CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年11月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【ムスコ物語】を読んだ。 [2021年11月16日(Tue)]
ヤマザキ マリ 著 【ムスコ物語】(2021 幻冬舎)を読みました。

      https://www.gentosha.co.jp/book/b13846.html

   以前読んだ、❬ヴィオラかあさん❭もとても良かったです。
   破天荒な母親に育てられたマリさんの生い立ちを綴っていました。
   本作は息子デルスくんの物語です。

    イタリア国旗フィレンツェで産まれ、実父とは一度も暮らさず母と日本へ。
    9才で母の再婚のために中東ダマスカス🇸🇾へ。  
    その後、リスボン🇵🇹右矢印1イタリア国旗右矢印1️シカゴUSA
    大学はハワイ大学  🏝️ ハイビスカス

    卒業後アジアを放浪、現在は母の仕事場近く(東京)にアパートを借りて
    住んでいるとのこと。

   経歴を聞いただけでもスケールの大きさに、面白そうな人生️と
   思いますが、
   本人にとっては並みならぬ苦労があったことでしょう。

   「親の嗜好は自然と子供に影響するものだが、
    感動や嗜好をひとつでも共有できることが果てしなく嬉しい」  


   大人になった息子と同じ映画を見て、感動きらきらできること
   は嬉しいですね。

   巻末の《あとがきにかえて「ハハ物語」》にじーんとしました。

    息子にとってこの世で誰よりも理不尽でありながらも、
    お人好しなほど優しい人間である母ヤマザキマリ。
    そんな母のおかげで国境のない生き方を身につけられた私は、
    おかげさまでこれから先も、たったひとりきりになったとしても、
    世界の何処であろうと生きていけるだろう。  山崎デルス


    これを読んだら、マリさんの子育てが大成功\(^o^)/とわかりますね。


     マリさんの生き方はカッコいい!
         ═════真似はできないけれどあせあせ(飛び散る汗)

     マリさんのエッセイはどれも楽しい!
      

   
Posted by icba-committee at 18:41 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ