と思いますが、著書に書かれていることを自然と
実行されているからこそなんですよね。


(以下、著書より引用)

現実には、年をとればとるほど残り時間に
限りがあります。
残りのチャンスに限りがでてくるということです。

迷って何かをすると、迷わずやった人に必ず負けます。

私は、ノータイムですべての判断をします。

(中略)

迷った時点で、どちらを選ぼうが負けです。

迷わないような軸を決めておけばいいのです。

「迷わないでください」と言っているのではありません。
世の中に迷わない人がいることを知ってほしいのです。

そういう人は、直観→即行動です。

かつ、それを継続します。

年齢は関係ありません。

100人いたら99人は直観がひらめきます。
でも、そのうち半分は行動できません。
迷うのです。

「直観はあるけど動けないんですよね」
と言う人がいます。

それは、本当は直観とは言いません。

直観は、3つの作業が連続しています。

「頭にひらめく」→「動く」→「続ける」
この3つがセットになって初めて直観です。
ひらめくだけでは、直観とは言いません。

(中略)

とてつもなく速い人を見れば、自分がいかに
迷う人間であるかということに気づきます。

「考えているの?」というぐらい、動きの速い
人がいます。

その時に、自分の遅さに気づいた人はスピードが
上がり始めます。

(引用ここまで)


とんでもなく行動、仕事が速い人、いますよね。


メールの返信がとても速い人。
次のアクションがとても速い人。


そういう人を見ると、仕事がデキルなぁ、すごいなぁ、
と思いますが、でもそう思うと同時に、
私はこのペースでいいや、と言い聞かせ、納得している
自分がいるような気がします。


お、これいいな、あれをやりたいな、と閃いても、
でもその前にあれをやらなきゃいけないし、
いやまてよ、やったらこうなるな、いや、でも…


と一瞬迷い、どうしようか、とりあえず後回しかな、
なんて思っているうちに、行動力のある人はすでに
行動しているんでしょうね。


小さい行動だとしても、それが積み重なっていけば
とんでもない差になりそうです。


これやりたい、でもやらなければならないことが
盛りだくさんでどうしてもできない。


仕事をたくさん抱えているとそうなっちゃいます。
何でもかんでもやれないです。
やらない、捨てると決めることも大事。


でも、いろんなことをたくさん抱えているにも関わらず、
更に他の事もやり始め、かつアクションがとんでもなく
速いという人がいるのも事実。


やる・やらないを瞬時に判断する。
やる、やりたい、と思ったら小さなことでも
「間をあけずに」まずは行動する。そしてそれを続ける。


この連続なんでしょうね。


わかっているけどそれがなかなか…


と、できないことを正当化するのはもうやめて、
今できる事、やりたい事の優先順位を瞬時に決めて
ちょっとでも行動してみましょうか。


では、今日も素敵な1日になりますように!


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml