CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#310 〜幸せの基準を下げる〜 [2012年06月18日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #310 《 2012.6.18 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。池本です。

先週は所用で中国に行っていたんですが、
帰国して感じたのは
「日本ってすばらしいなぁ」ということ。

もちろん中国もいいんですが、改めて日本の
サービスの良さなどを実感しました。

仕組みだけでなく、人の意識もそうですが、
日本ってあらゆるレベルが本当に高いと思います。

当たり前への感謝を忘れちゃだめですね。

───────────────────────□■
★今日の話

 自分が幸せを感じる基準を下げる。

■□───────────────────────

6月11日の「みやざき中央新聞」の社説に
「幸せ」について書かれていました。


「不幸な人は無意識に誰かを不幸にしようとし、
 幸せな人は誰かを幸せにしようとする修正が
 人間にはあるようだ。

 だから、私たちは幸せにならなければならないのだ。
 それは権利ではなく、義務なのだと思う。」


※みやざき中央新聞
 各種講演会を取材し、面白かった話、感動した話などを
 掲載している新聞。(http://miya-chu.jp/


「義務」と言われると押し付けられているような
感じを受けますが、幸せになる義務であれば
「はい、喜んで!」ですね。


でも、じゃあどうやったら幸せになれるのか。


義務なのに学校でも会社でも、幸せになる方法は
教えてくれません(小学校の「道徳」はちょっと近い?)。


今後、国民の三大義務に「幸せになる義務」を加えて四つにし、
学校の授業でも「幸せになるには」を教えることにしましょう。



と、冗談(結構真剣ですが)はさておき、
今回のみやざき中央新聞には、20代後半で渡米し、
実業家としてアメリカン・ドリームを実現させた、
現在60歳の牧まきおさんという方が実践してきた
「幸せの10の秘訣」が紹介されています。


10個いずれも「なるほど」という話でしたが、
私が一番簡単でいいな、と思ったのが


「幸せを感じる自分の基準を簡単にして、
 不幸せを感じる基準を難しくする」


というもの。


(以下、社説「幸せな人は誰かを幸せにする」より)

「年収1億円を達成し、大きな家に綺麗な奥さんと住み、
ベンツに乗ること」

とか、

「キムタクみたいな彼がグッチのバックをプレゼント
してくれること」

という幸せの基準を下げて、

「朝起きて家族と笑顔で『おはよう』とあいさつできたら幸せ」

くらいに簡単にする。

そして、「仕事でミスったら凹む」という不幸せの基準を
「仕事で5回連続してミスしたら凹む」くらいに引き上げる。

(引用ここまで)


幸せを感じる基準を下げる。
これ、いいですよね。


同じ事が起きて、何も思わない人もいれば、
とても幸せを感じる人がいますが、
後者は幸せを感じる基準が低いんでしょうね。
つまり、何にでも幸せを感じる事ができる、ということ。


雨が降って「うわ、最悪。通勤めんどくさ」
と思う人もいれば、「この雨によって自然が保たれている」
と感謝し、幸せに感じる人もいます。


そう考えると、雨が降ることも「幸せの基準」に
入れていいんですね。


雨はちょっと極端かもしれませんが、これは
意識しておかないと最初は難しそうです。


毎日自分だけが目にするところに、ハードルを下げた
幸せの基準を書いておくといいかもしれませんね。


それを帰宅する際や夜寝る前に見て
「あ、そうだった、今日もこんなにたくさんの幸せな
 出来事があったんだ」
と振り返って、幸せな気分で床に就く。


いいですね〜。


今日はどんなことで幸せを感じましょうか。


幸せに囲まれた今日1日をイメージして、
今日も、今週も楽しくいきましょう!
コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml