CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#219〜理念を考える〜 [2010年07月26日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #219 《 2010.7.26 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

先週「100年カレンダー」について書きましたが、
そのメールを読んでくださったある方が、
「30年カレンダー」を送って下さいました。

2001年から2030年まで、30年間分。

すでに10年経っていますので残りは20年ですが、
20年を一つのカレンダーで見てみると、否が応でも
時の流れを意識してしまいます。

カレンダーが終わるのは2030年。
その頃私は57歳。
長男は28歳、次男が26歳。

こうしている今、この瞬間も時間は過ぎているんですよね。

1日1日を大切にしなきゃ、改めてそう感じました。

──────────────────────□■

※その他つぶやきです(ブログ)

 http://ameblo.jp/enjoyservice/

 http://urayasu.d2.r-cms.jp/blog_my_top/blog_id=3

■□───────────────────────

★今日の話

 何事にも理念が大事。
 
■□───────────────────────


先週金曜日はジェイカレッジ(http://jcollege.jp/)の日。


今回の講師は、

「500人の会社が劇的に変わる瞬間」(きこ書房)

の著者、中村仁さんでした。


残念ながら講演は間に合わず聞けなかったんですが、
その後の懇親会にご一緒させていただき、色々と
お話を聞かせていただきました。


お話の中で一貫しておっしゃっていたこと。


それは「理念」の大切さ。


非常に温和で柔らかな語り口調でしたが、
「理念で会社は変わる」という強い芯のようなものを
感じました。


理念とは、その会社の存在意義そのもの。


なぜこの会社は存在するのか。
何のために、誰のために存在するのか。


その理念が確立され、みんなで共有できれば
必ず会社は変わる。


会社を経営する立場としていろんな苦労をされ、
それを克服してきた中村さんの発言、うまくお伝え
できませんが、共感度200%でした。


講演、聞きたかったな〜と思いましたが、まずは著書を
読んでみたいと思います。


そういえば、ちょうど読み始めた松下幸之助さんの
「実践経営哲学」(PHP出版)にこんな記述がありました。


(以下、引用)

そうしたあらゆる経営について、"この経営を何のために
行うか、そしてそれをいかに行っていくのか”という基本の
考え方、すなわち経営理念というものがきわめて
大切なのである。

(中略)

正しい経営理念があってこそ、企業の健全な発展もあるといえる。

刻々に変化する社会情勢の中で、次々と起こってくる
いろいろな問題に誤りなく適正に対処していく上で基本の
よりどころとなるのは、その企業の経営理念である。

また、大勢の従業員を擁して、その心と力を合わせた
力強い活動を生み出していく基盤となるのも、やはり
経営理念である。

(引用おわり)


やっぱり大切なのは「経営理念」。
それは間違いないんだと思います。


自分たちはなぜ存在し、どこに向かって進んでいくのか。
同じ船に乗った乗組員なら、全員で共有したいですよね。


「経営理念」というと、会社が、経営者が決めてくれるもの、
というイメージがありますが、先にご紹介した中村仁さんも
前職ナガノトマト社長をなさった際、多くの社員と議論を
重ね、一緒に創り上げていったそうです。


会社の規模によってはそれはなかなか難しいかも
しれませんが、まずは一人ひとり、なぜこの会社は存在
しているのか、ということを考えてみたいですね。


なにも会社だけに限らず、趣味でやっているサークルや
地域コミュニティ、家族など、それぞれの単位で、各々の
「理念」=存在意義 を考える。


もともと「楽しければいいじゃん」というタイプの私ですが、
それだけではフラフラさまよってしまいそうですし、まずは
ベースについてしっかり考えてみたいものです。


暑さもあいまって、考え出すと眠れなさそうですが、
たまにはそんな日があっていいかもしれませんね。

#218〜100年カレンダー〜 [2010年07月20日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #218 《 2010.7.20 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

梅雨もあけ、海の日も終わり、いよいよ夏本番。
本当に月日がたつのを早く感じます。

昨日もとんでもなく暑かったですが、この季節は
気温の変化などで体調を崩さないように注意が
必要ですね。

私も先週、夏風邪なのか、めずらしく体調を崩して
しまいましたが、体調管理に気をつけて、おいしく
ビールを飲みたいですね。

今週も暑い日が続きそうですが、気持ちはシャキッと
いきましょう!

──────────────────────□■

※その他つぶやきです(ブログ)

 http://ameblo.jp/enjoyservice/

 http://urayasu.d2.r-cms.jp/blog_my_top/blog_id=3

■□───────────────────────

★今日の話

 長い視点で考えましょう。
 
■□───────────────────────

そこであるとき、塚越会長に「会社のトップとしては
どこまで先を見て経営をされているのですか?」と
お聞きしたことがあります。

すると塚越会長は、「およそ100年先を見て経営を
しています」と当然のように言うのです。

「100年先でも価値ある企業として存続していることを
考え、経営の舵取り・決断をするようにしています。
社員にもこのことを知って、強くやさしく生きてほしいのです」

伊那食品工業では、そのことの具現化として会社の
あちこちに「100年カレンダー」を貼っているのです。

(中略)

「100年カレンダー」という1枚の紙のなかには、必ず
自分の命日もあります。そう思えば、日々の大切さに
心がいたるとともに、これから続く長い時間を視野に
入れて行動しなければと感じます。

(日本でいちばん大切にしたい会社 坂本光司さん著
あさ出版 より)


ぜひ一度訪れてみたい、と思っている会社の一つが
この伊那食品工業。


伊那食品工業は寒天メーカーですが、48年間増収
増益という記録を打ち立てた会社です。


その業績ももちろんすごいんですが、経営理念が
また素敵なんですよね。


「企業は社員の幸せを通して社会に貢献すること」
「企業は企業のためにあるのではなく、企業で働く
社員の幸せのためにある」


これに対して書きたいこともたくさんありますが、今日は
「100年カレンダー」がメインなので割愛します。


しかし、こうした経営理念を掲げて、しかも実績まで
出し続けているのは本当にすごいです。


以前、高萩徳宗さんがある会社の研修旅行で伊那食品
工業を訪れた時のことをブログに書かれているので
見てみて下さい。

http://ameblo.jp/b-free/entry-10395365939.html


■100年カレンダー


話を戻しますね。


この伊那食品工業には、会社のいたるところに
「100年カレンダー」が貼ってあるそうです。


その理由は、冒頭に引用したとおりです。


100年先でも価値ある企業として存続していることを
考えて経営判断を下す。

そしてそのことを社員にも知ってほしい。

その思いでいたるところに100年カレンダーが貼ってある。


いつも会社で目にしていれば、目先のことだけじゃなく、
長い視点で物事を考えられるようになりそうです。


10年先までを1年ごとに考えてみる、というのはやった
ことがありますが、100年先まで、しかもリアルに日付が
はいったカレンダーだというところがすごいです。


私の場合人生80年と考えたとしても、まだあと40年以上
ありますし、たとえ私がいなくなったとしても、子供たちの
人生はまだまだ続きます。


普段はそんな風に考えたことはありませんでしたが、
そう考えると自分も歴史の中の1人なんだな、と思えてきて
目先の小さな悩みなんてどうでもよくなってきます。


また会社人生はあと20年くらいだとしても、私がやめるまで
存続・反映すればいいというものではもちろんありませんし、
その先もずっと「いい会社」(伊那食品工業の社是)で
あり続けるためには、という視点で考えられるようになりたい
ものです。


そのためには目先を乗り切ることももちろん必要。
ただし、視点は足元ではなく、はるか先を見据えていたいですね。


どこに視点を置くか。


100年カレンダーを見ながら考えたいですね。


100年カレンダー、ほしくなってきました。
ネットで見つけましたが、ちょっと高いんですよね。
考えてみよっと。


#217〜三十六にして惑いは当然?〜 [2010年07月12日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #217 《 2010.7.11 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

日本中が熱狂した熱いW杯、もうまもなく決着です。

このメールを書いている時点では「延長戦突入」。

果たして勝利の女神はどちらに微笑むのか。

とっても気になるところですが、このメールを書くため
テレビはお預け。

「ちょっとだけ」とテレビをつけたら、オランダの選手が
イエローカード2枚でなんと退場。

き、気になります。

が、気を取り直して今週もいけもとメールをお届けします。

──────────────────────□■

※その他つぶやきです(ブログ)

 http://ameblo.jp/enjoyservice/

 http://urayasu.d2.r-cms.jp/blog_my_top/blog_id=3

■□───────────────────────

★今日の話
  
 孔子ですら四十歳まで迷っていた。
 わたくし齢三十六。まもなく三十七。
 そう考えると今の日々の悩み、迷いなんて、あって当然。
 
 でも、何を志す?という問いは常にもっておこう。
 
■□───────────────────────

『論語』は、わたしが普段から社会で生きていくための
教科書にしている古典だが、そのなかから孔子の
志の立て方を探してみると、こんな一節がある。

「吾、十有五にして学に志す(わたしは十五歳で学問に
 志した)
 三十にして立つ(三十歳で自立した)
 四十にして惑わず(四十歳で惑わなくなった)
 五十にして天命を知る(五十歳で天命を知った)」

(中略)

また、「四十にして惑わず」とあることからは、次のように
想像できる。

つまり世間を渡っていくにあたり、外からの刺激くらいでは、
ひとたび立てた志が決して動じないという境地に四十歳で
達し、どこまでも自信ある行動が取れるようになった、
というわけだ。

ここに至って、立てた志がようやく実を結び、かつ固まったと
いうことができるだろう。

−− 現代語訳 論語と算盤 渋沢栄一 守屋淳=訳 より −−


渋沢栄一さんは明治から大正初期にかけて活躍され、
「日本資本主義の父」、「実業界の父」と呼ばれ、ノーベル
平和賞の候補にもなった方です。


その方の思想の基盤となったのが「論語」。


冒頭に引用した一説は広く知られていますね。
四十歳のことを「不惑」といいますし、その昔学校の
古典で習ったような気がします。


このところ私も小さいことから大きなことまで、日々
いろんなことを考えています。というか悩んでいます。


落ち込んだり、すぐに忘れて立ち直ったり、また
考え込んだり、の繰り返し。


「結局俺は何をしたいんだろう、全然だめじゃん」
「いやいや、これでいいんだ」
「そう、やるしかないんだよね」
「いや、でもなぁ」


私の頭で何度となく繰り返されている言葉、思考です。


■何千年と読み継がれてきた古典から学ぶ


論語はいいよ、と、このところ色んな方に言われ、
改めて読み直そう、そう思い始めたところでした。


そのタイミングで出会ったのがこの渋沢栄一さんの
「現代語訳 論語と算盤」。


論語、古典がなぜいいか、について雑誌で
齋藤孝さんがこうおっしゃっていました。

(週刊東洋経済「今、古典がおもしろい」09年6月より)

 古典には絶対にハズレがありません。
 何百年、何千年もの間、人々に支持されてきた本です。
 
 偉大な著者が何冊もの本を書いたとしても、その
 全てが名作として後世まで残るわけではない。

 それほどまでに選び抜かれて残されてきたもの。
 それが古典なのです。

(引用おわり)


何千年も読み続けられてきた名著。
そう考えるとすごいですよね。


その中で孔子が「四十歳にして心の迷いがなくなった」
と言っているわけです。


孔子の迷いと私の迷いは次元が違うと思いますが、
それでも、孔子ですら迷っていた。


ということは、ふつうの一サラリーマンで、しかもまだ
四十歳までもうちょっとある私が迷うなんて当たり前
なんですよね。


そう考えると元気がでてきました。
ちょっと悩んだとしても「当然当然」と思える気がします。


でも、ただ悩む、迷うだけでなく「自分は何を志すんだろうか」
という問いは常にもっておきたいですね。


最後に、「志」についての記述をご紹介します。

(以下、引用)

最初に志を立てるときに、もっとも慎重に考えをめぐらす
必要がある。

その工夫としては、まずは自分の頭を冷やし、その後に、
自分の長所とするところ、短所とするところを細かく比較
考察し、そのもっとも得意とするところに向かって志を
定めるのがよい。

(引用おわり)


よく自分を見つめることが大事。


今週、どこかで自分を振り返る時間、つくってみましょうか。


#216〜言葉のチカラを鍛える〜 [2010年07月04日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #216 《 2010.7.04 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

2010年もいよいよ後半に突入しました。
本当に早いものです。

1月なんて、ついこの間だったような気がします。

半年後に「2010年もあっという間に終わったね」
と言っていないように、残り半年を有意義に
過ごしたいですね。

年初に立てた計画、そろそろ見直し時でしょうか。

私は計画・目標を立てたような、立てていないような
微妙な感じなので、改めて考えてみたいと思います。

さて、蒸し暑い日が続いていますが、今週も元気に
行きましょう。

──────────────────────□■

※その他つぶやきです(ブログ)

 http://ameblo.jp/enjoyservice/

 http://urayasu.d2.r-cms.jp/blog_my_top/blog_id=3

■□───────────────────────

★今日の話
  
 言葉のチカラを鍛える。

 「最高・感動・奇跡・絶対」や、(笑)、「!」、「…」
 などは使わない。

■□───────────────────────


今日は、ある方のブログをご紹介します。


(以下、引用)


言葉の力を鍛えたければ、

「最高・感動・奇跡・絶対」の四つの単語は使わない、という原則をオススメしたい。

========================================<言葉のチカラ/香山リカ>

最近ある方の日記を読んでから、文章の中から排除している表現があります。


それは<(笑)>です。(たまに使っているカモしれませんが…)


(笑)を使わずに、伝わるコメント、文章を目指しております。


それと同じく、上記の四つの単語を、これから使わないという挑戦をしたいと思います。


「おいしい札幌出張 に出ているお店って美味しいんですか?」


「最高に美味しいよ。行ってごらん!絶対損しないって。感動するから」


こんな会話ありそうです。三つも使ってる。


これを言いかえるとどうなるか。


「今までに出会ったことないくらい美味しいよ。行ってごらん。行ってよかったって思うよ」


なんか物足りないな〜。まだダメです。


皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。


絶対に【絶対】って使わないぞ!


(以上、引用終わり)


これは、北海道の出版社にお勤めのHSセンムさんという
方のブログです。(http://ameblo.jp/hs-senmu/) 


以前、私が書いた文章を見た方から


「(笑)は使わないほうがいいよ」


と言われたことがあります。


その時は


「感情を表すのに便利だし、使っている人も多いよね」


と思いそれ以降も使っていましたが、今回のブログを
見て、やっぱりやめよう、と決意しました。


どちらかというと(いえ、かなり)感覚タイプの私。


この毎週のメールもそうですが、文章も話す言葉も
「最高・感動・奇跡・絶対」はよく使います。


また、(笑)や「!」、「・・・」を多用していました。


友人と携帯メールでやりとりする場合などは短い
文章で伝えたいですし、絵文字や(笑)など効果的に
使うのはありだと思います。


でもそれ以外の時に使うと、文章力、表現力が
低下してしまいそうですね。


「むしろ多用するほうが堅苦しくなくなる」と思って
いたんですが、やっぱり使わないほうがいいですね。
(どういうシチュエーションか、にもよりますが)


これからは「最高・感動・奇跡・絶対」や「!」、「・・・」などを
使わずに、文章だけでそのニュアンスを伝えられるよう、
鍛えていきたいと思います。


それにしても、人から指摘されるよりも、自分で気付く
方がその後のアクションにつながりやすいですね。


今回のことも、以前直接指摘されたときはやや疑問を
感じていましたが、改めて自分から気付いて
「今後意識しよう」と強く思いました。


逆に、人に何かを指摘する立場になった時にどう伝えるか。


そんなことも考えさせられました。


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml