CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#184〜自己虐待から解き放つ!〜 [2009年11月23日(Mon)]
─────────────────────────

いけもとメール #184 《 2009.11.23 》

https://blog.canpan.info/ikemoto/

■□───────────────────────

おはようございます!池本です。

昨日(日曜日)は寒かったですね〜。

それもそのはず。
もう11月も残すところあと一週間。

9月ころから時間がストップしているような気がして
いましたが、来週からもう12月なんですね・・・。

寒いのは苦手ですが、忘年会や、お正月をどう
過ごそうか、など、なんとなくほんわかあったかい
話題が多くなるこの季節もいいですね!

───────────────────────■□

★今日の話

 「一回でうまくいかないとダメ」と、自分を追い込んで
 いませんか?

■□───────────────────────


■今日のおススメ本


今日も素敵な本をご紹介します!


 「欠点を直さずに幸せに生きる方法」
 齊藤正明さん著 (サンマーク出版)


以前ご紹介したことがある


「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」
 (マイコミ新書)


の著者、齊藤さんの新刊です。


この本は、「ガシガシ自己啓発に取り組んでいて、常に
前向きに頑張れている人」には不要かもしれません。


前職で上司のパワハラに悩まされ、断れない自分を
何とか変えようと自己啓発に400万円も投資し、でも
実際の職場では全く使えず、また上司の言いなりに・・・


そんな齊藤さんが書かれた本だけに、日々悩む事が
多い人にはまさにうってつけです。


はい、勇気がもらえます。「あ、これでいいのね!」と。


実は最近ちょっと悩み気味だったので、とーっても
すっきりしました♪


■自分を虐待しない


(以下、本文より)

親からの虐待で子どもが死亡する−そんな悲しい
事件が後を絶ちません。

事情はどうであれ、本来は保護されるべき弱い立場
の人間に暴力をふるうなんて、許される行為では
ありません。

ところが、あなた自身もだれかを虐待している可能性
はないでしょうか。それも、自分にとってもっとも身近
な存在である、あなた自身を・・・

「自分はできない」と自らをさげすんだり、自分の
欠点を必要以上に悩んだりするような思い込みを、
僕は“自己虐待”だと勝手に定義づけています。

(中略)

僕がセミナー通いをやめられなくて自分自身を虐待
していたときは、ステップアップするべき“階段”を
イメージできていませんでした。

一気に、準備運動もそこそこに、理想像へ近づこうと
してしまうのです。

セミナーでは「うまくいく究極の方法」というようなふれ
込みでノウハウを教えてくれることが多いですから、
ゼロスタートの人向けではありません。

それなのに、経験値ゼロの受講生もたくさん参加
しています。
そして、教わったことを試してみるのですが、いきなり
ゴールに向かって全力疾走しようとしても能力と体力、
運は追いつかないのです。

(中略)

自己虐待は「一回でうまくいかないとダメ」という、偉人
でさえ跳び越えることのできないとても高いハードル
を設定してしまっているから起こっているにすぎない
のです。

(以上、引用終わり)


■プレッシャーから解き放つ


このところ、本を購入するペースが今までにない
くらいアップしていました。
(結果、Amazonの請求額と未読の本が増え・・・(悲))


それはなぜかというと


「こんな自分にならなきゃ」
「あ、これも学ばなきゃ」
「これも出来てない・・・」


と、「出来ていない自分」を必要以上にクローズアップ
させ、結果「それをどうにかしなきゃ」と、自らプレッシャー
をかけていたからではないかと思います。


でも、ヒントになる事が書かれた本を読んだからと
言っていきなりそれが出来るようになるわけじゃない
ですし、読んでも読んでも変われない、成長しない
自分がいると、「こんなに本を読んでるのに・・・」と
自己否定に陥ってしまいます。


齊藤さんは著書でこう書かれています。


 私たちは、一回うまくいかないだけで、
 「自分はダメなんだ」と落ち込みすぎ
 なのではないでしょうか。

 誰であっても最初の一歩は非常に
 小さいのです。


ほんとにそうですよね。


プレゼンで失敗した。
レポートでダメだしくらった。
会議の進行がうまくできなかった。


はい、ぜんぜんオッケー!(笑)


自己虐待気味の方、ぜひ
「欠点を直さずに幸せに生きる方法」を読んで
みてください!


すっきりしますよー!

コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml