CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
https://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
NPOマネジメント 第52号発行! [2007年12月19日(Wed)]

おかげさまで、隔月刊誌『NPOマネジメント』第52号は、
今月20日発行です。なんと史上最厚の80ページ!
「NPOの社会責任(NSR)」
「NPOのこれまで10年から、これから10年を見つめる」
「助成機関とNPOとのコミュニケーション改善」
など
特集や新連載も、盛りだくさんです!!

来年・2008年は、国内外のNPOにとっても歴史的な
転換点になることが予測されます。
社会の大きな流れに、日本のNPOはどう挑むべきか。
これまで起きたこと・今起きていること・これから起きることを
しっかりと掘り下げてお伝えするために、前号に続き
特別連載企画をスタートしました。ぜひご一読ください!!

では、第52号の主なコンテンツをご紹介します。
■ 特集1
NPOの社会責任「NPOの社会責任(NSR)に応えるために」

→ 企業にCSRが問われるように、NPOにもNSRが問われています。
  社会責任とは何か、どう応えるべきかを、3つの切り口から考えます。   

■特集2
助成する側・される側が「伝わりあう関係」になるために
〜「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査」報告(前編)〜
 IIHOE・GATEプロジェクトチーム

→ 助成金を提供する側と提供される側との間に、どのような
  コミュニケーション上の課題があるのか。
  提供される側のNPOへのアンケートと、
  提供する側の財団などの申請書の調査から、分析します。

■特別連載企画
NPOのこれまで10年から、これから10年を見つめる
○第1回「CSRとNSRに、NPOはどう取り組むか?」
 下澤嶽さん(特)国際協力NGOセンター(JANIC)
 関正雄さん(株)損害保険ジャパン

→ 社会責任(SR)に関する国際ガイドライン「ISO26000」の
  策定に、NPOと企業の立場で参加していらっしゃるお二人に、
  これまでの経緯と、今後の展開について、じっくり伺いました。

○「日本のNPO65人が見た、これまで10年・これから10年」(前編)
 星野美佳(IIHOE)

→ 日本を代表するNPOリーダー65人に、これまで10年の良い変化・
  悪い変化と、今後10年の見通しについて伺いました。

■事業する運動家、運動する事業家(インタビュー)
(特)別府八湯トラスト 菅 健一さん
(特)ハットウ・オンパク 鶴田浩一郎さん、野上泰生さん

→ 地域の人々がつくる小さなイベントが、地域を動かすチカラになる。
  全国各地に広がりつつある「オンパク」は、どう生まれたのか。
  なぜ、どのように、地域の企業人が立ち上げたのか。
  その背景と経緯を伺いました。

■ 地域のNPO支援センターがおススメする協働事例集 Part2
○市民活動スペース「アウ・クル」運営管理事業
○「なまら便利なバスマップ」作成配布事業
○花巻広域公園ぎんがのもり利活用プロジェクト
○仙台市 ホームレス衛生改善事業、同 公園等清掃事業団体への助成
○市民が利用者目線で取り組む調査
○官・民2つのフィルム・コミッション(FC)事業

→ 前号の発行直後から、全国各地の自治体から「参考にしたい」
  「職員に配布したい」とお問合せが相次いでいる事例集の第2弾!

■ 第3回「協働環境調査」速報!
「行政による協働の制度化は進んだが、
 市民とともにしくみを育てる動きは深まらず」
 芝原浩美(IIHOE)

→ 04年、05年に続き、全国252自治体の「協働環境」をまとめた
  調査の速報です。

■ Q&A(誌上マネジメント相談)
「団体の活動と、環境への配慮をうまく両立させるには?」
 回答者:松本修一さん(V・マネジメント)
     田口由紀絵さん((特)パブリックリソースセンター)

■ 会議上手になろう!
「業界をあげた取り組みを起こす会議」
 青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)

■ NPOWEB headline
「2007年10月〜11月のニュース」(http://www.npoweb.jp)
 シーズ=市民活動を支える制度を作る会

■ もっと、もっと、コミュニケーション!
「コミュニケーションの『きわ』を工夫しよう〜“アメニティ”の視点を」
 古賀桃子さん((特)ふくおかNPOセンター)

■ NPOのリスク・マネジメント【実践編】
「ゴールをめざす過程でリスク・マネジメントを徹底させる
〜プライバシーマークを取得したプラン・ジャパンの場合〜」
 中原美香さん(NPOリスク・マネジメント・オフィス)

■ グラントメーカーズ(インタビュー)
ソフトバンクモバイル(株)「社会的投資プログラム」

■ 蝸牛点睛(連載コラム)
「会社は誰のためにあるのか?」
 加藤哲夫さん((特)せんだい・みやぎNPOセンター)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この機会にぜひご購読ください!第52号だけでもお求めいただけます。

========
年間購読(6冊)
========
○定価:5,250円(税・送料込)
○NPO特別割引価格:3,500円(税・送料込)
 *団体に所属し運営に関わっている方は、割引の対象です。
  法人格の有無は問いません。

=======
バックナンバー
=======
○1冊:840円(送料別)
 *第30号・第39号、第40号は完売のため、PDFデータからの
  ダイレクト・プリントにてお送りいたします(1冊525円
  (送料別)に割引いたします)。どうぞご了承ください。
○お得な6冊セット:3,500円(税・送料込)
 *号数が連続していなくてもOK。お好きな6冊をお選びください。
 *第30号・第39号、第40号は完売のため、PDFデータからの
  ダイレクト・プリントにてお送りいたします(6冊中1冊が
  該当する場合は3300円、2冊なら3100円に割引いたします)。
  どうぞご了承ください。

=======
お申込み方法
=======
下記にご記入の上、Eメール(office.iihoe@gmail.com)にて
お申込みください。
請求書および郵便振替用紙を同封の上、お届けいたします。

〜〜〜〜〜〜【お申し込み用返信フォーム】〜〜〜〜〜〜
お送り先ご住所:(郵便番号もお忘れなく!)
 〒
お送り先お名前:

請求書のお宛名:

ご希望号数と冊数:
(年間購読の場合には、お届け開始号数もお書き添えください。)

連絡先お電話番号:

〜〜〜〜〜〜〜【フォームはここまで】〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★お問合せはこちらへ↓

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-7-8-306
電話:047-380-2790 FAX:047-381-6040
Eメール: office.iihoe@gmail.com
コメント