CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

いいちゃんさんの画像
いいちゃん
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
大阪
21.オムそばめし (10/05)
fufufuhisako
いい感じのカフェ (09/22)
山Pi
いい感じのカフェ (09/19)
いいちゃん
県庁おもてなし課、読みました! (07/23)
プロジェクト別カテゴリー
月別アーカイブ
いいちゃんさんの読書メーター いいちゃんの最近読んだ本 いいちゃんの今読んでる本
リンク集
地域政策スクール懇親会 [2010年08月31日(Tue)]

今日は地域政策スクールの懇親会でした。

県職員のみでなく、市町村職員の方とも一緒に交流ができる稀な機会です。

そんなわけで今日はイクカジせず…。
今日は関係課ヒアリング [2010年08月31日(Tue)]

午後から県庁に来ています。

公共交通を所管する総合交通対策課、地球環境対策課にお邪魔します。

写真は社会福祉法人が複数集まって運営している「県庁のパン屋さん」。
念願の倉庫 [2010年08月31日(Tue)]

掃除道具を収納する新しい倉庫が公園に設置されました。

これまでの倉庫はドアの建て付けが悪く、閉めるのに力とコツが要ります。

女性にはなかなか厄介でした。

ドア以外は利用可能なため、二つ併用します。

写真右手が古いものです。
イクカジも書きます! [2010年08月30日(Mon)]


これまで2つのブログを並行して書いてきました。


どちらも自分なりのファザーリング(父親を楽しむ)について、とりとめなく。


先日、ある身近な人から「君は観念的で、育児は楽しむなんて、そんな生易しいものじゃないんだよ。」と言われました。


なるほど。


やっぱり、具体的な行動が見えず、きれいごとばかり、理想的な事ばかり言うな、と感じる人も多いですね。


反省と、その人に感謝です。


そんな出来事が契機ですが、2つあるブログを1つに整理します。


「シチズンシップ獲得奮闘編」っと銘打って、地域活動メインに書いてきましたが、今日からは私個人の育児、家事への関わりも書いていこう、と思っています。


自分にとって育児、家事は「覚悟」の問題。覚悟を決めて、我が家のプロジェクトXに携わるつもりです。


早速、本日のイクカジ。


家族でディナー料理

絵本読み聞かせ(カラスのパン屋さん、いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう)本

風呂掃除温泉



P.S.
いつになっても父親との喧嘩は絶えませんね〜怒り





原爆ドームにて想う [2010年08月28日(Sat)]


先週、大阪での友人の結婚式の帰り、広島で途中下車し、原爆ドームと資料館に行ってきました。


夫婦とも今回が初めての原爆ドームで、広島駅から市電で10、15分位の場所でとてもアクセスよく、平日だったのですが、多くの旅行客が訪れていました。


中には記念写真を撮影している人もいましたが、なんだか憚られたので、ブログ用にと遠目からの建物全体像の写真です。


思っていたよりも小さい建物でした。


原爆当時を物語る世界遺産ですが、正直、建物だけ見ても平和ボケしている私には、その戦争や原爆の恐ろしさがいまいいち伝わってきませんでした。


しばらく建物の周囲を歩いていると、60歳位の男性が街頭に立っており、旅行客に対して何やら熱心に話しかけています。


首からは「Free Guide」と書かれたプレートが下がっており、その男性を10人前後の旅行客が取り巻いていました。


その男性は、ちょうどお腹にいるときに母親が被ばくしたそうです。そのため、被爆者の第4号として「被爆者手帳」を持っているとのこと。


この「被爆者手帳」を持っていると、医療費の優遇などが国から受けられるのだそうです。


ただし、この「被爆者手帳」をもらえない原爆の被害者も数多くいるそうで、認定しない国への怒りや、今だ公表されない当時のアメリカの行った、被ばく日本人をモルモットとして扱った事実を、毎日この街頭に立って、旅行客に話し続けているそうです。


誰から言われたわけでなく、自発的な活動を数十年続けてきているそうです。


その後、原爆ドームから徒歩10分位離れた場所にある資料館を見学し、原爆のむごたらしさや、被害の大きさを知ることが出来ました。


ただし、やはり今も記憶に残るのはビデオで流れる声よりも、街頭に立っていたおじさんの怒りのこもった話です。


誰が正しい、正しくないはないのかもしれない、ただ戦争は悲惨な事で、その深い悲しみはちょっとやそっとじゃ癒えるものではないという事実だけが残っているような気がします。


ケイスケ男の子がもう少し大きくなったら、また家族で訪れようと思っています。


「なぜ、人を殺したらだめなの?」なんてバカな質問をするような子どもだけには育てたくないので。


P.S.
今日は父と子二人の土曜日です。
ケイスケが寝ている時だけ、ゆっくりブログが書けます笑顔



より大きな地図で Beppu Fathering Life Map を表示
パソコン導入 [2010年08月25日(Wed)]

地域政策スクールのグループ毎にパソコンが導入されました。

これで欲しい情報をサクサク検索しますよ!
本日は地域政策スクール [2010年08月25日(Wed)]

今朝、バタバタ作成した資料です。

福祉有償運送関係と運輸・交通と環境について2種類です。

今日も皆で話し合いです!!
値段交渉は違法行為 [2010年08月21日(Sat)]

恥ずかしながら、知りませんでした。

話には聞きますし、自分も何度か試みた気がします。

あまり成功した記憶はありませんが、以後気をつけます(>_<)
事件は会議室で起きてるんじゃない! [2010年08月21日(Sat)]
今日はなんだかうれしい気分で記事を書いています笑顔

県とNPOとの協働を推進する職員研修の一環として、今年度から始めた「NPO現場体験研修〜飛び出せ公務員プロジェクト〜」に参加し、NPO現場を体験した職員の方からおんぽネット(県庁内ML)を通じて、感じたこと、気がついたこと等の情報を共有、報告していただいています。

まだ動き出して間もないプロジェクトで、これからどんどん職員がNPO現場に足を運んで、実体験を重ねていくことになるのですが、大体においてそのNPO活動に感動し、ファンになってもらえると思っています。(私もその一人です)笑顔

書類だけではうまく伝わらない、NPO活動に携わる方々の笑顔や人間味がそこにはあるからだと思っています。

今回、現場体験研修に参加した職員(Hanaさん)が書いたNPO活動ブログを最後にご紹介します。

このブログの記事からも、その職員がそのNPO活動に感動し、その活動のすばらしさを地域、社会にちゃんと伝えようという気迫を感じます。

こういう思いを持った職員を一人でも多く増やしていくことが、NPOとの協働、よりよい地域づくりに繋がっていくと思っています炎

◎ABC活動日記→http://abc-program.jugem.jp/
10.NPOのつくり方 [2010年08月18日(Wed)]

少し前に読んだ加藤哲夫さんの著書です。

加藤さんには、縁あって昨年から大分の市民活動を応援して頂いています。

学びの年になりそうです。
| 次へ