CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#271〜マイナス思考はしょうがない?(1)〜 [2011年08月29日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #271 《 2011.8.28 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

今週で8月ももう終わり。木曜日からは9月ですね。

この土曜日に、例年より約1ヶ月遅れで浦安の花火大会が
行われました。

日中はまだまだ暑いものの夜は風もあり、長そでじゃないと
ちょっと肌寒いくらいでした。

次々と打ちあがる色とりどりの花火を眺めながら、
なんとなく夏の終わりを感じた1日でした。

夏の終わりと言えば…

息子の自由研究は無事終わるのかな。。。

───────────────────────□■
★今日の話

 マイナス思考はしょうがない…?(1)

■□───────────────────────

著書「NO.1理論」 西田文郎さん著 より

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

能力開発を目的とした本を読むと、例外なく
「プラス思考になりましょう」といったようなことが
書いてあります。

しかし、実際は「プラス思考になろう」と思ったときは、
もう遅いのです。

私たちの脳は無意識のうちにマイナス思考になっています。

上司の顔を見たり、奥さんの顔を見たり、「仕事」「練習」
「勉強」と聞いただけで、もうマイナスイメージになり、
マイナス感情が出ています。

過去の記憶データを集めて、自分の意志にかかわりなく、
否定的な判断を下してしまうのです。

(中略)

私たちは、何かあると、いや何かなくても、すぐに
マイナス感情、マイナスイメージが出てきて、
知らないうちにマイナス思考で生きることになります。

一日に何十回も、何百回も否定的になりながら、
そのことに気づいていないのが普通の人間です。

そのたびに、人は「マイナスのイメージトレーニング」
をしているのです。

自分の上司に対して「あそこがイヤだ」「ここがイヤだ」
と思うたびに、それがマイナスのイメージトレーニング
になって、どんどん記録されていくのです。

ついには、上司のすべてが嫌いになり、顔を見ただけで
マイナス思考の回路が働くようになります。

これでは、いい仕事ができるはずありません。

人間関係だけでなく、仕事やスポーツ、勉強、家庭生活、
何でも同じです。

ほとんどの人は、知らず知らずにマイナス方向の
イメージトレーニングをしてしまい、その結果、
「できない自分」「弱気な自分」「不幸せな自分」に
なっていくのです。

(引用おわり)


どうせ同じことをやるなら、嫌々やるよりも楽しく
やった方がいいですよね。


でも嫌なものは嫌ですし、面倒なものは面倒。
それらをやらなければならない時には、つい大きな
ため息が出たりします。


そんな時は、意識でどんなに前向きになろうとしても、
潜在意識がマイナスをイメージしているそうです。


人間の脳には過去の失敗やミス、挫折、悲しみ、
恥ずかしさなどが記憶データとして蓄積されていて、
無意識にその記憶を呼び起こし、マイナス感情が
沸き起こってくるんだとか。


嫌だけど、どうしてもやらなければならない仕事。
そんな時は「よし、やるか!」と意気込んだりしますが…


なんとなく嫌だなぁ、気が重いなぁ、と感じて
しまうのは、過去の記憶データのせいなんですね。


著者の西田さんは、結婚して5,6年たったころ、
家に帰っても楽しくなく、仕事が終わると同僚の誰かを
飲みに誘い、なるべく遅く家に帰ろうとしていたそうです。
※私じゃないですよ、西田さんの経験談です


新婚時代は奥さまの顔を見るのがうれしかったのに、
家に帰りたくなくなった頃は、奥さまの顔を
思い出しただけで「うるさいな」「面倒くさい」と、
マイナス思考になっていたとのこと。


・家で寝ころんでテレビを見る
 →「だらしない」と言われる

・疲れて帰ってきて、奥さまの話に生返事
 →「もっと真剣に聞いてくれ」と文句を言われる


などなど、いつまでもグチをこぼされる。


そうした経験が積み重なり、いつしか奥さまの顔を
思い出すだけで「うるさいなぁ」と感じるようになる。
※繰り返しますが、私じゃないですよ!


「家に帰りたくないなぁ」という思考の背後には、
奥さまの不機嫌な顔のイメージと、小言を言われた時の
嫌な感情がセットになって記憶に刻まれているんですね。


嫌な過去は忘れてしまいたいですが、脳は期待に反して
しっかりデータとして蓄積し、同じようなシチュエーションに
なったらそれを呼び起こす。本当は忘れたいのに。。。


肝心なことは忘れてしまうのに、忘れてしまいたい経験は
ちゃんと覚えているなんて…。


そんな脳ではありますが、


「現実の経験と頭の中のイメージを区別できず、
 イメージでも経験でも同じように受け取る」


という、ちょっとぬけたところもあるそうです。


梅干しがまさにそうですよね。


梅干しを見ると、食べてないのに唾液が出てきます。
また実際に見なくても、イメージしただけで、あの
酸っぱい感じが口の中に広がり、実際に唾液がでてきます。


このように、実際に脳は現実とイメージとの区別ができず、
同じものとしてとらえてしまいます。


この特性を利用して、脳の潜在意識にある否定的なデータを
肯定的なデータに変えてしまおう、と西田さんは
おっしゃっています。


では、どうやって肯定的なデータに変えられるかというと…


長くなりましたので、続きはまた来週お伝えしますね。

#270〜見ているようで見ていないもの〜 [2011年08月21日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #270 《 2011.8.21 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

先週はお盆休みをいただいて、久しぶりに実家の大分に
帰省してきました。

たまに帰省していましたが、お盆を実家で過ごすのは
高校生以来20年ぶり。

そう考えると妙に懐かしく感じてきて、高校時代によく
行っていたスポーツショップに顔を出してみました。

すると、昔と変わらぬ店長が「懐かしいなー」と笑顔で
迎えてくれました。

20年前となんら変わらぬその空間と店長の笑顔。
高校時代とは違って、私は息子2人を連れていたものの、
まさにタイムスリップしたような感じでした。

懐かしいところを訪れてみるのもたまにはいいですね!

───────────────────────□■
★今日の話

 見ているようで見えていないもの。

■□───────────────────────

先週、久しぶりに


「マグロ船仕事術」(齊藤正明さん著 ダイヤモンド社)


を読み返しました。


強引な上司の命令により、普通のサラリーマンだった
齊藤さんが過酷なマグロ船に乗せられることになり、
毎日つらい思いをしながらも、マグロ船漁師たちから
ビジネスの現場で生かせる多くのことを学ばれたお話。


さすが日本一のマグロ船。
漁師の方々、こんなにいろんなことを考えながら
仲間とコミュニケーションを図ってるの?とびっくり
しますが、とても勉強になります。


職場でのコミュニケーションにお悩みの方、ぜひ一度
読んでみて下さい。


今日はコミュニケーションの話ではありませんが、
たくさんあるエピソードからひとつご紹介したいと思います。


40日間の船上生活、齊藤さんは船酔いでほぼ毎日吐いていた
そうですが、ある日一息ついたころ、記録用のノートに
漁師たちがさばいているマグロの絵を描いていました。


ひとりの漁師がそのノートをのぞき込んで一言。


「なんじゃ、その金魚は?」


「金魚じゃなくてマグロです」と当然反論するわけですが、
その漁師からしてみれば、絵がうまい、下手ではなく、
マグロ特有のヒレが描かれていなかったので、それを
指摘したわけです。


実際に毎日見ているマグロですが、実は肝心なところが
見えていなかったんですね。


私たちのまわりにもそういうことが多いように思います。


齊藤さんにとってはテレビのコマーシャルも
「単なるうっとおしい時間」でしかなく、まさに
「見ているけど見ていない」ものだったようですが、
あるコンサルタントの方に、
「テレビの中で一番注意してみているのはコマーシャル
だよ」と言われたそうです。


(以下、本文より)

「コマーシャルってね。企業が莫大なお金をかけて、
 15秒とか30秒とかの短い時間で商品を買わせようと
 してるんだよ。

 だからそのなかに、役立つキャッチコピーのつくり方とか、
 プレゼンテーションの仕方とか、ギッシリ詰まってるんだ。

 だから、このコマーシャルって、どういう意図でつくった
 のか考えると、すっげー勉強になるんだよ。

 特に評判のコマーシャルなんて、最高の教科書さ」

(中略)

本当に大事なことというのは、学校と違って誰かが
懇切丁寧に教えてくれるものではありません。

でも、そうしたヒントは、日常生活のどこにでも転がって
いるのです。

ただ難しいのは、意識をしていないと、右から左に抜けて
しまい、それが大事なことだと気づけないことです。

自分の身の回りに起きることは、ただボーッと見ている
だけでは、何が大事なことか気づきません。

(抜粋ここまで)


この箇所を読んで、確かに…と、一瞬読む手が
止まってしまいました。


もともとあまりテレビを見ないほうですが、最近
コマーシャルをちゃんと見た記憶がありません。


でも、コンサルタントの方がおっしゃるとおり、
コマーシャルって、短い時間で一番伝えたいことを
凝縮し、映像・音楽・言葉・文字で伝えようと
しているわけで、深く読み取ろうとすればとても
勉強になるもののはず。


確かにたまに「これ、何を言いたいの?」と思う
ようなものもありますが、それはそれで
「なぜこんなコマーシャルなんだろう」と深読み
することで、いろんな背景が見えてくるかもしれません。


新聞広告や電車の中吊り広告しかり。


もし


「なんだ、このコマーシャル」
「このキャッチコピーはないだろ」


と思ったとしたら、じゃあ自分ならどんなものを創る?
と考えるといいトレーニングになりますね。


日々目にするもの、すべてに対して注意深く見る!
というのはさすがに無理だと思いますが、いい勉強になる
コマーシャルや広告、せっかく目にするなら意識して
見るようにしたいですね。


なぜこの風景、セット、タレントなんだ?
なんでこの音楽?
この15秒間で視聴者をどうさせようとしているんだ?
一番言いたいのは何?


さて、このメールを読んだ後、一番最初に見るコマーシャル、
広告をどう見ますか?
#269〜怒らない経営〜 [2011年08月07日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #269 《 2011.8.7 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

時代の流れと言いますか…
昨日、私もついに「スマホ」を購入してしまいました。

モバイルSuicaもスマホで使えるようになったし、
メールやFacebookなども格段に見やすいし、
何よりデザインがカッコイイ!

ですが…使い方がまだよくわかりません。。。

機種変更して電話のかけ方がわからないなんて、
こんなの初めてです。
(本当にわかりませんでした)

これまでの機種変は説明書なんて見たことなかったのに、
さすがに今回はそうはいきませんね。

慣れるまでにもうしばらく時間がかかりそうです。

ちなみに購入したのはauのINFOBARですが、
すでに使いこなしている方、使い方教えてください!

───────────────────────□■

★今日の話

 怒らない経営。

■□───────────────────────

普段、ほとんどテレビを見ない私ですが、
ある日家に帰ったら妻が番組を録画して見ていたので、
たまには、と思って一緒に見ることにしました。


その番組とは「カンブリア宮殿」。


はい、経済界などで活躍されている方を取り上げて
村上龍さんが鋭く切り込んでいく、あの番組です。


私が見たのは7月28日に放送された回で、その日は
お寿司の宅配「銀のさら」などを経営している
レストラン・エクスプレス社長の江見朗(えみあきら)さんが
取り上げられていました。


銀のさら、私もよくお世話になってます。
おいしいんですよね。宅配なのに。
たまに入ってくるチラシの写真がまた美味しそうで…


いかんです。朝からお寿司が食べたくなってきました。


このレストラン・エクスプレスという会社は、そのお寿司の
他にもトンカツ、カレー、中華、釜飯などの宅配も行っていて、
宅配の業界で急成長しています。


特にこだわっているのが「チラシ」。


どのチラシをどこに配ったら、どこでどんな注文があったか、
までをしっかりデータ管理していて、その蓄積から

「どういう厚さの紙で、何枚チラシをまけば注文が1件くるかまで
 わかっている」

とのこと。すごいです。


その話もすごいんですが、私が一番「へぇ〜」と思ったのが


「怒らない経営」


という話。


江見さんは、絶対に怒らないんだそうです。


「ビジネスに怒りは絶対に必要ない」と断言され、
ご本人は決して怒らないそうです。


それにはもちろん理由があります。


以下、番組でおっしゃっていた内容(要約)です。


 仕事は合理性を追求していくゲームである。

 本来やろうとしていることがあって、その合理性を
 高めるために言っているはずなのに、怒ることで
 論理性が崩れてしまう。

 そうなるとビジネスは負けてしまう。

 みんなが幸せで、合理性が高まる方が、
 怒って怒られて合理性が落ちるより断然いい。

 みんなと仲良く、うまく同じベクトルでやっていけるのが
 合理的。また、それが楽しい。

 相手を受け入れる。信じてやっていく。
 ミスすることも信じてやっていく。
 その方が気持ちいいし、人として正しいやり方。


なるほどですね。
そうやって実際に実績をだしていますし、その江見さんの
姿を見て、以前はとんでもなく厳しかった本部長が、
今ではまったく怒らなくなったそうです。


「全ての行動は合理性を高めるためにやるべき」
という点が一番のポイントだと感じました。


合理性を高める → 仕事で結果を出す。


合理性を高める、というと、とにかく無駄をなくして
ぎちぎちに管理してやっていく、というイメージも
ありますが、そうではなく、多少の遊びや無駄があった方が
能率が上がり、仕事の結果も出るのであればそうする、
という考え方なのかなと思います。


要は「何のためにやっているのか」ですね。


怒ると叱るは違う、と言いますね。
前者は感情にまかせたもの、後者は意図したもの。


そして「叱ることも必要」と言われます。
確かにそう思います。


でも、本当に必要なんだろうか。
なぜ必要なんだろう。


「絶対に叱った方がいい、なぜなら…」
という理由が明確で、それによって確実に結果が
出るのであれば叱った方がいいんでしょうね。


でも、果たして合理性を高めるために、結果を出す
ためにあえて叱っているかと言うと…


うーん。。。


人間は感情の生き物。
つい感情で怒ってしまうんですよね。
子育てなんてまさにそうで、日々葛藤の連続です。


でも、こと仕事においては、すべての行動は
「合理性を追求していく」ものであるべきで、
そのためには時として感情もコントロールできなければ
ならないと思いますし、「本当にその行動、発言が正しいのか、
結果に結びつくのか」ということを考えなければならないと
思います。


なかなか難しいですが、怒る、怒らないだけでなく、
日頃の行動すべてに対して


「今のは何のため?」


と振り返り、無意識や感情にまかせたものであれば、
それをちょっとずつ改善していけるようにしたいですね。


それと「仲良く、楽しくやる」に1票!

#268〜朝の時間の使い方〜 [2011年08月01日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #268 《 2011.8.1 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

今日からもう8月ですね。

つい数日前に「早いね、もう7月か」と言って
いたような気がしますが… 早すぎです。

昨日は、会社の事務所がある地元のお祭りの
後方支援に行ってきました。

地域貢献活動として毎年行っているんですが、
私は昨年が初参加。

ブロックの氷を入れた大きなポリバケツで
麦茶を作り、それを紙コップに注ぎ、お盆に乗せて
お神輿をかついでいる皆さんや、見物客の方々に
お配りします。

昨年はとても暑くて麦茶がどんどん出たんですが、
昨日は涼しかったせいか皆さんあまり喉がかわいて
いなかったようで、用意していた半分くらいしか
消費されませんでした。

それでも熱気はすごくて、その中に入っていくと
自分のテンションも自然とあがってきます。
お神輿かついでいるわけじゃないんですけどね。

夏ってやっぱりいいですね〜!

───────────────────────□■

★今日の話

 朝の時間をどう使うかがポイント。

■□───────────────────────


先週月曜日は、65回目のジェイカレッジでした。


講師は永井孝尚さんで、タイトルは


永井孝尚さんに聞く
「3時間の残業を朝30分で片づける仕事術」


でした。


そんな魔法の仕事術があるならぜひ!と、
藁にもすがるような気持ちで聞いてきましたが、
同じ思いを持った方、多かったようですね。
今回は参加者がとても多かったです。


約1時間半のお話を聞いて思ったこと。
それは「とにかく実践してみることが大事」ということ。


はい、当たり前です。
でも、その当たり前がなかなかできないんですよね。


簡単にできて、即効性のあり、効果も高い。
そんな魔法をついつい求めてしまいますが、
そんなものはなかなかありません。


ただ、今回の残業を減らす仕事術は、
週に2〜3日会社に泊まり、週末も出勤し、
プライベートなんてまったくない、という時代を
過ごされた永井さんが、長年かけてあみ出されたもの。


それを1時間半の講演や、著書を読んで得られるなんて
とってもラッキー。試さない手はないですね。


と、前置きが長くなりましたが、私が一番「なるほど!」と
思ったのは、「朝の時間をどう使うか」という事でした。


今朝も4時半に起きましたが、どちらかというと
朝は苦手じゃない私。
早朝出社ももちろん試したことがあります。


でも、「ただ単に早く出社すればいいというわけではない」
と永井さんはおっしゃっています。


朝の黄金時間帯は、単純作業ではなく「知的作業に使う」のが
ポイントなんだとか。


朝は「作業効率を上げる」というより、前日に3時間残業しても
得られなかったアイディアや洞察を得ることができる時間帯、
ということですね。
結果として仕事の質と効率が格段に上がる。


朝が苦手ではない私も、前日が遅いと早朝出社はなかなか
できませんが、とりあえず朝の時間を「考える、アイディアを出す」
という時間に使うことにしました。


出社したらまずメールを開いてチェックして…
という、なんとなく続いていた習慣をやめることにしました。


前日ずっと外出していたりすると、メールが気になって
仕方ありませんが、8時に出社したとしたら、少なくとも
9:30ころまではメールを開くのを我慢して、考える時間に
使うことにしようかと。


メールのチェックはちょっと疲れてきたころでも十分
できるんですよね。


また、数字の入力作業などの単純作業も朝の時間にやるのは
やめることにしました。
(締切があるときは別ですが…)


朝は静かだし気持ちよくて、はかどった気分になりますが、
単純作業やメールのチェックなどは、夕方の3時間が30分に
なるほど効率はあがらないんだそうです。


早朝は、頭が一番活性化される時間。
それをどう使うかで、仕事の効率は大きく違ってくるそうです。


習慣化するには時間がかかるかもしれませんし、
朝一で打ち合わせが入ることもあって、なかなか思うとおりに
できないかもしれませんが、常に意識して、できるときには
それをやるようにする、というのが大事ですね。


今回ご紹介した早朝の時間の使い方と同じように、それぞれの
時間帯をこう活用するといい、といった「時間ポートフォリオ」
などが永井さんの著書に詳しく書かれています。


本気で残業を減らしたい、プライベートも充実させたい!
と思った方、ぜひ読んでみて下さい。


「残業3時間を朝30分で片づける仕事術」 
 (永井孝尚さん著 中経出版)

 Amazonでお求め方はこちら http://p.tl/oFnE


いいと思ったこと、1つでもやってみたいですね。


その積み重ねで…
1年後、まったく残業しなくなった!
と言っていられるようにがんばりましょう!
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml