CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#284〜もし最後だと知っていたら… 〜 [2011年11月30日(Wed)]
─────────────────────────

いけもとメール #284 《 2011.11.30 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

〜ジェイカレッジのご案内〜

 ジェイカレッジNo.69

美崎栄一郎さんに聞く
「サラリーマンでもできる時間の作り方&自分の活かし方 」

毎日多忙な中でがんばっている皆さん、
「結果を出す人」の秘密を学んでみませんか?

日時 :2011年12月2日(金)19:00〜(18:30開場)
場所 :野村不動産天王洲ビル(旧JALビル)2階 ウィングホール
   参加費:3,000円 (協賛・協力企業の方は1,000円)

詳細 : http://jcollege.jp/2011/seminar_69_misaki/
申込 : http://kokucheese.com/event/index/21877/

申し込み、間もなく締切りです。
「おっ!」と思った方、今すぐどうぞ!

───────────────────────□■

おはようございます。池本です。

月曜日、入社2−3年目の人たちが20数名集まって受ける
会社の研修をオブザーブしてきました。

受講生のみなさん、とってもフレッシュで、見ている
こっちまで新鮮な気持ちになってきました。

私が入社3年目の頃はどうだったかな。

今から13年前。
予約セクションから営業に異動して数か月がたったところ。

まさに右も左もわからず、日々悪戦苦闘していました。
懐かしいです。

若い人たちにはこれからもがんばってほしいですね!

あ、もちろん私もがんばります。

───────────────────────□■
★今日の話

 もし、その人と会うのが今日が最後だと
 わかっていたなら…あなたはどうしますか?
 
■□───────────────────────

先日、ある方のメールレターで


「最後だとわかっていたなら」
 作 ノーマ コーネット マレック
 訳 佐川睦


という詩を知りました。


サンクチュアリ出版から本にもなっていますし、
ご存知の方も多いと思います。


この気持ち、ずっと持ち続けなきゃ。


強くそう感じたので、ご紹介させてください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう


あなたがドアを出ていくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう


あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう


あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい…「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう


たしかにいつも明日はやってくる
でも もしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい


そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから


微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと


だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう


「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


途中、書き写しながら涙が出そうになってきました。


あなたにとって大切な人は誰ですか?


今日もいつものように起きて朝食をとり、家を出て
会社につき、仕事をしています。


でも、その大切な人ともう二度と会えないとしたら…


今がもう二度と来ないことは知っています。
私たちの命に限りがあることも知っています。


でも、それはまだまだずいぶん先の事だと思っています。


最後が5分後に来るかもしれない。
実際、そういう人たちもたくさんいます。


でも、自分に限ってそんなことはないと思っています。


自分は決して特別な存在ではなく、いつ最後がくるか
わかりません。


その人との今、その瞬間が最後になったとしても、
後悔しないように日々を、一瞬一瞬を大切にしたいですね。



この詩を忘れないようにするために、
パソコンのデスクトップに保存することができます。


この詩の存在を教えてくれた、
アッシュ・マネジメント・コンサルティングという会社の
HPからダウンロードできます。


http://c.accessmail.jp/?jc&ixoRRYY&87&28234&991


私も家のPCをこの壁紙にしてみました。


「そして わたしたちは 忘れないようにしたい
 若い人にも 年老いた人にも
 明日は誰にも約束されていないのだということを」
コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml