CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#318〜いい自己イメージを持たせる〜 [2012年08月20日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #318 《 2012.8.20 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

それにしても暑い日が続いていますね。

昨日は午前中ラグビースクールがあってずっと
外にいましたが、溶けそうというか、
蒸発してしまうんじゃないかと思いました。

天気も良くて暑いなぁ、と思っていたら、
夕方、いきなり大粒の雨が。

30分ほど勢いよく降ったと思ったら、
またすっきりした青空へ。

夏ですね〜。

───────────────────────□■

ジェイカレッジのお知らせ

No.76 田中 靖浩さんに聞く 
 逃げる、群れる、威張る"オヤジからの護身心得
〜ダチョウ男危機一髪?〜

ジェイカレッジでは、公認会計士×落語家のコラボで
毎回ご登壇いただく田中さん、今回はお一人での講演です。

新書「40歳からの“名刺をすてられる”生き方
 〜疲れた職場で生き残る8つの法則〜」
の内容も交えてお話しいただきます。見逃せません!

日時 :2012年8月29日(水)19:30〜 (19:00開場)
   ※いつもより30分遅らせてのスタートです

場所 :エッサム神田ホール4F 
    東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
   TEL:03-3254-8787
  http://www.essam.co.jp/hall/access/index.html

詳細 :http://jcollege.jp/2012/seminar_76_tanaka/
申込 :http://kokucheese.com/event/index/46690/

───────────────────────□■

★今日の話

 しっかりした人間に育てなければならない。
 その思い込みが人を苦しめます。

 とにかくほめて、いい自己イメージを持たせましょう。

■□───────────────────────


今日ご紹介するのは子育ての本。


お子さんがいない方でも、職場の部下や後輩たちとの
接し方で参考になると思います。


 「ダメ!」を言わなければ子どもは伸びる
  親野智可等(おやのちから)著


お子さんがいらっしゃる方は親野さんの事を
ご存知の方も多いと思いますが、
子育てに関する超人気メールマガジンを
書かれている元小学校教師の方で、ドラマにもなった
人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても
知られています。


親野さんの本は何冊か読んだことがありますが
本当に素晴らしいことが書かれています。


はい、ほんとにいいことが書かれています。


でも…本当にそうなんだろうか。
それでいいんだろうか。実際は…


という葛藤があったりして実践できなかったり
するんですよね。


でもこの本は、その葛藤や疑問に対する答えも
書かれていて、かなりおススメです。


(以下、「あとがき」より)

子どもを変えるより、まず、自分を変えることが
大切です。

そもそも、自分とはまったく別の人間である子どもを、
変えようという考え自体がおこがましいのです。

人を変える権利など、そもそも誰にもないのです。

人にできるのは自分が変わることだけです。

それによっていい影響がじわじわ表れ、それによって
子どもが変わるのです。

あなたが変われば子どもも変わります。

子育てという得がたい機会を活かして、あなた自らが
成長していきましょう。

子どもとの10万回のやり取りが、あなたを磨いてくれます。

そして、親子ともども幸せになってください。

(引用ここまで)


この言葉、「子ども」を、部下や後輩、と読み替えても
そのまま通じそうですね。


著書には、「しつけ」という概念がこれまで多くの親子を
苦しめてきた、とあります。


「人に迷惑をかけない子にしなければならない」
「どこに出しても恥ずかしくない子に育てなければ」


という、一種の強迫観念に近いような考え方。


それによって、


「こんなことしちゃだめでしょ」
「しっかり片付けられる人にならなきゃ」
「早く準備しなさい」
「相手の気持ちを考えられなきゃダメでしょ」
「最後まであきらめちゃダメ」
「自分で考えなさい」
「汚い字で書いちゃだめ。もっと丁寧に書きなさい」


のように、
「○○してはいけない」、「○○しなさい」、
「○○でなければならない」
と、子どもの出来ていないところばかりに目を向け、
毎日指摘し続けてしまいます。


もちろん根底にあるのは、「子どものため」。
決して子どもが憎いわけではありません。


将来、子どもが困らないように、と、
親としてよかれと思っての言動。


「私だって言いたくないのよ」
「お父さんだってこんなこと言いたくないんだよ」
「でも、お前たちのことを想って…」


そうなんです。言いたくないんです。
でも、子どもの将来を考えて…


「叱ることは大事」とよく言われます。


ほめてばかりではつけあがる。
社会に出たら優しい人ばかりじゃないし、厳しく
しつけしておかなければならない、と。


私もそうかな、と思っていましたが、親野さんは
「叱られ続けると、いい自己イメージが持てなくなる」
ことを危惧されています。


ダメ、ダメ、ダメのシャワーを浴び続け、
いつしか「自分はダメなんだ」「自分はできない子なんだ」
というイメージを持ってしまう。


よく「人格を否定する言い方ではなく、物事について
指摘するならよし」と書かれているようですが、
親野さんは、それもNGとおっしゃっています。


いくら物事について言っていても、それを毎日毎日
口酸っぱく言われれば、「自分はダメな子なんだ」
という自己イメージを持ってしまう。


(以下、著書より)

人間はみんな自己イメージというものを持っています。

「自分はこういう人間だ」と、自分で自分のことを
評価しているのです。これは一種の思い込みなのですが、
実はきわめて大切なものです。

なぜなら、これこそが自分を創っていくうえでの
設計図だからです。

みなさんもそうです。私もそうです。人間はみんな
「自分はこういう人間だ」という思い込み、
自己イメージ、つまり設計図を持っているのです。

そして、長い間にわたってそれに基づいて
自分を創っていくのです。

ですから、今あるみなさんのありようは、
外面も内面も含めてそのすべてのありようは、
過去のみなさん自身がイメージしたものなのです。

(中略)

人間の意識は90パーセント以上が無意識だと
いわれています。

本人も気づかないところで、いつの間にか
自己イメージというものができあがっていくのです。

そして、それが自分を創るときの方向性を
決定づけます。

つまり、人生は思い込みで決まるのです。

ですから、親であるみなさんが今最優先でやるべきことは、
子どもがいい自己イメージを持てるようにしてあげることです。

(引用ここまで)


子どもの将来を考えると、何より大切なのは
いい自己イメージを持たせること。


しつけなきゃ、修正しなきゃ、ではなく、
将来何があったとしても、自分はできる、と、
自分を信じて何事にも取り組めるような子を
育てる事なんですね。


そのためには、子ども自身が気づいていないような
ことまでもよく観察して、ほめてあげること。


もし子どもが苦手なことがあったら、直せるように
一緒に手助けをする。


ガミガミ言うのではなく、原因を探って、それを解決
できる方法を一緒に工夫してあげる。


それでもよくならなければ、もう目をつぶる。


親子で努力してもできないことがあったらそれは許して、
その分、いいところを見つけてほめる。


いいところを見つけて伸ばせば、苦手なところが
目立たなくなるんですね。


本を読み返しながら書いていますが、書いていて
「なるほど」と思ってしまいます。


長くなりましたのでこの辺でやめますが、
子どもでも部下でも後輩でも、とにかく
「いい自己イメージ」を持たせて、「自分はやれるんだ」
という気にさせることが大事なんですね。


「ダメ!」を言わなければ子どもは伸びる
 親野智可等(おやのちから)著

 Amazonはこちら。 http://goo.gl/dTx4f


子育てで悩まれている方、おススメです!

#317〜頭を柔軟に〜 [2012年08月13日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #317 《 2012.8.13 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

私が住んでいる地域は埋め立て地で、
比較的新しいマンションが建ち並んでいる
場所なので、夏でも蝉が少ないでんです。

が…
今朝はずいぶん早くから頑張って鳴いている
蝉がいて、おまけに夜中に何か所も蚊に刺され、
寝苦しいと言ったらありませんでした。

これも夏ならではですね。

8月も間もなく折り返し。
もう二度と来ない2012年の夏、満喫しましょう!

───────────────────────□■

ジェイカレッジのお知らせ

No.76 田中 靖浩さんに聞く 
 逃げる、群れる、威張る"オヤジからの護身心得
〜ダチョウ男危機一髪?〜

ジェイカレッジでは、公認会計士×落語家のコラボで
毎回ご登壇いただく田中さん、今回はお一人での講演です。

新書「40歳からの“名刺をすてられる”生き方
 〜疲れた職場で生き残る8つの法則〜」
の内容も交えてお話しいただきます。見逃せません!

日時 :2012年8月29日(水)19:30〜 (19:00開場)
   ※いつもより30分遅らせてのスタートです

場所 :エッサム神田ホール4F 
    東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
   TEL:03-3254-8787
  http://www.essam.co.jp/hall/access/index.html

詳細 :http://jcollege.jp/2012/seminar_76_tanaka/
申込 :http://kokucheese.com/event/index/46690/

───────────────────────□■

★今日の話

 頭を柔軟に!

■□───────────────────────


8月6日のみやざき中央新聞に、
NPO法人読書普及協会理事長 清水克衛さんの
講演が取り上げられていました。


タイトルは
「答えのない時代には 正解ではなく 面白がる
 センスが求められます」


(以下、「みやざき中央新聞」8月6日2470号より)


この前、すごく偏差値が高い高校で講演をしました。

学校に行って生徒と廊下ですれ違ったら、立ち止まって
深々とお辞儀をするんですね。びっくりしました。

そういう真面目な子供たちには
『笑撃テストの珍回答』(コミック出版)
という本を薦めました。

これは面白いですよ。テストの間違った回答を
集めて載せた本です。

たとえば、「次の括弧の中に一字入れなさい」という問題。

「(   )口一番」

※考えてみて下さい!






これはもう常識ある大人はすぐ「開口一番」だと
思いますよね。

だから、正解は「開」という字です。

しかし、今どきの高校生は違うんですね。

「サッポ」と回答していました(笑)。
こういうセンスって素敵じゃないですか。


答えが一つしかない時代には偏差値の高い子が
必要とされていましたけど、今のように答えが
いくらでもあるという時代には、こういうセンスが
ないと乗り越えていけないんじゃないかと思うんです。

言葉がちょっとおかしいかもしれませんが、
もっとふざけたらいいと思うんですよね。

「面白がる」というか、「楽しむ」というか、
そういう発想がなければこれからの時代、
生き残っていけないんじゃないかと思うんです。

(引用ここまで)


頭がカチカチの私は、「面白がるセンスが求められる」
というタイトルを見ていながらも、「開」しか
頭に浮かびませんでした。


「くち」をカタカナの「ろ」と考えて、「サッポロ一番」
とは… やりますね。


テストとしては間違いでしょうが、その答えを見た
先生は「やられた」と思ったのではないでしょうか。
そう来たか!と(笑)


ふざけてやることを推奨するわけじゃありませんが、
何でも楽しむ、面白くやる、という発想は大事ですね。、


大人になるにつれ、様々な常識が頭を覆い、自由な
発想が出来なくなってしまいます。


いつまでも子供のような柔軟さ、素直さを持って
いたいですね。


頭を柔らかくしたい方、この本おススメです。


「頭の体操 BEST」 多湖輝著

 Amazon http://goo.gl/DKurg


寝苦しい夜にでもお試しを!


「笑撃!テストの珍解答グランプリ555(GO GO GO!)」
 (COSMIC MOOK)

 はこちら。

 Amazon  http://goo.gl/Wc0ut


では、今週も楽しく、面白くいきましょう!

#316〜さりげなさ、おもてなし〜 [2012年08月06日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #316 《 2012.8.06 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

毎日暑い日が続いていますが、元気に夏を
楽しんでいますか?

私はこの土日、週末にコーチをやっているラグビー
スクールの遠征で岩手県に行ってきました。

タグラグビー(タックルなどの接触がないラグビー)
を通じて、東北の被災地の小学生と関東の小学生の
交流を深めようということで、今回初めて企画された
大会に参加するためだったんですが、子どもたちと
一緒にいい思い出を作ってきました。

約170名の子供たちが一緒にタグラグビーを
プレーし、みんなでご飯を食べ、お風呂に入って
花火、肝試しをやり、大部屋で雑魚寝。

大部屋の騒がしいことと言ったら…
楽しくてしょうがなかったんでしょうね。

私は釜石の小学校の先生と同じ部屋で(大人は別室)、
夜、部屋でちょっとだけビールを飲みながら、
いろいろとお話を伺いました。

こういう経験はいいですね。
子どもたちは夏のいい思い出になったと思いますし、
私も勉強になりました。

───────────────────────□■
★今日の話

 さりげなさ、おもてなし。

■□───────────────────────


会社のあるセミナーで、ほんのちょっとですが
茶道の世界を垣間見る機会があり、それ以来、
柄にもなく茶道に興味がわいてきました。


以前は「茶道なんて何が面白いの?」と、それこそ
まったく興味なかったんですが、茶道の世界の
奥深さを少し知り、一度お茶会にも行ってみたいなと
思っている今日この頃。


「一期一会」という言葉も、茶道に由来
しているんですね。


『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と
 巡っては来ないたった一度きりのものです。
 だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高の
 おもてなしをしましょう』と言う意味の、
 千利休の茶道の筆頭の心得(Wikipedia より)


深いです。


この一瞬のために最高のおもてなしをする。


先日、武士道に関する本を読みましたが、武士道や
茶道など、私をはじめ多くの日本人が忘れてしまった、
いや、そもそも本当の意味するところを知らない、
でもずっと守り継いでいきたい、大切にしたい
日本の心ですね。


海外のものを勉強するのもいいですが、
私たちの祖先が創り上げてきたすばらしい文化、
もっと勉強しなきゃ。


最近、ある仲間の間で話題に上ったのが
「さりげなさ」という言葉。


 わざとらしい大仕掛けや、期間限定サービス、
 などと比べると地味ですが、

 実は、

 小さなことも手抜きしない、
 どんなときでもできる、
 スタッフの意識がそろっている、

 など、「さりげなさ」は実はかなり高度なことだと思います。


と、ある方がおっしゃっていましたが、
その通りだなと思います。


ともすると、

「こんなサービスしてますけど、どうですか?」

と、口には出さないまでも心で思ってしまう、
そしてそれが行動に出てしまうことが
あると思います。


サプライズを押し付けられると「喜ばなきゃいけない」
と受け手も感じてしまいますし、そうなると
関係がぎくしゃくしてきて長続きしません。


やっぱり心地よいのは、さりげなく、でも相手の事を
考え抜いた、ちょっとした心遣いだったりするんですよね。


会社の先輩から借りた

「茶の湯裏千家 点前を楽しむ」(NHK趣味悠々 茶の湯)

のコラムに、「もてなし」についてこう書かれていました。


(以下、一部引用)

客を喜ばせようと亭主はあれこれ、趣向やら
道具組みを一生懸命、工夫します。

時としてやりすぎるのです。
相手にあわせよう、歓心を買おうとなると
誤ることがあります。

やはりお茶では「かなうはよし、かないたがるは悪し」
といいます。

自分の素直な気持ちがただ表出できればよい。

それが結果として相手の心にかなえば最高です。

かなおうと思って策におぼれると、もてなしは
散々なことになります。

もてなしに肝要なことは、おたがいの気遣いでしょう。

亭主が何を考えているのか、言葉にならないメッセージを
客はキャッチしなければいけません。

亭主は亭主で、客は何を望んでいるのか思いやります。

この気遣いがピタッと合った時、ああよいお茶に会えた、
と感じるのです。

その感動は、人間としておたがいに理解しあい、
認め合うということです。
そしてたがいに豊かになる、ということです。

千利休の戦国時代から現代に至るまで、
人は、どうしたら間違いなく相手を理解できるか。
大問題です。

実は茶の湯は、その課題にこたえる見事な五感を
駆使したコミュニケーションの体系を
つくりあげたといえましょう。

それこそが茶の湯のもてなしなのです。

(引用ここまで)


茶道の作法一つ一つに意味があって、それは
全てが、亭主が客人をもてなす、その一期一会を
大切にするためのものなんですね。


相手の事を考えに考え抜き、でもそれを表すのは
あくまでさりげなく。


気づいてもらえたら、相手のこころにかなえば
最高ですが、決してひけらかすことはしない。


ただひたすらに相手を想う気持ち。


いいですね、こういう世界。


私のような体育会系の人間をも惹きつける茶道。
やはり一度体験せねば。


いや〜、しかし似合わない…ですよね。
はい、わかってますので(笑)


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml