CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#176〜楽しくお酒、食事と付き合う方法!〜 [2009年09月28日(Mon)]

おはようございます!池本です。

早いもので、もう9月も終わりですね。
夕方、日が落ちるのも早くなってきました。

秋が深まっていくと何となく寂しい気分になって
しまいますが、この季節が一番好きです!
空気も澄んで気持ちがいいですよね。

今週は天気がぱっとしないようですが、気持ちは
すっきり、楽しく行きましょう!!

───────────────────────■□

★今日の話

太らずに、楽しくお酒、食事と付き合う方法!

■□───────────────────────


秋と言えば食欲の秋…
秋が旬のものって・・・おいしいんですよね!!


9/11のメールで「太った…」と書きましたが、そ
の後、何とも魅力的なタイトルの本を見つけ、早
速購入してしまいました。


 飲んでも太らない秘密の習慣
 伊達友美さん著 青春出版社


なんだか怪しいタイトルですが…
読み進めていくと、なるほど納得!です。


冒頭に書かれてある言葉をご紹介しますと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

現代人が太る原因のひとつは「栄養失調」です。

もちろん、栄養失調といっても戦後の食糧事情が
悪い時代とは違います。

じつは、食べ物を代謝したり、体脂肪を燃やした
りするためには、いろいろな栄養が必要なのです。

ところが、現代人の多くは、たくさん食べていて
も、肝心の『食べたものを代謝するための栄養」
「脂肪を燃やすために必要な栄養」が不足してい
るのです。

たとえ食べる量を減らしても、栄養が不足してし
まったら太りやすくなるし、やせにくくなること
だってあります。

やせるには「脂肪を燃やすために必要な栄養」を
しっかり摂ること!

そして余計なものを食べ過ぎたら、翌日調整する。

これが、やせるための基本です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ほほーっ。
単に食べるのを抑えればいいってわけじゃないん
ですね。


変なダイエットをしようとすると、栄養が偏ってしまい、
逆にやせにくくなってしまうとは・・・。


筆者が一貫して言っているのが


「これを食べちゃだめ」「外食はやめろ」
「酒の量は減らせ」


という、「マイナス」の発想ではなく、


むしろ「楽しんで食べましょう!」というプラスの発想。


お、これなら出来そう!と思っちゃいます(笑)


と言っても、今までと同じような食べ方、飲み方
では何も変わらないんですよね・・・。


著書には、具体的なつまみ選び方や食べる順番
なども書かれいるので、「ほほー、なるほど!」と、
思わずにっこり!です。


ところで気になる「太りにくい『食べ方』の順番」とは…


1.体を温める汁物か、血糖値の上昇をゆるやか
  にする食物繊維の多いものからスタート

2.発酵食品を食べて、消化を促すとともに、
  代謝をアップ

3.メインのたんぱく質は、薬味などと一緒に食べる

4.血糖値が上昇する炭水化物は、一番最後に食べる


なんだとか。


なお、「炭水化物は一番最後」なら、飲んだ後の
ラーメンは良いのか・・・ というと、当然良くない
です(笑)


太ってしまうのは、

「食べて一気に血糖値が急上昇し、取り込みきれ
なくなった糖を脂肪としてためこんでしまう」

のが大きな原因なんだそうです。


ただ、どうしても食べたくなった時は、血糖値が急
激に上昇しないよう、メンマやモヤシから先に食べ
たり、食べる前に「野菜ジュース」を1本飲むといい
ようです。


その他、「スリムな大人の飲み食い術!」として
5つ挙げられています。


@どんなお酒にもチェイサーを!
A肉や魚や、おおいに食べよう!
B温かい食べ物が、燃えやすい体を作る
Cつまみ選びのキーワードは「生」
D体にたまった悪い油は、いい油で落とす


細かく説明すると長くなってしまうので、詳しく知りたい
方はどうぞ本を読んでみてください!


これで「食欲の秋」を楽しく乗り越えられそう!?


えーっと… 9/11のメールで書いた「運動」は…


すこーしずつやってます(笑)


#175〜思い込みからの脱却!〜 [2009年09月22日(Tue)]

おはようございます!池本です。

シルバーウィーク・・・ 

この呼び方、なんとなくまだピンときませんが、
やっぱり連休はうれしいですね!

5連休・・・ なんですが、週末、息子と一緒に
体調を崩してしまったこともあり、我が家は
どこにも出かけず、家でのんびり。

昨日は私の誕生日だったので、どこかに行こう!
と当初計画していたんですが、体調は回復した
ものの、大事をとって近場の公園でこれまた
のんびり。

ちょっと寂しいかな・・・
と思いましたが、芝生の公園で寝転がったり
キャッチボールをしたり、とーっても気持ち
よかったです!

秋。何をするにもいい季節ですね!!

───────────────────────■□

★今日の話

 思い込みからの脱却

■□───────────────────────

今日ご紹介するのは、昨年「君を幸せにする会社」
(日本実業出版社)という、とーっても素敵な本を
書かれた、天野敦之さんの本。


 みんなが幸せになる
 「お金」と「経済」の話 (すばる舎)


昨今、「金融危機」、「経済不安」などの話を耳に
しない日がない、という感じですが、


とにかく
「それらの言葉を言っていれば間違いない」
という風潮にあるような気がするのは私だけ
でしょうか・・・


じゃあ、そもそも何で金融危機が起きたの?


リーマンショック、サブプライム問題・・・


日々ニュースで聞いたり新聞で読んだり
して、何となく起きた事はわかるけど、そも
そもの問題って何だったんだろう・・・


その問題の本質に迫ろうとしているのが今日
ご紹介する本です。


そう言うと小難しい話のように聞こえるかも
しれませんが、この本は対話形式で進んで
いき、とってもやさしい言葉で書かれています。


なので、経済の知識なんて全く不要!
(私がそもそも経済オンチですし・・・)


著書では、表面的な問題をどんどん深堀して
いくんですが、最終的に天野さんがおっしゃり
たいのは


 利益や効率ばかりを追い求める社会になり、
 「奪ってでも自分の利益を最大化する事が
 幸せである」と、みんなが、社会全体が思い
 込んでいる


ということ・・・。


本来、商売というものは、誰かの役に立って
誰かを幸せにして、その対価をもらうことの
はずだったのに、その当たり前のことを忘れて
しまい、いかに競争相手に勝つか、いかに自分
だけが得をするかばかりを考えるようになって
しまった。


(以下、本文より抜粋) 〜 〜 〜 〜 〜 〜

会社のなかでも人を笑顔にするよりも競争に
勝つことが得意な人たちが出世しているから

人を笑顔にすることに真剣に取り組みにくい
風潮になってしまっているね。

 「たしかに、誰かの笑顔っていうだけで
 会社のなかとかだと
 馬鹿にされそうな雰囲気があるものね。」

それも、ビジネスは勝つか負けるかだ
相手の笑顔なんて甘いことをいっていたら
つぶされるだけだ、という思い込みが原因だね。

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

競争戦略、シェア奪回、囲い込み・・・


普段仕事で使っているこれらの言葉。


相手に勝つ、奪い取る・・・ 結果、誰かが不幸に
なっているはず。


そうではなくて、みんなが幸せになるにはどうしたら
いいのか・・・そう考えたいですよね。


天野さんが著書の最後におっしゃっている言葉を
抜粋してお伝えします!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

こうした考え方は、綺麗ごとにすぎないとの批判が
つきものです。

しかし私の経験から言っても、綺麗ごとを追求
した方が、結果的に物事はうまくいきます。

(中略)

日々幸せに充実して生きることは、何ら難しい
ことではありません。

仕事は辛いもの、人生は苦しいもの、幸せに
なるためには犠牲が必要といった思い込み
から脱却して、心の声に従えばいいだけです。

(中略)

人々の意識の転換のためにもっとも大切
なのが、まず私たち一人ひとり、自分自身が
変わることです。

自分が変わっても世の中は変わらないという
方もいらっしゃいますが、すべてはつながって
いるのですから、自分の意識の変化は必ず
周囲に影響を与え、周囲が変われば社会が
変わっていきます。

私は、人を無理に変えさせることなどできない
と思っています。

変えることができるのは自分だけであり、自分
自身が見本となって、あとは自分とつながった
存在である人たちが気付くのをまつだけです。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

天野敦之さん、いいです。
共感度大です!


思い込みを捨てて、みんなの幸せを目指したい
ですね!!
#174〜ショートカットキー〜 [2009年09月13日(Sun)]

おはようございます!池本です。

明日から月−金の勤務に戻ります。

ここ1年は不規則な勤務だったこともあり、もともと
のこのメールのコンセプトだった「月曜の朝までに
お送りする!」が崩れていましたが、復活させたい
と思います!

ということで、久々の日曜朝の配信!

それでは今週もはりきっていきましょう!

───────────────────────■□

★今日の話

 知らないでいると・・・結構ムダしてるかも。。。
 パソコンの「ショートカットキー」を使いこなそう!!

■□───────────────────────


営業時代、「マウス」を使わずに、キーボードだ
けでチャカチャカやっている後輩がいました。


「マウス使ってないのになんでこんなに出来るん
だ!」と、当時はびっくり・・・


その後、何となく

「コピー(Ctrl+C)」、「貼り付け(Ctrl+V)」
「切り取り(Ctrl+X)」、「やり直し(Ctrl+Z)」

くらいはキーボードだけでできる事を知りましたが、
結局それらも使いこなすことなく、毎度マウスを
使っています。


でも・・・ ずーっとパソコンに向かい合って作業を
するとしたら、結構なムダがそこに生じているか
も。。。
いや、「かも」じゃなくて、生じているんですよね。


今後、仕事上PCでの作業が増えそうなので、効
率を上げるためにも「改めて覚えなきゃ!」とい
う気持ちになっていた矢先に出会ったのがこの本。


 「たった3秒のパソコン術」
  中山真敬さん著 三笠書房


著書の冒頭に書かれている言葉を紹介しますと・・・


・マウスとキーボードの間で手を行ったり来たり
 させるのはまどろっこしい。

・仕事ができる人ほど「使うキーが多い」という
 事。「能力の質量」は、「使っているキーの数」
 にそのまま正比例するといえる。

・キーボードを使っているときは、なるべくキー
 ボードのみで操作を続け、マウスを使っている
 ときは、なるべくマウスのみで操作を続ける。


いずれも「確かにおっしゃるとおり・・・」なんです
が、「Ctrl」キーを押しながら別のキーを押すの
って、なんとなくやりづらいんですよね。


しかも種類がたくさんあって、覚えるのが大変・・・


覚える時間ももったいないし、ちょっとやってみ
ても慣れてないから逆に時間がかかり・・・


「マウスで不便なわけじゃないからこのままでい
いや」ということで、結局やり方は変わらず。。。


でも、使いこなしている人を見ていると明らかに
速いですよね、操作が。


1日何時間PCで作業しているかはわかりませんが、
このちょっとした操作の速さ、効率の良さは、積み
重ねるとかなりの時間を生む事になりそうです。


要は「慣れ」なんでしょうね。


という事で、今回はちゃんと覚えてみよう!と思っ
てます。


量がかなりあるので、全て・・・は難しいかもしれま
せんが・・・(弱気?(笑))


この「ショートカットキー」、サイトでも色々と
紹介されているので、興味のある方はぜひご覧に
なってみてください!


「ショートカットキー 一覧」などで検索すると
色々と出てきますよ!


#173〜体育の時間〜 [2009年09月11日(Fri)]
おはようございます!池本です。

このところ飲む機会が続いてまして・・・

ウエストがやばいです、きついです。。。

以前なら、ちょっと朝・昼の量を少なくすれば
体重もすぐに落ちていたんですが、なかなか
落ちません・・・(悲)

齢のせいか、それとも単に飲みすぎ・食べ
すぎか・・・

両方ですかね。。。

───────────────────────■□

★今日の話

  体育の時間・・・

■□───────────────────────


ということで、今週は最近太り気味の私を戒める
内容です・・・


 「30代でしなければならない50のこと」
 中谷彰宏さん著 ダイヤモンド社

より。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

30代になると、たいていの人は腹が出てきます。

それは、30代だからではありません。

ただ単に、運動不足だからです。

30代になったら、体育の時間を持ちましょう。

高校生の時には、週3〜4時間の体育の
時間があったはずです。

30代でもっとも差がつくのは、体力です。

仕事が出来る人も、異性にもてる人も、趣味を
楽しんでいる人も、その全ての源は、体力です。

高校生の時は、学校が体育の時間割りを
組んでくれました。

30代になったら、自分で、週3時間の体育の
時間を用意するのです。

「仕事が忙しくて、とうてい週3時間なんて
ムリだ」なんて言っていませんか?

その人は、時間がないのではなくて、やる気が
ないだけです。

(中略)

ジムに来る人は、普通の人より忙しい人なのです。

忙しいから、寸暇を惜しんで体を動かして、エネ
ルギーを活性化するのです。

暇な人にかぎって、忙しいことを理由に何もしない
のです。

ジムでなくてもかまいません。

自宅で、腕立て伏せや腹筋運動をするだけでも
いい。

ストレッチをするだけでもいい。

その小さな差が、仕事と恋愛と趣味の差になる
のです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

かなり耳が痛いです・・・


実は今年、2月から6月ころまで週に2,3回、
ちょこっとですけどトレーニングを続けていたん
ですが・・・


忙しくなってきたことを言い訳に、ぱたっと
やめてしまいました。


「ま、今日はいっか」の積み重ねが・・・
気がつくともう2ヶ月以上。


そしてウエストがきつくなり、体重は増え・・・


まずいです。やばいです。


家での腕立て、腹筋、ストレッチから始めます。


はい、今日から。


ちょっとしたことを習慣化させる。


そのためには具体的な目標が必要ですね。


「週に3日、運動の時間をとる」


じゃなくて、具体的にどうなっていたいか・・・。
あくまで運動をするのはその手段であって、
目的じゃないですしね。


具体的な目標は・・・


ちょっと恥ずかしいので書くのはやめますが(笑)
体重とベンチプレスのウエイト目標立てます!


#172〜将来性を見抜く質問〜 [2009年09月04日(Fri)]
おはようございます!池本です。

9月に入りましたが、今朝もほんとに涼しいですね。
もう寒いくらいです。

ところで近況のご報告ですが・・・

昨年の7月より現場での勤務となり、まさにサー
ビスの最前線で日々働いていましたが、この度、
異動となりました。

新しい職場は総務セクション。

もうちょっと現場にいて、サービスを勉強しなが
ら、みんなと一緒にサービスの質を高めて行きた
かった、というのが本音ですが、その現場の総務
ですし、スタッフをサポートする立場になるわけで、
新たなステージで頑張っていきたいと思
います!!

そんなこんなでちょっとばたばたし、メール送信
が金曜日(!?)になってしまいましたが、今後
もよろしくお願いします!!

───────────────────────■□

★今日の話

  将来性を見抜く三つの質問

■□───────────────────────


今日は私にしてはめずらしい?本をご紹介します。


 「世界一受けたいお金の授業」
  和仁達也さん著 三笠書房


以前上司に


「数字についての勉強もするように」


と言われました。


確かに・・・ 数字はどちらかというと苦手。。。


「決算書の読み方」などの本を買ったことも
ありましたが・・・


「ちゃんと勉強しなきゃ」と思いつつも、つい自
分の興味がある方面にばかり偏りがちでした。


という事で、ちょっとずつ数字などの勉強もしよ
うかな、と思って購入したのがこの本。


・お金を使う際には「自己実現」なのか、「社会
 貢献」、「ストレス解消」のためなのかなど、
 はっきりとした自分の基準、目的を持とう。

・不況の原因は「必要なモノは既にいきわたって
 おり、人が価値を見出せるものがつくりにくく
 なってきた」ため。今後は「人の心を満たすサ
 ービス」を作り出さなければならない。

・経済の流れをシンプルに把握する「ブロックパ
 ズル(図)」。@売上高、A変動費、B人件費、
 C利益、D借金の残高 をブロックパズルにあ
 てこんで、図としてシンプルに把握する。
 

などなど、私にとって「へぇー」がたくさん。


すぐに使えるかどうかは何とも言えませんが、勉
強になります。


それと、もう一つ興味深かったのが、和仁さんが
行っている「将来性を見抜く質問」。


一緒に仕事をする仲間を作られたとき、密かにこ
の質問をされていたそうです。


『将来性を見抜く質問』

@尊敬できる人はいますか?
Aどんなものに優先的にお金をつかっていますか?
Bどんなことに優先的に時間をつかっていますか?
 

@については、
「尊敬できる人がいるということは、素直さと成
長意欲をもつ素養があるということ、」
とおっしゃっています。


A、Bは、その人の最優先事項を探る2つの切り口
です。その回答によって、その人に将来性を感じる
かどうか・・・


さて、自分がこの質問をされたら・・・どうでしょう。


私はちょっと考えちゃいますね。


『自分の中で明確な「軸」を持っているかどうか』
という事だと思いますが、仕事・プライベート、
どちらにしてもとても大切ですね。


この3つの質問、ちょっと考えてみましょうか。


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml