CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2007年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#72〜やらないことを決める!〜 [2007年09月30日(Sun)]
おはようございます。池本です。

土曜日は先輩の結婚式、披露宴に出席してきました。
結婚式にでるっていいですね!
初心を思い出すというか、心が洗われるというか、
自分まで幸せな気分になります。

この気持ち、忘れちゃだめですな。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 今日の話、一言で言うと? □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やらないことを決めよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ もうちょっと詳しく □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今日から10月ですね!
 そう、仕事で言うと今日から「下期」。

 先週は上期末で忙しい1週間だった・・・という方も
 多いのではないでしょうか。
 
 私も先週は仕事がたまり、会社のメールがたまり、
 机も徐々に汚くなり、家でもメールがたまり・・・
 久々に「あらら・・・」状態に陥りそうになりました。

 そんなときに勇気付けられたのが、ケータイに
 届いた、あるメルマガ。

 「しもやんの元気がでる言葉」
 登録用アドレス simoyan@patma.jp
 (空メールを送れば登録完了です)

 ケータイにテキストでメールが届く・・・
 のではなく、送られてくるURLにアクセスすると、
 「筆文字」で書かれたことばに出会える、という 
 メルマガです(ケータイ専用)。

 ケータイに届くメルマガだと、電車の中など
 ちょっとした空き時間に読めるのでいいですね。

 今回、気付きをもらった言葉はこちら。 

 ・・・・・
  優先順位は誰でもつけられる。
  大切なことは、やらなくてもいい
  後先順位をつけること!
 ・・・・・

 なるほど・・・

 毎朝、通勤電車の中で「今日やること」をリスト
 アップしてます。
 優先順位をつけながら。

 忙しくなってくると、昨日やろうと思って出来
 なかったことを、また今日のリストに書く。
 
 そしてまた今日出来なかったことを、次の日に・・・

 そうやっていると、新しいこともどんどん増えて
 くるので、リストの項目は山積みに・・・

 それってなんとなくストレスになるんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■□ 今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 優先順位をつけている方は多いと思います。

 実際にリストにする、しないはあるでしょうが、
 「どの仕事からやるか」はほとんどの方が考えて
 実行していると思います。

 そう、それはみなさんやっている。
 
 でも、早々に「これはやらない」と決めている、
 捨てているケースがどれくらいあるか・・・
 (どうでもいいこと以外で)

 結果として忙しくなって、本当はやろうと思って
 いたことが出来なかった、というケースは結構
 あると思います。

 私もかなりあります・・・(汗)

 だったら、最初から「これ、やらない」と決めて
 しまったほうが楽になりそうです。

 常に時間に追われて「あれもやらなきゃ」
 「これもやらなきゃ」となるよりは、最初に見切って、
 本当にやりたいこと、大切なことに集中できると
 よさそうですね。

 やらない勇気。捨てる勇気。
 
 最初は踏ん切りがつかなければ、「ごみ箱」を
 つくってみるのもいいかも。

 一旦「やることリスト」には書くものの
 「ごみ箱リスト」をあらかじめ作って
 「これやらない!」と、ごみ箱リストに転記。

 リストには捨てた(転記した)日付を書いて、一定
 期間が過ぎたら、そのゴミ箱リストごと削除。
 
 捨てるときには
 「やっぱりやらなくてよかったよ。全然問題なく
 まわってるし」
 ということの多さに気づきそうな予感。

 そう、全部をやろうと思わなくてもいいんですよね、
 きっと。
 
 お、ちょっとストレスフリーな感じ!(笑)

 さっそくやってみよーっと。
#71〜困難だから楽しい!〜 [2007年09月24日(Mon)]
おはようございます。池本です。

昨日はお彼岸。

暑さ寒さも彼岸まで。
とはよく言ったものですね。
急に涼しくなってきました。

秋・・・
食べ物が美味しくなってくる季節です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 今日の話、一言で言うと? □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普通に考えれば困難だからこそ楽しい!

過去の常識、今までの経験は一切捨てて
ゼロベースで考えよう!

そして自分にも周りの人にも「それいいね!」
と言える自分になりたい!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ もうちょっと詳しく □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今日は「1日1冊」の書評メールマガジンとして有名な、
 松山真之助さんの「Webook of The Day」より。
 
 Webook : http://blog.mag2.com/m/log/0000000969/

 ・・・・・
  「そんなの、うちじゃできないですよ!」
  「そういうの、やっていいんですかぁ?」

  実はこれ↑僕の大好きなフレーズ。
  なぜって、誰かが落胆や否定的な雰囲気で口に
  するのを聞くとワクワクするから。

  え、それけっこう大変そうだけどやってみる価値あるね・・・
  なんて、オセロ思考しちゃうのだ。だから、楽しい。
  (オセロ思考っていいね。自己満)

  そして、同時に好きなのが「それいいね」。
  将来、株式会社それいいね、っていうのを作りたいくらい・・・。

  ロスに来る前に、こちらでやりたいプロジェクトを
  専門部署の方に説明した。

  その方からは・・・業界の常識、過去の経験などを
  披露しながら10個くらいの否定的見解を立て板に
  水のごとくとうとうとお話しいただいた。

  そのとき、僕は心躍る気持ちで目を輝かせていた。
  (いちいち反論はしなかったけれど、心の中で、
  ウシウシと思っていた)・・・

  それだけ悪い条件がそろっていれば、やる価値あり!
  と自信を深めたのだ。(イカレてる?僕)

 ・・・・・

 発行者の松山さんはジェイカレッジの校長。
 8月に転勤でロスに行ってしまいましたが、
 ちょっとイカれてます!(すごくいい意味で)

 私も日々、たくさんの刺激を受けていますが、
 今回のこのメルマガにも「そうか!」と・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■□ 今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新しいことをやろうとすると、ついつい否定的な
 ことが頭をよぎってしまいがちです。

 自分が新しいことをやろう!と言い出すことは
 多いくせに、他の人が新しいこと、革新的な
 ことを言い出したりすると、なぜだか
 「なるほど。でもね・・・」と、
 『難しい理由』が思い浮かんでしまう私・・・

 いかんですね。

 でも、自分が否定的なことを考えたら、逆に
 それはチャンスかも、ということですね。

 私が批判的に考えた、ということは、一般的にも
 そう考えられる可能性が高い。

 一般的に困難だと思われるからこそ 
 やったときの達成感や驚きが大きくなり、
 楽しくなりそうです。 

 そう考えると確かにわくわくしてきますね。
 (松山さんの病が伝染してきた・・・?)

 まずは「否定的な考え方をしてるかな・・・」と、
 自分の意識に気がつくところから。
 そして、だからこそチャンス!楽しい!と
 思えるように・・・

 ということで、今週も困難なこと?に楽しく
 ぶつかっていきましょう!
#70〜毎月休みをとる!〜 [2007年09月17日(Mon)]
おはようございます。池本です。

先週「感動のアンテナ」について書きましたが、
昨日、ちょっとした感動が・・・

久しぶりにうれしくて涙がとまりませんでした。

ほんとにちょっとしたことで、周りから見ていたら
ごくふつうの事。

でもうれしかったなー。

あ、また余韻が・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 今日の話、一言で言うと? □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎月1日、「自分と向き合う日」を作ろう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ もうちょっと詳しく □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 9月14日(金)はジェイカレッジ、浜口隆則さんの
 講演でした。

 浜口さんは、以前ご紹介した「戦わない経営」の著者。
 (「戦わない経営」 ISBN-10: 4761264330)

 その本と同じく、講演もとっても素敵でした。

 心にじーんと染み入るお話がたくさん・・・

 毎度の事ながら全ては書ききれませんが、
 「お、これ、いいかも!」と思ったお話を。

 それは
 「毎月、誕生日と同じ日を、自分としっかり
 向き合う1日にする」 というお話。

 講演の中で、
 『この人を幸せにしたい!と思う人を30人リストアップする』
 というワークがありました。

 時間がなく、ワークは1分間でしたので、30人を
 リストアップすることは出来ませんでしたが、肝心
 なのはそのあと。

 このワークを、1週間もしくは1ヶ月ごとにきっちり
 見直していきましょう、という点。

 1週間ごとは難しいけど、1ヶ月に1回なら
 できるかも・・・と思いがちですが、問題は
 「いつやるか」。

 その「やる日」を、自分の誕生日と同じ日に
 しましょう!というのが浜口さんのお話。

 月の初めにやろう!とか、月末にやろう!
 と思っていても、ついつい忘れてしまいがち。

 月末、月初は仕事も忙しくなったりしますし。

 そこででてくるのが誕生日。
 
 今日、9月17日が誕生日の人は、毎月17日に
 必ず自分と向かい合う時間を作る。

 時間を作る・・・と言っても、普通に仕事が
 あったりすると流されそうなので、いっその
 こと休みにする!

 これ、いいかも!

 浜口さんいわく、ユダヤ人は毎週一度、
 自分と向き合う時間を必ず作っているんだとか。

 宗教上の理由からのようですが、

 自分が何のために生まれてきて、将来の
 夢が何で、どんな風になりたいのか・・・

 こんなことを考える習慣があるのだとしたら
 それって素晴らしいことですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■□ 今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そういう時間をもったほうがいい、というのは
 誰もが思うこと。

 でも、日々忙しくてついつい後回しに・・・。

 だったらいっそのこと毎月、日を決めて
 その日は休んじゃう!というのはありですね。

 これはやりたいですね。ぜひとも!

 さっそく来月、再来月の私の誕生日と同じ
 日を調べてみると・・・

 あらら、週末だったり、毎月の定例の仕事が
 はいっていたり・・

 これじゃ休むのは難しいかな。

 でもやりたいなぁ・・・

 その日は仕事はせず、子供たちにじゃまされる
 こともなく、ゆっくり自分と向き合う。 

 既に予定が入っている日の場合は翌日に
 ずらそうかな。

 みなさんもぜひ!

 あ、31日生まれの方は・・・毎月とれませんね、休み。

 その方はぜひ30日で!
#69〜今日の感動〜 [2007年09月10日(Mon)]
おはようございます。池本です。

ラグビーW杯、ついに開幕!!!
http://www.rugby-japan.jp/hm/wc/index.html

初戦は世界ランク2位のオーストラリアに大敗
してしまいましたが、12日(水)の深夜に行われる
フィジー戦、楽しみです!(日テレで放送します!)

実はその日は出張なんですが・・・

2人部屋だと夜中には見られないので、シングルか
ツインか、とっても気になるところ。

そうそう、ラグビーと言えば、JALラグビー部が
9月22日(土)、青山の秩父宮ラグビー場にて
試合を行います。

対戦相手は釜石シーウェイブス(旧新日鉄釜石!)

JALWINGS HP : http://www.jalrugby.com/

こちらも初戦は敗れてしまいましたが、22日は注目!

秩父宮のスタンドでお会いしましょう!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 今日の話、一言で言うと? □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今日のちょっとした感動は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ もうちょっと詳しく □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 実は今日取り上げた本、2年前に一度読んで
 いました。
 文庫本化される前のハードカバーで。

 そのときは「ふーん」といった感じで、さして心に
 響かなかった、というのが正直な感想でした。

 ところが今回新たに出版された文庫本を読み、
 先週行われた著者の出版記念公演(講演では
 なく「公演」)に行ってみると・・・ 

 もう、感動の嵐でした。ほんとに。

 不覚にも(と言ってはだめなんだそうですが)
 何度も涙が・・・

 本はこちら。

 「感動力」平野秀典さん著 
 サンマーク出版 ISBN-10: 4763184415

 今回の文庫本化にあたり、大幅に加筆、訂正
 されているようですが、本の冒頭にこんな
 言葉があります。

  『「感動のアンテナ」を立てる。』

 感動を意識するアンテナを立てておくと、感動
 という電波を受信できるようになり、日常で感動を
 感じる機会が増えるんだそうです。

 たしかにそうかも・・・

 他の人からしてみれば、なんでもないこと。
 以前の自分だったら、何も感じずに通り過ぎて
 いたこと。

 でも、今改めてみてみると、ちょっとうれしいこと。
 ちょっとだけ心が温まること。

 おそらくたくさんあると思います。

 日々のちょっとしたことに感動できるって素敵
 ですよね。

 きっと毎日が楽しくて仕方ないです。

 大げさな感動じゃなくていい。

 でも、ほんの小さなことにも、ちょっと大げさに
 感動してみたいですね。

 子供のころは、初めてみるもの、触れるもの、
 それら全てに感動していたような気がします。

 でもいつからか、感動し、それを表現するのを
 抑えるようになっているような。

 むかしの自分と何が変わったんだろう。

 いや、変わる必要はないんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■□ 今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大幅に加筆、訂正されているとは言え、以前
 読んでなんとも思わなかった本に感動。

 感動のアンテナ、ちょっと高くなったのかな。

 それは、毎日じゃないんですが
 「今日あったうれしいこと」を、手帳に書くように
 していたからかな・・・

 でも最近は書かない日のほうが多かったので、
 感動のアンテナを高くするためにも、改めて
 書かなきゃ。

 「今日もアサガオが元気に咲いている!」
 「息子がラグビースクールの練習に参加
 できるようになった!」
 「今日も空がきれい!」
 「カブトムシが幼虫を生んでいた!」
 「たまたま本屋に行ったら、息子が好きな
 絵本の続編があった!」

 これ、私の昨日のちょっとした感動です。

 こうしてメールに書くとちょっと照れますね・・・

 日記でもノートでも手帳でも、皆さんもぜひ
 やってみてください!

 しばらく続けると、感動のアンテナ、高く
 なりそうですよ!

 そうしたら・・・毎日、全てに感動!?
#68 〜仕事で人を楽しませる!〜 [2007年09月03日(Mon)]
おはようございます。池本です。

昨日、ロスに転勤された方からメールをいただきました。

いまさらですが、メールってほんと便利ですね!
距離をまったく感じさせません。
今までどおり、すぐ近くにいるような。

それとGoogleマップの航空写真。
そのロスでの自宅付近の航空写真が見られるんですが、
「こんなとこに住んでるんだ」と、色んな想いを巡らせて・・・

技術の進歩ってすごいっ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 今日の話、一言で言うと? □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日々の仕事は、関わる人を幸せにするためにある!
 電話やメールのやりとりなど、ほんのちょっとした
 ことでもいい。
 人を楽しませる!という視点で仕事をしてみよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ もうちょっと詳しく □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 9月14日(金)はジェイカレッジの日。

 今回講師としてお越しいただくのは、「戦わない経営」
 という本を書かれた浜口隆則さん。

 「戦わない経営」 浜口隆則さん著
 ISBN-10: 4761264330

 この本を知った最初の印象。

 「ありがちな、小難しい経営の本かな・・・」
 「ま、勉強のために読んでみるかな」

 と、こんな感じ。 

 実はこの浜口さん、会社の先輩と大学時代の同期。

 しかも体育会テニス部に所属していたそうで、
 ちょっと親近感がわき(笑)、Amazonで購入。

 いざ届いたら・・・
 まず本の薄さにびっくり。

 いや、薄いんです。ほんと。123Pしかない。

 そしてページを開いてみると・・・
 ここからは読んでみてからのお楽しみ。

 もったいぶりましたが(笑)、心に残ったフレーズを。
 以下、本文より。

  経営って、難しい。

  そんな風に思われているし、思っていたけど、
  実は簡単。
  
  経営は、
  人を幸せにするためのビジネスって仕組みを、
  ちゃんと運営するってこと。

  人が幸せになるのを見るのは、
  楽しいこと
  嬉しいこと 
  きっと、人生で一番楽しいこと。  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
■□ 今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その後のページにもこんなフレーズがありました。

 「会社に関わる全ての人が
 どうやったら幸せになれるのか?」

 もう、目からうろこがぼろぼろ。
 こんな風に考えたことはありませんでした。

 「会社=日々の仕事は、人を幸せにするためにある」
 という視点。

 自分が、仲間が、上司が、取引先のパートナーが、
 お客さまが、どうすれば「幸せ」になれるのか。

 「仕事は辛いこと」、「とりあえず与えられたことを
 100%やるべく頑張る」と捉えていたら、こんな発想は
 生まれてきませんね。

 日々の仕事を振り返って・・・

 「締め切りに間に合わない!」
 「言われたことをやらなきゃ!」
 「この問題、どうすれば解決できるんだ!!」
 「予算に届かない・・・どうすりゃいいんだ」

 と、やきもきして、ストレスがたまる。。。

 でも、それもこれもみんな「関わる人を幸せにするため」
 と考えると、取り組み方が変わってきそうです。

 メールのやり取りを通じて、相手をほっとさせる。
 電話のさわやかなあいさつで、相手をなごませる。

 そんな、ほんのちょっとしたことでも幸せを感じられる、
 与えられるような気がします。

 そういえばこんなことをおっしゃっている方がいました。

 「人を楽しませるのが、一番のストレス解消方法」

 仕事を通じて人を楽しませることができれば、ストレス
 なんてどこかに飛んでいってしまいそうです。

 浜口さん、著書でこうもおっしゃっています。

 「月曜日が楽しみって生き方は、ちょっとカッコイイ」
 
 今日は月曜日、今週も楽しみましょう!
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml