CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#149〜信じきる〜 [2009年03月23日(Mon)]
おはようございます!池本です。

WBCが盛り上がってますね!
今日、9:00からいよいよアメリカ戦。

もちろん仕事中ですが、結果が気になります・・・

しかし韓国、強いですね。
今日アメリカに勝って、決勝であの韓国にすっきり
勝ってもらいたいです!

まずは今日ですね。

侍JAPAN、がんばれー!

───────────────────────■□

★今日の話

 信は力なり 

■□───────────────────────


1ヶ月前、スポーツ誌の「Number」が


「言葉力。」


と題して、様々なスポーツチームの監督を取り上げて
いました。


サッカーのオシム監督や、野球の野村克也監督との
対談や、作家・ライターが選ぶ「心に残る監督名言集」
など、なかなか見応えがありました。


その中で、ラグビーで2年連続大学日本一に輝いた、
早稲田大学ラグビー部の中竹監督が取り上げられて
いました。


3年前、それまで指導経験がないにも関わらず早稲田の
監督に抜擢され、3年間で2度の優勝、1度の準優勝
という実績を残した中竹監督。


彼の年齢は・・・私と一緒。
うーん、すごいです。
内外からのプレッシャー、かなりのものだったと思います。
そういう状況でしっかり結果をだすって、なかなかできる
ことじゃないと思います。


その中竹監督が語った言葉。


---------------------------------------------

・どのチームの監督よりも、部員たちを信じきる。
 その1点に賭けました。

・結局、選手を身内だと思えるかどうかだと
 思います。身内だと思えればどんなにひどい
 仕打ちを受けようが気にならない。

 彼らが勝利にむかってがんばってくれることが
 すべて。感謝されようとも思いませんから。

---------------------------------------------


この言葉、さらっと読めてしまいますが、とっても
深いと思いました。


「信じきる」
「選手を身内だと思えるかどうか」


仕事でも同じことが言えると思います。


何も考えていないと、つい人の悪いところばかり
目に付いてしまいます。


そして「ほんとにあいつはしょうがない!」なんて
思ったり、口にしたり・・・


同じチーム内で信頼しあえていない状態があると、
チームとしてのパフォーマンスはやっぱり下がって
しまうと思います。


スポーツだとそれが分かりやすいですが、仕事
だって同じですよね。


普段はあまり意識しないことが多いですが、
みんながひとつのチームとして、目標に向かう。
まさにスポーツと一緒。


その中で、中竹監督が言っていた「信じきる」と
いうことができるかどうか。
身内と思って接することができるかどうか。


そのためには、こちらから相手を「理解しよう」と
いう目で見ることができるかどうか、ですね。


人間ですし、育ってきた環境も違うので、価値観、
考え方が違うのは当たり前なんですよね。


でも、それをしっかり受け止めた上で、「信じる」
ことができるかどうか。


なかなか出来ないと思いますが、そういう気持ちを
もって日々臨みたいですね!

#148〜別世界に浸る!〜 [2009年03月17日(Tue)]

おはようございます!池本です。

日曜日から一気に春らしくなってきましたね!

暖かくてとっても気持ちいいです。

日曜日は、近所のデイキャンプ場で100名規模の
大バーベキュー大会を行いました!

ぽかぽか陽気のもと、肉を焼きながらビールを
飲んで・・・ 最高の1日でした♪

おかげでたっぷり日焼けも・・・

昨日は「どこに行ってきたの?」と聞かれちゃいました。

私の日焼けのほとんどは地元の公園焼けです。。。(笑)

───────────────────────■□

★今日の話

 仕事とは直接関係ないことに没頭してみよう!

■□───────────────────────


■マグロ船・・・?


今日はとっても面白い本をご紹介します!


ビジネス書なので、勉強になる、ためになる、という
学びももちろんありますが、


「こんな体験をほんとにされたんだ!」


と、映画や小説の世界をみているような、そんな
気分にさせてくれる本です。


その名も・・・


「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」
齊藤正明さん著 (マイコミ新書)


とある企業の研究所に勤務していた齊藤さん。


そこでの課題は、マグロ船で捕ったマグロの鮮度を
保つ「鮮度保持剤」を開発すること。


そしてひょんなことから、実際にマグロ船に乗り込む
ことになっちゃいました。
それが入社2年目の夏。


乗船したマグロ船は、全長20mで、乗組員は男9人。
一度港を離れたら40日は戻ってこない・・・。


荒れ狂う波の中、船酔いに悩まされ・・・
過酷な生活の中で、厳しくも温かい親方や船長、機関長
さんたちと交わす会話を通じ、さまざまな生きるための
「知恵」を学んでいく様子が、とっても面白く書かれています。


私もまだ途中なんですが、ほんとにおすすめです!
「へぇ〜」もたくさんあって、面白いです!


■仕事と関係ないことに・・・?


この本、2月末にAmazonキャンペーンが実施されて
いたんですが、特典として特別に書き下ろされた原稿を
いただきました。


その原稿で「なるほどー」と思ったのが


「今の仕事と全然関係ないものにどっぷりと浸かる」


ということ。


これも実体験からですが、マグロ船に乗るにあたり、
自身のスキルアップのために、英語で書かれた
論文と辞書を持ち込んだそうです。


でも・・・結局船酔いがひどく、一行も訳すことなく
航海を終えられたんだとか・・・。


最初は、何もやれていない自分への情けない気持ちで
いっぱいだったようですが、でも、その「勉強しなかった」
おかげで、漁師の方々から、それまでの価値観とは
全く異なる考え方を学ばれました。


齊藤さんは、その原稿の中でこう書かれています。

-------------------------------------------------

もし、船の中で仕事に直接関係する論文を、たとえ40 日
読んだとしても少し知識が増えただけだったと思うのです。

近年、不況などの影響もあり、リストラの防御策として、
仕事に使える資格を取ったり勉強会に参加したりなど、
スキルアップを考える人が増えていると聞きます。

しかし、私がマグロ船から教わったことは、自分の能力を
飛躍的に向上させるには、趣味や習い事を含めて今の
仕事と全然関係がないものに、どっぷり浸かる方が効果的
だということです。

仕事に直接関係のあることを習っても、作業効率が上がる
だけなので、もっと作業が上手な人がでれば、負けて
しまいます。

それであれば、仕事と直接には関係のない世界に入った
方が、物事に対する考え方の幅が広がって、独自の視点を
持つことができるのではないでしょうか。

その結果、会社ではオンリーワンの人材となり、誰とも競争を
しないですむと思うのです。

-------------------------------------------------

なるほどなるほど。
確かにそうかも知れないですね。


いろんな考え方を学びたいという気持ちもあり、仕事に
関係する本や勉強会などに参加したりしていますが、
まったく別の分野に浸かってみると、そこには新しい
世界があり、発見もたくさんありそうです。


とは言っても、急に別世界に入っていくのはそう簡単
には出来ないですよね。


簡単にできそうなこと・・・


これまで読んだことのないジャンルの本を読んでみる、
っていうのもいいかも知れないですね!


あ・・・ 無性に小説が読みたくなってきました。
最近読んでなかったですし。


と言うことで、久々に小説を読もうと思います!

#147〜条件は悪いほどいい!〜 [2009年03月09日(Mon)]

おはようございます。池本です。

昨日は次男の通っている保育園グループで
「演武会」が行われました。

保育園で毎週練習している「武道の型」を、
園ごとに発表しあう、年に一度の大会。

4月から保育園が変わる次男にとって最初で
最後の大会だったんですが、なんと見事優勝!!

ほんとにかっこよく出来ていました!
(親ばかですみません)

先生(男性)のうれし涙も印象的でした。
一生懸命指導してくれていましたし。

ということで、夜のビールが一段とおいしかった
日曜日でした!

───────────────────────■□

★今日の話

 条件は悪いほどいい!!

■□───────────────────────


■今日は中谷彰宏さんの本から。


「中谷彰宏 名言集」 ダイヤモンド社


この本は、中谷さんの著書13冊の中から
選りすぐられた「言葉のベストアルバム」。


とっても元気付けられる言葉と解説が200
以上ものっていて、ぱらぱらっとめくって
読むだけでも勇気がわいてきます!


立ち読みでも読めてしまいますが、手元に
置いておきたい1冊ですね!


■今日の言葉


ご紹介したい言葉、たくさんあったんですが
今日はこの2つをご紹介します!


--------------------------------------

それをするのに、

最高の日は、今日。

最悪の日は、明日。

--------------------------------------

成功をはばむ悪条件が、

あなたを

ヒーローにする条件だ。

--------------------------------------


■最高の日は今日


この言葉はもはや解説不要ですね。


「これをやろう!でも今日は・・・」と思ってつい
先延ばしにしてしまいがち。


でも実は、それをやるのに最高の日は今日、
今であり、明日に伸ばすとタイミングは最悪に・・・


「思い立ったが吉日」ですね!


■悪条件=ヒーローになる条件


解説に


「あなたの成功をはばんでいる悪条件を
すべて書き出してみてください」


とあります。
いろいろありそうですよね。


あれがだめ、○○さんが反対している、
お金がない、コネがない、スキルもない・・・


そんな状況でもやりとげられたら・・・
まさにヒーロー!(笑)


映画のロッキーだってそうですよね。


うだつのあがらない貧乏ボクサーだった
ロッキーが世界チャンピオンになるからこそ
人々は感動しました。


中谷さんはこうも書かれています。


「才能があって、お金があって、コネがあって、
ルックスがよかったら、ただの嫌な奴です」


確かに!
あまり友達になりたくないかも・・・(笑)


さ、ヒーローになる条件である、目の前の
悪条件を書き出してみましょう!!


たくさんあるほど燃えてきます!(笑)

#146〜ってことでバンザイ!〜 [2009年03月02日(Mon)]

おはようございます。池本です。

10日ほど前になりますが、足の小指を、ベッドの柱に
しこたまぶつけてしまいました・・・(涙)

これが痛いのなんの。
翌日はぷっくりはれて、内出血・・・。

内出血はひきましたが、10日たってもまだ痛い・・・
これはもしやヒビでもはいってる?

通常の生活に支障はないのでいいんですけどね。

それにしても情けない・・・。

───────────────────────■□

★今日の話

 バンザイ!

■□───────────────────────


■ バンザイ!

このところ、ちょっともやもやっとしたことがあり、
久々にこの本をめくってみました。
(小指のことじゃないですよ!(笑))


「バンザイ」
松本えつをさん著 SANCTUARY BOOKS


私が大好きなこの本。


これまでも何度かご紹介したことがありますが、
ほんわかしたイラストと、ちょっぴり元気がわいて
くる、素敵な言葉が書かれています。


文庫本で、女性が読みそうな絵本という感じ
ですが、私はとっても好きで、たまに読み返して
います。


冒頭に書かれている言葉。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 うれしいことがあったときも、

 かなしいことがあったときも、

 ささやかにごきげんなときも、

 どうしようもなく落ち込んだときも、

 「バンザイ」って、両手をあげて笑ってみる。

 空に “ ありがとう ” の気持ちが届くように。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

なんだか気持ちがほんわかしてきます♪


今日は、パラパラっとめくって、

「あー、いいなー!」

と、改めて心が温まったページをご紹介します!


【 乾杯! 】

君が私に、
このチャレンジのことを話してくれた日に、
たしかこんな約束をしたね。

「100%達成できたら、大きな乾杯をしよう。

・・・50%しか達成できなかったら、中くらいの
乾杯をしよう。

・・・1%しか達せ記できなくても、かならず、
乾杯をしよう」


100%じゃなかったけれど、

達成しようとして過ごした時間と、

達成できなかったくやしさが生むエネルギーに、

バンザイ。


【 正しいグチの活用法 】

グチをこぼす。
わざとこぼす。

そして自分を、
直面している問題を笑う。
笑い飛ばす。

それからまた、
同じ方向を目指して歩く。

前よりも、力強く。

それが、正しいグチの活用法。


「グチも方便」ってことで、バンザイ。



今日は以上、ってことでバンザイ!!


プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml