CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#157〜何のため?を毎日確認!〜 [2009年05月19日(Tue)]

おはようございます!池本です。

沖縄と奄美地方が梅雨入りしたそうですね。

え?もう梅雨?って感じですが、それでも沖縄は
平年よりは10日ほど遅いとか。

これから少しずつ梅雨が北上してくるんですね。

今日も東京は天気がよさそうですが、今のうちに
すっきり青空を堪能したいものです。

ちなみに昨日は、会社の同期ときれいな空を眺め
ながらランチしました(男二人ですけど・・・)。

きもちよかったですね〜!

───────────────────────■□

★今日の話

 「何のため?」を毎日確認する!

■□───────────────────────


最近、いろいろ考えてます。


はい、いろいろ。
当たり前と言えば当たり前なんですけど・・・


以前は考えていなかった、というわけでは
ないんですし、悩んでいるというわけでも
ないんですが、「むむむ・・・・」と思うことが
多いような。


今朝もいろいろ考えてました。


で、これまで聴いた講演などをメモった
ノートをぱらぱらめくってみました。
何となく。


そこでふと目についたのが、中村文昭さん
(「お金でなく人のご縁ででっかく生きろ」等の
著者)の言葉。


『「なんのためなんのため」と、常に自問する。』


理屈っぽくなるのはあまり好きじゃありま
せんが、何をやるにしても


「何のためにやっているのか?」


という、目的を常に意識するのはとっても
大事ですね。


よく言われますが、


「手段が目的化」してしまうことがよくあります。


目的を達成させるための手段であったはずの
ものが、いつのまにかその手段を実行させる
ことだけに執着し、視点が目先だけに・・・


最近私もそういう傾向がありました・・・。
昨日会社の研修を受けて、改めて気付いたん
ですが、研修を受けさせてくれた会社に感謝です。


そういえば福島正伸さんがこうおっしゃって
いました。


「人は、何のために働くのか、何のために生きて
 いるのか、すぐに忘れてしまう」


なので、毎朝目が覚めたら自問自答するんだ
そうです。


「何のために目が覚めた?」
「そうだ、世界を変えるために起きたんだった!」


さらに、朝家を出るときに奥さまが


「あなた、何のために会社に行くの?」


と聞いてきて、福島さんが


「そうだった、世界を変えるために出社するんだった」


と気付き、張り切って出社する・・・


これはネタの意味合いも強いと思いますが(笑)、
常に「なんのため」を意識するのはとっても
大切ですよね。


そして福島さんのおっしゃるとおり、人間は
いい意味でも悪い意味でもいろんなことを
すぐに忘れるように出来ているので、忘れない
ように、何か仕掛けを作りたいものです。


そういえば、以前は手帳に毎日目標を
書いていた時期がありました。


が・・・いつのまにか書かなくなっていました。
というか、書く欄自体をなくしてました。。。


まずはゆるーくてもいいから、「何のため?」を
毎日確認する自分なりの方法をもっておきたい
ですね!

コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml