CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#180〜全ては余裕から〜 [2009年10月26日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #180 《 2009.10.26 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

駅の「ハサミ」が復活!というニュースを発見しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00000094-mailo-l13

昔は駅の改札を通るとき、駅員さんがカチカチさせて
切符に切り跡をつけてくれるのが当たり前でしたが、
最近の子供達にとては「何それ?」なんでしょうね。

今ではSuicaで、携帯でピッ!が普通の光景ですが、
その昔懐かしいハサミが、JR東日本の中央線開業
120周年記念イベントの一環で復活するんだそうです。

鉄道ファンじゃなくてもなんとなくワクワクしてきますね!

昔の駅員さん、お客さんが通らないときもいつも
「カチカチカチカチ」と、めちゃくちゃ早く音を鳴らして
ましたよね。

あれってどうやってたんだろう・・・

それにしても懐かしい!!

───────────────────────■□

★今日の話

 相手の反応に対して興味を持ち、余裕をもって
 寄り添おう。

 心に余裕があるとイライラせずに、逆に楽しめそう!

■□───────────────────────


 「ほほう。そうきたか」。

 子どもの反応をそんなふうに興味を持って寄り
 添える瞬間がありますか?


これは、


「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」
池上正さん著 小学館


という本に書かれているフレーズです。


仕事でも家庭でもそうですが、予期せぬ事態
に遭遇すると、つい過剰に反応してしまいがち
なのは私だけ・・・ではないと思います。


仕事でもよくあるんですが、自分の中で


「このメールを出したら、こういう反応が返って
くるはず」


「こういう発言をしたら、こんな事を言って来る
人がいるんだろうな」


と、頭の中である程度の想定を立てて、実際の
行動を起こします。


が・・・


そういう時に限って、予想しなかった反応が返って
きたりするんですよね。


すると、


「なんで俺の考えが伝わらないかなぁ」
「そうじゃないんだって」


と、カッとしてしまい、つい冷静さを失ってしまい
ます。。。


そう、余裕がなくなっちゃうんですよね。


そんな時、冒頭でご紹介したフレーズのように


「ほほう、そうきたか」


と、「余裕をもって、その反応に興味をもって」
受け止める、寄り添うことができると、その後の
対応が大きく変わってくると思います。


相手にとっても、もちろん自分にとっても。


夫婦でも、彼・彼女とのやりとりもそうだと思います。


いちいち「なんでそういうこと言うわけ?」と、過剰
反応してしまうことが多い私ですが、これからは


「ほほう、なるほど、そう反応してくるか」
「こう言い返してくるってことは、こんな風に
考えてるってことかな?」


と、余裕をもって対応したいですね。


一昨日の土曜日、コーチをしているラグビースクール
の試合が行われたんですが、やっぱり子供たちは
色んな反応を見せてくれました。


「余裕をもとう!」と思っていたおかげで、少しは
冷静に対応できたかな、と思います!


しかし子どもって、ほんとに色んな反応をするん
ですよね!


余裕をもって接することが出来ると、それまで
イライラしていたものが、逆に楽しめていい感じ
です!!

#179〜宇宙の基本法・・・?〜 [2009年10月19日(Mon)]

おはようございます!池本です。

昨日子供たちが、録画した「新・三銃士」なるテレビ
番組を見ていました。

10月12日からスタートした、NHKの連続人形活劇。
http://www.nhk.or.jp/sanjushi/

NHKの人形劇といえば・・・

その昔、「プリンセス・プリンプリン」をよく見てたなー
と思いながらも、やることがあるし、一緒に見るのは
やめておこう、と思っていました。

そして通りすがりにチラッとみたら・・・

お、面白い! 
結局3話見てしまいました・・・

脚色は三谷幸喜さん。
子供も大人も楽しめるお話になってます!!

───────────────────────■□

★今日の話

 宇宙の基本法・・・ それは「愛」?

■□───────────────────────


「まだ現実に起きていない先のことをあれこれ気に
病むのではなく、いま起きていることにあたることの
方が賢明なことだよ」


「この“いま”という瞬間を、こんな美しい夜をじゅうぶん
満喫しなかったら、それこそなんとおろかなことだろう。


よく見てごらん!小鳥たちがなんの心配もせずにとび
まわっているのを。


どうして、じっさい起こりもしないことに頭を悩ませて、
現在を犠牲にしなくてはならないんだい?」


これは、宇宙人「アミ」が、おばあちゃんが起きるので
家に帰らなきゃ・・・と心配している地球人ペドロに
対して言った言葉。※物語です!


「なんて美しいんだろう。地球から見た天空は・・・。
この大気があの天空のかがやきや色を生み出して
いるんだ・・・」


もし本当に宇宙人がいたら、ほんとにこう言うかも
しれませんね。


この本は
「アミ 小さな宇宙人(徳間文庫) エンリケ・バリオス著」
という本で、もちろん物語(の、はずです)。


宇宙からやってきた「アミ」が、地球人の子供「ペドロ」
と会い、様々な経験を通して、宇宙の基本法である
「愛」について話をしていく、というストーリー。


この広い宇宙、すべてをつないでいる基本法が「愛」
というのが何とも不思議な感じですが、読み進める
うちに、「うんうん」と大きく頷いている自分がいました。


なんだか心が優しくなれる気がする、そんな本です。
子供向けのような本ですが、すごくおススメです!


地球に住む人、みんなが「愛」に気付いて、奪いあったり
傷つけあったりすることなく、みんなで助け合って、家族
のように生きていけたら・・・


そんな気持ちになってきます。


読者にそう思わせることこそが、「アミ」が、「ペドロ」にこの
物語を書かせた目的なんでしょうけど。


地球人を「愛」のレベルではるか上を行く宇宙人のアミが
言う言葉。


「われわれの最大の幸福は、ひとに奉仕し、援助する
こと、そしてひとの役に立っていると感じられることに
よって得られるんだ。」


自分が一番なんだ、人は間違っている、自分が大切


というエゴを捨て去ることができるかどうか・・・


「人に喜んでもらえることが、最大の喜び」


とおっしゃっていた方がいましたが、みなさんおっしゃって
いることが共通しているような気がしてきました。


やっぱり宇宙の基本法は「愛」で、全てはつながって
いるんだろうか・・・


そんなことをふと思った秋の一日でした。

#178〜職場で夢を語る〜 [2009年10月13日(Tue)]

おはようございます!池本です。

三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。

各地でいろんなイベントが行われていたようですが、
天気もよかったですし、秋を満喫されたのではない
かと思います。

何をするにも気持ちのいい季節なので、イベントを
行うにはもってこいなんでしょうね。

でも・・・
この時期は色々とイベントが重なるんですよね。

スポーツの大会も目白押しで、学校や保育園などの
運動会もあったりして。

うれしいような、ちょっともったいないような・・・

───────────────────────■□

★今日の話

 職場の同僚と、先輩と、後輩と、そして上司と
 (居酒屋で)夢を語ろう!

■□───────────────────────

不況、業績悪化に対してどんな策を打つか。
経費削減、業務の見直し、効率化、リストラ・・・


こんな話が多いのは私の周りだけ・・・?


仕方のないことではあるものの、ふと思ったことが。


それは・・・


どんな会社にしたい?
どんな仕事をしたい?
どんな世の中をつくりたい?
どんな風に人を喜ばせたい?


といった、いわゆる「夢」を職場で語りあう機会が
最近ないんじゃないかなぁ・・・という事。


コーチングを受けたり、セミナーなどにいくと、実に
たくさんの夢や目標を語り合い、そして聴きあいます。


自分で口にすると、頭の中で何となく描いていたものが
具体的になっていくんですよね。
とってもすっきりしてきます。


「そうだ、私はこれをやりたかったんだ!」
と、頭の中がクリアになって、やる気がわいて来ます!


そして、人の夢を聴くと自分の心にもスイッチが入って、
まさに一石二鳥!


のはずなんですが・・・


職場で先輩、後輩と夢を語り合う、そんな場が最近
ほとんどないような気がします。


居酒屋に飲みに行くとグチが多くなる、と良く言われ
ますが、グチではないにしても、日ごろの問題点を
指摘し、そこをどうする、こうする・・・と、小難しい話に
なりがちです。


それも必要でしょうが、もっとでっかく、楽しく、明るい
夢を大いに語りたいですよね!
暗くなりがちな今だからこそ。


「職場の人にそんな事を語るなんて・・・」


と、照れ臭いような気もしますが、何年経っても、


「何でうちに入社したの?」
「会社で何をやりたかった?」
「今の会社をどんな風にしたい?」


という話をずっと語り続ける風土を創っていきたいですね。
あたり前のように。


「こうあるべき!」という、「べき論」を話し出すと口論に
なりがちなので、「こんな風にしたい!」という話が
いいんじゃないかと思います。


まずは語り合う場(飲み会?)のセッティングから・・・
ですね!(笑)


#177〜エクセルの中の小人さん〜 [2009年10月05日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #177 《 2009.10.5 》

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

この週末はちょっと雲が多かったですが、中秋の
名月、ご覧になられましたでしょうか。

私は当日ではなく、昨日ちらっと見ることが出来
ましたが、「名月」と言われるだけあって、何だか
神々しさを感じます。

今日から天気は下り坂のようですが、週末は
きれいな月を見せてやるか、と天気も待って
くれたんでしょうか。

ま、そんなわけはないんでしょうけど、そう考える
と、ちょっとしたことにでも感謝できるような気が
します!

───────────────────────■□

★今日の話

 エクセルの中の小人さん

■□───────────────────────


突然ですが、エクセルの「マクロ」ってご存知ですか?


たまに見かけますよね。


メールで送られてきたエクセルを開こうとしたら
「マクロを有効にしますか?」と聞かれ・・・

「マクロってなんじゃい」と思いながら、何となく
怖いから「マクロを無効にする」を押してファイル
を開いて・・・


という程度の知識だった私。


なんですが、この土日で、そのエクセルの「マクロ」
なるものを勉強してきました。


もともと超文系、かつ体育会系・・・・でもある私は
PCもそんなに詳しいわけではなく、残念ながら
エクセルにおいても、関数などもほとんど使い
こなしていませんでした。


ところがマクロについて


「エクセルの中に小人さんがいて、その小人
さんに『これお願い』とお願いすると、後は勝手
に作業をしてくれる」


と聞いてびっくり!


ちょっと前に職場であるアンケートをとったん
ですが、その集計にエクセルを使い、えらく
時間がかかってしまったので、


「こんな作業も小人さんがやってくれるの??」


と、淡い(いや、かなりの)期待を抱き、勉強する
ことにしました。


そして、マクロで出来ることなどをサイトなどで
色々調べて、「営業時代にこれを知ってたらなぁ・・・」
と、すでに技術をモノにしたような気になっていた私。


しかし・・・ やっぱりそんなに簡単に行くわけも
なく、この2日間で頭はすでに飽和状態・・・
はい、煙出てます。


このまま放置せずに、使いこなせるようになる
まで、いかにやり続けるかが勝負なんでしょうね・・・。


■業務の効率化


これまでにないほど「効率化」が叫ばれている昨今。


効率化だけを追い求めると、効率化した分仕事量が
増え、また効率化を図り、更に仕事が増え、結局
社員が疲弊し・・・


という負のスパイラルに陥りかねず、本来手段である
はずの「効率化」が目的になるのは反対ですが、やっ
ぱり今の業務を効率的にこなしたい、とう願望はあり
ますよね。


「最終的にどうしたいのか、何をやりたいのか」


という目的をもった上で効率化を図りたいものです。


という事で・・・


幸せな人生を送るため、そしてあわよくば、周り
でエクセルの作業に頭を抱えている人のお手伝い
ができるようになれば・・・・・・・・という思いから一歩
踏み出したわけですが・・・


そんな日が来るのかどうか。。。


しばらくは頭が混乱し、逆に遠回りしそうですが、
ちょっとずつがんばります。


1ヵ月後には


「エクセルマクロの話なら何でも聞いてください」


と言えるようになっていたいものですが・・・
さてさて、どうなることやら。


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml