CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2012年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#333〜何を目指しますか?〜 [2012年12月28日(Fri)]
─────────────────────────

いけもとメール #333 《 2012.12.28 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。


今日は12月28日。
多くの方は、今日が仕事納めでしょうか。


それにしても2012年もあっという間でした。
この1年、皆さんにとってどんな1年だったでしょうか。


ちょうど1年前、2011年12月27日にお送りした
メールを読み返してみたんですが、こんなことを
書いていました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今年1年、本当にいろんなことがありました。
自分の身近なところから、大きなものまで。


社会が、日本が、世界が…と日々心配になることも
多いですが、改めてこの1年を


「自分自身、どれくらい成長できたかな」


と振り返ってみるのもいいですね。


そして来る2012年、どのように、どれくらい成長したいか。


年末年始、食べて寝て起きてテレビ見て…も楽しみでは
ありますが、1年の締めくくり、そして新たなスタートとして
そんな風に自分と向き合う時間を作ろうと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


そう言えば1年前、いろいろ悩んでいたなぁ…
などと懐かしく思い返しました。


来年こそはあれをやりたい!
こんな1年にしたい。


年末はいつもそう思っているような気がします。


でも、年が明け、仕事が始まるとまたいつもの
ペースになり、じっくり考える暇もなく
同じように、ただたんたんと1日を繰り返す…


そう言えば昨日から、全国高校ラグビー大会が、
東大阪市の「花園ラグビー場」で開幕しました。


はい、野球で言う甲子園。
ラグビーをやっている高校生は、みんな「花園」を
目指してがんばります。


高校時代、一緒にラグビーをしたある友人が
いるんですが、彼は高校時代、残念ながら
レギュラーになれず、花園でプレーすることが
できませんでした。


でも、花園のピッチに立つという夢を
あきらめきれず、確か数年前からだったと
思いますが、「レフリー」に挑戦し始めました。


「プレイヤーとしての夢は果たせなかったけど、
 今度はレフリーとして花園を目指す」と。


とは言え、それも簡単ではなく、もうあきらめようと
したことがあったそうです。


でも、1年前に会った時に

「この1年を最後のチャンスだと思って頑張る」

と言っていて、その後本当にがんばったようです。


そして今日、長年の夢が叶い、レフリーとして
彼が花園のピッチに立ちます。


仕事で直接応援に行けないので、J-SPORTSで
録画予約し、夜帰宅して彼の有志をテレビで
見たいと思います。


有言実行。カッコイイですよね。
久々に友人から刺激をいただきました。


さて、では自分はどうしよう。何をやろう。
何を目指そう。


別に年の区切りなんて関係ないですよね。
今日から何をやろうか。


常にそう考え続け、実行し続ける。
失敗することがあってもいいですよね。
まずはやってみる。どんどん。


とにかく前を向いて、日々楽しく、かっこよく
生きて行けるといいですよね。
難しく考えずに。


では、2012年最後のメールはこの辺で失礼します。
今年もつたないメールにお付き合いいただき
ありがとうございました。


不定期にはなりましたが、来年も引き続き
お送りしていきたいと思っていますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


それではどうぞ良いお年をお迎えください!

#332〜黄金の睡眠時間〜 [2012年12月19日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #332 《 2012.12.19 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

12月、そして2012年ももう終盤ですね。
ほんとに早いです。
この1年、あっという間でした。

と、1年を振り返るこの時期に悩むのは…
息子たちへのクリスマスプレゼント。

息子たちから「これがいい!」というものを
聞きださずに決めましたが、さてさて
喜んでくれるかな。

プレゼントは何とか決まりましたので、
あとは渡し方をどうするか。

長男は小学5年生ですが、過去、さもサンタさんが
夜中に我が家にやってきてプレゼントを置いて
いったかのように用意していたこともあり、まだ
サンタさんの存在を信じているんですよね。

もう高学年ですし、きっと学校では

友達「サンタなんているはずないじゃん」
長男「だよね、でもね、昨年うちはさぁ…」

という会話がなされてるんじゃないかと思います^^

さて、今年はどうしようかな。
いよいよ迫ってきたので、もうちょっと楽しく
考えてみたいと思います!

───────────────────────□■

★今日の話
 
 黄金の睡眠時間

■□───────────────────────


・7時間睡眠
・運動習慣
・健康的な食事


これ、何だと思いますか?


この3つは、医学博士・京都大学名誉教授の
久保田競さんがおっしゃっている

「ストレスに打ち勝つ、『科学的に実証された方法』」

です。


なんだ、当たり前のことじゃん。


ですよね。


でもやれていないし、やろうとしていないし、
やってなくてもまぁいいや、と思っているのが
現実だと思います。


特に睡眠については、いろんな本で
「8時間は寝なければダメ」だとか、
「短時間睡眠で乗り切る方法」など、人によって
真逆の事が書かれていたりして、
「結局どっちでもいいのね」と私も思っていました。


ただ、この7時間睡眠、運動、食事の3つは、
単なる感覚や、自分がやってみてそうだった、という
話ではなく、脳の最高権威による、科学的に実証された
話らしく、人生を楽しむためには、まじめに実践
した方がよさそうです。


特に、「7時間睡眠」については、


『無理をして短時間睡眠を繰り返していると、
 病気になる確率も死亡率も高くなるという
 科学的に実証されたデータが出てきたのです』


とのこと。


うーん、とは言っても… ではありますが、
改めて生活習慣の見直しが必要ですね。


(以下、「あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法」
ダイヤモンド社 のエピローグより引用)


自分の人生をよくするのも悪くするのも、また、
長くするのも短くするのも、自分の心がけ次第です。

私自身は、46歳までは食べたいものを好きなだけ食べ、
飲みたい酒を飲みたいだけ飲み、やりたい研究に
時間を忘れて没頭して、自分の身体の悲鳴に耳を
貸すことはしませんでした。

「医学博士」という肩書きがありながら、とても
恥ずかしいことです。

しかし、46歳から走り始めたことで、心身の
健康を意識しだすようになりました。

そして、脳科学の知識を活かしながら、食事を初め、
生活すべてを見直すようになりました。

本書には、自分の人生を自分でコントロールするために、
日々の生活で留意していただきたいことを紹介しました。

なかでも、「7時間睡眠(正確には、1日トータル
6時間半以上7時間半未満)」については、病気に
なりにくい、健康的な生活を送るために、唯一科学的に
証明された「黄金の睡眠時間」であることを強調して
書いたつもりです。

(引用おわり)


唯一科学的に証明された黄金の睡眠時間…

そりゃたくさん寝たいですよね。
それが出来れば苦労しないんですが。。。


と、いつも言い訳をしてしまいますが、夜遅く
帰って来て、軽く一杯、と晩酌をしたり、
なんとなくテレビを1時間見たり、すぐに寝れば
もうちょっと睡眠時間を確保できるはずなのに
自ら睡眠時間を削っていたりすると思います。


ただそれも、仕事から帰って来てほっと一息つける
有意義な時間だったりするんですよね。


また、どうしても仕事が忙しくて睡眠時間が
少なくなることもあると思いますが、そういう場合は、
「1日トータル」で7時間(6時間半)の睡眠が
とれればいいそうです。


往復の通勤時間で、片道20分は電車で座って眠れるなら
往復で40分は睡眠時間としてカウントできますし、
昼食後に15分昼寝ができるならそれもまたよし。


それでも平日の睡眠時間がどうしても少なくなる人は、
週末の「寝ダメ」が少しは効果的のようです。


(以下、著書より)

 最近の研究では、「1日平均4時間しか睡眠時間の
 取れない人が、週末の1日、10時間寝たら、
 集中力が若干回復し、反応も少し速くなった」
 という結果が発表されています。

 どうしても平日の睡眠時間が短い人は、週末の
 「寝ダメ」が少しは有効です。

 しかし10時間寝ると、その日の夜はなかなか
 寝つけず、翌日はまた、睡眠不足の状態で出勤、
 なんてことになりかねないので、やはり本来は
 毎日規則正しく7時間寝ることをお勧めします。


とのこと。
やっぱり1日トータルで7時間の睡眠を確保したいですね。


睡眠、運動、食事。


これからの人生をより長く楽しむために、
どれか一つでも本気で見直してみませんか?

#331〜やってみよう〜 [2012年12月06日(Thu)]
─────────────────────────

いけもとメール #331 《 2012.12.06 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

この12月より職場が異動になり、
土日休みではない勤務になりました。

ということで、なるべく月曜日にお送りしたいと
思っていますが、今後は曜日に関わらず不定期に
お送りさせていただきます。
(と言いつつ、これまでも月曜日にお送り
できないことが多かったですが…)

ところでつい先日、家で考え事をしていると
小学2年生の次男が「何してるの?」と
聞いてきました。

「会社のみんながどうすれば楽しく仕事が
できるか考えてるんだよ!」

と答えたら、次男がいいアイディアを
教えてくれました。しかも即答で。

それは何かというと…

「仕事がおわったらアイスを買ってあげる!」

こどものこういう発想、いいですね〜。
確かに毎日楽しそうです!

───────────────────────□■

★今日の話
 
 やってみよう!

■□───────────────────────


 やったことは、
 例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。

 しかし、やらなかったことは
 20年後には、後悔するだけだ。


この言葉は、アメリカの作家で「トム・ソーヤの冒険」
などの著者、マーク・トゥエインさんの言葉。


こんなことをやりたい。
でも、まわりに何を言われるかわからないし、
そもそも自分がやる明確な理由なんてないし…

うん、やっぱりでしゃばるのはやめとこう。


仕事などでそう思った経験はないでしょうか。


私は結構あるんですよね。
遠慮しないタイプに見られることも多いですが、
実は意外といろいろ気にしてます… (笑)


でも、やりたい!と、ほんの少しでも思ったなら
せっかくだしやってみた方がいいですよね。


もしまわりから批判を受けたとしたら、
それは「もっといいやり方を教えてくれている」
ということでしょうし、一歩踏み出すことで
とても楽しいことが起こるかもしれないですよね。


はい、きっと起こります。楽しいこと。


私は、こんなこと、あんなことをやりたい、
やったらこんな楽しいことが起きそう♪
と考えている時間が好きで、よく妄想にふけります。


ここ最近も、新しい職場でどんなことをやりたいか
いろいろ考えていましたが、こんなことやりたいな、
とアイディアがいくつかわいてきました。


ただ、実はその中のいくつかは、数年前にも
同じように思っていたこと。


でもその時は結局やれずに(やらずに)終わって
しまいました。


もしこのままやらずに終わったら、
20年後、きっと後悔するだろうなと思います。
なんであの時やらなかったんだろう、と。


それ、悔しいだろうな〜。


20年後に後悔してももう遅いんですよね。


その時にタイムマシンでも発明されていれば
やり直せますが、さすがにそれは厳しそうです。


もし、以前やろうと思ったことを
やってなかったとしても、それを思い出したら、
これからやるチャンス♪


2012年ももう最後の月。


今年やろうと思ったけどやらなかったこと、
一度振り返ってみませんか?


 やったことは、
 例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。

 しかし、やらなかったことは
 20年後には、後悔するだけだ。

 マーク・トゥエイン


では、よい師走を!

プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml