CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#189〜2009年最後のメール〜 [2009年12月28日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #189 《 2009.12.28 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────


■2009年もあと4日!


おはようございます!池本です。


11月ころから


「今年も残り少なくなってきました」


と書いてきましたが、本当に今年ももう終わり・・・
いやー、ほんとにあっという間ですね。


年末が近づいてくるといつも


「1年の振り返りを!」


と思うものの、なかなかできないんですよね。


でも、5分でも10分でも、そのための時間を
とって、「どんなことがあったかな」と、振り
返ってみたいですね。


■チャンスに感謝


今年1年も本当に多くの方に良い影響を
与えていただきました。


時にはしんどいこともありましたが、全てが
私を成長させてくれたように思います。


考え方の変化で一番大きかったのは、以前も
このメールで書きましたが、何かあったときに


「これって何のチャンス?」


と考えられるようになったこと。


これまでも


「プラス思考のほうがいいんだ!」


と、半ば無理やり自分に言い聞かせることが
ありましたが、考え方に無理があったんで
しょうね。その考え方は定着しませんでした。


嫌なものは嫌ですし、頭にくることもたくさん
あります。


その気持ちを押さえ込もうとすると、どこかに
反動がでてきますよね。


でも、


「これって何のチャンスだっけ」
「おお、こういうことね!」


と考えると、何となく楽しくなってきます。


社内で意見が対立する、お客様から、取引先の
方からガツンとやられる・・・ ありますよね。


そういう時は


「ほほう、そう来たか」


と、まずは冷静に、客観的に受け止めて、
それが何のチャンスか、考えられるだけ
考えてみる。


・ものごとを多面的に考える訓練をする
 チャンス!


とか、


・意見が対立している人を心から納得させる
 プレゼン力、交渉力アップのチャンス!


とか、


・このお客様としっかり向き合って、逆にファンに
 することができれば社内でヒーローになれる
 チャンス!(笑)


とか、いろいろ考えられそうです。
間違いなくピンチなんでしょうけど、これまた
間違いなくチャンスでもあると思います。


改めて、2009年にあった「嫌だったこと」、
「しんどかったこと」を思い出してみて、それが
何のチャンスなのか考えてみるのもいいかも
しれませんね。


普通なら思い出したくもないんでしょうけど、
きっとそれも何かのチャンスのはず!


多くのチャンス!をくれた2009年に改めて感謝です。


そして、毎度このメールに懲りずに付き合って
下さった皆さん、本当にありがとうございました。


おかげさまで今年1年も何とか休まず続ける
ことができました。


来年も今のところ毎週お送りするつもりですので、
気が向いたら読んでみてください!


それではどうぞ、良いお年をお迎え下さい。
2010年も皆さんにとって素晴らしい1年となりますように!


ありがとうございました!!

#188〜香取貴信さん〜 [2009年12月20日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #188 《 2009.12.20 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

今週はいよいよクリスマス!

今のところ兄弟揃ってサンタさんの存在を信じて
いるようですが、先日、昨年のクリスマスカードを
まじまじと見ながら、長男(2年生)が

「ねえ、このカードの字、お父さんの字に似てるよね」

と、びっくりする発言を!!

ドキドキしながら

「そう?そんなことないんじゃない?」

と答えましたが、最終的には

「サンタさんが全員に書くのは大変だから、頼まれて
お父さんが書いたんだよ」

ということにしました。

今年はカード、やめとこうかな。いよいよばれそう
ですし・・・

しかし子供ってよく見てますね!

───────────────────────■□

★今日の話

 人にしてほしいことは、まず自分がやろう!

 先輩が変われば会社が変わる・・・?

■□───────────────────────

■香取貴信さん講演会


先週、香取貴信さんのお話を聞きました。


香取さんと言えば


「社会人として大切なことはみんなディズニーランド
で教わった(こう書房)」


の著者として有名ですが、今回お話を聴いたのは
2度目でした。


前回もすごく良かったんですが、今回は・・・


サイコーでした!
見た目はヤンキーっぽいんですが(笑)、お話を
聴くと、心にスイッチが入ります!


2時間の中で、感動した話、なるほど!と思った話、
たくさんありました。


全てはご紹介しきれませんが、今後特に心がけよう!
と思った話をご紹介しますね。


■人にしてほしいことは、まず自分がやろう


普段の生活を振り返ってみて・・・


後輩に、子供に、ああしてほしい、こんな風になって
ほしい、と思うことがよくあります。


お話の中で例もでていましたが、誰かに対して


「しっかり反省してほしい」
「感謝できる人になってほしい」


と思ったら、まずは自分がそのように接しよう、という
お話です。


後輩がミスをした。
それを注意して、「反省するように!」と言うのは簡単。


でも、ミスをしたのはもしかしたらこちらの指示の仕方
にも問題があったかも・・・


と、まずは自分が反省してみる。
そして「俺もわるかった・・・」と伝える。


これ、テクニックじゃなくて、心からそう思って接する
ことが大事だと思います。


また、


「これをやってあげたんだから、感謝してよ」


と思ったとしたら、まずはこちらが相手に対して感謝
するところから始める。


人から感謝されるって素晴らしいことだと思います。


ちょっとこじつけっぽいですが、その感謝される事を
やらせてもらえる!という感謝の気持ちをもってその
人に接してみるといいかもしれませんね。


家庭でもよくあることですが・・・


子供に「こうさせたい!」と思ったら、まずは自分が
やってみることが大事なんでしょうね。


「それで伝わるのかな・・・」と思ってしまいますが、
まずはやってみようかな!


■先輩が変われば会社が変わる?


まだまだ書きたいことがたくさんあるんですが・・・
長くなるのであと一つだけ。


「大人が変われば、子供が変わる。
子供が変われば、未来が変わる。」


というお話がありました。


なるほどなるほど、です。


将来を担う子供たち。


その子供たちを変えよう!と思ったら、まずは
大人が毎日ワクワク、活き活きとして、楽しく
働いている姿を見せたいものです。


そこでふと思ったんですが、それを会社に当て
はめると、こうもいえるかな、と。


「先輩が変われば、後輩が変わる。
後輩が変われば、会社が変わる。」


会社の未来をしょって立つ後輩たち。
その後輩たちにしっかりしてほしい!と思ったら、
まずは自分がしっかりしよう!ですね。


後輩は自分たちの背中を見てる・・・


そう思うと何となくしゃきっとしてきます!


さて、2009年も残りあとわずか。
今週も楽しく行きましょう!!

長くなりましたが、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!!


#187 〜金太郎に学ぶ!〜 [2009年12月13日(Sun)]
─────────────────────────

いけもとメール #187 《 2009.12.13 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

先週、同期入社で一緒にラグビー部に所属して
いた仲間と飲みました。

久々に集まったんですが、昔と同じようなバカ話
に花が咲き、心地よい時間でした。

彼らにもこのメールを毎週送っているんですが、
こんなコメントが。

「お前があんなメールを書くようになって、何となく
バカな話をしづらくなった、って話してたんだよ」

はい、全く心配無用!

飲んではじけ、記憶やカバンをなくし・・・
翌朝は二日酔い。

相変わらずです(笑)

───────────────────────■□

★今日の話
 「サラリーマン金太郎」から学ぶ!

■□───────────────────────


■今日はマンガです。

 
「サラリーマン金太郎」。
ご存知の方も多いと思います。
(集英社、 著者 宮本ひろ志)
 

ドラマ化され、その後映画にもなりましたよね。
私はマンガしか知りませんが、ほんとに熱いです。


久々に何冊か読み返したんですが、気持ちが
引き締まるというか、ぐっとくるものがあります。


できる、できないはもちろんありますが、同じ
サラリーマンとしてあこがれますね。


ということで、今日はそのサラリーマン金太郎の
中にあった、とある方のセリフをご紹介します。
(16巻、「金太郎、窮まる」より)

───────────────────────

この不景気の中で・・・

みんなが他人事の様に誰かに
責任を押しつけてる

会社を潰した責任者ですら
被害者に回ろうとしている

金太郎はサラリーマンが最も
大事と思ってきた学歴が ない

しかし逆だよみんな・・・

中途半端な学問のせいで
みんな自由な発想ができなく
なってるんだ

中途半端なプライドで
みんなが恥をかくことを恐れ
被害者に回りたがる

金太郎

人間なんて恥をかいて成長して
いく生き物だよね

私もやってみるよ

思いっきり恥をかきながら
あの人を助けていくわ

───────────────────────


こんなことを言ったら恥ずかしい・・・
いまさら聞けないよ。
ほんとはこうしたいんだけど。。。


言いたいけど言えない。
なんとなく踏み込めない。思い切れない。
なので、無難にいく。


そんな場面が、年を取ればとるほど増えてくる
気がします。


何を守ろうとしているんだろう・・・


それがこの金太郎の中に出てきた
「中途半端なプライド」?


たまにはこういうマンガを読んで気持ちを熱く
して、初心に、原点に立ち返るのもいいものです。


よっしゃ、やったるぞ!
と、心の底から力がわいてくる気がします。


#186〜今日を最高の一日に!〜 [2009年12月07日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #186 《 2009.12.7 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

昨日は息子が通っているラグビースクールの
試合で神奈川県の釜利谷まで行ってきました。

朝6時45分にバスで出発し、家に戻ってきた
のが夕方6時。もう暗くなっていました。

朝早くから1日がかりだったので、子供たちも
さぞかし疲れただろう・・・

と思いきや、疲れていたのは大人だけのようで、
帰りのバス、寝ているのはコーチ、父兄だけ。

子供たちはと言うと・・・大はしゃぎ。
ほんとにすごかったです(笑)

子供たちのパワーを改めて感じた一日でした!

───────────────────────■□

★今日の話

 「今日をどんな風に最高の一日にしようかな」
 と、毎朝考えてみませんか?

■□───────────────────────


■「理想の会社」


今日は、先週ご紹介した福島正伸さんの著書

 「理想の会社」 きこ書房

をご紹介します。


この本は、理想の会社を追い求めている方々が
実際に取り組まれた話を、福島さんが組み合わ
せて書かれた本です。


「こんな会社、あったらいいなー」と、第三者的に
見てしまうかもしれませんが、ぜひぜひ創りたい!
そうも思わせてくれる、とっても素敵な本です。


■今日を人生で最高の一日に!


蛍光ペンで気になったところにラインを引きながら
本を読むクセ?がある私ですが、この本は素敵な
話がたくさん載っていたので、黄色のラインだらけ
になってしまいました・・・


その中で今日ご紹介するのは・・・


「今日という一日を、人生で最高の一日にしよう!」


という言葉。


これは、本に出てくる登場人物が友人を励まそう
と送っているメールにあった言葉です。


一見ありきたりの言葉のようですが・・・
とっても深く感じました。


それを読んだ友人の感想がこちら。


(以下、引用です)

これって、すごい一言だね。

毎日何かいいことがないかな、と思うことはあった
けど、自分から何かいいことを起こそうなんてことは
思いもしなかった。

このことは僕にとってはすごい発見になったような
気がする。

つまり、何かいいことがある一日などなくて、何か
いいことをした一日があるだけ。

そして今日一日をどう生きるかが、自分の人生
なんだってことに気がついたんだ。

(引用終わり)


「何かいいことない?」という話をする、聞くことが
よくあります。


あいさつがわり、という面もあると思いますが、
なんとなく「まわりに期待している」感がありますね。


「『いいことがある』じゃなくて『いいことをする、した』
があるだけ」


というところがポイントですね。
受身か、自発的か。


さて、今日をどんな風に最高の一日にしましょうか。


通勤途中でも、毎朝考えてみませんか?
ちょっと考えるだけで、その日一日の過ごし方が
かわってきそうです!

#185〜問題をチャンスに変える!〜 [2009年12月01日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #185 《 2009.12.1 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

今日からいよいよ12月ですね!
そろそろクリスマスプレゼントを何にするか考え
ないと・・・

ちょっと気が早いですかね(笑)

ところで今朝、このメールを書こうと思ってPCを
立ち上げて、メールを開いたら・・・

なぜか新しいメールが受信できず、インターネット
にも接続できない・・・

「まずい、壊れた・・・?」
「バックアップとってないし、アドレスわかんないから
このメールも送れなくなるかも・・・」
と、冷や汗ものでした。

何度やってもダメだったんですが、約30分後に
無事回復!

理由はわかりませんが、いざ壊れたときのために
アドレスなどバックアップとっておかなきゃですね。

───────────────────────■□

★今日の話

 「プラス受信」で、問題をチャンスに変えよう!

■□───────────────────────


■福島正伸さん


昨日、福島正伸さんの講座に行ってきました。


福島さんは著書を何冊も読んでいますし、お話も
何度か聞いたことがあります。


昨日も似たお話がありましたが、それでもとっても
新鮮で、改めて「がんばろう!」と、心にスイッチが
入りました!!


福島さんの本をまだ読まれたことがない方、ぜひ
一度読んでみてください!


どの本もおススメですよ!

http://fukushimado.net/books.html

(私は今、『理想の会社』を読み始めたところです)


■プラス受信


昨日お聞きした話で一番心に響いたのが


「プラス受信」


という言葉。

──────────────────────

 すべての出来事は、前向きに考えればチャンス
 となり、後ろ向きに考えればピンチとなる。

 問題が起きたことが問題なのではなく、
 どう考えたかが、本当の問題である

──────────────────────

日々の仕事で、問題はいろいろと出てきますよね。


ただ、問題が発生した際に「どう考えるか?」で、その
後の取り組み方が全く変わってきますよ、というのが
この「プラス受信」の意味するところ。


この話、知っていました。
確か以前メルマガか本で読んだんだと思いますが、
その時とっても共感したのを覚えています。


でも、実際に仕事の場面などでそう思えていたか
というと・・・  残念ながらNOです。


実際に昨日の講座の中で出た事例をご紹介しますね。
とある「問題」が発生した際に、どう考えるか、という
演習です。


皆さんもぜひ考えてみてください。


○○問題○○

 新企画について何度説明しても上司がわかってくれない




さて、この問題が発生したら、どう考えるでしょうか。


普通は

「あの人さー、全然分かってないんだよね」

とか、

「ほんと頭固いよな。さて、今度はどういう方法で攻め
ようか・・・」

と考えて、気が重くなってしまいます。



はい、ではプラス受信で捉えた際の回答例がこちら。


○○プラス受信(例)○○

 ・企画をレベルアップするチャンス
 ・プレゼンテーション能力を高めるチャンス
 ・さらに準備をする時間が増えるチャンス
 ・日常の仕事のやり方を見直すチャンス
 ・上司を理解し、より信頼関係を深めるチャンス


いかがでしょうか。
ちょっと引きました・・・?(笑)


まだピンとこない方もいると思いますので、もう1つ
事例をご紹介しますね。


○○問題○○

 会議ばかりで仕事が進まない


○○プラス受信(例)○○

 ・仕事をこなす能力アップのチャンス
 ・業務知識を得るチャンス
 ・仕事のやり方を見直すチャンス
 ・他部門の知識を得るチャンス
 ・良い会議の仕方を身につけるチャンス
 ・関係者との信頼関係を築くチャンス


「最近会議ばっかでさぁ・・・。他にやることあるのに」
とグチを言っているのと、上記のように考えて取り組む
のとでは、大きな違いがあるように思います。


実際にこうして考えてみると、チャンスにならない
問題ってないんですよね。


私も最近の自分を振り返って、まったくプラス受信
できていなかった事に気付きました。


そして実際に問題をプラス受信で考えてみたら・・・


それで問題が解決するかは別ですが、すごく楽しく
なってきたんですよね!


「ふーん、何となくわかるけど、でもね・・・」

と思ったあなた、ぜひ一度お試し下さい!
(通販みたいですね(笑))


以前、後輩に
「なぜポジティブシンキングじゃないといけないん
ですか?」
と聞かれたことがあります。


その時は
「別にポジティブじゃない時があってもいいんだよ」
と答えましたが、今思うのは


「全てが楽しくなるから!」


かな、という気がしています。


せっかくやるなら楽しくやりたいですよね。
人生も仕事も。


ということで、目の前に数多く積まれたチャンスに、
今日もワクワク取り組みましょう!!

プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml