CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#98〜今を生き切る〜 [2008年03月30日(Sun)]
 おはようございます。
 池本です。

 もう3月も終わりですね。
 職場では異動があり、子供たちは進級、入学、卒業。

 新しい出逢いがあり、別れがあり・・・。

 別れはやっぱりさみしいですが、その分出逢いもあり、
 すごく新鮮な気持ちになる。

 春ってそんな素敵な季節ですね。

 新しい環境にいかれる方、新しい環境をぜひ楽しんで
 ください!

───────────────────────■□

■昨日は息子の卒園式でした。


 約3年通った保育園。
 大人の感覚で3年というと、さほど長くもなく、
 変化もないような気がします。


 でも幼少の子供にとっての3年は、とっても
 濃く、長い時間。


 入園した当時の事を振り返り、心身ともに本当に
 成長したなぁ。
 
 改めてそう感じた一日でした。


■じゃあ自分の3年前は?

 ・・・

 あれは3年前だっけ、2年前だっけ・・・
 いや、4年前?


 記憶がかなりあいまいです。。。
 ちょっと反省。


 いくつになっても、日々の成長を意識して
 過ごしたいものです。


■成長は約束されている。


 田坂広志さん(シンクタンク・ソフィアバンク代表)の
 著書「人生の成功とは何か」の帯にこんな言葉が
 書かれています。


 「人生において『成功』は約束されていない。
  しかし、『成長』は約束されている」


 なるほど・・・ 確かに。
 
 そして著書にはこう書かれています。

 ・・・

  かけがえのない一日を生き、
  一日、一日を、たしかに成長していくためには、
  どうすればよいか。

  一つの心構えを身につけることです。

  「一日を生き切る」

  その心構えを身につけることです。

  ここで大切なのは
  「生きる」ではなく、「生き切る」

  この「切る」という言葉にこめられた思いがある。
  それは、「悔いが無い」という思い。
  一日を生きたとき、「思い残すことが無い」という思い。
  その思いが、この「生き切る」という言葉の意味です。

  ただ漫然と生きるのではなく、
  与えられた一日を、生き切る。

 ・・・

 わかるけど、なかなか難しい・・・


 でも、もし「あなたの命はあと1週間です」
 と言われたら、今から1秒たりとも無駄にせず
 生き切るはず。

 
 1週間ではないにしても、人生には限りが
 あるんですよね。
 普段意識することはないですけど。

 そしてその終わりがいつくるかは、誰にも
 わかりません。

 
 そう考えると、やっぱり今をもっともっと
 大切に、思いっきり「生き切り」たいですね。


 そうすると、普段あまり気づかない、日々の
 ちょっとした自分の成長に気付くかも。
#97〜ハッピーエンドを考える〜 [2008年03月23日(Sun)]
おはようございます。
池本です。

金曜日はジェイカレッジにたくさんの方にお越し
いただきました!

久々にお会いした方もいらっしゃいましたが、
この場をお借りしてお礼申し上げます!

平野さんの公演、やっぱり素敵でした。
ぜひ1人でも多くの方に聴いていただきたいです。

5月24日に新刊記念公演があるようです。
まだお話を聴いたことがないかた、ぜひ!

詳細は未定のようですが、決まったらブログで
お知らせが出ると思います!

http://kandou-gift.seesaa.net/

───────────────────────■□

■先週のメールで「誰を幸せにしたいのか考えよう」
 という話を書きました。


 「今の仕事で、誰を幸せにしたいのか」
 「誰の表情を笑顔に変えたいのか」


 先日のジェイカレッジで、平野さんからその一歩先に
 つながる話を聴いてきましたのでご紹介します。


■お客さまのハッピーエンドを考えよう!
 

 今私が扱っている商品があるとします。

 
 お客さまがそれを購入し、帰宅され、どんな想いで
 それを使って欲しいのか。


 使ってどんな気分になって欲しいのか。
 どんな風に幸せを感じて欲しいのか。


 それをイメージしましょう。というお話です。


 「ただ売れればいい。」ではないんですよね。

 
 たまに話を聞きます。
 粗悪品をだまされて購入し、トラブルになるケース。


 一度売っておしまいではなく、リピートされて
 初めて商売がなりたっていくはず。


 であれば、使っていただく人がどんな想いで 
 それを使ってくれるのか、具体的な人をイメージし、
 使用した際の感想まで思い描くことができると
 いいですね。


 そのためにはやっぱり「誰」を絞って特定すると
 やりやすそうです。


 家族や大切な友人。
 その人にどんな笑顔になって欲しいのか。


 そもそも
 「自分の大切な人に使って欲しいと思えるものか」 
 という大前提がありますが、もしそうだったとしても
 その人が使った、その先の想いまで考えることは
 すくないような気がします。


 予約ひとつとってくださったお客さま。

 
 その方はどんな想いで、どんな目的で予約して
 下さったのか・・・


 その人がその商品を使い、うれしくなって日記や
 ブログに感想を書く、人に話してまわる。
 その人のちょっとした感動のお手伝いができた。


 そんなハッピーエンドを思い描きながら仕事が
 できるようになりたいですね。


 働くモチベーションもぐんとあがってきそうです!

#96〜誰を笑顔にしたい?〜 [2008年03月17日(Mon)]
おはようございます。
池本です。

昨日はとっても暖かかったですね!
汗ばむくらい。

子供たちと公園で遊ぶのがとっても気持ちよかったです!

日本の四季ってほんとにいいですね〜!!

───────────────────────■□

■高萩さんのセミナーに参加してきました。

 以前このメールでお伝えしましたが、先週の木曜日に
 高萩徳宗さんのセミナーに行ってきました。


 またもや気づきがたくさん・・・
 今日はそこで聞いてきたお話をご紹介します!

 ※次回は4月17日(木)です。
  16名限定のセミナーで、この規模感もまたいい感じ!
  まだ若干席はあるようなので、興味のある方、ぜひ!
 
  ◎第3回テーマ 『クレームは値千金のビジネスチャンス』 
    〜クレームを正面から受け止め過ぎないために〜

  ◎時間・内容 19時00分〜21時00分

  詳しくはコチラ
  http://www.beltempo.jp/seminar/seminar2008.0417.html


■誰を幸せにしたい?誰の笑顔をみたい?

 
 私たちは直接サービスに関わる、関わっていないに限らず
 お客さまを幸せにするために仕事をしています。
 (と思ってます!というか、すぐに忘れるのでたまに思い返す
 ようにしてます・・・)

 
 ただ、全員を幸せにする、といってもかなり漠然として
 いますよね。

 
 なので、誰を幸せにしたいのか、対象を絞って、具体的に、
 リアルに考えよう、というお話を聞いてきました。

 
 私たちが日々やっている仕事によって、誰に一番ハッピーに
 なってほしいのか、誰の笑顔をみたいのか。

 
 その人の喜ぶ顔を思い浮かべると、思わずにっこりする。
 そんな人をより具体的に、リアルにイメージする。


 会社が大きいと、色んな方を対象にサービスを提供
 している、というケースがあると思います。

 
 確かにあんまり対象を絞りすぎると、それ以外の多くの
 お客さまを失ってしまうのでは・・・という怖さがあります。


 なので、サービスを思いっきり限定するのは勇気が
 いりますし、難しいかもしれませんが、
 「その方を一番大事にしてサービスを提供している」
 という想いがメッセージとして伝わるようにしたいですね。


 間接部門で、直接お客さまに何かを提供している
 わけではない・・・


 という場合でも、仕事上のパートナーだったり、誰かを
 幸せにするために仕事をしているはず。


 今の仕事で、誰を幸せにしたいのか。
 誰の表情を笑顔に変えたいのか。


 そう考えると、日々の仕事もより楽しくなってきそうですし、
 仕事の質もかわってきそうです!
#95〜誕生日ありがとう〜 [2008年03月10日(Mon)]
おはようございます。
池本です。

以前このメールでもご紹介した、平野秀典さんと
高萩徳宗さんによる「屋久島感動塾」の第3回が
3/7-9に開催され、妻が会社の研修として参加
してきました。

屋久島感動塾 : http://ameblo.jp/yakushima-kando/

こういった研修の類には初めて参加してきたんですが
私が思っていた以上に心に響いたものがあったようで
3日間の研修を終えて疲れたはずなのに、目を輝かせて
昨夜帰宅してきました。

高萩さん、平野さんありがとうございました!!

───────────────────────■□

その平野秀典さんのジェイカレッジ、3月21日です!

お申し込みはこちらから。

  日時: 3月21日(金) 19:00〜
  詳細: http://www.webook.tv/jcollege/

─────────────────────────

■今週は長男の誕生日!


 今年はどうしようか、と妻と話していると、週末の
 屋久島感動塾でこんな話を聴いてきた、と教えて
 くれました。


 「誕生日ありがとう」というお話。


 「誕生日おめでとう」ではなく、「誕生日ありがとう」。
 何となくわかるような、わからないような・・・


 自分の誕生日に、両親に「産んでくれてありがとう」
 と感謝しよう、という話は聴いたことがあります。


 でもそうではないようで・・・

 
■「生まれてきてくれてありがとう」
 という感謝を伝える、という意味だそうです。


 なるほど。。
 確かに息子が家族に加わってから、まったく新しい
 生活が始まり、大変なことも多いですが、日々
 感動の連続でした。


 息子はもちろん、私からしてみれば妻もそう
 ですし、友人だって、その人が生まれてきて
 くれたからこそ出逢うことができ、楽しいこと、
 辛いことも経験できています。


 その人が生まれてきてくれたおかげで、毎日
 感動し、感激し、感謝することができています。


 ときには辛いこともありますが、その経験から
 成長することができています。


 「誕生日ありがとう」 

 面と向かって伝えるのはちょっと照れくさい
 ですし、息子に言ったら「おめでとうでしょ」と 
 訂正されそうですが、そういう気持ちで日々
 接したいですね。
#94〜毎日実験!〜 [2008年03月03日(Mon)]
おはようございます。
池本です。

気がつけばもう3月。
今日はひな祭りですね。

私自身は男兄弟で、子供も男二人なのでひな祭りとは
縁が遠いんですが、女の子がいるご家庭ではちょっと
した行事なんでしょうね。

と、昨日のサザエさんをみながら思いました。。。

───────────────────────■□

3月21日(金) はジェイカレッジに平野秀典さんに
お越しいただきます。

「感動力」「共感力」「ギフト 君に贈る豊かさの知恵」など、
とっても素敵な本を書かれている平野さん。

5月に新刊の発売を予定されていますが、ジェイカレッジ
では一足早く、その本についても語って下さるとか・・・

とにかく必見です!

  日時: 3月21日(金) 19:00〜
  詳細: http://www.webook.tv/jcollege/

まだ空席ありのようなのでぜひお越し下さい!

「つまらなかった」という方がもしいらっしゃったら
返金してもいいです!って言ってもいいくらいおススメ!
(実際そのシステムはありませんが・・・)

ひとりでも多くの方に聞いてもらいたいですね!

─────────────────────────

■今日は、その平野さんのメールマガジンをご紹介します。

 【メルマガ「感動を生み出す表現力の魔法」】
 http://www.mag2.com/m/0000118235.html
 
(以下、2月26日に届いたメルマガより一部抜)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 2008年の2月という時間は、
 1回きりなのだという当たり前のことを、
 妙にしみじみ感じる今日この頃。


 当たり前のようにやってきて、
 去っていく一ヶ月という時間を、
 一生に一回きりの体験だと思えれば、
 必然的に
 

 充分に生きたか?
 充分に愛したか?
 充分に感動したか?


 う〜〜ん、まだまだできたなあ。。


 という可能性を発見できるのです。


 充分ではない=もっと試せる


 3月は、もっといろいろな実験をします。
 実験してますか?


 年を取るということは、
 実験をしなくなること。
 

 「こうすればこうなる」
 と、わかったつもりの人生が繰り返されていきます。


 自分の可能性を試すには、
 実験するしかないのです。


 実験とは、
 違うやり方を試すこと。

(中略)
  
■自分の可能性をみくびっている人が、
 世の中、圧倒的に多いようです。


 違うやり方を試す機会は、
 日常にあふれているのに――

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 そうなんですよね、やってもいないのに
 「きっとこうだから・・・」と、試さずにやめてしまうこと、
 結構あったりします。

 いろんなことができるはずなのに、やらずして、
 わかったフリをしてやめてしまう。

 
 うん、それはやっぱりもったいないです。
 人間の可能性ってきっとすごいんだと思います。


 さて今日はどんなことを試せるか・・・


 そう考えると毎日がわくわくしてきますね!
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml