CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2007年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#67〜さっと手紙を書く!〜 [2007年08月27日(Mon)]
おはようございます。池本です。

ヤフオク、それからAmazonのユーズド商品ってとっても
便利ですね!つくづく実感したこの週末。

以前から探していたものがあったんですが、
「そっか、ネットでさがせばいいんだ」と探してみると・・・
ありました!!

世の中ほんと便利になりましたね〜!

■今日の話、一言で言うと?

 はがき、書いてみよう!
 まずは切手とはがきを買い込もう!
 そしてそれを常に携帯!!

■ もうちょっと詳しく
 
 先週木曜日はジェイカレッジの日でした。
 http://webook.tv/jcollege/

 今回は「はがきを年間6,000枚書く」という
 沼澤さんのお話。

 単なるはがきの書き方だけでなく、沼澤さんの
 歩んできた人生など、興味深いお話が聞けました。

 ちなみに私は年賀状以外ほとんど書かない、
 いわゆる筆不精。
 やりとりはもっぱらメール・・・。

 メールより手書きでしょ、という方もいらっしゃい
 ますが、メールでも心が伝わるし、とっても
 いいんですよね。
 
 この本もおススメ!
 ※ メール道 久米信行さん著 NTT出版

 おっと、話がそれました。
 今日はメールではなく「手書きのハガキ」。

 たまに手紙をいただいたりしたとき
 「あ、返事書かなきゃ・・・」
 と必ず思います。

 メールアドレスを知っていれば即メールで返信。
 これはこれでいいと思います。

 が・・・
 メールアドレスを知らない場合・・・

 返事かかなきゃ。
 でもハガキないしな。
 切手も今持ってないなぁ。
 書く暇もなぁ。
 でも書かなきゃなぁ・・・

 なーんて思っているうちに1週間がすぎ、
 2週間、3週間・・・

 そして
 「いまさら返事書くのもなぁ」
 と、結局返事を書かない。

 なんてことに。
 
 そうならないためのポイントがこちら!

 ・まずは切手とハガキを買い込む!
 ・ハガキは絵葉書
 (写真が素敵!書く量も比較的少ない!)
 ・書くのは3項目、3行ずつ
 (「手紙を出したきっかけ」「2人にしか分からないこと」
  「またお会いしましょう」)
 ・返事を出すのが遅れても全く問題なし!
  むしろ「覚えていてくれたんだ!」と感動される事も!
 (沼澤さんは毎日20枚くらいハガキを書いていますが
  最近「4月ころに会った人」に書いているんだとか)
 ・「拝啓」とか季節のあいさつは不要!
  かしこまる必要なし!

 そっか、遅れてもいいのね!

 常に切手とハガキがあれば、移動時間にでも
 ささっと書けますし、書く量も「3項目×3行」で
 あれば意外と少ない!!

 あ、これなら書けるかも!
   
■今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために

 と言うことで早速切手とハガキを買いました!

 旅先なんかで売っている、安くて「おっ」という写真
 つきの絵葉書をさがしていたんですが、見つから
 なかったので、とりあえずうっすら模様が入って
 いるやつを。

 で、それを会社に持っていくカバンに忍ばせて・・・

 よし、準備完了。

 これでいつでも書ける!!(はず)

 住所がわからなくても文面さえ書いちゃえば、
 あとは会社に行ってからでも家に戻ってからでも
 ささっと調べればOKですね!

 おぉ、なんとなくわくわくしている自分がいる!(笑)
#66〜毎日必ず目標について考える〜 [2007年08月20日(Mon)]
おはようございます。池本です。

気がつけば8月ももう後半。
夏ももう終わり・・・ではなさそうですが、ほんとに
日が経つのが早いです。

なんとなく流されることのないように、日々を
充実させたいですね!

■今日の話、一言で言うと?

 毎日必ず夢・目標について考える時間をつくる!

 まずはそれを習慣にすべく、いつどんな風に考える
 時間をつくるか、という事から考える。

■ もうちょっと詳しく
 
 今日もまた「てっぺん」の大嶋さんの本を。

 「スタッフの夢とやる気に火をつける!
  てっぺん!の朝礼」

 大嶋啓介著 日本実業出版社
 ISBN-10: 4534042361
 
 この居酒屋「てっぺん」の名物となっているのが
 「日本一のチームをつくる!」ことを目標とした朝礼。

 毎日16:40から行っているこの朝礼、一般にも
 公開しているのでぜひ一度見てみたいですね。
 (よくある朝礼との違い、詳しくは本を読んでみて
 ください!)

 朝礼ではスタッフのやる気を高める色んな工夫が
 されていますが、一番の注目は「黙想・イメージ
 トレーニング」。
 
 毎日一度、必ず以下の点をイメージするんだそうです。

  これからの人生をどんな人生にしたいのか
  一度きりの人生、どんな人生にしたいのか。 
 
 以下、本文より。

  これまで、何冊もの成功哲学の本を読んできました。
  そしてこの「イメージ」することの大切さを、身をもって
  学びました。

  ハッキリとイメージした夢は必ず叶う。

  凛とした緊張感の中、「てっぺん」のメンバーは必ず
  一日に一度は自分の将来像を胸に思い描くのです。

  頭のなかでイメージされないものは、絶対に現実化
  されることはありません。

  思いが成就したときの映像、夢が叶った瞬間の映像を
  ハッキリと、イメージできるようになるまでイメージする。
    
■今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために

 この「毎日必ず1度は」というところがポイントですね。

 自分が何をやりたいのか、どんな人間になりたいのか、
 具体的に考える時間を毎日必ずつくる。

 仕事で10年後、20年後にどんなことをやりたいか・・・
 会社だけでなく、プライベートも。

 よく「夢・目標は具体的に」と言われます。
 いつまでに何をどうしたいのか。
 より具体的なほうが叶うと。

 でも明確な目標を持つってなかなか難しいんですよね。
 
 だからこそ、毎日目標について考える時間を創りたい
 ですね。より具体的にイメージするように。

 その目標は日々変わってもいいと思います。

 最初は考えることに慣れていないし、自分が本当に
 何をやりたいのか、なかなかわからなかったりします。

 しばらく考えて、いろいろ出てきても「ほんとにこれが
 俺のやりたいことかなぁ・・・」なんて思ったり。

 でもその繰返しでいいんじゃないかな、と思います。
 最初は。

 夜寝る前でも通勤途中でも、必ず一度は目標について
 考える時間を持ちたいですね。毎日の習慣として。

 いつ、どのタイミングで考えるか・・・

 まずはそれから考えなくちゃ(笑)

 追伸
 この居酒屋てっぺん、誰か一緒に行きませんか〜。
 同期会、ここでやるってのもいいかも。
#65〜〜疑問点をリストアップする〜 [2007年08月13日(Mon)]
おはようございます。池本です。

夏ですね〜。夏!夏!

このところ天気も良くて、5分以上外にいたら蒸発
してしまいそうです。

今朝は5時前に起きたんですが、すでにセミが
鳴いてました。

暑い夏。夏と言えばビール!

おいしくビールを飲むために、今週もはりきって
行きましょう!

■今日の話、一言で言うと?

 今やっている仕事の根本的な考え方、進め方、
 ほんとにこれでいいんだろうか、と思っている事・・・

 それらを改めてリストアップしてみる。

 漠然と普段疑問に感じていることを書き綴ってみる
 だけでもいい刺激になりそう。

■ もうちょっと詳しく
 
 今日はこの本から。

 「スタッフの夢とやる気に火をつける!
  てっぺん!の朝礼」
 大嶋啓介著 日本実業出版社
 ISBN-10: 4534042361

 この本の著者は、「てっぺん」という居酒屋の
 代表取締役。
 
 「日本一のチーム(仲間)をつくる!」
 「業界を通じて日本を元気にする!」
 という志を持ち、本気と元気を発信し続けている、
 私と同じ年の方(うーむ・・・すごい)。

 最初はその熱さにちょっとひいてしまいましたが、
 読み進めるうちにどんどん引き込まれて行きました。

 気づきはたくさんありましたが、今日はこちら。
 (以下本文より)

  しかし、何をどう頑張れば、その日本一のチームが
  できるのか、みんなが熱く心を燃やせるのか。

  実はまったくわかりませんでした。
  ノーアイディアです。

  なので、僕はその答えを探すべく、まずは付き合いの
  あるビール会社の営業マンの方たちに繁盛店の
  リストを作ってもらいました。

  挙がってきたのは120店舗ほど。

  僕は繁盛店の秘訣を探るために、それらの店に
  取材することを決めました。

  結果、名古屋、東京、大阪を中心に、僕はほぼ
  1年をかけて、102人にも及ぶ店長さんを訪ね
  たのです。

  僕は彼らに様々な質問を投げかけました。
  たとえば、

  ・どうやってスタッフのやる気を引き出しているのか?
  ・どうやって「チーム」を作っているのか?
  ・どんな採用面接をしているのか?
  ・店長会議ではどんな話をしているのか?
    
■今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために

 「いろんな人に質問しまくる」
 って、簡単なように見えて、とっても難しいです。

 そんなに多くの人に質問しなくても、いつも自分の周り
 だけに質問しているようなことを、まったく部外の人に
 聞いてみると、新たな視点が加えられてよさそうです。

 当たり前のことかもしれませんが、そういう機会って
 意外と少ないんですよね。
 
 何か問題があっても、社内の考えだけで解決して
 進んでいく。経験豊富な人とかに質問して。

 そうすると、今までの枠からなかなか抜けられず、
 大きく変化することはない。

 そして知らず知らずのうちに、その今までの流れに
 沿って物事を進めるようになる・・・

 大きな案件になったら、場合によってはコンサルの
 力を借りたりすることもあるでしょうが、現場レベルでは
 そういう機会も少ないです。
 (少なくとも私の10年ちょっとの会社経験では)

 今やっている仕事の根本的な考え方、進め方、
 ほんとにこれでいいんだろうか、と思っている事・・・

 まずはそれらの「質問してみたいこと」を改めて
 リストアップしてみることからですね。
 
 よし、やろう。
 手帳に書き込むリストを作ろう。
 「疑問点リスト」かな。

 漠然と普段疑問に感じていることを書き綴ってみる
 だけでもいい刺激になりそうです。
#64〜求める心!〜 [2007年08月06日(Mon)]
おはようございます。池本です。

先週は「人との出逢い」について改めていろいろと
考えた1週間でした。

こうして(勝手に)メールをお送りさせていただいて
いるのも何かの縁。
今後ともどうぞよろしくお願いします!

ということで、めちゃくちゃ暑い日が続いていますが、
今週も頑張っていきましょう!

■今日の話、一言で言うと?

 常に求める心を持ち続ける。
 周りで起きていること全てが自分に関係あると
 常に思い続ける。

 それによって、それまでなんでもないと思って
 いたようなことが、実は運命的な出逢いだった、
 なんてことが起こるかも。

■ もうちょっと詳しく
 
 今日はこの本から。

 「仕事と人生に効く100冊の本」
 松山真之助 著
 ISBN-10: 4798011886

 そう、この本の著者である松山さんはジェイカレッジの
 校長先生。
 その松山さんが今月末に海外へ転勤することになりました。

 この2週間ほど送別会が何度も催されているんですが、
 改めてこの本の冒頭に書かれていたこの言葉を思い 
 だしました(森信三さんという方の言葉を引用したもの)。

 ・・・・・
  人生、出会うべき人には必ず出会う。
  しかも、一瞬遅からず、早からず。
  しかし、内に求める心なくば、眼前にその人ありと
  いえども縁は生じず。
 ・・・・・

 この言葉にある「人」が、出来事であったとしても
 同じことがいえるような気がします。

 よく「チャンスは目の前に必ずある」と聞いたりします。

 そういえば先日、サムスルの渡邉さんという方が、
 メルマガでとある企業の社長さんの言葉を取り上げて
 いました。
 
 ・・・・・
  自分は企業をして闘ってきた。
  結果として、成功をおさめた。
  失敗も重ねながら、今の状態を勝ち取った。
  必要ならその秘訣を教えてあげても良い。
  でもみんな聞いてこない。
  質問されたら、答えるのに・・・。
 ・・・・・

 そう、目の前に出会いもヒントも、実は参考に
 なることも、たくさんあるんですね。きっと。

 でも「それを欲しい!」という気持ちを常にもって
 いなければ何の意味もないものに見えてくるようです。
 
■今日の小さな一歩  「いい話」で終わらせないために

 会社でも社外でのつきあいもそうですが、今まで
 色んな人と出逢ってきました。

 気の合う人、合わない人、たくさんいます。
 また、近くにいるんだけどほとんど話したことが
 ない方も、これまたたくさん。

 でもその中に、もしかしたらものすごい出逢いが
 潜んでいるかも。

 私と松山さんの出逢いもそうでした。
 
 元々同じ会社だということは知っていましたが、
 私にとって松山さんは、毎日1冊本を読んで
 メルマガを書いているただのすごい人(笑)。

 ジェイカレッジというセミナーをやっていたことも
 なんとなく知っていましたが、自分とは関係ない
 世界だと思っていました。

 でも・・・
 一度、勇気を出して?松山さんの出版記念
 セミナーに参加してみると・・・

 意外にも身近な人たちがスタッフとしてお手伝い
 されている姿を見てびっくり。

 その後、ある先輩からのアドバイスもあり、
 ジェイカレッジのスタッフとしてお手伝いさせて
 いただくようになりました。
 
 それからの毎日、それまでとは大きく変わった
 ような気がしています。
 
 どこが?と言われると困りますが・・・(笑)

 ということで今日の一歩。

 現状に満足せずに、常に心の片隅にでも「求める心」
 を持ち続けていたい。

 「何を?」と、必ずしも意識できるものばかりではないと
 思います。

 ただ、世の中に起こっていること全てが「自分に関係が
 ある」と思うだけでも違ってきそうです。
 
 世の中なんてたいそうな世界じゃなく、身近なものでも。

 そして、目の前にたくさんあるはずの、自分の一生を
 左右するような出逢い、チャンスを大切にしたいですね。

 そのことに気づかせてくれた松山さんやジェイカレッジの
 仲間に感謝。
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml