CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
https://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
【開催報告】(特)ハンガー・フリー・ワールド に学ぶ工数管理:第2回勉強会 [2019年01月23日(Wed)]
NPOの社会責任(NSR)取組み推進プロジェクト 人事・総務勉強会
「(特)ハンガー・フリー・ワールド に学ぶ工数管理」
2回連続講座のうちの第2回目の勉強会を1月21日(月)に開催しました!

(特)ハンガー・フリー・ワールドさんで実践されている工数管理の手法を学びながら、
自組織で工数管理を導入するための課題や対策を検討し、
課題解決のための知恵を出し合おう!というこの講座。

10月12日に実施した第1回勉強会では、
ハンガー・フリー・ワールドさんの工数管理がどういう経緯でできたのか、
どういうしくみで成り立っているのか、
ハンガー・フリー・ワールド事務局次長 田中梨佳様に詳しく伺いました。
※第1回勉強会の開催報告はこちら 
※開催概要(案内文)はこちら

その3カ月後に実施した第2回勉強会では、
参加団体の工数管理の取り組みについて、
1)これまでどのように工数管理していたか
2)今回、どのように使ってみたか
3)質問したいこと
4)改善提案したいこと
の4点について、それぞれご発表いただき、
それぞれの取り組みに対する質問や助言のやりとりを中心に行いました。

photo190121HFWstudy2.jpg

参加団体からは、
・ミッションと、実際に行っていることの比較から始めることが必要。
・自分がどれだけオーバーワークだったかわかった。
・時間は小さい団体にこそ大事な経営資源。
・資料作成と移動時間に時間が多く割かれていて本来やるべきことに
 時間が使われていないことが分かった。
・タスクを固定して工数管理できないこともある。
・臨時のタスクに対応するために、余裕工数を確保する習慣が必要。
などの話が出ました。

全体を振り返って、
・文化はなかなか変わらないので、徐々に。
・経営側の都合ではなく、「みんなのためになる」ということを伝えていくことが必要。
・社会的にどんなインパクトがあるか、から優先順位をつけることが大事。
・長期的にバリューがあることは何か、バリューにもともと順番をつけておく必要がある。
・短い時間でやる癖をつけよう。
・効率化で生まれた時間を何に使いたいか。
と、ハンガー・フリー・ワールド事務局次長田中梨佳様やIIHOE川北からのコメント
をもらって、締めくくりました。

講座に参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった田中様、
本当にありがとうございました!

各団体での工数管理の取り組みはまだまだこれから続きますが、
ヒントや助言を持ち寄りながら、相談できる関係を続けていけたらと思います。

(文責:IIHOE星野)
コメント