• もっと見る
« 卒業アルバム支援 | Main | 珍客万来… »
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/iding-journal/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/iding-journal/index2_0.xml
ロマンとロマンスと現実と[2015年04月16日(Thu)]


巷で少しずつメディアで話題になっているあの亀ヶ池ですが
3月上旬頃から実行委員会形式で模索し5月17日に
お魚移動とゴミ拾いのイベントを行うこととなりました。
詳しい概要は近々に掲載します。
で、
お金?予算は無いんでこれから皆様にお伺いします。
宜しくお願いしますです・・・。
企業協賛(物)の既に計画はある程度決まりまして
お魚移動用ホイルローダやらオペレーターやら
いつものお仲間(煮込み屋チョウチン)の炊き出しやら
櫻山神社宮司のありがたいお祓いだったりと
割と派手目のコンテンツです。

DSC_2501 (300x201).jpg

そして今日は今後の亀ヶ池の本格的な測量調査【これも協賛】で、
私はお手伝いのふりして予てからの
噂の池底の岩盤もしくは岩の敷詰めは本当か?を
検証する為ココ掘れわんわんですが、残念な結果、砂利と粘土質。
ロマンは儚く消えました・・。
残るはロマンスか〜?
ホタルが舞い上がるような池になって誰かと見に来る・・。
出来るのかしらん?

【(カテゴリなし)の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/iding-journal/archive/349
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント