CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«飯田市の夏は暑くなっているのか?(1) | Main | 第4気象学講座「豪雨災害の教訓」開催のお知らせ»
飯田市の夏は暑くなっているのか? (2) [2015年08月11日(Tue)]

前回夏の最高気温の平均が上がっているという報告をしましたが、夏の暑さを表す指数として猛暑日の発生日数も伸びています。「猛暑日」というのは1日の最高気温が35度を超える日を指し、2007年4月から使われるようになりました。
1961年〜1980年の20年間の猛暑日の日数は平均0.45日。この頃の飯田市では2年に1度程度35度を超える日が出るという程度だったのが、2005年から2014年の飯田市の10年間のデータを調べてみると、年平均4.7日猛暑日が発生しています。


猛暑日 日数.jpg

傾向としては最高気温も高くなっているのとあわせて、8月後半になってもまだ35度を超える日が出てくるというように暑い日が長く続くようになってきています。このように飯田測候所のデータからみると飯田の夏は暑くそして期間も長くなっています。今年初の猛暑日は7月26日(日)に観測した35.2℃でした。これからも35℃を超える日が続くと思われます。
熱中症対策には近くにいる者同士がお互いの顔や様子を気遣い合うというのが大切だそうです。まだまだ暑い夏、お互い気遣いあいながら楽しく夏を過ごしましょう。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント