CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
伊賀市内で感染者確認 10歳代大阪居住 伊賀市帰省時に発病 [2020年07月22日(Wed)]
 三重県は22日伊賀市内で10歳代の男性の新型コロナウイルスへの感染者が発生したと発表しました。三重県全体では59例目となります。男性は11日に自宅のある大阪市から実家の伊賀市内へ帰省中に発症したとのことです。

下記の感染予防に十分ご注意下さい。
・頻回の十分な手洗いおよび咳エチケットの励行
・出勤前の体温チェック(発熱や倦怠感、味覚異常などを感じたら「帰国者・接触者相談センター」へ相談する)
・密閉・密集・密接といった「3密」の回避
・ドアノブや机などの消毒の励行
・スマートフォン保有者は厚生労働省の「接触確認アプリ(COCOA)」をインストールし、濃厚接触を把握できるようにする
・懇親会等への参加や感染リスクの高い場所への移動を避ける

※「帰国者・接触者相談センター」:伊賀保健所電話1(プッシュホン)0595-24-8050(番号が変わっています):9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)
21時00分から翌9時00分までは、三重県救急医療情報センター電話1(プッシュホン)059-229-1199番
名張市内で感染症患者の発生(県内延べ53例目) [2020年07月16日(Thu)]
 東京や大阪など大都市圏では感染者の拡大が続いていますが、次のとおり名張市内でも感染症患者が発生しています。
 いよいよ第2波の様相を呈してきています。
 三重県では、感染予防策を次のとおりわかりやすくまとめています。
 ご自身と家族を守るために軽率な行動を控え、感染予防に十分ご留意ください。
封書で架空請求が送られてきています [2020年07月08日(Wed)]
 民生委員さんの会合で市民から架空請求が封書で届いたと連絡がありました。特別定額給付金を狙って送られてきているものと思われます。
 これまでは葉書で大量に送られてきていましたが、信用させるためにか、郵便局で葉書ははじかれるためか、封書を使うようになったようです。ご丁寧にも「ハガキによる督促は詐欺です 法務局からハガキで通達が届くことはございません」と記されています。
 ぜひ多くの人に知らせてあげてください。


  • DSC_0005 .JPG