CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#141〜心の眼でみる!〜 [2009年01月26日(Mon)]

おはようございます。池本です。

先々週万歩計を買いましたが、これに乗じて
「今年こそはトレーニングするぞ!」と誓い、先週
かるーく腕立て、腹筋、ジョギングをやってみました。

すると・・・翌日はものすごい筋肉痛(涙)

翌日に筋肉痛がくるのはまだ若い証拠!

と自分をなぐさめつつ、あの程度でこんなに筋肉痛に
なるとは・・・と、肉体の衰えを痛感してます。

あせらず、ちょっとずつやっていこうと思ってます!

───────────────────────■□

★今日の話

  「心の眼」で本当の意味を見よう!

■□───────────────────────


またまた素晴らしい本に出会っちゃいました。


 「心眼力 柔らかく燃えて生きる30の知恵」
 野口嘉則さん著 サンマーク出版


ベストセラーになった、「鏡の法則」の著者でもある
野口さんの書かれた本ですが、これが本当に
良かったです!


ぜひ一人でも多くの方に読んでいただきたい!
そう心から思った本です!


■心の眼で見る


この本には「心眼力」、つまり
「心の眼で見ることの大切さ」が書かれています。


我々が肉眼で見ているのは実は表面的なもので、
本当の意味は見えていない、と。


今、不運な出来事があったり、困難な状況が目の
前にあったとしても、そこには必ず自分を成長させ、
自分を磨いてくれる「天からのギフト」という意味が
ある、と書かれています。


「あぁ、よく言われる話ね」
「そうは言ってもさ、実際に問題に当たったときに、
その本質なんてわかりっこないよ。問題だから
悩んでいるんだし」


と、私も思ってしまいます。


「仕事がうまくいかない」
「人間関係がうまくいかない」
「子供が言うことを聞かない」


そういった問題に直面した際、一歩引いて客観的に
考えるって、とっても難しいと思います。


「この問題は自分にどんな試練を与えているん
だろう、と考えてみる」なんて本に書かれている
ことがあります。


でも・・・ そんな事を考えられる人ってそうそう
いないですよね。それができれば苦労しません。。。


と、思ったら、実はそうでもないんです。


私たちは普段何気ないところで「眼に見えて
いないこと」を、「心の眼」で見ているんです!


そのことに気づかせてくれたフレーズをご紹介
します。


-(本文より)--------------------------------

ここにヒマワリの種があるとします。

これを肉眼で見ると、ただの小さい小粒でしか
ありません。

この種を、ナイフで真っ二つに切断してみても、
その中にヒマワリの花の形は見えません。

ヒマワリの命、つまりヒマワリの本質は肉眼では
見えないのです。

しかし、ヒマワリの命は明らかに種の中に内在
しています。

土に埋めて水をやれば、やがて発芽し、ついには、
あの堂々とした立派な花を咲かせるのです。

私たちが種を土に埋めて水をやるのは、ヒマワリの
花が開く姿を想像するからです。

これが、「心の眼(心眼)で見る」ということです。

人生で困難な問題や悩み事に出会ったときも、
心眼力を働かせて、その問題の本当の意味を
心の眼で見るのです。

肉眼で見れば、ただの不運なこととしか思えない
ような出来事。

しかし実は、一粒の小さな種の中に、やがて
大きく美しい花を咲かせる命が内在している
ように、不運な出来事の中に「幸運の芽」が
内在しています!

これが人生の真実です!
それを心の眼で見て進んでいけば、あなただけの
美しい花が開くときがやってくるのです。

------------------------------------------


あの種から立派なヒマワリが咲くことは、小学生の
ときに理科の授業で習いました。


そうなんですよね。
ほとんどの人がそれは知っています。


だから「心眼力」なんて大層なものじゃない、かも
知れません。


じゃあ、私たちに降りかかる、様々な問題。
それが自分を成長させてくれることは・・・・ 


知らない?


たぶん知ってます。
そういう事が書かれた本もたくさん出ていますし、
一度は耳にしたことがあると思います。


これだけ多くの人がおっしゃっているんだから、
恐らく本当なんだと思います。


多くの方が、過去辛かった経験から何かを学んだ、
成長した、という思いを体験していると思います。


トレーニングもそう。
負荷が強ければ強いほど、いったんは壊れた筋肉も
再生されるとより強さが増します。


そうなんです、知ってるんですよね!


ほとんどの方が、あの種から立派なヒマワリが咲く
ことを知っていて、目の前の種を見てそれを想像
することが出来ます。


だとすれば、今、目の前に起きている問題が、本当に
自分にとってやっかいな事なのではなく、その先の
成長した自分の姿を心の眼で見ることもきっとできるはず!


その出来事に隠されている、本当の意味を見つけられる
心の眼、常に心がけていたいですね!


長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとう
ございました!


#140〜今日、未来を変える!〜 [2009年01月19日(Mon)]

おはようございます。池本です。

先週、ついに「万歩計」を買いました!

そう、あの万歩計。

腰のあたりにつけて、「今日は何歩歩いたかな?」って、
歩数をカウントするやつです。

腰のあたりに装着するのはなんとなく抵抗感あったん
ですよね。上着脱いだら丸見えですし。。。

が、今はポケットの中に入れるだけでいいものが
あるんです!ご存知でした?

しかもとってもコンパクト!
これ、いいです。はまりそうです!

今年こそ数年ぶりに体を鍛えるぞ!と思っている、
その小さな一歩。

ちなみに昨日の歩数は11,856歩!
(帰りのバスで寝過ごして終点まで行き、そこから歩いて
帰ったので歩数かせげました・・・)

───────────────────────■□

★今日の話

  未来は「今」からはじまる。

■□───────────────────────


先週は


「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」
 福島正伸さん著 きこ書房


の本についているCDについて触れました。


実際に聴かれた方、いかがでしたか?
福島さん、いいですよね〜!
やる気がどんどん沸いてきます!


今週はその本についてご紹介します!!


本の前半には
「仕事夢と感動であふれる5つの物語」が書かれて
います。


福島さんが主催している研修や講演などで出会った
方の、実際にあった心温まるお話が5つ。


「本当にこんなことがあるんだ!」と、信じられない
ような話ですが、実話です。


「夢を持つ」そして「夢をあきらめない」って大事
なんだなーと、改めて感じさせてくれたお話でした。


■今日、未来を創る!

本の後半部分は「人生を変える夢の力」と題して、
「夢を持つことの大切さ」や、福島さんの考える
「夢の見つけ方、かなえ方」が書かれています。


詳しくは本をお読みいただきたいと思いますが、
私が心に響いた箇所をご紹介します!


**以下、本文より**

今できることが、どんなに小さなことであったと
しても、未来はそこからはじまります。

しかし、私たちは、無意識に「正解」を求めて
しまうことがあります。

「一度にすべての問題を解決するにはどうしたらいいか」

「要領よく、最高の結果を出すためにはどうしたらいいか」

「近道はどこか」

このようなことばかりを考えてしまいます。

そして、「正解」が見つからないとき、「道」が見えない
とき、行動することができなくなってしまいます。

しかし、新しいことに取り組むときは、事前には
わからないことがたくさんあるものです。

また、どれほど緻密な計画を立てたとしても、その
通りにいくとは限りません。

まったく予測せぬ出来事に遭遇することもあるでしょう。

予測することも大切ですが、もっと大切なことは創造
すること、道を切り開くことです。

それは、「今できることからやる」ことにほかなりません。

どのような状況にあったとしても、そこからできることを
見つけて取り組んでいくことが大切です。

* * * * *


そうなんですよね!
未来は「今」からはじまる。


本にはこんな言葉もありました


 「私たちは日々、自分の未来を変えながら生きています。

 今日ひとつ、何かを変えることは、これからの未来
 すべてを変えることにつながるのです」


未来は自分の行動、考え方で変えることができる。
そう考えるとわくわくしてきますね!


「とは言ってもなかなか踏み出せない・・・」
「言ってることはわかるんだけど・・・」


そうなんですよね。
それが現実だったりします。


私もそうなんですが、何かやろうとするときに


「これは実現可能か」
「周りから評価されるか、されないか。反対されないか」


と考えてしまうんですよね・・・。


頭の中で慣れないシュミレーションをし、結果「無理だ」と
判断しすると、行動に移さない・・・なんてことがよくあります。


でも、大切なのは「できるか、できないか」や、周りの
評価ではなく


「自分が本当にやりたいのか」


という「想い」ですよね。


福島さんもこう書かれています。


 「新しいことに取り組むときは、できるかできないかを
 考えるのではなく、やるかやらないかをあらかじめ
 決めておけばいいのです」


そう、そうなんです!
自分が決断するかどうか。


よし、やるぞ!!!
〜天晴くん、無事手術終了!〜 [2009年01月13日(Tue)]
天晴くん心臓移植の募金にご協力いただきました皆さまへ

おはようございます。池本です。

9月のメールで、アメリカでの心臓移植が必要な、岩田天晴くんに
対する募金活動へのご協力をお願いいたしましたが、このたび無事、
アメリカでの手術を終えたとの報告を受けましたので、皆さんに
お知らせいたします!

ほんとに良かったです!!
早く元気になってほしいですね!!

池本

天晴くんを救う会公式サイト http://www.tensei-aid.com/
(トップページの中段にある「会からのお知らせ」をご覧下さい)

*** 以下、「天晴君を救う会」幹事の方からのメールです ***

このメールは「天晴くんを救う会」をサポートしてくださった方々に
お送りしています。

岩田天晴くんは、去る6日に渡米し、心臓移植の機会を待っておりましたが、
ドナーに巡り合い、移植手術を受けることができましたので報告申し上げます。
数時間前に手術が終了し、現時点での経過は良好である旨、ニューヨークの
両親から連絡がありました。
予想よりも、とても早い展開で、驚くばかりです。皆様のご支援に、深く、深く
感謝申し上げます。詳細は続報にて、お知らせして参ります。

#139〜福島正伸さんの本+CD〜 [2009年01月13日(Tue)]

おはようございます。池本です。

正月、そして三連休も終わり、いよいよ今日から
2009年モード!という方も多いと思います。

寒い日が続いていますが、一気に張り切りすぎて
体調を崩さないようお互い気をつけましょう!

体調といえば・・・

今週、生まれて初めてのバリウム検査が待ってます。

いろんな人から「あれはしんどい・・・」と聞いていて、
早くもちょっとブルーになってます。

医学や科学もこれだけ進歩してるんだから、もうちょっと
ラクにならないものなのかなぁ・・・

って、まだ受けたことないんですけど。。。

───────────────────────■□

★今日の話

 福島正伸さんの本+講演CDをご紹介!

■□───────────────────────


■今年最初の「すばらしい本!」のご紹介


「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」
福島正伸さん著 きこ書房


という本を読みました。


あ、正確にいうと、昨日読み始めました。


ということでまだ全部読み終えていないんですが、
実はこの本、著者である福島さんの講演を収録した
CDがついていて、本を読む前にまずCDを聞いて
みたんです。


昨日の出勤前、ウォークマンにダウンロードし、通勤
途中に聞いたんですが・・・


いいです、めちゃくちゃいいです!!
心に響きまくりです!!!!


本の内容もちろんすごーくいいですし(本は来週の
メールでご紹介する予定!)、そのナイスな本を
買うと、なんとセットで福島さんの講演が聴けるんです!!


って、何だか通販の宣伝みたいでしたね。。。
でもほんとにおススメ!


福島さんの講演はジェイカレッジで2度聴いたことが
あるんですが、改めていいな〜と実感!


講演は実際の会場で聴きくと、会場全体から伝わって
くる雰囲気や臨場感、参加者全員で味わうライブ感が
とっても素敵なんですが、CDだと自分の好きなときに
何度でも聴くことが出来るので、CDもいいですね!


昨日はメモをとるため、電車の中で何度も何度も同じ
箇所を聴き直しちゃいました。


この本、「一粒で二度おいしい」なんてもんじゃないです。
はい。


新年早々、いい本(CD)に出会いました♪


■講演CDから、響いた言葉をご紹介!


いつもこのメールでは、本などからひとつの言葉、
考えを取り上げて深堀りしていきますが、ご紹介
したい話がたくさんありましたので、それらをまとめて
ご紹介します!


・「失敗」とは、自分で勝手にやめただけのこと。
 それは自分が決めたことであり、自分の思考の中に
 本当の問題がある。


・どんな提案も、100回やって通らないことはない。
 あきらめたあなたは、それを何回提案した?
 何人の担当と話をした?
 営業であれば、取引先の全社員と話をした?


・始める前から「どこでやめるか」を決めていなかった?
 (福島さん自身)5回やってだめなら、周りの人や、
 環境のせいにしていた。人のせいにするということは
 「あきらめました。自分にはできません」と叫んでいる
 のと同じこと。


・過去の、常識的な、他人のできる当たり前のやり方を
 やると「制約条件」が生まれる。お金がない、環境が
 悪い、などなど・・・
 新しいこと、人が思いつかないことをやるしかない。
 人が成長するしかない!

 
・問題は仕事の中身ではない。
 その仕事自体をどうとらえ、仕事の先にどんな夢を
 もち、その仕事を社会・世の中とどうつなげていくかが
 大切。そしてその中に自分の役割をどう見つけていく
 かで、その仕事の価値、魅力が大きく変わってくる。


・仕事の意味、価値が変われば、仕事がそれまでの
 「作業」から、自分の存在価値を証明するものになる。


・世の中に役に立っていない仕事はない。


・どんな仕事にも、そこに意味を持たせることができる。


・存在は悪にもなれば、必要なものにもなれる。どういう
 存在であろうとするかが大切。


・私たちがやっていること、全てが未来につながっていく。
 未来を変えていく。自分の仕事、社会、未来の子供たちの
 地球環境、それら全ての未来に。



今日は以上です!


自分で書いておいてなんですが、文章だとさらっと通り過ぎて
いくような気がしますが・・・


CDで聴くと、思わず耳が痛くなったり(反省、という意味で)、
「そうだ!」と勇気がわいてきたり、ほんとによかったです!


CDの音質、ちょっと聞き取りづらいかもしれませんので、
割と静かなところで聴くといいかもしれません。


私の通勤途中の大切なお供はSONYのウォークマン。
「ノイズキャンセリング機能」がついていて、電車などの
騒音があまり気になりません。


これ、手放せません!


ではまた来週!
#138〜あけましておめでとうございます!〜 [2009年01月06日(Tue)]

あけましておめでとうございます!

昨日が仕事始めという方も多いと思いますが、
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は昨日、早速ですが職場の新年会がありました。

1次会は普通に飲んで終了し、2次会は・・・
なんとボーリング!

学生時代、不覚にも当時の彼女(今の妻です)
に負けて以来、封印していたボーリング・・・

忌まわしき過去の記憶がよみがえりましたが、
なんとかまずまずのスコアで終了。

新年早々、過去のトラウマが解消でき、良い
スタートをきることができました!(笑)

ということで(?)、1日遅れ、火曜日のメールと
なりましたが、今年も始めます!

───────────────────────■□

★今日の話

 みんなが夢、希望をもって働ける職場に!

■□───────────────────────


お正月の休みに、今年の目標を立てた方も多いと
思います。


息子たちも目標を立てていました。


長男:ラグビーの大会で決勝トーナメントに進出する!
次男:補助なし自転車に乗れるようになる!


1年の計は元旦にあり、とはよく言ったものですが、
なんとなく年の初めは「やるぞ!」という気になる
ものですよね!


かく言う私は・・・ 具体的にはこれから、という段階
なんですが、先日職場のスタッフと色んな話をして
改めて思ったこと。


それは


今の職場で働く人みんなが夢を、希望をもって、日々
生き生きと働ける環境をつくっていきたい。


ということ。


今の職場の雰囲気、以前と比べてずいぶんよく
なったと聞いてます。


昨年7月の着任時に、途上ではあるものの、以前と
比べて多くの点が改善され、今があると聞きました。


でも、日々の仕事に疲れてしまって、「いつ辞めようか」
と言っていたり、「どうせ何を言っても変わらない・・・」
と言っている、思っているスタッフの声も少なからず
聞こえてきます。


せっかく夢と希望をもって入社してきたはずなのに、
入社数年を経た今、当時持っていた夢はどこかに
消えてしまっていて、疲れきっている・・・


彼らに対して今、何が出来るんだろう。
私が今、ここにいる意味ってなんなんだろう。


改めてそう思いました。


今の職場では新参者の私が、
「夢はあきらめちゃだめなんだ!」
なんて理想やキレイゴトを言ったところで、
「現実がわかってないくせに・・・」
と、言われるかもしれません。


でも、こういう時代だからこそ理想を追い求め、
そのために出来ることを考え、実行し、みんなが
会社に対して希望をもてる環境をつくっていきたい、
そう思ってます。


働く人たちがその会社に対して夢や誇りをもてず
して、お客さまに良いサービスは提供できない
ですよね。


たとえマニュアルを整備して「こうやってください」と
教育したとしても、心からのおもてなしはできない
でしょうし、お客さまもだんだん離れていってしまうと
思います。


2009年。


日々がんばっているけど、疲れていて、夢を
忘れてしまっている、あきらめてしまっている
人たちの応援、サポートができればと思ってます!


といいつつ、「こうすればそれができる!」というのは
私もよくわかりませんが・・・


日々勉強しながら、試行錯誤を繰り返しながら
ちょっとずつでも前進できればと思っています。


今年もお互い楽しく顔晴っていきましょう!!
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml