CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年12月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
Border enforcement measures to prevent the spread of novel coronavirus (COVID-19) [2021年12月20日(Mon)]
海外に滞在していた友人が先日帰国しました。🛬

  現地出国の数日前に大使館から何度も連絡が来たそうで、
  羽田空港着後のホテル隔離は覚悟していたようです。

    16時頃到着。
    検疫検査後、危険地域からの帰国者には目印に🏷️タグが付けられます。
    しばらく待たされてやっと滞在先ホテルが決定。
    観光バスに乗せられ23時過ぎにやっとホテルに収容されました。
    不運な人は狭いビジネスホテルへ。  
    友人は開業前の真新しいホテルへ。しかも、ツインベッド。
    夜景が美しい高層階夜/流れ星夜/流れ星きらきら

    殺風景なのは嫌なので、造花と絵を飾りました。ひまわり

    お弁当とお茶が支給され、防護服で検査員が来ます。
    ごみ収集とリネン交換ホテルスタッフはアジア系外国人。
    🗑️
     廊下には監視員が常駐していて、
     囚人になった気分だったそうです。

      それでも三日目くらいには慣れてきて、
      最終日の夜には淋しい!と言っていたので
      人間って不思議だなぁと思いました。

     私だったら耐えられなかったかもわからんあせあせ(飛び散る汗)
     ピアノ練習できないのがツラいし、
     お弁当ばかり食べて、運動しに行けないのは苦しくなりそうで。歩く人

    友人は前向きによく頑張りました。
    何度も検査をクリアし、やっと帰宅することが出来ました。
    今も入官局の管理下で顔認証されているそうです。
    散歩のみオーケーなので早朝に帽子・メガネ・マスクでwalking にいっているそうです。
    同居家族とは接触しないようにして。

    私が話を聞いていた10日間の方が、
    1ヶ月の海外での生活よりも濃くてインパクトが強すぎて
    皮肉なものです涙ぽろり

        海外を自由に往き来できる日は戻ってくるのでしょうか🌎

            友人はあと少しの辛抱です。
            この貴重な体験のお陰でネタが増えたことでしょう(≧▽≦)
    
Posted by icba-committee at 22:14 | from Musician Mickey★*☆♪ | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ