CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「美し国おこし・三重」拡大座談会 地域づくり交流会・いが | Main | 久米住民自治協議会だより 第1号»
プロフィール

伊賀市ゆめぽりすセンターさんの画像
最新記事
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新コメント
西村享一
広報ふるやま 第201号 (03/26) maruko
「シンポジウム 大震災から学ぶ多文化共生のまちづくり」が開催されました! (07/10) つたまる和田
書き描き展! (01/22) administrator
書き描き展! (01/21) つたまる和田
書き描き展! (01/21)
伊賀の伝丸 災害にも強い多文化共生事業(於 小田地区市民センター) [2012年02月12日(Sun)]
2月12日(日)13:30から、小田地区市民センターにて
災害にも強い多文化共生事業
『世界のおやつを囲んでお話しましょう!』小田町多文化交流会
が開催されました!

伊賀の伝丸 有岡さんの司会で、本日の交流会の流れとスケジュールについて説明がありました。各テーブルでの懇談の前に、菊山さんと外国人住民3人の楽しいトークの場があるようです。


小田町住民自治協議会 田村会長よりあいさつがあり、本日の交流会の経緯・意義についてお話がありました。阪神・東日本と大災害を経験した日本で「災害にも強い多文化共生」が今こそ求められている状況や、多くの外国人が住む小田町としての今後の取り組みについて、地区住民に理解しやすい説明がありました。


伊賀の伝丸副代表の菊山順子さんによる、伊賀市における外国人集住率やその他、外国人と共に暮らすまちづくりに関連する資料等の説明の後、中国・ブラジル・インドネシア出身者代表として、3名の外国人在住者とのトークがありました。
外国人からみた日本での暮らしにおける面白いエピソード・失敗談など、楽しく盛り上がりました。3人とも皆さん「プラス思考な性格」とご自分でおっしゃるだけあり、会場を笑いに包む話の中にも、日本人から外国人居住者へのコミュニケーションの取り方等に関して「なるほど!」と思う話題も盛り沢山でした。


本日は、小田町住民を対象とした交流会です。
日本人(外国出身者の家族を含む)29名、外国人11名の参加者でした(スタッフ除く)。
テーブルで「各国のおやつ詰め合わせ」を囲んで、日本人・外国人の住民同士の会話も弾み、普段街で出会ってもなかなか話すチャンスがないことや、町での行事の参加の際のコミュニケーションなど、「今後気兼ねなく声掛けれるね!この場をきっかけにして」と懇談しているテーブルもありました。
こんな雰囲気がつくられる場の大事さを皆さん感じておられる様子でした。


次回の交流会は3月18日(日)の予定です。
お問合せ・連絡先
特定非営利活動法人 伊賀の伝丸
〒518-0861 三重県伊賀市上野東町2934-11
Tel&Fax 0595-23―0912

交流会開催場所
小田地区市民センター
小田町住民自治協議会 0595−21−3346


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント