CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
MICKEYBOARDS
国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆

« 2021年07月 | Main | 2021年09月 »
プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年08月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【20th Century Women 】を観た。[2021年08月31日(Tue)]
【20センチュリー・ウーマン】(2016 US)を見ました。

  https://m.youtube.com/watch?v=1h19wSOAPTs


  1979年、カリフォルニア州サンタ・バーバラ。
  高齢出産した55歳のシングルマザーは15歳の息子に
  自分より幸せな人生を歩んで欲しいと願っています。

  自宅を間貸ししている人々と交流しながら
  暮らしています。複数の年上女性の影響で、
  息子は立派なサブカルオタクへと成長拍手

  トーキング・ヘッズが流行っていた当時、
  水と油の関係と言われた、
  BLACK FLAG ♬はLA ハードコアパンクバンドギター(エレキ)
  サンタ・バーバラに住む若者にとっての地元近く出身のスター星2です。
  こういうバンドを知ることができたのも収穫。

  美しいビーチ🏖️陽光太陽️、細部にこだわったインテリア、ファッション紳士服
  そしてメロディ音楽。
  マイク・ミルズ監督の青春が常に流れていて心地よい情感です。

  この少年こそ、若き日のマイク・ミルズがモデルなのがわかります。
  ((シングルマザーに育てられたわけではないけれど。
  後にミルズの監督第二作❬人生はビキナーズ❭(2010年)で描かれた、
  75歳にしてゲイであることをカミングアウトした父がいました))

  私が、サンタ・バーバラに行ったのは、79年よりも何年も後でしたが、
  醸し出している当時の空気が懐かしく、
  『昭和はネットもなかったけどよかったなぁ〜』という気持ちに
  似ています(*´∀`)♪

  映画の感想って鑑賞直後と翌日以降とでは変化しますね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
  夢にじわーーっと出てきましたビデオカメラ

  1979年のカリフォルニアの女性たちの思想、カリフォルニアの文化が
  組み合わされたマイク・ミルズらしい優しい作品でした。

  
  
Posted by icba-committee at 10:48 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【楽しい雪の結晶】を読んだ。[2021年08月30日(Mon)]
武田康男 著 【楽しい雪の結晶 観察図鑑】(2020 緑書房)を読みました。

    https://www.midorishobo.co.jp/SHOP/1580.html


  日本で観察できる雪の結晶16種を紹介する図鑑。
  気象予報士であり、「空の探検家」「空の写真家」として活動する著者が
  撮りためた雪の結晶の写真をグローバル分類に則って整理し、まとめたものです。
 

   ️針のような形、砲弾状のもの、鼓状のものなど、実に多様な形があることがわかります。
    美しく、珍しくずっと見ていても飽きません。

    先日、著者が出演したオンラインイベントで本作品を知りました。

        🏔️暑いので太陽失敗、涼めましたあせあせ(飛び散る汗)

    


 
Posted by icba-committee at 23:30 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
記者サロン「バイデン政権と日本 米国でのアジア系差別はいま」を視聴した。[2021年08月29日(Sun)]
記者サロン「バイデン政権と日本 米国でのアジア系差別はいま」(朝日新聞社主催)を
    オンライン視聴しました。


   〈出演者〉

        デビッド・ナカムラ
        米ワシントンポスト紙記者。
        2011年から10年間、ホワイトハウスを担当した。
        米CBSの討論番組「フェイス・ザ・ネーション」など米主要メディアに出演多数。
        現在は米司法省担当として、米国の人種差別問題などを幅広く取材。

        尾形聡彦 
        朝日新聞サンフランシスコ支局長。
        1993年入社。東京経済部、ロンドン特派員などを経て現職。
        2009〜12年はワシントン特派員としてホワイトハウスなどを担当。

        五十嵐大介 (いがらし・だいすけ) 
        朝日新聞経済部次長。国際経済担当。


      バイデン政権発足後、最も悲しい出来事が起こりました。
      アフガニスタン🇦🇫の爆破テロで13人の米兵が犠牲になりました。

      デビッド・ナカムラ氏は2010年、オバマ政権時代にカブールに4ヶ月間滞在しました。
      当時は海外記者たちは今ほどの危険は感じなかったそうです!
      現地で知り合った他国の記者たちとの交流を聞きました。

      アメリカ国内でのアジア系ヘイトクライムは年々増加。
      NY, Boston, LA ,Seattle ,の沿岸部大都市で多く、Chineseへの被害がダントツです。
      
      ナカムラ氏は自身も日系4世でmidwest で育ち教育を受けたので、
      常に自分のアイデンティティーを考えながら米国で生き、取材をしているそうです。
      東海岸時間:深夜0時スタートにもかかわらず快く状況を伝えてくださいました。

      この根強い社会問題は今後も注目していかなければなりません。
      
Posted by icba-committee at 11:13 | from Musician Mickey★*☆♪ | この記事のURL | コメント(0)
【Learning to Drive 】を観た。[2021年08月28日(Sat)]
【しあわせへのまわり道】(2015 US)を見ました。


   政治亡命したシーク教徒🇮🇳のドライバーと、
   離婚が決まった書籍評論家が、🚘運転教習を通じて心を通わせる実話の映画化。

     https://m.youtube.com/watch?v=pRObk9auW_k
   
     ❬死ぬまでにしたい10のこと❭❬あなたになら言える秘密のこと❭
     ❬ナイト・トウキョウ・ディ❭の
     スペイン国旗 スペイン女性:イザベル・コイシェ監督作品。


    運転することは自分の人生を生きること。
    大都会NYでこんな友情も生まれるのかと思うと、
    温かな気持ちになります。
    

   インド人ベン・キングズレー、パトリシア・クラークソンと言うことなしのキャスティングでした。
   主人公の娘役のグレイス・ガマーは、
   メリル・ストリープの次女です。
   移民問題、離婚問題などをシリアスに盛り込んで
   深く考えさせられました。


          ラストの大人っプリが素敵でした。
   

   []NYのインド人右矢印1️❬マダム・イン・ニューヨーク❭と並んで忘れられない
   ハートフルヒューマンドラマでした。
          ターバンについて知ることができて良かったです。


    …………「路上運転に人生は持ち込まない事」………

   
   

   
Posted by icba-committee at 11:58 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【ハチワン結婚相談所】を観た。[2021年08月27日(Fri)]
【ハチワン結婚相談所】(2019 こだか さり 監督)を見ました。

   http://kodakasari.work/81kekkon/

    結婚相談所に通う女性は、こだわりが強すぎるあまりにお見合い相手を
    決めることができない。そこでカウンセラーが彼女に提案したのは、
    相手の私生活をのぞく「のぞきお見合い」。
    女性が男性を覗く目って。。失敗あせあせ(飛び散る汗)
     戸惑いながらも「のぞき」を始めた彼女を待っていたのは―?

     短編ながら、制作費がかかっているように感じます。
     (事務所、自室、新居、結婚式シーンなどチャペル)
     クラウドファンディングしたようです。
     エンドロールにcreditが出ていました。
     テーマがユニークで役者さんたちが爽やかで良いですね。

    八王子shortfilm映画祭は、
    ❰カメラを止めるな!❱で大ブレイクした上田慎一郎監督出身の映画祭です。
    こだか監督も今後どんどん活躍していただきたいです。

    目

    第7回八王子shortfilm映画祭・観客賞受賞 広島こわい映画祭入賞     位置情報


   

   
Posted by icba-committee at 13:49 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【みんなで一人旅】を読んだ。[2021年08月26日(Thu)]
遠藤彩見 著 【みんなで一人旅】(2020 集英社文庫)を読みました。

   https://search.yahoo.co.jp/amp/s/books.shueisha.co.jp/items/contents_amp.html%3Fisbn%3D978-4-08-744170-3%26usqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D


    男二人は聖地を目指す/
             みんなで一人旅/
             癒やしのホテル/
             空飛ぶ修業/
             氷上のカウントダウン/
             誰も行きたがらない旅/
             幸せへのフライトマップ  


     旅の話、7篇

    初めての海外旅行🛄でお一人様限定ツアー、トラブルとトラベル。
    誰も行きたがらない社員旅行。バス
    ロシア国旗ウラジオストクでわがままな女子大生に振り回される女性、ラストは痛快です!
    親孝行のバーチャルフライト、🛫(池袋にあるのですね、知りませんでした)
     

    いちばんのお気に入りは、
    韓国国旗ソウルで美容整形をした人々が〈静養〉風邪ひきのために泊まるホテルホテル2
    実在するのでしょうか。

    初読み作家さんで、脱力系かと思っていました。
    予想外にメッセージ性が高く
    感動もの、大笑いもの、ほろ苦いものといろいろありました。

        私もVRの旅をしてみましたが、迫力があってとても楽しかったです。

      〜〜〜〜早く自由に旅がしたい…〜〜〜〜


            みんなの共通の願いですね星2
     

   
Posted by icba-committee at 15:02 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【躁鬱大学】を読んだ。[2021年08月25日(Wed)]
坂口恭平 著 【躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません】
       (2021 新潮社)を読みました。

   https://www.shinchosha.co.jp/book/335953/


   
       躁鬱病は「病気」ではなく、一種の『体質』と捉え
       ❰躁鬱人❱と呼んでいます。
       本書は躁鬱人による躁鬱人の為の講義です。
       著者が敬愛する 精神科医の神田橋條治氏のことばを解釈し、
       それを共有しています。

       悩みと思っていた事は、実は人類共通の特徴であり生理現象である。
       〈出す事〉が重要だ、トイレを増やせば自殺者は減るということです。(-_-;)

       気持ちの浮き沈みがあって困っている時に、具体的な対処法を提示していて
       わかりやすいです。
       
       「自分とはなにか?」ではなく、
              「今なにがしたい?」と聞いてみる


           これが大切ですね。

            多くの人が救われると思います。\(^o^)/

     http://hatakoshi-mhc.jp/kandabasi_goroku.pdf

      ▩神田橋語録▩

     
   
Posted by icba-committee at 15:49 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【Jai Bhim !】を観た。[2021年08月24日(Tue)]
【ジャイビーム インドとぼくとお坊さん】(2020 竹本泰広 監督)を
     見ました。

    https://www.jaibhim-movie.com/

   🇮🇳    What's Jai Bhim ?


     インドの中央都市ナグプールでは、朝からインド人同士が「ジャイビーム」
     と挨拶を交わしています。主にインドの仏教徒たちの挨拶のことば。

     3000年以上に渡ってインドの根底にまで染みついたヒンズー教における
     カースト制度を禁止しようとして、貧しい階級から努力して政治家になった
     「ビームラーオ・アンベードカル」という偉人がいました。

     奴隷のように扱われていた人たちが人間たる尊厳を取り戻すために、
     ヒンズー教から仏教に改宗する大きな運動が、60年前に
     アンベードカルを中心にナグプールの都市で行われたのです。

     「ジャイ」は万歳、
     「ビーム」はアンベードカルの名。
      アンベードカル博士の存在と行動は、虐げられた人たちにとって、
     人間として生きるための微かな光になり勇気となりました。

      アンベードカル亡き後、その遺志は時空を超え、
     旗(祝日・日の丸)日出る国からインドの大地に現れたひとりの僧侶に引き継がれることになります。
     路頭に彷徨う人々の新しい光となり、今もインド民衆から多くの尊敬を集めている、
     ❬佐々井秀嶺❭(ささい しゅうれい)さん、本作はその人のドキュメンタリーです。

     数年前に、監督は奥さまの提案で家族でインド旅行しました。カレー
     現地で、インド仏教の頂点に立っているのが日本人だと知り、
     ドキュメンタリー映画を撮ろうと再訪します。

     1935年生まれ。
     32歳で渡印してから50年以上。自殺未遂3回。身分差別や貧困と闘い、
     インド発祥でありながら廃れていた仏教を復興させることに身を捧げ続けている
     佐々井さん。

     生死をさ迷う大病から生還し、昨年はコロナにも感染。
     それでもなお、情熱を持って突き進んでいる姿は、
     私たちにたくさんの希望を与えてくれます。

    
     師はインド料理はまずいといいます。インド人
     日本食が大好きです。
      インドで生き抜くのは大変だ。
     人に騙されるのは当たり前だと言います。
      なぜ、インドにいるか? それが使命だ!と言いきります。

     カースト差別は今もインド社会のあらゆる場面で残っていますが、
     現実にも立ち向かい、人として生きる希望の光(ビーム)きらきらを称えるかのように
     今日もインド仏教徒たちの間では「ジャイビーム」が使われています。

      ジャイビーム!  魔法のことばですね。

     77分の中に愛がぎゅっと詰まった素晴らしい
     ドキュメンタリーを観ることができて元気chargeできました。\(^o^)/

     多くの人に観ていただきたい秀作です。映画(かちんこ)

        
Posted by icba-committee at 22:27 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【社会を変えた50人の女性アーティストたち】を読んだ。[2021年08月23日(Mon)]
 Rachel Ignotofsky:著 野中モモ:訳【社会を変えた50人の女性アーティストたち】(2021 創元社)を
       読みました。

   https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4177

  
  表紙からワクワクしていましたが、開くとポップで
  チャーミングなイラストに目が釘付けにされますきらきら目
  アーティストの功績、感動エピソード、名言、トリビアなどを二頁に盛り込んだ
  ウイキペディアのようなものです。

  昔からアート界は自由だったのかと思いましたが、
  性別や肌の色を理由に専門教育を受けられなかったり、
  発表の場を与えられないなど、差別が横行していたことを知りました。



    管道昇(詩人・画家)、ハリエット・パワーズ(キルト作家)、
    メアリー・カサット(画家)、ナンペヨ(陶芸家)、
    ビアトリクス・ポター(作家・イラストレーター)、
    ジャンヌ・パキャン(ファッションデザイナー)、
    ジョージア・オキーフ(画家)、オーガスタ・サヴェイジ(彫刻家)、
    リー・ミラー(写真家)、フリーダ・カーロ(画家)、
    メアリー・ブレア(アニメーター)、レイ・イームズ(インダストリアルデザイナー)、
    草間弥生(画家・彫刻家・インスタレーションアーティスト)、
    ウェンディ・カーロス(作曲家)、ポーラ・シェア(グラフィックデザイナー)、
    妹島和代(建築家)、シリン・シャネット(写真家・映画監督)他。

   アート制作道具一覧や色彩・デザイン論の基礎知識、歴史年表など、🖼️
    楽しいコラムも収録してあり、パラパラと何度捲っても飽きません(*´∀`)♪

   著者は、歴史や科学・教育・ジェンダートイレなどをテーマにしたイラストを多く描いています。
   世界を変えたシリーズ『世界を変えた50人の女性科学者たち』
   『歴史を変えた50人の女性アスリートたち』も手にとってみようと思います。🌎

   



    
   

  
Posted by icba-committee at 15:07 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【Mutual Understanding 】を観た。[2021年08月22日(Sun)]
【Mutual Understanding 】(2019 野呂悠輔 監督)を見ました。

   https://m.youtube.com/watch?v=4U0na6eKgqk

  
   留学生のフランス人女性はNY[]でホームシックになっていました。(;o;)
   そんなとき、同じ語学学校に通う、謎めいた日本人男性と出会います。
   ある夜二人は、歩いて一緒に帰ることに。
    会話は盛り上がり、女性はうちに来ない?と誘いましたが
   断られます。そして、彼は彼女の前から姿を消しました・・・

    ☆広島こわい映画祭2020☆

         光武蔵人賞    受賞

    ((((;゜Д゜)))

   21分の中で、観客の創造力が広がっていきます。
   どんなワケアリだったのか。。。。
   孤独なのに淋しそうでない彼の独特の雰囲気が夜のNYに溶け込んでいます。

    夏に観て良かったですヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ
Posted by icba-committee at 14:26 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
最新記事
最新コメント
icba-committee
The Hot Sardines ♪ (02/04) まあちゃん
The Hot Sardines ♪ (02/03) icba-committee
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) まあちゃん
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) icba-committee
Cross stitching はさみ (10/09) まあちゃん
Cross stitching はさみ (10/08) icba-committee
全日本 栗愛好会♯ (09/20) icba-committee
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/20) まあちゃん
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/19) 抹茶
全日本 栗愛好会♯ (09/19)