CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«家事の分担 | Main | チラシ配りで大事なことに気がついた!»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

いいちゃんさんの画像
いいちゃん
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
大阪
21.オムそばめし (10/05)
fufufuhisako
いい感じのカフェ (09/22)
山Pi
いい感じのカフェ (09/19)
いいちゃん
県庁おもてなし課、読みました! (07/23)
プロジェクト別カテゴリー
月別アーカイブ
いいちゃんさんの読書メーター いいちゃんの最近読んだ本 いいちゃんの今読んでる本
リンク集
県庁おもてなし課、読みました! [2011年07月07日(Thu)]


(アマゾンの商品紹介より)
地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。


行き帰りの通勤時間に読みました。


ハードカバーで鞄に入れて持ち歩くのが重かったけど、内容は面白かった。


特にはじめの方は、「あるある」と、少し痛い気持ちになるくらい。


外の世界から見ると、なんて非効率、優先順位の付け方が内向きなんだろうと、笑ってしまうくらい。


ここのところ、色んな機会に地元(大分)の良さを再認識するべし!的な意見にふれる機会が多い。


この本もそういうことを随所に書いてある。


自分も早く、一度外側に自分を置いて、大分、日本のことを見てみたいな〜。


本を読み終えたとき、そんな野望を再確認した瞬間でした。


P.S.
恋愛ネタも盛り込まれ・・・、あまり書かまい。
コメントする
コメント
タカノさん、コメントありがとう。

先日、仕事の関係で高知県庁の方と話す機会があり、つい「おもてなし課」って本当にあるんですよね〜なんて、聞いてしまいました。

もちろん本当にありましたよ。笑顔
Posted by: いいちゃん  at 2011年07月23日(Sat) 00:26

こんばんは!
初めてコメントします。うまくできてますか?
私も最近この本を読みました。方言の解読が難しいところもありましたが、最後までワクワクしながら読めました。恋愛ネタが、よい感じに効いていたからでしょうか。
Posted by: タカノ  at 2011年07月17日(Sun) 22:58

面白そうですね。
Posted by: ナガスエ  at 2011年07月09日(Sat) 01:06