CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#330〜自分で考える、とは?〜 [2012年11月25日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #330 《 2012.11.25 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

先週はメールをお送りできませんでしたので
お礼が遅くなりましたが、キャリア・仕事の
意識調査アンケートにご協力いただいた皆さま、
ありがとうございました。

しばらくお会いしていない方からわざわざ
「アンケート答えたよ」とのお返事をいただいたり、
とても嬉しかったです。改めてお礼申し上げます。

ところで最近冷え込みが厳しくなってきましたね。
雨が降るとほんとに寒いです。

それはそうですよね。
11月も今週で終わり、土曜日からいよいよ12月。

風邪をひいている方も多いようですが、
何かとあわただしくなる年末、体調管理には
十分注意したいですね。

では、11月最後のメールをお送りします。

───────────────────────□■

★今日の話

 自分で考え行動する、とは?

■□───────────────────────


今日は、2008年4月発行の
「三菱総研倶楽部」に掲載されていた
「『勝つ組織、リーダーの役割』自分たちで考えて
 実践するフォロワーシップ」という記事を
ご紹介します。


この記事は、元早稲田大学ラグビー部の監督で、
フォロワーシップなどを提唱されている中竹竜二さんと
三菱総研の中伏さんという方との対談の対談形式ですが、

サラリーマンで、プレーヤーとしても指導者としても
さして実績がなかった中竹さんが、どのように
早稲田大学ラグビー部を率いて行ったのかが
語られています。


(以下、記事より引用)

【中竹】最近の若者は一般的に言われているように、
自分で考えようとはしません。

正確に言えば考えてはいるんだけれど自分では
決めません。

なぜならリスクをとることが怖いからです。

これは大人たちが、これまで、自分で考え決断を
させ、リスクをとらせてこなかったからだと思います。

その上、彼らは、否定されることを特に怖がり、
否定された場合、それを認めようとはしません。

練習中もミスを指摘すると
「今まではこう教えられました」と反論する。

これは言い訳と言うよりは、むしろリスクを背負って
チャレンジしたときに評価されたことがないことから
出てくる言葉だと思っています。

【中伏】それは若い人にだけではないかもしれない。
世の中がそういう風潮になっていますよね。

何か一つ失敗すると徹底的に叩かれてしまう。

だから叩かれないように、きちんとルールを決めて
ルールどおりにやったことを担保とする。

その結果、ルールどおりやることばかりに重きを置き、
自分で決断しない社会になってきているのではないかと
感じます。

(引用ここまで)


以前、サッカー元日本代表監督の岡田武史さんも
同じようなことをおっしゃっていました。


監督に言われた通りに動くチームは、
そこそこのレベルまでは行くけど、
世界では絶対に勝てない。


自らのリスクを背負って勝負しなければ
そもそも面白くないはず。


リスクもなければ自分のものにもならない
人のお金でギャンブルし、大勝ちしても
つまらないのと同じで、人から言われた通りに
動いて勝ったとしても、それは本当の楽しさ、
面白さにはならない。


失敗もあるかもしれないが、そのリスクを
自分で背負って、自分で考え、判断して動き、
その結果として勝つからこそ楽しいんだ。


そうおっしゃっていました。


中竹さんの話、そして岡田監督の話、
とても深いですね。


この話を読んで、どんなことを考えましたか?


自分の部下、後輩はどうだろうか。
自分で考え、行動しているだろうか。


もし出来ていないとしたら、自分の接し方に
問題はなかっただろうか。


言われた通りにやらず、失敗したら頭ごなしに
叱責していなかっただろうか。


職場や子育て、それから週末にコーチをやっている
ラグビースクールなど、いろんなシーンが
頭に浮かびました。


いやまてよ、そもそも自分自身はどうかな…
など、考えがどんどん膨らんでいきます。


それらを一度メールに書いてみましたが、
すごく長くなってしまったのと、
最終的な私の中での結論に至らなかったので、
今日はご紹介のみにしたいと思います。


こういう話、
仲間内でじっくり話し合うのもいいですね。


冒頭にご紹介した三菱総研の記事は、
以前、中竹さんの著書をこのメールで紹介した時に、
友人から「こんな記事があるよ」と教えてもらったものです。
(Nさん、ありがとう!)


その記事、ネットで全文をご覧いただけますので、
興味のある方はこちらからどうぞ。

http://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/club/05/__icsFiles/afieldfile/2008/10/20/
20080401_club04.pdf


では、11月最後の週、今週も楽しくいきましょう!
#329〜ひばりの親子〜 [2012年11月12日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #329 《 2012.11.12 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

今日は皆さんにお願いがあります。

下記「キャリアおよび仕事に関する意識調査」
のアンケートにご協力いただけないでしょうか。

実は私の友人が1年半前より筑波大学大学院で
勉強しているんですが、今回、企業で働く人たちの
キャリア意識や仕事に対する取組み姿勢等との
関連を調査したいということで、下記アンケートを
作成しましたので、ぜひご協力いただければと思います。

私も実際にやってみましたが、改めて、
自分がどんな気持ちで仕事に取り組んでいただろうか、
何のために仕事をしているんだろう、という事を
振り返る良いきっかけになりました。

仕事の休憩時間や終業後など、お手すきの際に
ご協力いただけますと嬉しいです。

「キャリアおよび仕事に関する意識調査」
 https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/23000
(パスワードは「1234」です)

※対象は民間企業にお勤めの20代後半〜40代の方々です。
※回答時間は15分程度の見込みです。
 回答期限は11/18(日)23:59迄です。
※冒頭画面にご案内(注意事項等)がありますので、
 ご同意の上で回答画面へお進みください。
※最後までご回答頂きましたら画面右下の「完了」ボタンを
 押してください。すると「回答データの送信を行います。
 よろしいですか?」と訊いてきますので「OK」を押してください。

───────────────────────□■

★今日の話

 みんなで「やろうよ」と言っているときは
 誰も本気になっていない。
 
 ひばりの親子に見られてますよ!

■□───────────────────────

今日は

「強い現場をつくる トヨタの上司」(中経出版)

という本に出てくる、

「ひばりの親子」という話をご紹介します。


(以下、引用です)

村人が大勢やってきて
「そろそろ麦刈りをしよう」と言っているので、

ひばりの子供が母鳥に
「それなら引っ越ししようよ」と言うと、
母鳥は「まだ大丈夫よ」と子供に答えました。

数日後に今度は2〜3人の村人が出てきて
「麦刈りしよう」と言っていた時も、
母鳥は「まだ大丈夫よ」と言いました。

そして、ついに1人の村人が
「そろそろ麦刈りをしよう」
と出てきた時になって初めて、
子供に「さあ、引っ越ししましょう」と語ったのです。

(引用ここまで)


大勢で「そろそろやろうよ」と言っている時は
みんな全然本気じゃなくて、本当にやろう、
というところまでいっていない。


2〜3人で「やろう」と言っている時も、
まだ本気じゃない。


1人で実際に動き出した時が初めて
その「やろうよ」と言っていたことが動き出す。


ひばりの母親は人間のそういう習性を知っていて、

「かけ声だけで実際はやらないから、まぁ見てなさい」

とひばりの子供に言っているわけですね。


この話、とても耳が痛かったです。


みんなで話をしていると


「こんなことをやろうよ、やりたいよね」


と盛り上がるんですが、
日々いろんなことを抱えているとつい忘れ去られ、
結局誰もやりださない。


具体的な役割分担や、実際のやることに
落とし込まないと、みんな「誰かやるでしょ」
という気持ちになって、実際の一歩を踏み出さない
(=実現しない)ということだと思います。


ではどうすればいいか。


まずは「それ、本気でやりたいと思ってる?」
と自分に対する問いかけが必要だと思います。


やることがたくさんあると優先順位は下がってくる
かもしれませんが、「本気でやりたいの?」と。


もし本気だとしたら、たとえ忙しかったとしても、
ほんのちょっとでも、自分にできる一歩を、小さな
一歩でもいいので、実際に踏み出すことが
大切なんでしょうね。


じゃないと、夢を語ってはい、おしまい、と
なってしまいます。


こたつに入ってみかんを食べながら
「千里先の○○に行きたいね〜」
と話していても、永遠にそこにはたどり着けません。


千里の道も一歩から。
その一歩を踏み出すかどうか。


本気でそこに行きたいと思うかどうか、ですね。


自分で書きながらいろんな事が頭を巡り、
情けないような、恥ずかしいような気持ちになって
しまいましたが、まずは自分一人で踏み出せる
小さな一歩を考えてみましょうか。


では、今週も素敵な一週間になりますように。

#328〜最高の時間を使ってる?〜 [2012年11月05日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #328 《 2012.11.05 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

先日、都内のあるローソンでおにぎりを買いました。

支払いで私が並んだレジの隣のレジの店員さんが、
私より背の高い黒人男性の方でした。

社員かな、バイトかな、黒人の方がレジにいるのは
初めてだな、と思って名札を見てみると…

「ローソン」と書いてます。

あれ?胸の札って、お店の名前を書くんだっけ?

と思って私が並んだレジの方の名札を見てみると、
漢字の名前が書いてます。

え、もしかして名前が「ローソンさん?」と
思って、目の前のレジの方に
「あの… 隣の方、本名ですか?」と小声で聞いたら

「はい、ネタじゃないんですよ(笑)」と。

そしてその会話を聞いたローソンさん、
横から流ちょうな日本語で一言。

「誰も信じてくれないんですけどね(笑)」と。

そうだったんですね〜。

ほんのわずかな時間でしたし、
特段いいサービスを受けた!というわけでもありませんが、
お店を出た後も、なんとなく嬉しいような、
心が軽くなったような感じでした。

ローソンさん、また会いたいな。

───────────────────────□■

★今日の話

 「今の時間の使い方、それが最高の使い方?」
 と、常に自分に問いかけて、「もちろん」と
 答えられる時間の過ごし方を。

■□───────────────────────

 日中に自問しよう

 「今、何をするのが、最高の時間の使い方だろう?」

「幸種 しあわせだね」デニス・ウェイトリー著 
田中ウルヴェ京 監訳(講談社) より


今、こうしてメールを書いているのも、
それを皆さんが読んで下さっているのも、、
仕事も、家でテレビを見る時間も、全て自分でそうする事を
選択した結果。


何も考えず、なんとなく…だと思っていても、
全ては自分の意志の結果であり、
貴重な、もう二度と戻ってこない時間。


その貴重な時間を今もこうして自分の意志で
使っているわけですから、
できればすべてを最高の時間にできるといいですよね。


息抜きも最高の時間の一つだと思いますし、
ぼーっと考え事をするのもあっていいと思います。


全てにおいてムダをなくす、効率性をとことん
追求する、というわけではありません。
(私には無理ですし…)


大切なのは、


「なんのため?」


がはっきりした時間をできるだけ増やす、
ということなんじゃないかと思います。


誰かを幸せにするため。
自分がもっと成長するため。
ちょっと休憩して、次のジャンプに備えるため。


いずれにしても、


「今の時間の使い方、それが最高の使い方?」


こう質問されたときに「もちろん」と答えられるように。


なかなかハードルが高い質問ではありますが、
今この瞬間は、もう二度と戻らない時間。


2度と自分に戻ってこないお金、貯金をどんどん
使っているのと同じですよね。


お金を無意識に捨てることはしないはずですが、
時間は捨ててしまっています。
時間の方が貴重なはずなのに。
あぁ、なんてもったいない。


ということで、今日も貴重な時間の使い方を
ちょっと意識してみましょうか。


そして、今週も最幸の一週間になりますように。


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml