CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2020年10月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【家族じまい】を読んだ。 [2020年10月21日(Wed)]
桜木 紫乃 著 【家族じまい】(2020 集英社)を読みました。


    http://seidoku.shueisha.co.jp/2006/read07.html


     5人の女性の視点で描かれた連作短編集。
     誰にでもいつかはやって来る「老い」に
     どのように向き合っていくか?

     親・兄弟・親戚との切れない縁に苦しんでいる人は大勢います。失敗
     心配だけど煩わしい。。
     〖家族をしまう〗
     大胆で冷ややかな題名です。
     著者は、北の大地で生きる女たちの強さ雪たくましさを
     唸るような切ないことばを選んで表現しています。
     線を引いておきたい文が1頁にいくつもありました。


     
     「どの人物も自分の内面が反映されている」と著者。


      「誰も悪い人はいないのに問題が起こるのが家族。
      しかも、その問題がずっとついて回る。
      だからこそ読んでくださった方が楽になれる箇所が1行でもあれば
      書いた役目を果たしているかもしれません」


      読者は、共感して楽になれます。 
      この「しまう」は、おしまいではなく、
      [仕舞う]=畳んだり片付けたりすることと
      気付かせてくれます。

      あらためて自分の生き方を考える良い機会になるでしょう。
      

      ラストに光🕯️が射すので、読後は暗くないです。ぴかぴか(新しい)


       さすが、桜木紫乃です️


      


      

     


      
Posted by icba-committee at 16:46 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【通勤電車のすべて】を読んだ。 [2020年10月16日(Fri)]
旅と鉄道編集部 編【通勤電車のすべて】(2020 山と渓谷社)を読みました。


    https://www.tabitetsu.jp/2020/08/3787/


     歴史を築いてきた過去の名車から、現在全国を走っているJR・
     大手私鉄の通勤電車を多数掲載。
     技術も詳しく解説しています。🚋


     第1章 通勤電車の基本がわかる

     第2章 通勤電車の系譜がわかる

     第3章 通勤電車の最新技術がわかる

     第4章 通勤電車のエポックがわかる

     第5章 通勤電車の車両がわかる〈JR編〉

     第6章 通勤電車の車両がわかる〈大手私鉄編〉


         《鉄》にとってはワクワクの一冊です。  電車

      身近にある存在なのでますます親近感がわきました。

   

   
Posted by icba-committee at 23:56 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【ギブ ミー ア チャンス】を読んだ。 [2020年10月15日(Thu)]
荻原 浩 著【ギブ ミー ア チャンス】【2015 文藝春秋】を読みました。


   https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163903507


       お仕事短編が8編。



      探偵事務所で働く元力士
     *バンドのボーカルから演歌歌手になった女性マイク
      人気漫画家のアシスタントをしながら自分の作品を描き続ける男性
      観光列車🚝で働く島出身の元CA飛行機
     *ゆるキャラ『たけピヨ』の「中の人」になった男性
      お笑い芸人を目指すフリーター( *´艸`)
      アイドル歌手を目指す女性リボン
      小説家を目指す主婦メモする


      
       荻原作品は、アンソロジー以外では初読みでした。
      
        夢を追いかけながらもうまくいかない主人公たちをユーモアに描き、
        最後は希望の光を見せてくれますきらきら


        鳥《たけピヨ》と,《冬燕ひとり旅》が特に好きです。

        優しくて明るい文体から荻原さんの温かい人柄が滲み出ています。

        巻末のあとがき右矢印1️あと描きアートここがサイコーです。

        読んでよかった、見てよかった\(^o^)/


        Give me a chance☆


         よ〜し、頑張ろう️

          


       

   
Posted by icba-committee at 22:20 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【サキの忘れ物】を読んだ。 [2020年10月13日(Tue)]
津村記久子 著 【サキの忘れ物】(2020 新潮社)を読みました。


   https://www.shinchosha.co.jp/book/331982/


    表題作のサキって、そのサキなのですねてれてれ
    9編の短編集。
    いろんなバリエーションで人物の心理を深く綴っています。

    独特の謎めいた世界観を持ち、物事のミクロの部分まで見ている作家さんです。
        目


    [真夜中をさまようゲームブック]
    このタイプのものを読んだ(遊んだ)のは初めてだったので
    夢中になりました。あせあせ(飛び散る汗)
    途中で終了してしまいましたが(ノД`)
    結果はいくつもあるので、ここだけでも一日中遊べますノート2(開) 

     [行列]の"アレ"と[河川敷のガゼル]っていったいなに?️  宇宙人
     不完全燃焼でも爽快感が残るのはなぜ?
     作家の腕でしょう。

     カバーイラストがかわいいです。
     
    初読み作家さんですが他の作品も読みたくなりました。
    今までにないタイプの実験的な作品集です。
    
         人間て面白い️と思わせてくれました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
     
         
    
    



     
Posted by icba-committee at 21:22 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【地図でスッと頭に入るアメリカ50州】を読んだ。 [2020年10月04日(Sun)]
David Thayne 著【地図でスッと頭に入るアメリカ50州】(2020 昭文堂)を
       読みました。


     https://www.mapple.co.jp/11625/



      独自の州憲法を持つ個性的な州が50もあるアメリカUSA

      sales taxがなしのオレゴン州の隣のワシントン州では9%ヽ(ヽ゚ロ゚)!
      14歳から車を運転できるところもあれば、
      車
      銃規制、同性婚、死刑制度など様々です。


      そこのバラバラがおもしろいですてれてれ
 
      州境近くに住む人は、買い物や遊び方など工夫しているのでしょう。右斜め上


      意外な有名人の出身地、
      歴史、経済、文化、産物を知ることができます。


     スッと頭に入れるのは難しいですが(^◇^)
     読み応えがあり、どこから読んでも楽しめる一冊です。
Posted by icba-committee at 13:17 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【いかがなものか】を読んだ。 [2020年10月03日(Sat)]
群ようこ 著 【いかがなものか】(2020 集英社)を読みました。

   http://ebooks.shueisha.co.jp/sp/detail.php?book=sn012319


    著者が日常生活のなかで出逢った『いかがなものか…』に物申しています。
    共感出来るものもあり、
    そこまで怒らなくても。。と思う事例もあり。(/。\)

    群さん節・炸裂度が年々アップしているようにも思いますが、
    エッセイはあくまでもその人が感じたことを自由に✍️書けばいいのだから、
    人それぞれの意見があって当然ですおやゆびサイン


    〖不倫〗の頁では、
    大多数の女性の考えとちょっと違っていて面白かったです。
    生々しいことに関しては、サラッと言ってのけるのが群さんらしくていいです。


     執筆のネタ探しに毎日暮らしていて、ちょっとスーパーへ行くだけでも
     🛒ぼぉーっとしていられなくて大変そうわからんあせあせ(飛び散る汗)と思いますが、
     『ちょっと言わせてよ️』と言いたくなるような
     おもしろ題材が転がっている昨今。
     心配無用ですてれてれ
    


  
Posted by icba-committee at 13:46 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【Real Princess】を読んだ。 [2020年09月24日(Thu)]
【リアルプリンセス】(2017 ポプラ社)を読みました。


    寺地はるな×鉢かづき姫→《鍋かぶり》

              飛鳥井千砂×踊る12人のお姫様→《歩く12人の女》

              島本理生×ラプンツェル →《ラプンツェルの思い出》

              加藤千恵×エンドウ豆の上に寝たお姫様→《正直な彼女》

              藤岡陽子×乙姫 →《あの人は海を捨てた》

              大山淳子×眠り姫→《夢のあと》  



      6人の人気女流作家による、現代版おとぎ話アンソロジーです。


           


           お姫様   城(ヨーロッパ)   きらきら   


        https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8008088.html


       ラストに王子様が🤴馬に乗って迎えに来てくれて
       ever ever after 光るハートでおしまいのおとぎ話ではなくて、
       自分の手🤜で幸せを掴みに行く強さがないと、
       本当のハッピーエンドには到達できないことを現代の女性はわかっています。

       私は原作をほとんど知らなかったのですが、
       それでも充分楽しむことができました。

       初読み作家さんが二人いました。
       出逢えて嬉しかったです。
       どれもうまいなーとアンソロジーの良さを堪能させてもらいました。

       《夢のあと》大山さん。
       ラストを飾る星2余韻に浸れる素敵な夢物語です眠い(ZZZ…)


       

       
 
Posted by icba-committee at 16:55 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【絵本で世界を学ぼう!】を読んだ。 [2020年09月19日(Sat)]
吉井 潤・柏原 寛一 著 【絵本で世界を学ぼう!】(2020 青弓社)を読みました。


   https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787234711/



    🌎


     全105ヵ国を紹介した絵本。
     文化・歴史・地図・人口などを知ることができます。
     子どもたちが異文化に興味を持つ入り口として
     素晴らしい保存版です。ノート2(開)

     それぞれの国に関連のあるお話が紹介されていて、
     ああ、あの話はここのだったのね。と
     おとなは驚くこともあります。



      最近、バーチャル旅行飛行機️ばかりしている私ですてれてれ

   
Posted by icba-committee at 11:49 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【世界の民族衣装図鑑】を読んだ。 [2020年09月18日(Fri)]
【世界の民族衣装図鑑】(2019 ラトルズ)を読みました。


      https://www.rutles.net/products/detail.php?product_id=831


    [文化学園服飾博物館]の所蔵品の中から69ヵ国の民族衣装を国別に紹介しています。

    民族衣装は風土・気候霧・習慣に適応した形状や色が使われていて
    どれを見ても素敵なので楽しいです。

       装身具や魔除けの刺しゅうなどにも意味があって
       興味深いです。きらきらジュエリーきらきら  ジュエリー


       日本の着物も外国人から見たら
       とてつもなく美しいのでしょうね。

       500点の写真を見ながら旅をしている気分を味わいました飛行機


       民族衣装からその国の文化を知るのも良いですねにこにこ

       


Posted by icba-committee at 21:57 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
【ふるさとの手帖】を読んだ。 [2020年09月14日(Mon)]
かつお 著 【ふるさとの手帖】(2020 KADOKAWA)を読みました。

   https://www.kadokawa.co.jp/product/322002001426/


    かつお(仁科勝介):写真家。
    1996年岡山県生まれ。
    広島大学在学中に、日本の全ての市町村1741
    ほぼ原付バイクで回り、
    2020年1月屋久島を訪れて旅を終えました。

     カメラ


    
    https://katsuo247.jp/profile/


      自分のふるさとやゆかりのある地が必ず出てくるので
      誰にとっても嬉しく大切にしたい一冊です。


     今年、帰省できなかった多くの人々のために〖バーチャル里帰り〗展が
     開催されます。カメラ

  かつお(仁科勝介)写真展 1741のふるさと

    会期:2020年9月18日(金)〜9月27日(日)入場:300円※入場特典あり(小学生以下無料)
    会場:「ほぼ日曜日」渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO8階(11:00-21:00)
    主催:株式会社ほぼ日
  




     私たちのために行ってくれて撮ってくれてありがとう!
     という気持ちになります。

     
      
Posted by icba-committee at 23:34 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ