CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年05月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
GLOBE LIVE「日本に来て幸せ?ベトナム人実習生」を視聴した。 [2021年05月13日(Thu)]
GLOBE LIVE「日本に来て幸せ?ベトナム人実習生」(朝日新聞社主催)を
   オンライン視聴しました。


   日本:ベトナム合作映画【Along the Sea ∕海辺の彼女たち】(2020)の
   監督:藤元明緒さんとハノイ支局長の話を聞きました。


    🇻🇳ハノイ、ホーチミンの都会と違って中部出身者は
    働く場所がなくて海外に出稼ぎに行く人が多い。🛫
    国内で職に就くためにはコネが必要なので、
    それがない人々は
    海外に行って稼ぐ方が早いのだそうです。

    夢を抱いて日本に実習生としてやって来ても、
    長時間労働を強いられ残業代は払われず、
    過酷な毎日から失踪してしまう人が少なからずいる現状を
    どんな人も❲自分事❳として関心をもって欲しいとの思いで
    制作された作品です。

    https://umikano.com/

    我々が普段使っている日用品や食品は彼らの手によって
    作られているので、誰もが関わりがあるのです。

    監督の前作、在日ミャンマー人家族を描いた【僕の帰る場所】(2018)
    では実際にSNSで受け取ったメッセージから
    映画を撮ろうと思ったそうです。映画(かちんこ)

    ドキュメンタリーではないのに圧倒的なリアリティが胸を締め付けます。

    私たちが暮らすこの国で“彼女たち”は確かに生きていることを
    しっかりと心に留めました。

    
    
Posted by icba-committee at 13:37 | from Musician Mickey★*☆♪ | この記事のURL | コメント(0)
【海の見える理髪店】を読んだ。 [2021年05月12日(Wed)]
荻原 浩 著【海の見える理髪店】(2019 集英社文庫)を読みました。

     https://search.yahoo.co.jp/amp/s/books.shueisha.co.jp/items/contents_amp.html%3Fisbn%3D978-4-08-771653-5%26mode%3D1%26usqp%3Dmq331AQRKAGYAdfPjO-X_dfUjQGwASA%253D

    155回直木賞受賞の表題作を含む、
      父と息子:母と娘:夫と妻┅家族をテーマにした6篇。


       海の見える理髪店
                     いつか来た道
                     遠くから来た手紙
                     空は今日もスカイ
                     時のない時計
                     成人式
  


    
           ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

             荒波海辺にある小さな理髪店。美容院
          主人の腕に惚れ込んだ大物俳優や政財界の名士が通い詰めた
          伝説の床屋はさみ
          ある事情からその店に最初で最後の予約を入れた僕と
          店主の特別な時間が始まります…。


      切なくて胸がしんとするストーリーでした。
      登場人物はふたりだけ。
      情景が鮮やかに浮かんできました船

      著者が描く人々の優しい眼差しが通奏低音のように流れていて〜♩
      哀しみのなかにも救い🖤がある作品集でした。

    

          

     
Posted by icba-committee at 14:17 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【永遠のおでかけ】を読んだ。 [2021年05月11日(Tue)]
益田ミリ 著 【永遠のおでかけ】(2021 毎日文庫)を読みました。

    http://mainichibooks.com/books/essay/post-755.html


    叔父さんとお父さんとのお別れの日々の前後を綴った20編。

    ほんわかしているミリさんの文章は、親しい友人のおしゃべりのようで好きです。

    とてもツライ気持ちをも全開にせず納め、
    残されたものは切り替えて今を生きていかなければなりません。

    「悲しみには強弱があった。
        まるでピアノの調べのように、わたしの中で大きくなったり、
        小さくなったり、大きくなったときには泣いてしまう。
        時が過ぎれば、そんな波もなくなるのだろうという予感とともに
        悲しんでいるのである。
        雲がかかっており、残念ながら新幹線から富士山は見られなかった。
        その代わり、オレンジ色の美しい夕焼けが広がっていた。
        窓に額をくっつけて眺めていた。
        こんなにきれいな夕焼けも、もう父は見ることができない。
        死とはそういうものなのだと改めて思う」  


       父親の訃報を聞き実家のある大阪へと向かう新幹線新幹線でのことばです。

      ここの部分を読みながら頬を伝った私の涙涙ぽろりがマスクに吸収されました。

    「今夜、わたしが帰るまで、生きて待っていてほしかった。
     母から電話を切ってすぐはそう思ったのだが、新幹線に揺られる頃には、
     それは違う、と感じた。
         これは父の死なのだ。
         父の人生だった。
         誰かを待つとか、待たぬとか、そういうことではなく、
         父個人のとても尊い時間なのだ。
         わたしを待っていてほしかったというのは、
         おこがましいような気がした。
         悲しい。
         涙は次から次から溢れてくる。
         なのに、いろんなことを並行して考えているわたしもいた。」   


     ❲永遠のおでかけ❳にこれから立ち会う人も既に経験した人にも
     気負わず人生を歩いていこう!
     自分のさまざまな感情を素直に受け止めよう!
           と安心させてくれるエッセイです(´▽`)
    
Posted by icba-committee at 13:37 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【CALL ME BY YOUR NAME 】を観た。 [2021年05月10日(Mon)]
【君の名前で僕を呼んで】(2017 フランス・イタリア・ブラジル・アメリカ)を見ました。


     https://phantom-film.com/cmbyn-movie/sp


      
     北イタリアの避暑地。イタリア国旗17歳の少年と24歳の青年の初めてで生涯忘れられない
     恋の痛みと喜びを描いたストーリー。
     本作が初主演のティモシー・シャラメと相手役:アーミー・ハマー。
     89歳の名匠:ルカ・グァダニーノが彼らを瑞々しく撮りました。ビデオカメラ

     太陽🌞、田園、木々、風枯れ葉、洋館、湖、ギリシャ神話、音楽、、、
     何もかもが美しいのです。
     イケメンの泣き顔は長回しで見続けても飽きないのですね(>_<)
    ヨーロッパ人って相手によってフランス語、イタリア語、英語を
     自在に使いこなしていて良いですねOK!

    80年代の設定なので、メモメモするや固定電話電話1(プッシュホン)️でやり取りをして
    結末もこうなってしまうのですね。
    今の時代だったら別の選択があったことでしょう。

     作品の中に散りばめられたたくさんのメッセージを
     受け止めながらワクワクしました。
     ピアノシーンに釘付けでした♪
     ラストの父から息子へのことばは涙なしには聞けませんあせあせ(飛び散る汗)

      このタイトルはいつまでも私の心に残ります。❬CALL ME BY YOUR NAME❭


          ┄君の名前で僕を呼んで
                僕の名前で君を呼んだら、
                ふたりの関係が途切れてしまっても
                名前を呼ばれるたびに互いを思い出せる ┄
Posted by icba-committee at 21:18 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
きものマイム/松井朝子 [2021年05月09日(Sun)]
東京都が芸術家を支援する「アートにエールを!東京プロジェクト」により

  パントマイミスト:松井朝子 氏の映像表現動画が
     アップされています。
    からだの動きと表情でないものがあるように見え、心の中を伝えることができる
    パントマイム。

    去年から舞台公演が行えない状況が続いていますが、       
    映像での表現をYouTubeで始め心の表現の世界を広げています。


       https://m.youtube.com/watch?v=xU8UvWf5fRA

     ダンス

    
Posted by icba-committee at 20:41 | from Musician Mickey★*☆♪ | この記事のURL | コメント(0)
《こうしていよう/さくらももこ》♬ [2021年05月08日(Sat)]
5/8はさくらももこさんの誕生日ですバースデー

     2018年に亡くなった時には衝撃を受けました。
     今もずっと日曜日の夜の定番はちびまる子ちゃんハート(トランプ)

     作詞を手掛けた《こうしていよう》は平成12年度NHK全国学校音楽コンクール
              中学校の部の課題曲で、
     とても可愛い歌でするんるん


       ♪こうしていよう♪

             さくらももこ 作詞   
             朝川 朋之  作曲


         ここにいてもいいって
         いつ誰に言われたのでもないのにね
         ここにこうして私は いるよ
         雨が降っているのを見たり
         空が青いのを見たり
         キンモクセイの花を見たり
         皆と喋ったりしてるよ


            ここにいてもいいって
            いつ誰に言われたのでもないのにね
            ここにこうして私はいるよ
            おいしいってびっくりしたり
            嬉しいって笑ったり
            飛んだり 跳ねたりしているよ


             不思議だね
             こうしていても良いなんてね
             おもしろいね
             楽だから このままこうして
             コロコロ していよう     



           ももこさんらしい歌詞です(*´∀`)♪

         ★♬┄┈┄┈ぴーひゃら►〜♩
Posted by icba-committee at 23:18 | from Musician Mickey★*☆♪ | この記事のURL | コメント(0)
【at Home 】を観た。 [2021年05月07日(Fri)]
【at Home 】(2015 蝶野 博 監督)を見ました。


      https://athome.official-movie.com/special/


       実の家族から虐待、DVなどを受け深く傷ついた大人と子どもが
       出逢い、偽装家族として本物の家族以上に助け合い愛し合って
       生活している話です。家

       父は空き巣、母は結婚詐欺師、& 3人のこどもたち。

      ❬万引き家族❭ ❬パラサイト半地下の家族❭よりも本作品が先に製作されています。
      拍手
      悪いことをしている人たちなのに、ずっと応援していました。
     
     血が繋がっていなくても3つの作品の彼らのように
     お互いのために自分のために家族の形を守るために
     命懸けで生きている人々の強さがカッコいいのです。

     ラストはどうなるのかと心配でしたが、
     温かくて良かったです。光るハート

       竹野内豊と松雪泰子の偽夫婦をはじめ、
       名優たちの演技が光る秀作でした。

        
Posted by icba-committee at 23:21 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【だからここにいる 自分を生きる女たち】を読んだ。 [2021年05月06日(Thu)]
島崎今日子 著 【だからここにいる 自分を生きる女たち】(2021 幻冬舎文庫)
             を読みました。


        https://www.gentosha.co.jp/book/b13534.html


          女優:安藤サクラ 女優という運命について
           ダンサー、振付家: 黒田育世 世界を抱きしめて踊る 
           俳優:夏木マリ カッコよく終わりたい 
           演劇プロデューサー: 北村明子 芝居の魅力を教えましょう 
           プロレスラー:長与千種 女子プロレスラーは職業である 
           スタイリスト:北村道子 身体が歓喜する服 
           重信房子 この空を飛べたら 
           作家:村田沙耶香 生き延びるための小説 
           脚本家:木皿泉 日常を輝かせる魔法のドラマ 
           翻訳家:鴻巣友季子 翻訳とは批評である 
           社会学者:上野千鶴子 自分のためのフェミニズム 
           漫画家:山岸涼子 すべては漫画のために



         ジェンダーをテーマに幅広く活動しているジャーナリスト:島崎今日子が
         97〜20年にインタビューして《アエラ》《婦人公論》に
         掲載された11人と1組の人物評伝です。

     どの人も事前に綿密取材をして奥深いところからのことばを引き出しています。
     登場した人々は普通ではない人ばかり。成功するまでに並みならぬ努力をし、
     汗と涙を流したはずですあせあせ(飛び散る汗)

     中でも70頁余りを使って書かれた重信房子の章は読みごたえがありました。
     世田谷で生まれ、育ち、高卒後就職、大学夜間部に入学、活動家へと右矢印1
     むかっ(怒り)
     身近な人々との死別。
     
       『何度生まれても私は私のままがいい』

     世界史に名前を載せた革命家の精神はブレないです。
     本作品のタイトルがピッタリ当てはまります。
     現在は医療刑務所の独房で22年5月の出所に備えて穏やかな
     日々を過ごしているそうです。
     
     取材時にはパトカーが停まって尾行が付き大変だったようです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

    島崎氏の人選はとても良かったです。
    心を開いて本音で応え、胸に落ちてきた想いを拾い上げているので
    彼女たちの五感を想像することができました。


       
    
    

        
Posted by icba-committee at 18:58 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【La Bamba/ Los Lobos】 ♬ [2021年05月05日(Wed)]
5/5は、

    メキシコ🇲🇽のお祭り  Cinco de Mayo


          今日はこの歌を何度も聞きましたメロディ

          【La Bamba /Los Lobos 】


      1958年にメキシコ系アメリカ人の歌手:Ritchie Valensにカバーされて以来
      『 La Bamba』は世界中の数多くのアーティストたちがカバーしています。

       一番有名なのは、Ritchie Valensの生涯を描いた映画「ラ★バンバ」主題歌として
       Los Lobos が歌ったロック・バージョン。
     アメリカのビルボードをはじめ、世界中の音楽チャートで1位を獲得しました。位置情報



          陽気なこの歌が大好きですドキドキしているハート

        https://m.youtube.com/watch?v=nLAWPrCUQQ0


             顔1(うれしいカオ)  久しぶりに柏餅も食べました  こいのぼり
Posted by icba-committee at 22:15 | ♬MUSIK メロディ | この記事のURL | コメント(0)
♢Hepburn's BIRTHDAY ♢ [2021年05月04日(Tue)]
5/4は Audrey Hepburn のbirthdayバースデーです。

    1948年のデビュー作は、

        《Nederlands in Zeven Lessen》オランダの七つの教訓 

        飛行機


         くつくつ
        KLM航空のスチュワーデス役で日本未公開です。

       https://m.youtube.com/watch?v=3A4AMtBRI74

     恋多き女性は、病気で63歳でこの世を去りました。

     ローマの休日、ティファニーで朝食を、マイ・フェア・レディ、シャレード、
     大ヒット作品に恵まれ、数々の女優賞を受賞。
     主題歌が有名なものばかりでするんるん


       ≫≫≫≫≫≫≫彼女の美しさは後世に語り継がれるでしょう黒ハート


    
Posted by icba-committee at 20:30 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ