CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main
マスクをご寄付いただきました [2020年05月14日(Thu)]
 本日、伊賀北ライオンズクラブ様(会長中井洸一様)から、布製マスク(医療用としても使用でき、再利用可可能な製品)を1,000枚、サラヤ様から消毒剤(ヒビスコールS1l)を350本ご寄付いただきました。
 布製のマスクは、同クラブ会員の不働暁東(フドウ アキト)様のご友人、夏紅芳(シャ ホウコウ)様よりご提供をいただきました。
 近日中に伊賀市社会福祉法人連絡会傘下の15法人へマスクを66枚、消毒剤を23本ずつ配布予定です。介護や福祉の現場ではマスクは自作のものを使うなど、その確保に困っています。また、サラヤ様の消毒剤もこれまで多くの現場で使ってきたものですが、確保が難しい状況でしたので、たいへんありがたく頂戴し、有効に活用させていただきます。

 提供者紹介:寧波市聯誠世紀服飾工貿有限公司(縫製業)社長
 日本向けカットソー衣料品メーカーです。中国寧波市の東郊外に所在。敷地面積2,000平米 従業員120名・日本製ミシン150台導入「良質・開拓」をモットーに、特に日本市場で需要の高い生地の開発に力を入れ、年間100万枚の生産能力を誇る寧波地域有数のLADY'S専門衣料品メーカーとなっておられます。
 日頃の日本との貿易への感謝の思いから、このたび新型コロナウイ ルス感染症拡大防止に伴う日本のマスク不足に憂慮し、社会貢献のため、日本に輸出販売も手掛けている自社製造マスクを提供、寄贈を伊賀北ライオンズクラブ様に依頼されました。

DSCN0645.JPG
左から順に伊賀北ライオンズクラブ会長中井洸一様、伊賀市社会福祉法人連絡会会長小竹紀忠様、伊賀市社会福祉協議会福壽勇会長

DSCN0652.JPG
左から2人目は寄贈者ご友人の伊賀北ライオンズクラブ副会計不働暁東様

DSC_0003.JPG
| 次へ