CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
MICKEYBOARDS
国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆

« ♬MUSIK メロディ | Main
プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年09月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【たべる生活】を読んだ。[2021年09月15日(Wed)]
群ようこ 著 【たべる生活】(2020 朝日新聞出版)を読みました。

   https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22324

  栄養バランスを考えつつも、料理に手間をかけるのは苦手──
    「最小の労力で最大の効果」をテーマとして掲げつつ、日々の食、
     だしと道具の関係から夏バテ、糖質制限、外食、子どもの食育まで──。
     生活の中で「食」と「健康」を明るく考える大好評エッセイ! 


    食生活の連載物を一冊にまとめてあるので、
     繰り返しの内容が多く、 現在の自分の食の流儀と他人の食生活のひどさを
    綴っています。
     おにぎり  ごはん

     一人暮らしの在宅勤務の人パソコンとフルタイム通勤時間有り地下鉄で家族持ちでは
     生活が大きく違うので、批判ばかりでは頑張っている人々に失礼な
     気がします。
     友達や知人の話をネタにしていて、自分のことも書かれてしまうかと
     思うと周囲の人は近寄れません(*T^T)

     息子の彼女が作って持ってきてくれた三段重の中身弁当
     お金持ちの女子高校生が田舎風手作り惣菜を初めて見た!
     驚いたことは、面白いですが私にはそれほどビックリすることでもありませんでした。

     ずっとセンパイに叱られている気分でしたが、
     連載右矢印1️書籍化ノート2(開)ということは、
     共感できる人々がいるからですね。

     とりあえず、甘いものの量を半分に減らそうと思った
      ことが私にとっての収穫です。 

     ═════════════背筋を伸ばして═════════════
     
       

    
Posted by icba-committee at 10:54 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【Pandemic Diary 】を読んだ。[2021年09月13日(Mon)]
【Pandemic 日記】(2021 「新潮」編集部/編)を読みました。

   https://www.shinchosha.co.jp/book/354051/

    筒井康隆  町屋良平  松田青子  ブレイディみかこ
         柴崎友香  菊地信義  菊地成孔  小山田浩子
        ヤマザキマリ  町田 康  佐伯一麦  角田光代  
        朝吹真理子  高橋源一郎  石原慎太郎  植本一子
        内沼晋太郎  金井美恵子  山城むつみ  水村美苗
        飴屋法水  今村夏子  東 浩紀  エリイ  大竹伸朗
         島田雅彦  青山七恵  桐野夏生  高山羽根子
        滝口悠生  小川洋子  坂本慎太郎  千葉雅也
        塩田千春  津村記久子  多和田葉子  いしいしんじ
        金原ひとみ  池田亮司  ケラリーノ・サンドロヴィッチ
         村田沙耶香  柳 美里  上田岳弘  近藤聡乃
         黒河内真衣子  柄谷行人  宇佐見りん  平野啓一郎
        坂本龍一  青葉市子  川上弘美  蓮實重彦   


       52人の〈表現者〉たちによる2020年のパーソナル日記です。
       ひとり一週間分を担当し、リレー方式ではないので前後の繋がりはなく、
       COVID-19について綴ったひとはごくわずか。
       東京都の新規感染者は五百何人。。。と報道されていた時期。
       今の状況など予想もできませんでした。

      8割以上の〈表現者〉たちの作品を以前、目にしています。
      自粛中の過ごし方は、歯医者に行ったりリモート会議に出たり、
      眠い眠い(ZZZ…)と言ったり一歩も外にでなかった。。。など
      一般人と似たり寄ったりです。ひとつ違うのは〈表現者〉たちは
      常に表現することを考えているということ。✍️

      音楽家:青葉市子のダイアリーには繊細な丁寧な暮らしが表れていて
      ことば選びのセンスが大好きです。きらきら

      ○月○日、私はなにをしていたんだろう?と
      自分の日記から当時の心情を思いだし、遠い昔のことのように
      懐かしんでいます。🙄

   
Posted by icba-committee at 09:44 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【明日は結婚式】を読んだ。[2021年09月08日(Wed)]
小路幸也 著 【明日は結婚式】(2021 祥伝社)を読みました。

  https://www.coffret-web.jp/asuhakekkonshiki/

   明日、結婚式を控えた男女とその家族たちの想いを綴った
   連作十篇。

      新婦26歳信用金庫勤務。銀行
      新郎🤵31歳デザイナー。アート

     両親・祖父母・妹弟全員がいい人です。
     結婚式の翌日から3世代大家族に入って同居します。
     新郎家はパン屋を営んでいて食パン新婦はパン屋巡りが趣味で
     常連客です。🥐🥖

     私が以前住んでいた街にあったパン屋さんの
     ことを思い出しました。
     家族経営で店内装飾もこだわりがあってもちろん美味しくて。
     息子さんが職人で娘さんは販売をしていたところは、
     本作とは違いますけど。
     そのお店の袋を提げているだけでウキウキしました。

     街にパン屋さんがあると幸せになりますね。光るハート

     こんなにもほのぼのとしたハッピーストーリーは
     珍しいですね。
  
     著者の自虐ネタがありました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

     心がザワザワしがちなご時世に、
     悲しい話題はどこにもなく、敢えて穏やかな平穏な日常を
     描いたところが小路さんらしくて良いですね。

       (^◇^)      ever ever after ………
     
     
Posted by icba-committee at 23:01 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【果てしなき 石ノ森章太郎】を読んだ。[2021年09月07日(Tue)]
【果てしなき 石ノ森章太郎】(2021 NHK出版)を読みました。

   https://www.nhk-ed.co.jp/personal/products/list/art/meicho-ishinomori-shotaro/


   本書は2018年9月8日に放送されたNHK番組「100分de石ノ森章太郎」をもとに
   追加構成してムック化したものです。

    770もの作品を生涯で描いた石ノ森章太郎。
   「萬画(まんが)」という新しい呼び名を提唱し、
   「一人の著者が描いたコミックの出版作品数が世界で最も多い」として、
    ギネス世界記録にも認定されています。
     本書では、石ノ森章太郎の数ある代表作の中からおもに4作品について
    解説しています。

    @『さるとびエッちゃん』漫画家・エッセイスト:ヤマザキマリ
    A『サイボーグ009』精神科医:名越康文
    B佐武と市捕物控』マンガ・コラムニスト・元学習院大学教授:夏目房之介
    C『仮面ライダー』評論家で批評誌〈PLANETS〉編集長:宇野常寛


  
    1955年に 『二級天使』 でデビュー
    1956年 『幽霊少女』
    1964年 『サイボーグ009』
    1968年『左武と市捕物控』
    1971年《仮面ライダー》〜1998年

   中でも、1964年の『週刊マーガレット』に連載された
   『さるとびエッちゃん』(雑誌掲載時のタイトルは 「おかしなおかしなおかしな女の子」)
   のヤマザキマリの分析が面白いです。
    
    ジャンルにとらわれず、子どもから大人までが楽しめる作品を
    描き続けましたが、評価されないものもあったことを知りました。

    天才を超えた 萬画家 への
    熱い想いは果てしないです。

     

   
Posted by icba-committee at 21:47 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【4 Unique Girls 】を読んだ。[2021年09月05日(Sun)]
山田詠美 著 【4 Unique Girls  特別なあなたへの招待状】(2020 幻冬舎)
           を読みました。


    https://www.gentosha.co.jp/book/b12925.html


    良い自慢、悪い自慢/正直と嘘とだましだまし/
    可能動詞になった結婚なんて/心変わりはテイスト変わり/
    朝パワー、どうしてる?/国際結婚のせいじゃない!/
    大人は他人より自分育て/浮気心の扱い方/
    その価値基準、却下します/道徳より公衆道徳    ほか

    ものすごく久しぶりに読んだAmy Yamada のエッセイです。
    バブル期に、バークラブで黒人男性と遊んで旦那さんは米軍の兵士USA。。
    〜〜〜と思っていたら、いつのまにか離婚右矢印1️再婚し、ムード
    日の出早起きして勤務医病院の今のダンナさんと健康的にウォーキング。
    穏やかに暮らしていらっしゃる様子に驚きました(@ ̄□ ̄@;)!!

    若者たちにもの申していて、Amy 様も大人になられたことを痛感しました。

    「人前で自分の親のことを、おとーさん:おかーさんと言うな。パパママなんか論外怒り(ムカッ)怒り(ムカッ)

    🤣

    ❮自分を主役にした人生を❯というメッセージのもと、
    自己プロデュースの「スキル」や「情報」を発信しているファッション誌
    GINGER
    に連載中の人気コラムを書籍にしたものです。

    Amy 姐さんに青ハート愛あるお説教をされたいひと向け(≧▽≦)どんっ(衝撃)
    
     

     

   
Posted by icba-committee at 18:11 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【下着の捨てどき】を読んだ。[2021年09月01日(Wed)]
平松洋子 著 【下着の捨てどき】(2021 文春文庫)を読みました。

  https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167916473

  著者は食に関するエッセイを多く書いてきたようですが、
  文庫で一冊読んだのは初めてでした。

  「アレ」の連発、眉の整え方、着たいのに似合わない、、、
   こんなはずじゃなかったという感情に揺さぶられるお年頃。
   そんな日常を受け入れながら暮らす日々のエッセイです。

   テーマが多岐にわたるので飽きません。
   同じタクシー運転手さんに三度も出会った話、
   都電一日乗車券で散策駅
   下着の捨てどき、、、
   なるほどと思うこと、クスッと笑えること、へぇー知らなかったということ。

   著者がありのままを綴ってくれているので親近感がわきました。

   これまでいろいろな体験をされているようです。
   モンゴルのゲル🇲🇳で暮らしたり、毎年断食をしたり。
   またどこかで詳しく聞きたいですね。

    著者の丁寧な暮らしぶりが伝わってきて
    爽やかな気分になりました。

   

  
Posted by icba-committee at 22:31 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【楽しい雪の結晶】を読んだ。[2021年08月30日(Mon)]
武田康男 著 【楽しい雪の結晶 観察図鑑】(2020 緑書房)を読みました。

    https://www.midorishobo.co.jp/SHOP/1580.html


  日本で観察できる雪の結晶16種を紹介する図鑑。
  気象予報士であり、「空の探検家」「空の写真家」として活動する著者が
  撮りためた雪の結晶の写真をグローバル分類に則って整理し、まとめたものです。
 

   ️針のような形、砲弾状のもの、鼓状のものなど、実に多様な形があることがわかります。
    美しく、珍しくずっと見ていても飽きません。

    先日、著者が出演したオンラインイベントで本作品を知りました。

        🏔️暑いので太陽失敗、涼めましたあせあせ(飛び散る汗)

    


 
Posted by icba-committee at 23:30 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【みんなで一人旅】を読んだ。[2021年08月26日(Thu)]
遠藤彩見 著 【みんなで一人旅】(2020 集英社文庫)を読みました。

   https://search.yahoo.co.jp/amp/s/books.shueisha.co.jp/items/contents_amp.html%3Fisbn%3D978-4-08-744170-3%26usqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D


    男二人は聖地を目指す/
             みんなで一人旅/
             癒やしのホテル/
             空飛ぶ修業/
             氷上のカウントダウン/
             誰も行きたがらない旅/
             幸せへのフライトマップ  


     旅の話、7篇

    初めての海外旅行🛄でお一人様限定ツアー、トラブルとトラベル。
    誰も行きたがらない社員旅行。バス
    ロシア国旗ウラジオストクでわがままな女子大生に振り回される女性、ラストは痛快です!
    親孝行のバーチャルフライト、🛫(池袋にあるのですね、知りませんでした)
     

    いちばんのお気に入りは、
    韓国国旗ソウルで美容整形をした人々が〈静養〉風邪ひきのために泊まるホテルホテル2
    実在するのでしょうか。

    初読み作家さんで、脱力系かと思っていました。
    予想外にメッセージ性が高く
    感動もの、大笑いもの、ほろ苦いものといろいろありました。

        私もVRの旅をしてみましたが、迫力があってとても楽しかったです。

      〜〜〜〜早く自由に旅がしたい…〜〜〜〜


            みんなの共通の願いですね星2
     

   
Posted by icba-committee at 15:02 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【躁鬱大学】を読んだ。[2021年08月25日(Wed)]
坂口恭平 著 【躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません】
       (2021 新潮社)を読みました。

   https://www.shinchosha.co.jp/book/335953/


   
       躁鬱病は「病気」ではなく、一種の『体質』と捉え
       ❰躁鬱人❱と呼んでいます。
       本書は躁鬱人による躁鬱人の為の講義です。
       著者が敬愛する 精神科医の神田橋條治氏のことばを解釈し、
       それを共有しています。

       悩みと思っていた事は、実は人類共通の特徴であり生理現象である。
       〈出す事〉が重要だ、トイレを増やせば自殺者は減るということです。(-_-;)

       気持ちの浮き沈みがあって困っている時に、具体的な対処法を提示していて
       わかりやすいです。
       
       「自分とはなにか?」ではなく、
              「今なにがしたい?」と聞いてみる


           これが大切ですね。

            多くの人が救われると思います。\(^o^)/

     http://hatakoshi-mhc.jp/kandabasi_goroku.pdf

      ▩神田橋語録▩

     
   
Posted by icba-committee at 15:49 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【社会を変えた50人の女性アーティストたち】を読んだ。[2021年08月23日(Mon)]
 Rachel Ignotofsky:著 野中モモ:訳【社会を変えた50人の女性アーティストたち】(2021 創元社)を
       読みました。

   https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=4177

  
  表紙からワクワクしていましたが、開くとポップで
  チャーミングなイラストに目が釘付けにされますきらきら目
  アーティストの功績、感動エピソード、名言、トリビアなどを二頁に盛り込んだ
  ウイキペディアのようなものです。

  昔からアート界は自由だったのかと思いましたが、
  性別や肌の色を理由に専門教育を受けられなかったり、
  発表の場を与えられないなど、差別が横行していたことを知りました。



    管道昇(詩人・画家)、ハリエット・パワーズ(キルト作家)、
    メアリー・カサット(画家)、ナンペヨ(陶芸家)、
    ビアトリクス・ポター(作家・イラストレーター)、
    ジャンヌ・パキャン(ファッションデザイナー)、
    ジョージア・オキーフ(画家)、オーガスタ・サヴェイジ(彫刻家)、
    リー・ミラー(写真家)、フリーダ・カーロ(画家)、
    メアリー・ブレア(アニメーター)、レイ・イームズ(インダストリアルデザイナー)、
    草間弥生(画家・彫刻家・インスタレーションアーティスト)、
    ウェンディ・カーロス(作曲家)、ポーラ・シェア(グラフィックデザイナー)、
    妹島和代(建築家)、シリン・シャネット(写真家・映画監督)他。

   アート制作道具一覧や色彩・デザイン論の基礎知識、歴史年表など、🖼️
    楽しいコラムも収録してあり、パラパラと何度捲っても飽きません(*´∀`)♪

   著者は、歴史や科学・教育・ジェンダートイレなどをテーマにしたイラストを多く描いています。
   世界を変えたシリーズ『世界を変えた50人の女性科学者たち』
   『歴史を変えた50人の女性アスリートたち』も手にとってみようと思います。🌎

   



    
   

  
Posted by icba-committee at 15:07 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
最新記事
最新コメント
icba-committee
The Hot Sardines ♪ (02/04) まあちゃん
The Hot Sardines ♪ (02/03) icba-committee
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) まあちゃん
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) icba-committee
Cross stitching はさみ (10/09) まあちゃん
Cross stitching はさみ (10/08) icba-committee
全日本 栗愛好会♯ (09/20) icba-committee
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/20) まあちゃん
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/19) 抹茶
全日本 栗愛好会♯ (09/19)