CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#368〜間違った努力〜 [2014年02月03日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #368 《 2014.2.3 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

こんにちは。いけもとです。

今朝、「子供の学校でもインフルエンザによる学級閉鎖が
増えているので皆さんもご注意を」
と、このメールを書き始めたんですが、なんと長男が
インフルエンザにかかってしまいました。
(今日は午後からの出社なので、午前中長男を連れて通院)

ということで今は私を含め家族にうつらないよう隔離中。

薬局で薬剤師に「家で家族への感染を防ぐには何が
いいでしょうか」と相談したら、これを勧められました。

『クレベリンゲル』(大幸薬品)
様々な場所のウイルス・菌・ニオイが気になるところに、
ポンッと置くだけ! 二酸化塩素分子のチカラで、置いて
おくだけで持続的に浮遊する一部のウイルス・菌などを除去し、
不快なニオイを消臭します(Amazonより)

Amazonのレビューを見てみると、カビ防止にもなるようですが
さて効果はいかに。

Amazon  http://goo.gl/VzQPhh

私は予防接種もしているし大丈夫…かな。

───────────────────────□■

★今日の話

 間違った方法で努力していませんか?

■□───────────────────────

今日は

「間違いだらけの仕事の習慣」
 小宮一慶さん著

という本をご紹介します。


本の帯に

 その努力では、報われません

 ×効率化を追求し、仕事のスピードを上げる

と書かれており、この言葉に反応してつい購入しました。


最近iPadを手に入れ、仕事にどう生かそうか、
いかに効率よく仕事をやるかが今年のテーマ、
と思っていたところでしたので、「え、違うの?」と。


多くの著書があり、経営コンサルタントである
著者の小宮さんはこうおっしゃっています。


「多くの方が、すごく努力をされているのですが、
 それが「自己流」になっていて、本当は得られる
 成功を得ておられないのを見るのが、とても残念で
 なりません」


そして、
正しい努力とは何かを知り、それを積み重ねることで
自分の目指すものに必ず到達できる、と。


間違った努力として挙げられているもののうち
いくつかをご紹介します。


え、そうなの…?と思った方、ぜひ著書を読んでみてください。


■間違っている仕事の習慣

×不自由な状態でもうまくやるノウハウを身につけるのが賢い
×睡眠時間を削ってでも仕事をするくらいでいい
×人より仕事をしようとすれば、時間に追われるのは当然だ
×仕事を家には持ち込まない
×成功する人は能力が高い
×仕事は頭を使って要領よくやる
×目標は数値化して追いかけると良い
×強く願えば夢はかなう
×調べものはネットで十分
×休日は仕事をいっさい忘れる方がいい


これはほんの一例ですが、いかがでしょうか。


睡眠時間は削らない方がいいのに、休日は仕事のことを
忘れちゃだめなの?など、タイトルを見ただけでは
??かもしれませんが、読んでみると「なるほど」と
思う項目ばかりです。


例えば
「×不自由な状態でもうまくやるノウハウを身につけるのが賢い」
については、こんなことが書かれています。

・満員電車で、できるだけ疲れずに乗るテクニックを持っていない?
 ドアの脇ならiPhoneでメール、ネットを見られる、など。

⇒でも、最高の解決策は「ラッシュを避ける」ことでは?

人は不自由に慣れてしまう。本質的な解決ができるのに、
そこに気づかず、難解なまま、不自由なままの状態で
テクニックを考え、スキルアップしたと勘違いしてしまう。

社内の業務でも同じ。難しい事務処理を難しいまま
こなしてしまう。

これまで5つの工程が必要な作業があれば、本来なら
それをシンプル化して、たとえば3つの工程で終わらせる
といった工夫をすべきである。

ところが、5つの工程のままでスピードアップを
図ろうとしてしまう。

「会社や社会がわれわれに求めているのは、最終的には
 アウトプットの質と量です。スキル向上の目的は
 そこにおかなくてはいけません」


いかがでしょうか。

各項目について2ページで間違っている理由と、
では本来どうすべきか、ということが書かれています。


もし今、とにかく頑張っているんだけど、いまいち
成果があがらない…という方、ちょっと目先を
変えて、正しい努力をしてみませんか?


★ご紹介した著書

「間違いだらけの仕事の習慣」 小宮一慶さん著

 Amazonはこちら http://goo.gl/FejFqS

コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml