• もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
https://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
(10/20)【地域力!パワーアップ研修】特別オプション企画! [2013年10月09日(Wed)]
★【地域力!パワーアップ研修】特別オプション企画@★

「小規模多機能自治を学ぶ特別勉強会」in 三重
10月20日(日)16:30〜19:00


*本プログラムは終了しました。
 プログラム内容を見たい方は「続きを読む」をご覧ください。

都心部も含め、全国各地で急速に進む多老化。
見守りをなど安全・安心の確保や、買い物をはじめちする生活基盤の維持など、
地域の持続可能性をどう守り抜くかは、もはや全国共通の課題です。

2005年に6町村の合併で発足した雲南市(島根県)は、東京都23区に
相当する550㎢に人口4万2千人弱と、人口密度は東京の200分の1以下、
高齢化率は33%超と、日本全国の20年以上先の水準です。

その雲南市では、新市発足直後から、新たな地域自治のしくみとして、
概ね小学校区ごとに自治会やPTA、消防団や生涯学習サークルなど、
地域内の多様な団体を挙げた「地域自主組織」を、住民発意で市内全域
(29地域)で結成。2010年からは、公民館やコミュニティ・センターを
すべて、地域自主組織の指定管理による「地域交流センター」として、
生涯学習のみならず、地域づくりや地域福祉の拠点として、地域自らが
できることを自発的に担える制度を導入しました。
IIHOEは、07年以来、その現場を担う方々のお手伝いを担当させていただき、
その営みを「小規模多機能自治」と名付けました。

地域に求められる公共サービスを、人口減少と多老化で、財政の厳しさが
ますます募る自治体行政だけでなく、地域住民自らによって主体的・
積極的に進める、いわば「小さくても、できることを少しずつ増やす」
小規模多機能自治は、全国各地に広がりつつあります。

三重県伊賀市の“伊賀流自治”の取り組みのお話も伺いながら、
「総働で挑む地域づくり」を学びましょう!

<日時>
10月20日(日)16:30〜19:00

<プログラム>(計2時間半)
□島根県雲南市で進む「小規模多機能自治」のご紹介
□三重県伊賀市の“伊賀流自治”の取り組み

□ミニワーク「小規模多機能自治をどう進めるか?」
□質疑応答

<会場>
アスト津
(3階 みえ市民活動ボランティアセンターミーティングルーム)
三重県津市羽所町700(TEL 059-222-5995)
津駅から徒歩1分 (有料駐車場あり)
http://www.ust-tsu.jp/access/index.html

<定員>
30名

<対象>
地域自治や地域組織に関わる行政側ご担当者のみなさま、
地域づくり支援を行う組織の方
(活動地域・分野、支援の形態は問いません。)
*このオプション企画の勉強会のみのご参加も歓迎です。

<主催>
小規模多機能自治を考える雲南の集い(雲南ゼミ)
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]

<参加費>
2000円

<申込>
下記URLのフォーマットに記入の上、10月18日(金)までにお送りください。
定員になり次第、締切らせていただきますので、お早目にお申込みください。
http://goo.gl/OQdSlN

※開けない場合は、メールにて、お名前、ご所属、ご役職(ご担当)、
 ご連絡先(eメール、電話番号)を書いてお送りください。
 送付先 hoshino.iihoe@gmail.com

<お問い合わせ先>
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 担当:星野
hoshino.iihoe@gmail.com 070-6971-3523
コメント