CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#343〜自分のペース〜 [2013年04月09日(Tue)]
─────────────────────────

いけもとメール #341 《 2013.4.9 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

先週はメールをお送りできませんでしたが、
気がつけばもう4月。

はい、新年度です。早いですね〜。

街中にいかにもフレッシュです!というスーツを
着た人たちがたくさんいますが、新入社員って
いいですよね。見ていてこっちも気持ちが
引き締まってきます。

息子たちは昨日始業式があり、それぞれ1年進級。
新しいクラスには誰がいて…と楽しそうに話しています。

朝晩もずいぶん明るくなりましたし、
気持ちのいい、何となくワクワクする季節ですね!

───────────────────────□■

★今日の話

 自分のペースを守り続ける。

■□───────────────────────

この2か月ほど、自分のペースがちょっと乱れていたような
気がします。


日々の仕事でいろんな事が起き、刺激的な毎日を送りつつ、
仕事やそれ以外のやらなければならないことが時期的に重なり、
何となく日々時間に追われ…


当然時間は有限なので、優先順位をつけて取り組みます。


すると、緊急かつ重要でないものは後回しになります。
当然と言えば当然。


そこで、仕事以外で最近後回しになっていた主なものが

・日報
・読書
・毎週のメールレター(このメールです)

でした。


日報は、以前ご紹介したことがある

 A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく
 なかづか日報(中司祉岐さん著)
 Amazon http://p.tl/0Kz6

を読んで始めた自分の日報。


朝、一日の予定を書き、最後にそれを振り返って反省し、
翌日につなげていくんですが、これを最近書いて
いませんでした。


次に読書。
主に通勤時間ではありましたが、最近ほとんど
読めていなかったんですよね。


友人にもらった本や後輩に薦めてもらった本も
あるのに。。


そして、読書などで学んだことをアウトプットする
このメール。


毎週書き始めてもうすぐ7年になりますが、このところ
書かない週が多くなっていました。


いずれも、今はやめておこう、と自分で選択している
ものの、結果として自分のこれまで続けてきたペースとは
違う日々を送るようになっていて、「何かおかしいぞ」
と思うようになってきました。


やめること、捨てることは大事。
はい、いろんなところで耳にします。


でも、それらの優先順位をつけるのって難しいですね。
何を軸に考えるのか。


よくある「重要・緊急」のマトリクスで考えるのが
いいんでしょうが、その「重要」の考え方がなかなか難しい。


長年続けてきた自分なりのペースや、大切にしたいもの。
これらの重要度は本当は高いんでしょうね。


最近の私は、そこをいつの間にか後回しにして、結果として
自分のペースが乱れていたような気がします。


みなさんも「そう言えば昔はこれをやっていたのに、
いつのまにかやらなくなってたな…」というもの、ありませんか?


新年度になって、環境が変わった方もいらっしゃると思います。


環境が変わった方も、そうでない方も、自分なりのペース、
大切にしてきたものたちを、もう一度見直してみませんか?


自分のペースで、焦らず毎日をじっくり楽しみましょう!

#323〜時間の長さ〜 [2012年10月05日(Fri)]
─────────────────────────

いけもとメール #323 《 2012.10.05 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

今週もまた金曜日になってしまいましたが…

気がつけばもう10月。
2012年ももう3か月を切っちゃいました。
ほんとに早いですね〜。

ところで、皆さんが夏の終わりや秋を感じる時って
どんな時ですか?

私は夏の夜、家でビールを飲むときは、
シャワーに入る前にビールとビールグラスを
冷凍庫に入れて、シャワーからでていい感じに
冷えたビールをぐいっといただきます。

が…

昨夜、シャワーを浴びようとして、
条件反射のように冷蔵庫のビールを冷凍庫に
入れようとしたんですが、ふと

「そんなに暑くないし、そう冷えてなくてもいいや」

と思って、冷凍庫に入れるのをやめちゃいました。

と同時に、「そうか、もう夏は終わったのね」と実感。

なんとなく寂しさを感じながら、息子が寝ている
姿を見てみると…

おっと、Tシャツと短パン?
しかも布団は蹴飛ばして着てないし。

ここにはまだ夏が残っていたようです^^

───────────────────────□■

★今日の話

 月日が経つのは早い、と感じていますか?
 それは年を取っているから…!?

■□───────────────────────


月日が経つのは早いですね〜、


と冒頭に書きましたが、同じ時間の長さでも、
年を取るにつれてだんだん短く感じるようになる、
という事が、心理的にも裏付けされているようですね。


それを「ジャネの法則」というらしいですが
ご存知でした?


10月1日の「みやざき中央新聞」の社説に
載っていたんですが、


「人生の、ある時期における時間の心理的長さは
 年齢の逆数に比例する」


というのが、その「ジャネの法則」なんだそうです。


逆数とは、10だったら「10分の1」、40なら「40分の1」。


10歳の子供と40歳の大人の心理的時間の長さを比べると、


10歳:10分の1 対 40歳:40分の1


となるわけで、


例えば同じ1年でも、10歳の時に1年間と感じていたものが
40歳になると4分の1、つまり3か月に感じてしまう。
1日なら4分の1で6時間。


1日が6時間…


子どもが朝学校に行って、5時間目が終わるころには、
大人の1日はもう終了。


子どもだったら、そこから家に帰って遊んで
ご飯食べて宿題やって、テレビ見てお風呂入って
歯を磨いて寝て…


という時間がまるまるなくて、もう次の日。


そりゃ早く、短く感じるはずですね。


だから1日1日を充実して過ごしましょう、
というのはもちろんですが、みやざき中央新聞では


「年を取ったら、できるだけ若い人と一緒に過ごす
 時間をつくりましょう」


と言っています。


時間の長さが違うだけでなく、育ってきた環境、
価値観の違う人たちと接するのはいろんな意味で
刺激的ですよね。


若い人だけじゃなく、年配の方とでも。


思いっきり若い人と話したりすると


「いやいや、もう全然話が合わないよ」


なんて言ってしまいがちですが、
居心地がいい同年代の人とだけ付き合うんじゃなく、
思いっきり若い人、思いっきり年上の人、
そういう人たちとの交流をたまに意識して作ってみるのも
いいかもしれませんね。


みやざき中央新聞は最後をこう結んでいます。


 異なる時間の流れを持つ年の離れた人と
 友達になると確かに刺激的だ。

 その際、何が必要だろうか、考えてみた。
 持参すべきものは、謙虚、素直、好奇心、かな。

 (引用おわり)


年配の方とだけじゃなく、若い人からも学ぶものは
きっとたくさんあります。


そういう意味で、謙虚さを忘れない、素直な心、は
ずっと持ち合わせていたいですね。
誰と接するにしても。


今日は金曜日。今週ももう終わり。
今週も早かったですね〜。


この週末は連休の方も多いと思いますが、
どうぞ充実した毎日をお過ごしください。

#294〜食べても太らない体質に!?〜 [2012年02月06日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #294 《 2012.2.6 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

昨日は午前中のラグビースクールの練習後、
家族でラグビートップリーグの試合を
観に行ってきました。

昨日は寒さもちょっと和らいで、なかなかの
ラグビー観戦日和。

2試合堪能したところで、息子たちはお目当ての
選手からサインをもらうために「出待ち」することに。

しばらく待つと、試合を終え、スーツに着替えた選手が
次々と出てきます。

「あ、××選手だ!」と言いながらサイン帳片手に
駆け寄っていく息子たち。

微笑ましいなぁとみていたら、ある外国人の方が
出てきて、次男がすかさず駆け寄り、サインを
求めました。

そして「背番号も書いてください」とお願いすると…

「コーチ、コーチ」と。

はい、その方は選手ではなくコーチでした(笑)
それを観ていた長男、爆笑!

でもその方、実は昨年までバリバリの現役で、
元ニュージーランド代表だったすごい選手。

その事を伝えて「よかったじゃん」と次男と
話していたら、それを聞き、あわてて追いかけて
サインを求めていた長男…

おいおい^^;

───────────────────────□■
★今日の話

 食べても太らない体質に…!?

■□───────────────────────


年末ころから調子に乗って飲み食いしていたら
あっという間に体重が増え、年明けから
ダイエットモードに入っているはずなんですが…
なかなか体重が減りません。


今年こそは運動を、と思ったりしているわけですが、
それもなかなか続かない。。。


そう言えば、食べても太らないための本が
なかったっけ、と本棚を探して…


見つけました!


 飲んでも太らない秘密の習慣
 (伊達友美さん著 青春出版社)


2年ほど前にも同じように悩み、雑誌で見つけて
買ったのを忘れていました。


その後、一時アルコールを控えていたこともあり、
ちょっと痩せたんですが、リバウンドなのか、
一気に太ってしまい、今に至ります。


そろそろ痩せなきゃやばい、ということで
読み返してみました。


あ、そうなんだ!
なるほどね〜、ということがたくさん書かれていて、
すぐにでもできそうなヒントもたくさん。


よく「生活習慣を変えましょう」と言われますが、
なかなか変えられないんですよね。
それが出来れば苦労しませんよ、と。


一時、夜中に帰ってきて何度かランニングをしたことが
ありますが、妻から「逆に体に悪いんじゃないの?」と
言われ、確かにそうかもと思い、やめました。


睡眠時間削って運動して体も疲れて…
確かに体に悪そうです。


出来るだけ運動しましょう、と言ってもサラリーマンには
無理があったりします(言い訳…?)。


人それぞれ生活のリズムがあるので、よく言われている
「正しいこと」がみんなに当てはまるかというと
そうでもないと思うんですよね。


この著書も

「夜中に食べちゃだめ」「朝食は必ず食べましょう」
「規則正しい食生活を」

などとは言っていません。


むしろ「食べたいときには食べた方がいい」、
「食べたくない時は食べない方がいい」と言っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1日2食でも4食でもいいし、夜中に夕食を食べてもいい。
仕事が忙しければ、無理に食べずに飲み物などでつないでおいて、
仕事が終わってからしっかり食事をしてもいいのです。

他人から見て“不規則”でも、あなたにとってはそれが
もっとも規則正しいはず。

他人が考えた“常識”に惑わされて、ガマンしたり、無理に
食べたりしないこと。これも、ダイエットのコツのひとつでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と言う言葉には励まされますが、だからと言って
これまでのようにただ飲み食いしていたのでは変わりません。


何かは変えなければ…。でも何を変える?


そのための「ドリンカータイプ チェックリスト」なるものが
著書に書かれています。


そのチェックリストに○をつけ、A〜Fのタイプに分け、
それぞれの対策を実行する。


ちなみにそのタイプとは次の通りです。


 A 飲むとつい食べ過ぎる!? 爆食ドリンカー
 B 惰性で飲み食いしている!? だらだらドリンカー
 C それほど食べていないのに太る!? 不完全燃焼ドリンカー
 D シメはやっぱりラーメン!? 炭水化物大好きドリンカー
 E 忙しすぎて栄養失調!? ハードワークドリンカー
 F 心も肝臓もカラ元気!? 接待ストレスドリンカー


見ただけで「あ、私はこれ…」と当てはまりそうです。


それぞれの対策について、詳しくは著書をお読み
いただければと思いますが、こんな事が書かれています。


1.体を温める汁物か、血糖値の上昇をゆるやか
  にする食物繊維の多いものからスタート

2.発酵食品を食べて、消化を促すとともに、
  代謝をアップ

3.メインのたんぱく質は、薬味などと一緒に食べる

4.血糖値が上昇する炭水化物は、一番最後に食べる


確かに飲みに行ってコースを頼むと、炭水化物は
一番最後に出てきますね。
それって理にかなっているのかな。


でも、最後に炭水化物を食べているにも関わらず、
「シメはラーメン」ということでついラーメン屋に
いってしまったりするんですよね。


それはもちろん最悪なんですが、人が太る大きな
原因は


「食べて一気に血糖値が急上昇し、取り込みきれ
なくなった糖を脂肪としてためこんでしまう」


ことなんだそうです。


どうしてもラーメンが食べたい…という時は、血糖値が
急上昇するのをふせぐために、メンマやモヤシから先に
食べるといいようです。


あと、食べる前に「100%野菜ジュース」を1本飲むと
いいようですね。


もちろんラーメンは食べないに越したことはありませんが^^


また、「スリムな大人の飲み食い術!」として以下の
5つが紹介されています。


@どんなお酒にもチェイサーを!
A肉や魚はおおいに食べよう!
B温かい食べ物が、燃えやすい体を作る
Cつまみ選びのキーワードは「生」
D体にたまった悪い油は、いい油で落とす


よし、これで食べても太らない体質に…


なれるかどうかは、何か月か経ってご報告したいと思います!


 飲んでも太らない秘密の習慣
 (伊達友美さん著 青春出版社)

 欲しくなった方、Amazonからどうぞ。
 http://goo.gl/JGC9C


ではでは、無理せず美味しく食べて、今週も楽しくいきましょう!

#290〜自分の状況、把握してますか?〜 [2012年01月11日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #290 《 2012.1.11 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

〜ジェイカレッジNo.70(1月26日)のお知らせ〜

田中靖浩さん(公認会計士)・立川志の吉さん(落語家)に聞く

「会計士×落語家」コラボによる「ひとりだちのススメ」
 〜立川流・談志に学ぶ人材育成・コーチング・リーダーシップ〜 

今年もこのお二人のコラボからジェイカレッジはスタート。
新春恒例となりました、会計士・田中さん×落語家・志の吉さんのコラボ。

ジェイカレッジから始まったお二人のコラボレーション。
今年で5周年になります。
今年も見逃せません。

日時 :2012年1月26日(木)19:00〜 (18:30開場)
場所 :K.I.T.虎ノ門大学院 13F大教室
   http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm (アクセス)
参加費:5,000円(協賛・協力企業の方は1,000円)

詳しくはこちらから。

詳細 : http://jcollege.jp/2012/seminar_70_tanaka_and_sinokichi
申込 : http://kokucheese.com/event/index/24476/

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

今週は月曜日が祝日でしたので、昨日の朝、
いつものようにメールレターを書こう、と思って
PCの電源を押したら… 立ち上がらない。。。

一昨日の夜から不調で、電源を入れても画面は真っ黒。

おかしいなぁ、と思いつつ、以前同じことがあっても
翌日になったら直っていたので、あまり心配して
いなかったんですが、翌日になってもやっぱりだめ。
何度か強制終了しても変わらず。

スマホで「PC 画面 真っ黒」と検索したら…
「ウイルスかも」とのこと。

げげっ、何で?

ウイルス対策してるのに…と思いながら、スマホ検索で
いろいろ見ていて出てきた
「電源入れてF10を押す」を試してみたら…

なんと復旧!

何でかよくわかりませんが、とりあえず良かった!

ということで、1日遅れのメールをお送りします。

───────────────────────□■
★今日の話

給与明細の詳細、わかっていますか?
健康保険料、住民税、所得税を毎月いくら払っていますか?

■□───────────────────────


司馬遼太郎原作のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」、
見てますか?


我が家では、小学1年生の次男は戦争のシーンが怖いのか
ほとんど見ていませんが、妻と長男がはまっているようです。


私は最初の4話くらいは録画していたものの、結局それらも
見られないまま時は過ぎ、その後もついていけてません。。。


福山雅治さんが主演だった龍馬伝もそうだったんですよね。
見たら面白いんでしょうけど…


ということで坂の上の雲は見ていないんですが、先週


「坂の上の坂」 という本を読みました。
(藤原和博さん著 ポプラ社)


明治維新から日露戦争の時代の日本人を描いた坂の上の雲。


藤原さんによると、


「あの時代、人々の視線の先にはロマンがありました。
 夢がありました。そして目の前の坂の上には、
 見上げる「雲」がありました」


とのこと。


でも今の時代、坂を上った先に、また「新たなる坂」が
待ち構えているのではないか。


50歳、60歳を過ぎても人生、あと20年、30年ある。


「坂の上の雲」の時代と比べて平均寿命が延び、
あらゆる事が過去から変わっている中で迎える、
これまで一生懸命働いた時間と同じくらいの時間。


「新たな坂」が待ち構えているその時間をどう過ごすのか。
過去の世代とは違う生き方が求められているのではないか。


そんな事が書かれている本です。


なるほどね、という事がいくつか書かれていましたが、
後半にこんなくだりがありました。


(以下、本文より)

他にも介護の問題、保険の問題、年金の問題…。
人を不安にさせる問題が山のようにあるのが「坂の上の坂」です。

ならば、そのひとつひとつをいまから顕在化させて、
先手先手で向き合っておいてはいかがでしょうか。

自分の給与明細すら、詳細をよくわかっていない、
なんてことはありませんか?

健康保険料を毎月いくら払っているのか、住民税や所得税は
どうか、ご存知ですか?

先に「組織内自営業者」の意識を持とう、という話をしました。

自営業を営む方々で、自分が何にいくら払っているのか、
わからない人はいません。
なぜなら、それが把握できていないと経営がなりたたないからです。

まずは、自分の状況をしっかり把握する事から始めてみましょう。

意識を切り替え、給与明細を見なくても語れるようにしておく。
そして、自分は、自分の家族は、一か月に平均いくらの費用で
生活しているのかを計算しておく。

もし、収入が厳しくなって生活を切り詰めた場合には、
最低限、月いくらで維持できるのか、も考えておいたほうが
いいでしょう。

自分の、家族の生活の「損益分岐点」を知っておくと、
イザという時、安心できます。

(引用おわり)


>自分の給与明細すら、詳細をよくわかっていない、
>なんてことはありませんか?

>健康保険料を毎月いくら払っているのか、住民税や所得税は
>どうか、ご存知ですか?


耳が痛いです…
確かに知らなすぎかも。


来るべき坂に備える、というわけではありませんが、
社会保険、税金、年金などの仕組みをしっかり知っておくのは
最低限必要ですね。


これまではそんな事をしらなくてもさほど支障はなかった。
でもこれからはそうはいきません。


でも、勉強と言っても…


「社会保険・年金のキモが2時間でわかる本」日本実業出版
(Amazon http://p.tl/zqKP )

という本を以前読みましたが、シリーズで他にもあるようですし、
基本から勉強しなおすことにしたいと思います。


国の制度が、政府が、自治体が、会社が…
と言う前に、まずはしっかり自立しないといけませんね。

#285〜早起きの秘訣〜 [2011年12月05日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #285 《 2011.12.05 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

12月の第一日曜日は、大学ラグビーの早明戦が行われる日。

今年は昨日、12月4日がそうでしたが、その日は毎年
子供たちのラグビーの大会が行われる日でもあるので、
ライブでの観戦はできません。。。

ということで、昨日も試合終了後に届くメールや
ネットニュース等々、あらゆる情報をシャットアウトして、
夕方帰ってからのビデオ観戦を楽しみにしていました。

家につき、子供たちを風呂に入れ、夕食をとりながら
録画一覧を開いたら、テレビ画面に

「容量がいっぱいで、通常通り録画を終了できませんでした」

という文字が…

?? ま、まさか最後までとれてない?

と、不安になりながらも見始めたら…

一番盛り上がってきた後半の残り25分でぷっつり終了。
残念すぎます。。。

大事なものを録画する際はちゃんと容量をチェックして
おかなければならないんですね。

しかし、よりよよってこんな時に…

でも、ここは拾う神ありで、J-SPORTSが20時から放映!

J-SPORTSさん、ありがとうございます!!

───────────────────────□■
★今日の話

 朝、早く起きる秘訣とは

■□───────────────────────

先週、ジェイカレッジで


『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』


の著者、美崎栄一郎さんのお話を聴いてきました。


美崎さんが花王のサラリーマンだったころ、どうやって
「スーパーサラリーマン」と呼ばれるようになったのか、
その秘密を約2時間弱聴いてきましたが、


改めて思ったのは


「実際にやってみる」


ことの大切さ。


知っているだけで終わらせず、「いいな」と思ったら
とにかく実践してみる。そしてそれを積み重ねる。


私と、美崎さんをはじめとする「すごい人たち」との違いは
そこなんだろうな、と、話を聴きながら改めて感じました。


たくさんお話しいただいた中で、今日は一つご紹介
したいと思います。


それは「早起きの秘訣」。


美崎さんはサラリーマンをやりながら本を何冊も書き、
しかもそのうちの1冊が2010年のビジネス書大賞第1位に
なるなど、ちょっと信じられない活躍をされた方。


そんな多忙な中、ご家族との時間も大切にされていて、
まぁすごい方なわけです。


朝もさぞかし強いんだろうな、と思ったら、意外や意外、
朝は苦手なんだとか。


でも、やっぱり朝は活用されていたようですが、では
どうやって苦手な朝を克服していたのかというと、
それがとってもシンプル。


「朝は、自分がやりたいことをやる」


ということ。


自分が好きな事、ワクワクすることを、夜やらずに
朝の時間でやるようにする。


クリスマスプレゼントを楽しみにしている子供を
例に出して説明されていましたが、


12月24日の夜、子供は
「サンタさんは何をもってきてくれるのかな」
と、かなりワクワクして眠りにつきますよね。


そして25日の朝は、いつもより早く、自分で目が覚めて
「わーっ!!」となるわけです。


それが大人は、ワクワクするものがあると朝まで
待てず、夜中のうちにプレゼントをあけてしまおうと
してしまいます。


サンタのプレゼントは夜中に見られないでしょうが、
見たいテレビや本、ネットやメールを、夜のうちに
見てしまいます。


それをやめて、どうしてもやりたい、みたいものを
がまんしておくと、翌朝ぱっちり目が覚める、と
いうわけです。


確かに!ですね。
そう考えたことはありませんでした。


「いやいや、そんなにまでしてテレビは見なくていい」


と思うなら、そもそも夜だって見なくていいでしょうし、
本当にやりたいこと、見たいものなら、元気な朝の方が
夜眠いときより楽しめると思います。


なんとなくワクワクするまま眠りにつくと、いい夢も
みられそうな気がします。


でも、冬になり、寒くなってくると、なかなか布団から
出られなくなるんですよね。


実は私も今朝は、予定していた時間に起きられませんでした。
20分ほどスヌーズ機能と格闘。「あと5分、あと5分」と。。。


結局5時過ぎになって、やばい!と飛び起きたんですが、
その時間に長男も一緒に起きてきました。


普段はいつも最後まで布団にくるまり、ぎりぎりになって
妻から起こされている長男。


それが今朝は5時過ぎに起きてきて、何をするのかと
思ったら、昨日のラグビー早明戦の録画を見始めました。


昨日は自分の大会で朝も早く、録画が切れたところまでしか
見てなかったんですよね。
続きがどうなったのか、気になっていたんだと思います。


昨夜、途中からは眠い目をこすりながら見ていましたが、
朝見ていますが、朝の方が楽しめているようです。


なるほど、こういうことか、と納得。


仕事は、やりたいこと、というより「やらなければならない事」
かもしれませんが、元気な朝の時間をうまく活用できると
いいですね。


では、今週も元気にいきましょう!
#176〜楽しくお酒、食事と付き合う方法!〜 [2009年09月28日(Mon)]

おはようございます!池本です。

早いもので、もう9月も終わりですね。
夕方、日が落ちるのも早くなってきました。

秋が深まっていくと何となく寂しい気分になって
しまいますが、この季節が一番好きです!
空気も澄んで気持ちがいいですよね。

今週は天気がぱっとしないようですが、気持ちは
すっきり、楽しく行きましょう!!

───────────────────────■□

★今日の話

太らずに、楽しくお酒、食事と付き合う方法!

■□───────────────────────


秋と言えば食欲の秋…
秋が旬のものって・・・おいしいんですよね!!


9/11のメールで「太った…」と書きましたが、そ
の後、何とも魅力的なタイトルの本を見つけ、早
速購入してしまいました。


 飲んでも太らない秘密の習慣
 伊達友美さん著 青春出版社


なんだか怪しいタイトルですが…
読み進めていくと、なるほど納得!です。


冒頭に書かれてある言葉をご紹介しますと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

現代人が太る原因のひとつは「栄養失調」です。

もちろん、栄養失調といっても戦後の食糧事情が
悪い時代とは違います。

じつは、食べ物を代謝したり、体脂肪を燃やした
りするためには、いろいろな栄養が必要なのです。

ところが、現代人の多くは、たくさん食べていて
も、肝心の『食べたものを代謝するための栄養」
「脂肪を燃やすために必要な栄養」が不足してい
るのです。

たとえ食べる量を減らしても、栄養が不足してし
まったら太りやすくなるし、やせにくくなること
だってあります。

やせるには「脂肪を燃やすために必要な栄養」を
しっかり摂ること!

そして余計なものを食べ過ぎたら、翌日調整する。

これが、やせるための基本です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ほほーっ。
単に食べるのを抑えればいいってわけじゃないん
ですね。


変なダイエットをしようとすると、栄養が偏ってしまい、
逆にやせにくくなってしまうとは・・・。


筆者が一貫して言っているのが


「これを食べちゃだめ」「外食はやめろ」
「酒の量は減らせ」


という、「マイナス」の発想ではなく、


むしろ「楽しんで食べましょう!」というプラスの発想。


お、これなら出来そう!と思っちゃいます(笑)


と言っても、今までと同じような食べ方、飲み方
では何も変わらないんですよね・・・。


著書には、具体的なつまみ選び方や食べる順番
なども書かれいるので、「ほほー、なるほど!」と、
思わずにっこり!です。


ところで気になる「太りにくい『食べ方』の順番」とは…


1.体を温める汁物か、血糖値の上昇をゆるやか
  にする食物繊維の多いものからスタート

2.発酵食品を食べて、消化を促すとともに、
  代謝をアップ

3.メインのたんぱく質は、薬味などと一緒に食べる

4.血糖値が上昇する炭水化物は、一番最後に食べる


なんだとか。


なお、「炭水化物は一番最後」なら、飲んだ後の
ラーメンは良いのか・・・ というと、当然良くない
です(笑)


太ってしまうのは、

「食べて一気に血糖値が急上昇し、取り込みきれ
なくなった糖を脂肪としてためこんでしまう」

のが大きな原因なんだそうです。


ただ、どうしても食べたくなった時は、血糖値が急
激に上昇しないよう、メンマやモヤシから先に食べ
たり、食べる前に「野菜ジュース」を1本飲むといい
ようです。


その他、「スリムな大人の飲み食い術!」として
5つ挙げられています。


@どんなお酒にもチェイサーを!
A肉や魚や、おおいに食べよう!
B温かい食べ物が、燃えやすい体を作る
Cつまみ選びのキーワードは「生」
D体にたまった悪い油は、いい油で落とす


細かく説明すると長くなってしまうので、詳しく知りたい
方はどうぞ本を読んでみてください!


これで「食欲の秋」を楽しく乗り越えられそう!?


えーっと… 9/11のメールで書いた「運動」は…


すこーしずつやってます(笑)


#173〜体育の時間〜 [2009年09月11日(Fri)]
おはようございます!池本です。

このところ飲む機会が続いてまして・・・

ウエストがやばいです、きついです。。。

以前なら、ちょっと朝・昼の量を少なくすれば
体重もすぐに落ちていたんですが、なかなか
落ちません・・・(悲)

齢のせいか、それとも単に飲みすぎ・食べ
すぎか・・・

両方ですかね。。。

───────────────────────■□

★今日の話

  体育の時間・・・

■□───────────────────────


ということで、今週は最近太り気味の私を戒める
内容です・・・


 「30代でしなければならない50のこと」
 中谷彰宏さん著 ダイヤモンド社

より。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

30代になると、たいていの人は腹が出てきます。

それは、30代だからではありません。

ただ単に、運動不足だからです。

30代になったら、体育の時間を持ちましょう。

高校生の時には、週3〜4時間の体育の
時間があったはずです。

30代でもっとも差がつくのは、体力です。

仕事が出来る人も、異性にもてる人も、趣味を
楽しんでいる人も、その全ての源は、体力です。

高校生の時は、学校が体育の時間割りを
組んでくれました。

30代になったら、自分で、週3時間の体育の
時間を用意するのです。

「仕事が忙しくて、とうてい週3時間なんて
ムリだ」なんて言っていませんか?

その人は、時間がないのではなくて、やる気が
ないだけです。

(中略)

ジムに来る人は、普通の人より忙しい人なのです。

忙しいから、寸暇を惜しんで体を動かして、エネ
ルギーを活性化するのです。

暇な人にかぎって、忙しいことを理由に何もしない
のです。

ジムでなくてもかまいません。

自宅で、腕立て伏せや腹筋運動をするだけでも
いい。

ストレッチをするだけでもいい。

その小さな差が、仕事と恋愛と趣味の差になる
のです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

かなり耳が痛いです・・・


実は今年、2月から6月ころまで週に2,3回、
ちょこっとですけどトレーニングを続けていたん
ですが・・・


忙しくなってきたことを言い訳に、ぱたっと
やめてしまいました。


「ま、今日はいっか」の積み重ねが・・・
気がつくともう2ヶ月以上。


そしてウエストがきつくなり、体重は増え・・・


まずいです。やばいです。


家での腕立て、腹筋、ストレッチから始めます。


はい、今日から。


ちょっとしたことを習慣化させる。


そのためには具体的な目標が必要ですね。


「週に3日、運動の時間をとる」


じゃなくて、具体的にどうなっていたいか・・・。
あくまで運動をするのはその手段であって、
目的じゃないですしね。


具体的な目標は・・・


ちょっと恥ずかしいので書くのはやめますが(笑)
体重とベンチプレスのウエイト目標立てます!


#150〜幸せを数えてみる〜 [2009年04月01日(Wed)]

おはようございます!池本です。

今日から新しい年度ですね。

子供達は学年があがり、職場では新入社員が
入ってきて、新たな気持ちになれる季節です。

今日はあいにくの天気ですが、暖かくなり、
なんとなく気持ちがうきうきしてきます。

そういえば今日はエイプリルフール。

昔はこの日に「どんなウソをつくか」を楽しみに
していた記憶がありますが、最近そういうのが
なくなっているような。。。

よし、ここらで昔のワクワク感を思い出しながら、
久々に楽しいウソでも・・・

あ、もちろんこのメールにはウソは書いて
いませんのでご安心下さい(笑)

───────────────────────■□

★今日の話

 まわりにある膨大な数の幸せを数えてみよう!

■□───────────────────────


以前一度取り上げたことがありますが、今日は


 「喜ばれる」 小林正歓さん著 講談社


に、「幸せ」について書かれているところがありました
のでご紹介したいと思います。


■幸せになるための決めごと・・・?


著書にはこう書かれています。


---------------------------------------

幸せになるのは、思えばよいのです。

「でも、日本で一番の売り上げがないと」

「県で一番の売り上げがないと」

誰が決めたのでしょう、その決めごとを。

幸せを感じるのは、今、ここで思うだけでいい。
何か条件づけする必要はない。

「ああ、幸せ」

と思ってしまえば、いい。

そして、それを口に出して言ってしまうと、
とても幸せだということに気づくでしょう。

(中略)

悩み事をいちいちあげつらう時間があったら、
今、幸せだ、と言って幸せを山ほど数え
あげてみれば、膨大な数の幸せに囲まれて
いるということに気がつくでしょう。

---------------------------------------


人は、ついつい「出来ていないこと」や「ダメな
こと」に目がいってしまいがちです。


それをもとにグチの言い合い・・・


「あれがだめ」、「これができてない」


でも、自分では気付いていませんが、幸せな
ことって、昨日も今日も今も、たくさん自分の
まわりにあふれているんですよね。


「いや、つらいことだらけだ・・・」という人も
いるかも知れません。


でも、

・何事もなく、無事に通勤できた。
・朝、家族と「おはよう」とあいさつができた。
・今日もちゃんと目覚めることができた。
・今、こうしてメールを書いていられる。
・今日も仕事ができている。


ちょっと考えただけでも、たくさんの幸せを
数えることができます。


悩みはいろいろあるでしょうが、「悩めている」
ことも、見方を変えれば幸せなことだと思います。


何でもないような、でもよく考えてみれば
「あ、これも幸せかも」っていうことを数えて
みませんか?


その事を考え、感じている瞬間って幸せですよね!


常にそういう状態でいられるようになるといいですね!

#136〜雰囲気づくり!〜 [2008年12月22日(Mon)]

おはようございます。池本です。

もういくつ寝ると・・・ クリスマス!ですね。

6歳と4歳の息子たちは、まだサンタさんが夜中に
プレゼントを持ってくると信じてます。

さて、今年はどんなプレゼントをもって来てくれるのか・・・

実はまだ決まってないんですよね(汗)

さて何にしようかな・・・

───────────────────────■□

★今日の話

 雰囲気づくり!

■□───────────────────────


私が愛読している、高萩徳宗さんのメルマガ
【売れるサービスのしくみ】。


先週16日、「笑いでビジネスを変える前に」という
タイトルでメルマガが届きました。


※高萩徳宗さん
 http://www.beltempo.jp/page28/takahagi.html
 メルマガの登録はこちらからどうぞ。
 http://www.55service.com/


以前、テレビで「笑いがビジネスを変える」という番組が
あったそうですが、その番組に出演されていた、ホスピタル
クラウンの大棟耕介さんのコメントが紹介されていました。


「人を笑わせようとしない。笑ってもいい雰囲気を作ることが大切」
 

※大棟耕介さんブログ http://ameblo.jp/clown-k/


ピンと張り詰めた、緊張感のある職場。
それはそれで大切かもしれません。
仕事の効率はあがるかも(一時的に?)。


でも、隣の人と話すのもひそひそばなしだったり、ピリピリ
しながら黙々とパソコンに向かい、聞こえるのはキーボードを
たたく音だけ・・・。


うう・・・ 私にはきつそうです。
何日耐えられるか。。。


かと言って、無理に笑いをつくろうとするのもちょっと
違うんですよね。


その「笑いがビジネスを変える」という番組では、とある
コールセンターで、着ぐるみを着てオフィスをまわる社長が
紹介されていたそうです。


これは、派遣社員の退職率を下げようとする試みの
一例のようですが、ちょっと違和感が・・・
その場に居合わせたら、愛想笑いせずにはいられない
ですよね。たとえ寒い状況だったとしても。。。


無理に「笑わせる」のではなく、笑ってもいい「雰囲気」
を「作る」。


お客さまと直に接する職場ではもちろん場をわきまえる
必要がありますが、上司・部下、先輩・後輩関係なく、
「気を遣わず」に「楽しいときには素直に笑える」雰囲気って
いいですよね。


この話は「笑いとビジネス」の話ですが、高萩さんは、
メルマガでこのように書かれています。


+ + + + + + + + + + + + +


 大棟さんが言われた、

  笑わせようとしない。笑ってもいい空気を創る。

 これを「サービス」に当てはめると

 スタッフにいいサービスをさせようとしない、
 いいサービスが出来る雰囲気、空間、しくみを創る。

です。

+ + + + + + + + + + + + +


笑いに限ったことではなく、全てに言えることですね。


「○○させようとする」ではなく、「○○できる雰囲気づくり」


「あ、こんな風にやってもいいんだ!」
「遠慮しなくていいんだ!」
「こんなこと、先輩に、上司に言ってもいいんだ!」


と、みんなが思えるような雰囲気づくり。


「それがわかれば誰も苦労しないよ!」
「難しいのは、それをどうやってつくるかだよ」
「だから指導していくしかないんだよ」


という声が聞こえてきそうです。


結果、ほんとに当たり前のことから重要なこと
まで、日々たくさんのことを「やらせよう」とします。


でも、人にやってほしいからこそ、自らが楽しみ
ながらそれをやって、それをやることが当たり前
だという雰囲気を創っていきたいですよね。



あ、子育ても同じかも・・・


む、難しい・・・ かもしれませんが、まずは
楽しみながら、自らやってみましょう!

#117〜日々のストレスから抜け出す〜 [2008年08月11日(Mon)]
おはようございます。池本です。

今日は次男の4歳の誕生日!

普段はまったく料理なんてつくらない私ですが、
今日は仕事も休みですし、次男の好物を作ろうと
計画中!

さてさてどうなることやら・・・

■□───────────────────────

★今日の話
 
 楽しく、ストレスを感じずに日々をすごす
 ために何ができる?

 と、自分に質問してみよう!

───────────────────────■□

■TO DO LIST?


 仕事でやらなければならないこと。
 プライベートでやりたいこと。


 これらのこと、どうやって管理されていますか?


 私は書かないとすぐに忘れるタイプなので
 リストに書いて忘れないようにしてます。


 でも気がつくとリストがすごくたまってきて、
 やれていないことの多さに気が滅入って
 きます。


 それらに優先順位をつけたりするものの、
 すっきり全てをやり終えた!ということは
 なかなかないんですよね・・・


■ストレスを軽減するために


 先日、コーチングを勉強されている友人と
 話をしていて

 「これから何をやりたいか?」

 という話になりました。


 この2ヶ月ほどいろいろと考えていたので
 やりたいことはすぐ出てくるんですが・・・


 全てをやろうとすると、時間的な制約もあり
 難しい。


 「本当はあれもやりたいけど、まずはこっちの
 仕事からやらなくちゃ。でもあっちも大事なのに・・・」


 と、結構ストレスになったりします。


 「あれもやらなきゃ、あ、こっちも・・・」と、
 気がつくとあっというまにリストがいっぱい!


 「やりたい事か・・・」


 と私が考えていると、その友人がこんな発言を。


 『「やりたい事」「やらなければならない事」
  を考える際に

  「どうやったら自分が楽になるのか」
  「ストレスを軽くするために何ができるのか?」

  という視点で考えてみるのもいいかも』


 「おー、なるほど!」

 と、思わず声がでちゃいました(笑)
 そういう風に考えたことはなかったので。

 
 とにかく

 「やりたい事、やらなければならない事をリスト
 アップし、優先順位をつけて重要なものから
 やっていく」

 というやり方をしていた私には目からウロコ!


 日々、ストレスを感じながらも、今一番大切
 だと思うことをやっていましたが、そもそもの
 そのストレスを感じないようにするために
 何ができるのか。


 ということで、まずは

 「楽しく、ストレスを感じずに日々をすごす
 ために何ができる?」

 という質問を自分にしてみることにしました。

 
 定期的に、自分がリラックスできる状態に
 なれることをやるもよし。
 (忙しいとつい忘れがち)

 ラクにできる仕組みを考えるもよし。

 いっそのことやらないと決断するのもよし。
 

 毎日を楽しくするために何ができるのか・・・


 なんとなくワクワクしてきますね!
| 次へ
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml