CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

いけもとメール

2006年5月より、私が本で読んだり、人から聞いた話の中から、「これは勉強になった、皆さんにも共有したい」と思った事を、毎週一回仲間にメール(いけもとメール)で共有しています。
このブログは、そのアーカイブです。

【いけもとメールのコンセプト】
・自分が勉強になったことの共有。学びのおすそ分け。
・アウトプットは最強の勉強。
・(一時中断していましたが)継続は力なり。


<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
#121〜頑張らない〜 [2008年09月08日(Mon)]
おはようございます。池本です。

昨日の夕方、ある中華料理屋の前を通ったら
こんな看板がたっていました。

「心をこめて支度中」

よく「準備中」という立て札をみたりしますが、
なんとなく寂しい感じがして、「他の店行こうか」
と思いそうです。

でも、この「心をこめて支度中」という看板を
みると、わくわくしてきて、むしろ「待ちたい!」
と思えてきます。

言葉ひとつで印象ってずいぶん違うんですね!

■□───────────────────────

★今日の話

 あれもこれも!と追い求めるのではなく、今、自分が
 どれだけ恵まれているかということに改めて気付き、
 感謝できる人間になろう!

 努力は不要・・・?

───────────────────────■□

■先週ご紹介した本の続き


 先週は「喜ばれる」という本をご紹介しました。

 
 『喜ばれる』 小林正観さん著 講談社


 実はまだ最後の章を読んでいなかったんですが、
 最後まで読み終えたら、これまでの考えが
 大きくぐらついてきました。

 
 なぜかというと・・・
 そこに書かれていたのは、


 「頑張ること、努力することは不要」

 
 ということ。


 今までいろんな人の話や本で
 「夢・目標に向かって努力することが大事」
 と学んできました。


 でもそれがダメ・・・?


 一部、本から抜粋しますが、この考え、
 すごーく深いと思います。


 もちろん反対意見もあると思います。


 詳しくは知りになりたい方はぜひ本を
 買って読んでみてください!


 ○ ○ ○ ○ ○

 「思い」そのものを持たないこと。

 思いを持つ、ということは

 「あれがほしい」
 「この願いが叶ってくれたらいいのに」
 「今の状況を改善して」

 と要求することでもあります。

 このように夢や希望に満ちているのは、
 今の状況がそうではないから不満だ、
 と言っていること。

 今、囲まれている事情が気に入らない、
 という不平不満に宇宙は反応しません。

 (中略)

 足りないものをあげつらうのではなくて、
 実は自分がどれほど恵まれているか、
 ということのほうに意識の密度を偏らせて
 みてはどうでしょう。

 自分がいかに恵まれているかという
 ところに意識の密度を持っていくと、
 自分がものすごく喜べる状態がどんどん
 増します。

 ○ ○ ○ ○ ○
 
 もっとこうなりたい、ああしたい!
 と思うのではなく、今の現状がどれほど
 素晴らしいかにまずは気付き、それに
 感謝することが大切、ということですね。


 目標を持つのは素晴らしいことだと
 思います。
 それに向かって頑張る過程そのものが
 楽しかったりしますし。


 ただ、いつも一歩先をみるのではなく、
 今あるもの、現状の素晴らしさに改めて
 目を向けて、常に感謝するという気持ちを
 もっていましょう、というお話。


 とは言え、「現状に満足していましょう」
 という話でもありません。


 がちがちに努力するのではなく、いつも
 ニコニコし、「リラックス」して「ありがとう」の
 気持ちを常に持ち続けることで、人生は
 びっくりするほど好転するんだとか。


 なお、この本は次の言葉で締められています。


 『私の周りには、実際にもう何にも人生に
 対して挑みかからず、達成目標も努力
 目標も持っていなくて、ただひたすら 
 目の前に起きてくることについて、

 「ありがたいことですよね、幸せなことですよね」
 
 と言っている人たちが千人ぐらいいます。

 その人たちは、周りからも喜ばれ、次から
 次へと楽しいことがおきているようです。

 みなさんもぜひ、実行してみてください。』


 うーむ・・・


 目標をもたない。がんばらない。
 とにかく現状に感謝する。
 ありがとう、ありがとうと常に言う。
 人からものを頼まれる人になる。
 (頼まれる・・・については今回触れて
 いませんが、本にはそう書かれています)

 
 会社勤めの、ふつーのサラリーマンに
 そんな生き方はできるんだろうか・・・

 
 頑張らずにのほほんと過ごしている(ように
 見える)と、いつか会社から「もういりません」とか
 言われそう、なんて考えたりして(笑)


 これはしばらくじっくり考えてみる必要が
 ありそうです。


 でも、
 「あれもこれも!」と思うのではなく、
 「現状に感謝しまくる」のは今すぐにでも
 できそうですね!
コメント
プロフィール

いけもとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ikemoto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ikemoto/index2_0.xml