CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#250〜福の神の演出?〜 [2011年03月07日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #250 《 2011.3.7 》 

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます。いけもとです。

毎週お送りしているこのメール、今回で250回目と
なりました。

このメールを書き始めて、5月で丸5年。
もうそんなに経つんだ、という感じですが、これからも
皆さんに、ほんのちょっとでもプラスになるような
お話をお届けできればと思っています。

先週は水曜日にお送りしましたが、毎週月曜日の朝までに
お送りできるようにがんばります。

皆さんの一週間の仕事が、このメールとともに始まる、
そんな存在になれたらうれしいです。

今日もお読みいただきありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

───────────────────────□■

★今日の話

 今の状況から絶対に変われる、としたらそれをやりますか?

■□───────────────────────

「はい、やりますよ。今の状況が変わるんだったら、
何だってやります」

「本当かね?」

「本当です」

(中略)

「そんなこと・・・押し売りじゃないですか。できないですよ」

「おいおい、言われたことは何でもやるんじゃなかったのかい?」

(中略)

「あのな、お若いの。悩みを抱えて生きる人間はほとんど
すべてが、自分から幸せになろうとすることを放棄しておる。
ただそれだけのことじゃ。

今の自分のいる場所から動きたくない。

ただそれだけの理由で今までと違うことをしようとすることを
いろんな理由をつけて否定するんじゃ。

今の状態が変わるんだったら何でもすると言う奴は
たくさんいるが、実際にこうしてみろと言われてその通りの
行動をとるのは10人のうち1人しかいない。

おまえさんものこりの9人なのか?」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この会話は

人生を豊に変える3つの習慣
「福に憑かれた男」 喜多川泰さん 総合法令出版
(Amazon http://p.tl/EEQ_)


という本に出てくる、本屋を経営することになった秀三という
若者と、その秀三に「憑いている」福の神が、彼のために
出会わせてくれた天晴という、人生の師のような方との
会話です。


この本は小説ですが、秀三に「憑く」福の神の視点で
話が進んでいきます。


福の神の仕事。
それは、その人を幸せにする学びを与えてくれる人を
連れてきてくれることだそうです。
運命的な出会いをプロデュースしてくれる。


決して「幸せそのものを運んでくる」ということでは
ないんだそうです。もちろん小説の中での話ですけど。


そう言われてみれば、「おおっ、ものすごい偶然!」という
タイミングで電話がかかってきたり、ばったり街中で
出会ったり、ということがありませんか?


それらは福の神が演出してくれた出会いかも・・・
この本を読むと、そんな気がしてきます。


ちょっと話がそれましたが、冒頭の秀三と天晴との会話、
いかがでしたでしょうか。


もし本当に福の神がいたとして、
「これをやれば、今の状況は必ず変えられる」
と言われたらどうしますか?


でも、もしそれが、今までの自分の生き方、考え方からして
「それはやりたくない」と思っていたことだとしたら。


また、これまでもやろうとして何度も挫折してきたこと
だったとしたら。


目の前に、まさに福の神のような存在が現れて、
「これをやれば絶対に君の人生は良くなる」
と言われたらやるかもしれませんね。


と言っても目に見える福の神なんて恐らくいないでしょうし、
30年、40年も生きてきて出来上がった自分の考えと
違う行動をとるのはかなり勇気がいります。


私もそうですが、何だかんだと出来ない理由、やらない
ことを正当化する理由を考えて、結局やらないんですよね。


でも、本当なら今の状態を変えられるはずの行動を
とれていないとしたらもったいないですよね。


○○さんに以前言われたこと、やってたら今ごろ
どうなっていたか・・・


と思いあたることがあれば、今からでも遅くありません。
やってみませんか?


5年後、10年後に「やっぱりあの時やっていれば」と
後悔しないためにも、ぜひ一歩踏み出してみましょう。


その方のアドバイス、福の神が演出してくれたもの
かもしれませんよ!


コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml