CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#339〜スマホ休養日〜 [2013年02月22日(Fri)]
─────────────────────────

いけもとメール #339 《 2013.2.22 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

★ジェイカレッジのお知らせ★

 川上徹也さんに聞く
 ビジネスと人生を変える「ラブストーリー戦略」

ラブストーリーというと恋人同士の関係と思いがちですが、
実はビジネスにも重要なんですね。

商品を売らずに、物語を売ろう!という
ビジネスストーリー戦略の第一人者、川上徹也さんを迎えて
ジェイカレッジを開催します。これは必見!

日時 :2013年2月27日(水)19:00〜 (18:30開場)
場所 :K.T.T.虎ノ門大学院 11階教室
 (アクセス)http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm
参加費:5,000円 (協賛・協力企業の方は1,000円)
※当日受付にてお支払い下さい。

詳細 :http://jcollege.jp/2013/seminar_81_kawakami/
申込 :http://kokucheese.com/event/index/71278/

■□───────────────────────

こんにちは。いけもとです。

先週、びっくりすることが起きました。

先週のメールで、中谷彰宏さんの著書をご紹介
しましたが、その日のお昼前に「中谷彰宏です」
というタイトルのメールが届きました。

んん?迷惑メール…??と思ってみてみると…

なんとなんと、中谷さんご本人ではありませんか。

私のメールを見たある方が中谷さんとつながって
いらっしゃり、ご本人にメールを転送して
くれたそうですが、まさかご本人からメールが
届くなんて夢にも思っていなかったのでびっくり。

緊張しながらお返事を書いたら、そのメールにも
すぐに返事をいただき、「著書を送ります」
とのこと。

そして数日後、直筆の葉書と一緒に著書が本当に
送られてきました。
いやー、びっくりしました。

ちょっとメールとブログでご紹介させていただいた
だけなのに、あの多忙な中谷さんが直接メールを
下さり、そして著書までお送りいただけるなんて、
ただただ感動してしまいました。

お話には聞いたことはありましたが、中谷さん、
本当にすごい方ですね。
とってもとっても刺激を受けました。

───────────────────────□■

★今日の話

 スマホ、携帯を、意識して使わない日を
 作ってみませんか?

■□───────────────────────


スマホ、使っていますか?


一旦スマホを使い始めたものの、やっぱり元の
携帯に戻した、という方もいらっしゃるようですが、
一度使ってみるとやはり便利ですね。


ただ…あまりにスマホや携帯、iPadなどに頼りすぎて、
本当に大切なものを失っていませんか?というお話です。


私が勉強させていただいている「共創チーム」
(高萩徳宗さん主催)のメールレターで
こんなお話がありました。


某企業が技術系の学生向けに会社説明会を行ったそうで、
そこにたまたま居合わせた高萩さんが、
説明会の会場に向かう多くの学生さんとすれ違ったそうです。


すると、ほとんどの学生がスマホを手にして
画面を見ながら歩いていました。


なぜ?


はい、みんな「道案内」を見ていたんです。


私も経験があります。


飲み会で初めていくお店。


以前はぐるなびなどの地図をプリントしていましたが、
最近はスマホにURLを送り、駅についたらGoogle Mapを
起動させ、ナビモードに。


充電の減りは早くなりますが、ほんとに便利なんですよね。
初めて使った時、「これはなんて便利だ!」と
びっくりしたのを思い出します。


でも…それ、ほんとにいいことなんでしょうか。


高萩さんがすれ違った技術系の学生さん、
入社後は五感をフルに活用し、本当に細かい仕事を
することになるはず。


その彼らがスマホのナビを見ながら歩く。
つまり、思考停止状態。


以下、そのメールから引用します。


 会社説明会に行くのだから、
 前を向いて、
 上を向いて歩こうよ。

 回りの建物、マンション、
 植木、道路、放置自転車、
 ベビーカー、すれ違う人。

 感性を大切にして、
 未来の仕事に繋げようよ。

 私はひとりひとりに、
 そう声をかけたくなりました。

 「最近の若いモノは。」

 それは言いません。

 彼らが悪いのではないからです。
 生まれた時から携帯電話がある
 環境に育った彼ら、彼女らに、

 「本当に大切なことは何か。」

 を教えるのは私たちの役目です。

 私が人事採用担当者なら、
 ホーキとチリトリを手に、
 作業着来て、道ばたで掃除しながら、
 学生さん観察するかなあ。


(引用ここまで)


「本当に大切なものは何か」


色んな便利なものが私たちを取り巻く今、
この言葉を常に意識していたいですね。


便利さから受ける良い面もあれば、逆にこのスマホの
話のように、何でもかんでもスマホに頼り、
思考停止状態が続き、考える力や五感が退化してしまう、
なんてこともあるかもしれません。


私もスマホのナビで「便利!」と思っていましたが、
紙の地図を見ながら視線を上に向けて歩いたら、
いろんな発見ができていたかもしれません。


綺麗な星空や、もしかしたら流れ星を見つけた、
なんてこともあったかも。


スマホを見続けていたら、目的地に迷わず早く
到着できるでしょうが、失っているものの方が
大きいような気がします。


高萩さんは最後に


 私たちも、スマホの電源を
 24時間切る「休養日」を
 意識して作りたいものです。

 五感のアンテナを回復させるために。


とおっしゃっていました。


1週間に1日くらい、いや、半日でもいいので、
そういう時間を作ってみませんか?


明日、明後日はお休みの方が多いと思います。


ぜひ一度お試しを!


#338〜右脳人?左脳人?〜 [2013年02月15日(Fri)]
─────────────────────────

いけもとメール #338 《 2013.2.15 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

★ジェイカレッジのお知らせ★

 川上徹也さんに聞く
 ビジネスと人生を変える「ラブストーリー戦略」

ラブストーリーというと恋人同士の関係と思いがちですが、
実はビジネスにも重要なんですね。

商品を売らずに、物語を売ろう!という
ビジネスストーリー戦略の第一人者、川上徹也さんを迎えて
ジェイカレッジを開催します。これは必見!

日時 :2013年2月27日(水)19:00〜 (18:30開場)
場所 :K.T.T.虎ノ門大学院 11階教室
 (アクセス)http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm
参加費:5,000円 (協賛・協力企業の方は1,000円)
※当日受付にてお支払い下さい。

詳細 :http://jcollege.jp/2013/seminar_81_kawakami/
申込 :http://kokucheese.com/event/index/71278/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

天気予報では、今日は午後から雪が降るところが
多いようですね。

仕事のことを考えると、どうかはずれの予報で
あってほしいのですが…(-人-)

───────────────────────□■

★今日の話

 あなたは左脳人?それとも右脳人?

■□───────────────────────


「右脳で行動できる人が成功する」
 中谷彰宏さん著 PHP文庫 より


やりたいことがない人はエレベーターを待っている間に、
「早くこないかな」と階数の点滅を見ています。

私は、エレベーターを待っている間に、
ボウリングのフォームをチェックしています。

私の住んでいるところのエレベーター横には、
窓があります。

窓が、ちょうどうまいぐあいに、うっすらと
鏡状態になっているのです。

「重心移動はこうかな」
「もっと体重移動をうまくするにはどうしたらいいんだろう」

とやっていると、
「あっ、エレベーターがもう来ちゃった」
となります。

乗っている間も、フォームチェックを続けています。

エレベーターを待っている間は、完全に無防備状態です。
そこで、その人の本当にやりたいことが決まるのです。

仕事の現場など、緊張状態でやっていることは、
あなたが本当にやりたいことではありません。

エレベーターに乗っている間、階が上がっていく
数字を退屈そうに見ている人は、やりたいことのない
左脳人です。

エレベーターに乗っている間は、電車と違って、
本を取り出して読むほどの長さはありません。

エレベーターを待つ間、乗っている間の短い時間は、
実は人生と同じです。

人生というエレベーターの中で、数字を見ている
だけの人の頭の中は、「遅いな」とグチをこぼすだけです。

まわりに人がいるのも、なんとなく気まずくて、
「早く着かないかな」と思っています。

そのうちに人生が終わるのです。

人生は、まとまった時間ではありません。
あっという間に終わります。

(引用おわり)


皆さんはエレベーターを待つ間、どうしてますか?


私は自分では、こうした隙間時間にいろいろ考えたり
しているつもりでしたが、エレベーターを待つ間や
乗っている時にどうしてたかなと振り返ってみると…
思いっきり左脳人でした。


著書に
「左脳人は、間がもたないので、携帯電話センターに
 問い合わせをしてみたりするのです」
とあります。


書かれたのが2005年なのでこういう記述になって
いるんでしょうが、今では「スマホ」なんでしょうね。


手持ちぶさたになると、メールが届いているわけじゃ
ないのに、ついスマホを取り出してサイトを見たり…


「人生は、まとまった時間ではありません」
とありましたが、まさにその通りですね。


こうした細切れの時間をどう使うか。
その積み重ねが自分を創っていくんでしょうね。


もしボタンを押す直前に他の階に行ってしまっても、
心穏やかに、楽しくワクワクすることを考えられる。
そんな人でありたいですね。


では、今日も1日仕事を楽しんで、良い週末をお迎えください。
(雪、降りませんように…)
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml