CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#288〜2011年を振り返って〜 [2011年12月27日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #288 《 2011.12.27 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。


2011年も今週で終わりですね。
本当にあっという間です。


今年1年、47通のメールをお送りさせていただきました。
今日が48通目。


今年最後のメールということで、この1年、どんなことを書いたか、
メールのタイトルで振り返ってみたいと思います。


1月4日 どうせ大変なら楽しく! 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201101/04
1月14日 ニューノーマルを風流に 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201101/14/
1月19日 ストレスを何で発散? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201101/19/
1月24日 一冊のノートに(そのA)
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201101/24/
2月1日 タイムマネジメントの修行に 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201102/01/
2月7日 ツイてる脳をインストール 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201102/07/
2月14日 フローな心の状態 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201102/14/
2月21日 徹底的にパクってしまおう 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201102/21/
3月2日 宝地図ムービー 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201103/02/
3月7日 福の神の演出!? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201103/07/
3月23日 心を揺るがす社説 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201103/23/
3月28日 自分が見てる 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201103/28/
4月4日 でもでも星人 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201104/04/
4月11日 朝、自分に質問を 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201104/11/
4月18日 再び大きく跳ぶには… 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201104/18/
4月26日 10年後の自分を今からみると 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201104/26/
5月9日 未来の自分から感謝状を 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201105/09/
5月16日 問題をプラスに考えるには 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201105/16/
5月30日 自立型問題解決法 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201105/30/
6月5日 カンニングしあう!? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201106/05/
6月12日 言葉をどう使っていますか? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201106/12/
6月19日 言葉は自分への贈り物 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201106/19/
6月26日 仕事は手段? 
https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201106/26/
7月4日 今日が「あの日」 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201107/04/
7月11日 名刺に何と書く? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201107/11/
7月19日 人生3つの坂 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201107/19/
7月25日 クラウンK 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201107/25/
8月1日 朝の時間の使い方 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201108/01/
8月9日 怒らない経営 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201108/07/
8月21日 見えているようで見てないもの 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201108/21/
8月29日 マイナス思考はしょうがない?(1)
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201108/29/
9月5日 マイナス思考はしょうがない?(2)
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201109/04/
9月12日 頭の体操 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201109/12/
9月19日 オールブラックスはなぜ強い? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201109/19/
9月27日 客の好むものを売るな? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201109/27/
10月7日 家庭のしあわせ、仕事のしあわせ 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201110/07/
10月14日 仕事を通じて恩を送る 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201110/14/
10月17日 50年後の自分 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201110/17/
10月24日 出来ないことはやらない…? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201110/24/
11月3日 見えないグリーンを前に 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201111/03/
11月8日 頭の中をすべて書き出す 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201111/08/
11月16日 シンプルプレゼン 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201111/16/
11月20日 プレゼンは感情を伝える 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201111/20/
11月30日 最後だとわかっていたなら 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201111/30/
12月5日 早起きの秘訣 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201112/05/
12月12日 やみくもに頑張っていませんか? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201112/12/
12月19日 目指すべき姿は? 
 https://blog.canpan.info/ikemoto/daily/201112/19


そういえばこんなこと書いたっけ、という内容のものも
結構ありました…。書きっぱなしを反省。


でも改めてこうして見てみると、その時その時の情景が
思い出されてきて、なんだか新鮮な気持ちになりますね。


今年1年、本当にいろんなことがありました。
自分の身近なところから、大きなものまで。


社会が、日本が、世界が…と日々心配になることも
多いですが、改めてこの1年を


「自分自身、どれくらい成長できたかな」


と振り返ってみるのもいいですね。


そして来る2012年、どのように、どれくらい成長したいか。


年末年始、食べて寝て起きてテレビ見て…も楽しみでは
ありますが、1年の締めくくり、そして新たなスタートとして
そんな風に自分と向き合う時間を作ろうと思います。


それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。


今年1年、ありがとうございました。
#287〜目指すべき姿は?〜 [2011年12月19日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #287 《 2011.12.19 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

週末、待ち合わせの時間にちょっと余裕があったので
久しぶりにBook Offに立ち寄ってみました。

向かったのはマンガコーナー。

いろんなマンガがあるなーと思っていたら、
「昇進 島耕作」が目に飛び込んできました。

あの「課長 島耕作」が、課長から部長に、
そして取締役、常務、専務、社長に昇進する
ポイントとなったシーンだけを集めたもの
なんですが…

もちろん立ち読みですませられるはずもなく、購入。

島耕作、かっこよすぎです。

───────────────────────□■
★今日の話

 目指すべき姿は何ですか?

■□───────────────────────

12月に入って、元早稲田大学ラグビー部監督の
中竹竜二さんのお話を聴く機会があったんですが、
その中でこんな話がありました。


「三流は一流を目指すな」


こう書くと誤解を生むかもしれませんね。


要は


「自分のスタイルにあった目標を設定する」


ということ。


例えばですが、
口数は少ないけれど、日々黙々と仕事をし、職場の
まわりの仲間のちょっとした変化などによく気づき、
さり気ないフォローをしてくれるAさんという方が
いたとします。職場の仲間もAさんをとても慕っています。


Aさんは、日頃の努力が認められ、このたびリーダー職に
昇進することになりました。


部下を率いるリーダーになった以上、今のままじゃ
だめだ、ということで、ミーティングなどで
気の利いた話ができるように、日夜話し方などを
一生懸命練習しています。


カリスマリーダーの著書を読み、リーダーシップなどに
関するセミナー、講演会などにも足しげく通っています。


その涙ぐましい努力、さすがAさん。


でしょうか…?


口数は少なくても、こつこつ頑張る姿、まわりの
仲間へのさりげないフォローなどが持ち味で、
仲間もそんなAさんだからついてきたはずなのに、
気の利いたことを言って仲間を引っ張っていく
リーダーへの転身、それが本当にいいのでしょうか。


そういうスタイルを目指すのも、悪いことじゃ
ないかもしれません。自分をもっと高める、という意味で。


でも、これまでの良さがなくなってしまうことにも
なりかねません。


私は野球はやったことがありませんが、わかりやすく
プロ野球で考えてみたいと思います。


B選手は、内野の守備のスペシャリスト。
バッティングは今ひとつなので、スタメンでの起用は
ほとんどありませんが、ここぞという時の守備要員として
起用されています。


でも、野手なので打てた方がいい。
やっぱり打率は高い方がいいですし、目立ちます。
ホームランだって打てたほうがいいです。


では、Bさんが目指すのは、打率3割、
ホームラン30本の選手でしょうか。


それを目指してバッティングフォームの改造に
取り組むのがBさんの今すべきこと?


じゃないですよね、きっと。


では、急にバッティングなんて良くならないから、
今は足はそんなに速くないけど、走るトレーニングを
して、盗塁のスペシャリストを目指す?


プロですから、まったく打てなくていい、という話では
ありませんし、盗塁だって出来たほうがいいです。
苦手分野の克服も大事です。


でもそれよりも、誰からも認められる守備のスペシャリスト
としての地位を確立すべく、更に守備力に磨きをかける、
というのが、Bさんがプロとして生き残っていくために
大切なことではないかと思います。


スポーツだとわかりやすいですが、仕事などになると
わかりにくくなるんですよね。


そして、野球でいうところの一流スラッガーを目指そうと
してしまうケースがあるように思います。


これまで自分が積み重ねてきた良さ、自分なりの
スタイルは何でしょうか。


守備ですか?バントですか?走塁ですか?
それとも仲間を励まし、チームをまとめる力ですか?


そこを冷静に、客観的に見つめなおし、その結果
見えてきた「自分のスタイル」を更に磨くための努力を
していけるといいなと思います。


長所を更に高め、極めて、その分野で一流と言われる人に
なれるとみんながハッピーなような気がします。


私も、島耕作を読んで

「島耕作かっこいい!ビジネスマンとして目指すは島耕作!」

なんて思ってる場合じゃないですね…
#286〜やみくもに頑張っていませんか?〜 [2011年12月12日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #286 《 2011.12.12 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

土曜夜の皆既月食、見ました?

天気もよかったですし、ご覧になられた方も
多かったのではないかと思います。

私は19時ころの月を一度見て、その後23時ころの
月を見たんですが、満月だったはずの月が
ほんのわずかな光になっていてびっくりしました。

これまでも流星群だとか彗星だとか、見たいと思っても
天気が悪かったり忘れて寝てしまったりばかりでしたが、
ついに実際に見ることができ、感動しました。

次の皆既月食は14年10月8日だそうですね。
今回見逃した方、3年後をお楽しみに!

───────────────────────□■
★今日の話

 毎日「やみくも」に頑張っていませんか?

■□───────────────────────

かのドラッカーはこう言っています。


 成果をあげるための第一歩は、
 行うべきことを決めることである。

 しかる後に、優先すべきこと、
 集中するべきことをきめることである。

 そして、自らの強みを生かすことである。


そうなんです。それはわかっているんです。
きっと。


なので私もToDoリスト、予定表など、いろいろ
工夫してきました。多くの書籍を参考にして。


1日やるべきことを決め、それに集中し、
1日が終わったらその日を振り返り、どうだったか反省し、
翌日はそれを生かして…


と、やりたいし、やった方がいいのはわかっているので
あれこれ試してみるんですが、結局続かないんですよね。


そんな感じで今に至っているわけですが、
「このままじゃやっぱりいかん」
と痛烈に思わせてくれたのがこの本です。


 A41枚で「いま、やるべきこと」に気づく
 なかづか日報 (中司祉岐さん著)


この本、タイトルに「日報」とあるので、
正直もったいない気がします。


「日報?あぁ、書いてますよ。あの面倒なやつ」
という印象を持たれる方が多そうですよね。


私もある方から紹介されなければ、仮に本屋で
みつけたとしても買うことはなかったと思います。


「日報」といっても、会社に報告するための
ものではありません。


「自分のため」に書く日報。
自分の日々の仕事を向上させ、結果を、成果を出す
ための日報。


著書には様々な業種の方が、どのように日報を活用
されているか、実際の日報を掲載して書かれていますが、
それらを自分なりにアレンジして活用できれば、
成長しないなんてことはありえないんじゃないか、
そう思えてきます。


日報をつけず、つまり1日を具体的に反省し、次に
つなげる行動をとっていない状態を、著者は


「やみくも」


と表現しています。


やみくも=闇雲。


−−−−以下、本文より−−−−

とらえどころのないことを、雲をつかむような、
という言い方がありますが、これはもっと悲惨です。

真っ暗です。どこに、雲が浮かんでいるかも
わからないし、つかんだつもりのそれも、雲です。

まったく実態が分からず、実感もありません。
運よく雲を握りしめたと思っても、水蒸気の集合体です。

するりと指の間から逃げてしまうでしょう。

この場合、「雲」は、ひと言でいえば「成果」です。
業績が上がったとしても、「雲」と形容するくらいですから、
頼りにならない成果です。

根拠もなければ、本人に確信もない、翌日、翌月には
雲散霧消(うさんむしょう)する成果です。

(中略)

すべてが手探りです。毎日毎日が手探りなのです。
手探りで、確かな成果が出るほど、ビジネスの世界は
甘くありません。

言ってみれば、どんなにがんばっても、成果に結び
つかない徒労の毎日です。

−−−−引用ここまで−−−−


手探りで、「やみくも」にやっても成果はでない。

そうなんですよね。。。


毎日忙しく、がんばっているつもりなんですが、
プロの目からみると、


「やみくもに、何をやってるんですか?」


という感じなんでしょうね。


やみくも状態にいる人ほど、
「自分は何でもわかっていると思い込んでいる」
と著者は言っています。


私もそんな気がしていました。
ほとんどのことは頭に入ってるし、と。


でも、次にあった質問に答えられず…


・あなたの毎日の行動で、どんなところにムダが生じていますか?
・1か月前に、ふと気づいたことを、今思い出せますか?
・売上げの数字で、数日前と違う、ささいな変化はありませんでしたか?
・売上目標の根拠は何ですか?それは間違っていませんか?
・この1週間のビジネス行動で、真っ先に解決しなくてはならない
 課題は何だと考えて行動しましたか?
・今日の営業活動の改善点は何ですか?昨日は?一昨日は?


まだ読んだばかりですし、著書に書かれている日報が
自分にそのまま当てはまらないかもしれませんが、
日々を振り返り、明日につなげていくためのものは
必要だと強く感じています。


当面の目標は、自分なりの日報を完成させること。


「今のままじゃいかん」と思っている方、ぜひお試しを!


 A41枚で「いま、やるべきこと」に気づく
 なかづか日報 (中司祉岐さん著)

 Amazonはこちら http://p.tl/0Kz6
#285〜早起きの秘訣〜 [2011年12月05日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #285 《 2011.12.05 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

12月の第一日曜日は、大学ラグビーの早明戦が行われる日。

今年は昨日、12月4日がそうでしたが、その日は毎年
子供たちのラグビーの大会が行われる日でもあるので、
ライブでの観戦はできません。。。

ということで、昨日も試合終了後に届くメールや
ネットニュース等々、あらゆる情報をシャットアウトして、
夕方帰ってからのビデオ観戦を楽しみにしていました。

家につき、子供たちを風呂に入れ、夕食をとりながら
録画一覧を開いたら、テレビ画面に

「容量がいっぱいで、通常通り録画を終了できませんでした」

という文字が…

?? ま、まさか最後までとれてない?

と、不安になりながらも見始めたら…

一番盛り上がってきた後半の残り25分でぷっつり終了。
残念すぎます。。。

大事なものを録画する際はちゃんと容量をチェックして
おかなければならないんですね。

しかし、よりよよってこんな時に…

でも、ここは拾う神ありで、J-SPORTSが20時から放映!

J-SPORTSさん、ありがとうございます!!

───────────────────────□■
★今日の話

 朝、早く起きる秘訣とは

■□───────────────────────

先週、ジェイカレッジで


『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』


の著者、美崎栄一郎さんのお話を聴いてきました。


美崎さんが花王のサラリーマンだったころ、どうやって
「スーパーサラリーマン」と呼ばれるようになったのか、
その秘密を約2時間弱聴いてきましたが、


改めて思ったのは


「実際にやってみる」


ことの大切さ。


知っているだけで終わらせず、「いいな」と思ったら
とにかく実践してみる。そしてそれを積み重ねる。


私と、美崎さんをはじめとする「すごい人たち」との違いは
そこなんだろうな、と、話を聴きながら改めて感じました。


たくさんお話しいただいた中で、今日は一つご紹介
したいと思います。


それは「早起きの秘訣」。


美崎さんはサラリーマンをやりながら本を何冊も書き、
しかもそのうちの1冊が2010年のビジネス書大賞第1位に
なるなど、ちょっと信じられない活躍をされた方。


そんな多忙な中、ご家族との時間も大切にされていて、
まぁすごい方なわけです。


朝もさぞかし強いんだろうな、と思ったら、意外や意外、
朝は苦手なんだとか。


でも、やっぱり朝は活用されていたようですが、では
どうやって苦手な朝を克服していたのかというと、
それがとってもシンプル。


「朝は、自分がやりたいことをやる」


ということ。


自分が好きな事、ワクワクすることを、夜やらずに
朝の時間でやるようにする。


クリスマスプレゼントを楽しみにしている子供を
例に出して説明されていましたが、


12月24日の夜、子供は
「サンタさんは何をもってきてくれるのかな」
と、かなりワクワクして眠りにつきますよね。


そして25日の朝は、いつもより早く、自分で目が覚めて
「わーっ!!」となるわけです。


それが大人は、ワクワクするものがあると朝まで
待てず、夜中のうちにプレゼントをあけてしまおうと
してしまいます。


サンタのプレゼントは夜中に見られないでしょうが、
見たいテレビや本、ネットやメールを、夜のうちに
見てしまいます。


それをやめて、どうしてもやりたい、みたいものを
がまんしておくと、翌朝ぱっちり目が覚める、と
いうわけです。


確かに!ですね。
そう考えたことはありませんでした。


「いやいや、そんなにまでしてテレビは見なくていい」


と思うなら、そもそも夜だって見なくていいでしょうし、
本当にやりたいこと、見たいものなら、元気な朝の方が
夜眠いときより楽しめると思います。


なんとなくワクワクするまま眠りにつくと、いい夢も
みられそうな気がします。


でも、冬になり、寒くなってくると、なかなか布団から
出られなくなるんですよね。


実は私も今朝は、予定していた時間に起きられませんでした。
20分ほどスヌーズ機能と格闘。「あと5分、あと5分」と。。。


結局5時過ぎになって、やばい!と飛び起きたんですが、
その時間に長男も一緒に起きてきました。


普段はいつも最後まで布団にくるまり、ぎりぎりになって
妻から起こされている長男。


それが今朝は5時過ぎに起きてきて、何をするのかと
思ったら、昨日のラグビー早明戦の録画を見始めました。


昨日は自分の大会で朝も早く、録画が切れたところまでしか
見てなかったんですよね。
続きがどうなったのか、気になっていたんだと思います。


昨夜、途中からは眠い目をこすりながら見ていましたが、
朝見ていますが、朝の方が楽しめているようです。


なるほど、こういうことか、と納得。


仕事は、やりたいこと、というより「やらなければならない事」
かもしれませんが、元気な朝の時間をうまく活用できると
いいですね。


では、今週も元気にいきましょう!
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml