CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#251〜心を揺るがす社説〜 [2011年03月23日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #251 《 2011.3.23 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

先週は震災の直後だったのでメールをお送り
できませんでしたが、また今週から復活させていただきます。

震災といえば、月曜日に私が住んでいる浦安がテレビニュースで
取り上げられたようで、知人から「大丈夫?」とご連絡いただきました。

おかげさまで我が家は月曜日から水も通るようになり、徐々に
以前の生活に戻りつつあります。

浦安にもまだ断水中の地域もありますし、完全に復旧するには当分
時間がかかりそうですが、悲観的になってもしょうがないので、
やや不便と思われる生活もいい経験と家族で楽しんでいます。

昨日、某新聞が浦安のことをとりあげていて、住んでいる
私がだんだん暗くなっていくような書かれ方がされていました。

なので途中で読むのをやめましたが、私にそう思わせてしまう
マスコミの役割って何なんだろう・・・
と、改めて思っている今日この頃です。

と、震災のことに触れましたが、連日たくさんの報道が
なされていますし、メルマガ・ブログ・ツイッターなどで震災に
ついて多くの事が書かれていますので、私からのメールは
以前と同じようにフツーにお送りしたいと思います!

では、今日もお付き合い下さい。

───────────────────────□■

★今日の話

 情報があふれている今だからこそ、自分で吟味し、
 本当に自分のためになる情報だけに触れましょう。
 
■□───────────────────────

この本、心を揺さぶられました。
通勤電車で読みながら、思わず涙しちゃいました。


 日本一心を揺るがす新聞の社説
  それは朝日でも毎日でも読売でもなかった
  (水谷もりひとさん著 ごま書房新社)


全部が涙する話、というわけではなく、楽しくなってくる話、
感動する話、勉強になる話、子育てに参考になる話など
全部で40の話で構成されています。


この本のもとになったのは、「みやざき中央新聞」という
毎週月曜日に発行されているミニコミ紙。


みやざき中央新聞、と聞いて宮崎のローカル紙を
想像されたと思いますが、なんと全国紙なんだそうです。


と言ってもいわゆる私たちが「新聞」と思っているものとは
違って、まさにミニコミ紙ですが、この本に掲載されているような
たくさんの素敵な話が毎週届けられ、勉強になりますし、
心が洗われる気がします。


著書の「あとがきに」はこうあります。


 一般紙と違って、政治・経済・事件・事故といった暗い
 ニュースは載っていません。

 いろんな講演を聴きにいきまして、面白かった話、
 為になった話、役に立ちそうな話、感動した話、
 心温まる話など、いい話ばかりが載っているのです。


これってスバラシイですよね!


今日のメールの冒頭に、私の住む街のことを、実際に
住んでいる私が暗くなってしまうような書き方をされていた
新聞について触れましたが、
そんな報道なんていらない!と以前から思っていました。


見る人が、読む人がもっと元気になるような、何か新しい
一歩を踏み出せるような、そんな話ばかりを扱うマスコミが
あってもいいのに、と思っていましたが、まさにこの
みやざき中央新聞がそうでした。


あとがきは、こう続いています。


 あるとき、ある言葉に出会いました。その言葉が
 ぼくの情報とメディアに対する原点と言っても
 いいかもしれません。
 それはトルストイの言葉です。

 「どうでもよいこと。不必要なことをやたらに
 たくさん知るよりも、たとえ少しでも真によいこと、
 必要なことを知るほうがよい」

 (中略)

 そういうわけでみやざき中央新聞は小さな小さな
 新聞ですが、読んでいると、何でかわからないけど、
 人生が豊になる、そんな情報をお届けしたいと
 いつも思っています。

(「あとがき」の引用、ここまで)


好き・嫌いはあるかもしれませんが、おっ!と思った方、
ぜひこの本を一度手にとってみていただければと思います。


情報があふれている今だからこそ、情報を自分で吟味して、
本当に自分のためになる情報だけを常に目にできると
いいですよね。


テレビでもそういうのがあるといいな〜。
暗くなりがちな今だからこそ、毎朝やる気がわく話ばかりを
見て、よし、今日もがんばってくるぞ!と元気がわいて
くるような。


残念ながらテレビでは今のところなさそうですが、
そんな情報に囲まれ、心を揺さぶられたい、と思った方は
こちらをどうぞ。

 「日本一心を揺るがす新聞の社説」
  Amazon : http://p.tl/m4nH


なお、みやざき中央新聞には1ヶ月のお試し購読があります。
読んでみたい方、こちらもどうぞ!
 
 http://miya-chu.jp/koudoku/?catid=22

プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml