CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#7〜創った人の想い〜 [2006年06月26日(Mon)]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 全ては小さな行動から #7 《 2006.6.26 》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 〜 創った人の想いを知ろう! 〜 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■一言で言うと 

巷にあふれる、さまざまなモノ。普段何気なく使っていたり、
自ら売ったりしているが、そのモノを開発した人の思いを
知ることで、更に愛着がわく。
販売する際にも熱がこもる!

■ネタ元=本

ギフト 君に贈る豊かさの知恵  平野秀典著

P174より抜粋

私は以前勤めていた会社で、長く続いていた「価格と商品
特徴の説明」だけのセールストークを変えるために、
営業マンに、商品の開発物語を語るセールストークを
披露しました。

商品にこめられた「思い」というストーリーを知るには、開発
担当者へのインタビューが不可欠です。

新しい商品は、必ず「お客様に、こんなふうに使ってほしい」
との思いで開発されるものです。

■今日の小さな一歩 〜「いい話」で終わらせないために〜

たまに出張等で自社便に乗るとき、結構批判的にみたり
しがちです。

「今回の機内食は・・・」「シートがさぁ・・・」

我々はそれをお客様に自信をもって勧める立場。

値段や、パンフレットをみればわかるようなことをセールス
してもいまひとつアピール力、弱いですよね。

機内食を決めた人、作っている人、シートのデザインを考えた
人、それを採用した人、みんなそれぞれ色んな思いをこめて
作ったはず。

そういう思いを直接聞いてみると、セールスも違った観点に
なるかも。

単に値段だけに走らず、もっともっと良いところをアピール
できそう。

で、今日の小さな一歩。

26日から、わたくし鉄道会社へ出向することに。
飛行機マン?から鉄道マンへ。

そんなわたしですが、鉄道会社のことはほとんど知らない。

生まれも育ちも大分県。
ふだん電車はほとんど使わない、車社会の田舎育ち。
実家に帰省するのはもっぱら飛行機。

鉄道会社のことを知らなければ!!まずい!

ということで、まずは本を読むことに。

ぼろぼろで破綻しかけていた国鉄を民営化させ、
復活させた立役者のひとり、JR東日本の松田相談役
(執筆時会長)が書かれた「なせばなる 民営化 JR東日本」。

どんな時に、どんな思いで民営化し、会社再生を図ったのか。
どういう過程で今のJR東日本があるのか。

まだ読み始めたばかりですが、再生の過程にあるわが社
にも大いに参考になりそう。

国鉄時代ってこんなに大変だったんですね。。。

それがここまで復活してるんだから、うちにも出来ない
はずがない!
コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml