CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
MICKEYBOARDS
国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆

« from Musician Mickey★*☆♪ | Main | ♬MUSIK メロディ »
プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年09月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【古都】を観た。[2021年09月18日(Sat)]
【古都】(2016 Yuki Saito 監督)を見ました。

   https://m.youtube.com/watch?v=2E0uHRjQ48E

   http://koto-movie.jp/sp/story.html    着物  だんご  日本茶


   京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を
   松雪泰子が一人二役で演じました。
   それぞれの娘役で橋本愛と成海璃子が共演。
   その他、伊原剛志、奥田瑛二ら豪華キャストが脇を固めています。
   

    川端康成の小説を原作に、その後おとなになった主人公たちの物語。
    63年・80年バージョン共に、未見です。


    京都市とのタイアップ作品らしく、
    ⛩️仏閣のみならず、現代の京都のリアルな現状を映し出しています。
     古民家は傷み地上げ屋が来る、(撮影中、本物が来たそうヽ(ヽ゚ロ゚))
    代々続いた家業を廃業せざるを得ない、等が描かれ
    著しく変化をしています。
    
    主人公の家の老舗の呉服店も繁盛している様子はなく、
     大学生の娘は就活活動中ですが、
    親のコネで入れそうな企業で働くのが良いのか?
    宿命を抱えて生まれてきたことの重みを感じ悩んでいました。(´ヘ`;)

    京都の移りゆく風景が情感豊かに描かれています。ビデオカメラ
     一方で、フランス国旗パリで書道・日本舞踊といった日本文化の美を
    披露するシーンでは、あらためて我が国の文化を誇りに思いました。

     松雪泰子のはんなり姿が美しすぎます。キスマーク
     一張羅、普段着、どのシーンでもお似合いでうっとりします。ぴかぴか(新しい)

       鴨川とセーヌ川。
       川端康成。。。  洒落みたいです顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

       京都とパリに行きたくなる映画です。

         タイトル通り、主役は古都 でした。

               目の保養になりました(((o(*゚∀゚*)o)))
  
  
  『本物に囲まれて目は肥えているが自分が見えて居ない、
     一度は外に出て世界を見て来た方が良い』  
  目

          印象に残ったお父さんのセリフ。
Posted by icba-committee at 16:49 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【Love at Sunset Terrace 】を観た。[2021年09月14日(Tue)]
【Love at Sunset Terrace 】(2020 カナダ)を見ました。

  LAでインテリアデザイナーをしている女性。
  仕事は順調だが疲れぎみ。ある日、 職場に飾っている風景画を見て、
  休暇を取ることを決めます。その絵を描いたのは祖母でいつも人生で大切なことを
  教えてくれた人でした。
  風景画の場所へ行ってみると、コテージ「サンセットテラス」は
  町外れの静かで自然豊かな美しい湖畔にありました。
  オーナーは優しいシングルファーザー。娘と暮らしています。
   朝はヨガ、昼は湖でカヤック🚣、夜は星空の下で映画鑑賞📽️…
  と最高の休暇を過ごします。

   https://m.youtube.com/watch?v=Rvgb4pSIMQQ

   結末は予想通りでした。

   何十年も前に祖母が滞在した町。アートその時、祖母はどんな気持ちだったのでしょう?
   と考えるとじーんとします。
   オーナーの溢れる優しさ、一人娘への愛ハート
   キャスト・きれいな町の様子、どこをとっても終始安心して見られる作品です


    娘役: Erica Tremblay はとてもかわいい「女優」さんです。
   
   

    
Posted by icba-committee at 10:29 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【ゆるせない、逢いたい】を観た。[2021年09月12日(Sun)]
【ゆるせない、逢いたい】(2013 金井純一 監督)を見ました。

   https://m.youtube.com/watch?v=ZamLCEUrlZM

  自然豊かな場所に母と二人で引っ越してきた女子高校生。⛰️
  父親を事故で亡くし、しっかり育てていかなければの
  思いが強すぎる弁護士の母は、過干渉。

  高校生はある男性と知り合いになり、塾の自習室ノート2(開)で勉強してくると母に
  嘘をついて彼と会ったり、やっと持たせてもらえた携帯電話3でメールのやり取りをして
  いました。

  そんなとき、母との言い争い中に電話3携帯が壊れ、
  彼と連絡が取れなくなり。。。その後、悲しい事件が起こります。

   ヒロイン:吉倉あおい、初主演だそうです。
       清純そうでピッタリでした。
       柳楽優弥の難しい役もさすがの演技でした。

   
     しつこく問い詰めない親友。
     「ここにいるから」とヒロインのことをよく理解して
      支えている真の友だち。
           新木優子、とてもかわいいです。

    そして、ラスト️

     お互いに好きな気持ちはあるのに、最後に決めた約束と、
     二人がとった行動は、一番泣けるシーンでした。

      若い頃はいろいろありますね。
      久しぶりにキュンキュンしました青ハート

         切ないストーリーですが、美しい青春映画です。きらきら
Posted by icba-committee at 14:35 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【A Stranger with My Kids】を観た。[2021年09月11日(Sat)]
【ブラック・スマイル】(2017 カナダ)を見ました。

  https://m.youtube.com/watch?v=O9ZtORHR5Cw


  二人の息子を育てるシングルマザーがナニーを探していたところに
  面接に来たのは、イケメン好青年。第一印象は良く、
  家事フライパン(目玉焼き)をてきぱきこなし、なによりも息子たちとすぐに打ち解けてくれたので即決!

   (男性のナニーのことをマニーと呼ぶそう)

  ところが、そのマニーは実は精神を病んでいて〈家族〉に異常な執着を持ち、
  自分がこのファミリーの一員になるために、顔1小顔顔1顔1
  ママの彼氏を排除しようとしたり、
  子どもたちに気に入られるために、あの手この手を使い心の中にうまく入っていきます。 

    なぜでしょう?
   ママと彼氏はいたって正常なのに、
   サイコ男の方を応援したくなるのです。( ;∀;)
   ストーリー展開が予測できるからでしょうか。

    美形過ぎる二人のboysがいちばんの見所目です。

    ラストでB級サスペンスファンとしてはにんまりできます。ふっ
   

    
Posted by icba-committee at 17:00 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【IMAGINATION GAME 】を観た。[2021年09月03日(Fri)]
【イマジネーションゲーム】(2018 畑 泰介 監督)を見ました。

   https://m.youtube.com/watch?v=FxrWks1WixA

   還暦にして映画初主演!久本雅美と板野友美

   
   キャリアと経済力を手に入れ大手ゼネコンの部長である独身中年女性。くつ
   暴力夫に悩みながらつまらない結婚生活を送る若い主婦。紳士靴
   この二人の女性が、あるきっかけで出会います。
   「もし結婚していたら。。。」
   『もしも結婚してなかったら。。』

    ※2018年 上海国際映画祭招待作品
    ※2018年  熱海国際映画祭オープニング作品

   
    それぞれが抱えるストレスをSNSで顔を出さずに爆発していました。 むかっ(怒り)
    バズる動画を毎晩配信する女。
    カキコミで夫への復讐を爆発させる女 。

    📵netにはこんな世界があるんだなぁ〜怖いなぁ、と思いました。

    この世の中は、男性目線で成り立っていること。 目
    女性は職場ではもちろん、関係ない人からも、〈女性らしくしていること〉キスマーク
    求められていることに反発し、
    男たちのイマジネーションの世界で生きる彼女たちが、
    そこから脱却していく過程にドキドキします。

    マチャミの足が綺麗足跡きらきら

    みーーんないいひとの仮面を被ったおかしな人ばかり(≧▽≦)

          ┅BABAA┅

         ここで ヾ(≧∀≦*)ノ〃 爆笑しました。

         ラストはスッキリ!

          \(^_^)/
    

    
    
     

    
   
Posted by icba-committee at 12:41 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【20th Century Women 】を観た。[2021年08月31日(Tue)]
【20センチュリー・ウーマン】(2016 US)を見ました。

  https://m.youtube.com/watch?v=1h19wSOAPTs


  1979年、カリフォルニア州サンタ・バーバラ。
  高齢出産した55歳のシングルマザーは15歳の息子に
  自分より幸せな人生を歩んで欲しいと願っています。

  自宅を間貸ししている人々と交流しながら
  暮らしています。複数の年上女性の影響で、
  息子は立派なサブカルオタクへと成長拍手

  トーキング・ヘッズが流行っていた当時、
  水と油の関係と言われた、
  BLACK FLAG ♬はLA ハードコアパンクバンドギター(エレキ)
  サンタ・バーバラに住む若者にとっての地元近く出身のスター星2です。
  こういうバンドを知ることができたのも収穫。

  美しいビーチ🏖️陽光太陽️、細部にこだわったインテリア、ファッション紳士服
  そしてメロディ音楽。
  マイク・ミルズ監督の青春が常に流れていて心地よい情感です。

  この少年こそ、若き日のマイク・ミルズがモデルなのがわかります。
  ((シングルマザーに育てられたわけではないけれど。
  後にミルズの監督第二作❬人生はビキナーズ❭(2010年)で描かれた、
  75歳にしてゲイであることをカミングアウトした父がいました))

  私が、サンタ・バーバラに行ったのは、79年よりも何年も後でしたが、
  醸し出している当時の空気が懐かしく、
  『昭和はネットもなかったけどよかったなぁ〜』という気持ちに
  似ています(*´∀`)♪

  映画の感想って鑑賞直後と翌日以降とでは変化しますね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
  夢にじわーーっと出てきましたビデオカメラ

  1979年のカリフォルニアの女性たちの思想、カリフォルニアの文化が
  組み合わされたマイク・ミルズらしい優しい作品でした。

  
  
Posted by icba-committee at 10:48 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【Learning to Drive 】を観た。[2021年08月28日(Sat)]
【しあわせへのまわり道】(2015 US)を見ました。


   政治亡命したシーク教徒🇮🇳のドライバーと、
   離婚が決まった書籍評論家が、🚘運転教習を通じて心を通わせる実話の映画化。

     https://m.youtube.com/watch?v=pRObk9auW_k
   
     ❬死ぬまでにしたい10のこと❭❬あなたになら言える秘密のこと❭
     ❬ナイト・トウキョウ・ディ❭の
     スペイン国旗 スペイン女性:イザベル・コイシェ監督作品。


    運転することは自分の人生を生きること。
    大都会NYでこんな友情も生まれるのかと思うと、
    温かな気持ちになります。
    

   インド人ベン・キングズレー、パトリシア・クラークソンと言うことなしのキャスティングでした。
   主人公の娘役のグレイス・ガマーは、
   メリル・ストリープの次女です。
   移民問題、離婚問題などをシリアスに盛り込んで
   深く考えさせられました。


          ラストの大人っプリが素敵でした。
   

   []NYのインド人右矢印1️❬マダム・イン・ニューヨーク❭と並んで忘れられない
   ハートフルヒューマンドラマでした。
          ターバンについて知ることができて良かったです。


    …………「路上運転に人生は持ち込まない事」………

   
   

   
Posted by icba-committee at 11:58 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【ハチワン結婚相談所】を観た。[2021年08月27日(Fri)]
【ハチワン結婚相談所】(2019 こだか さり 監督)を見ました。

   http://kodakasari.work/81kekkon/

    結婚相談所に通う女性は、こだわりが強すぎるあまりにお見合い相手を
    決めることができない。そこでカウンセラーが彼女に提案したのは、
    相手の私生活をのぞく「のぞきお見合い」。
    女性が男性を覗く目って。。失敗あせあせ(飛び散る汗)
     戸惑いながらも「のぞき」を始めた彼女を待っていたのは―?

     短編ながら、制作費がかかっているように感じます。
     (事務所、自室、新居、結婚式シーンなどチャペル)
     クラウドファンディングしたようです。
     エンドロールにcreditが出ていました。
     テーマがユニークで役者さんたちが爽やかで良いですね。

    八王子shortfilm映画祭は、
    ❰カメラを止めるな!❱で大ブレイクした上田慎一郎監督出身の映画祭です。
    こだか監督も今後どんどん活躍していただきたいです。

    目

    第7回八王子shortfilm映画祭・観客賞受賞 広島こわい映画祭入賞     位置情報


   

   
Posted by icba-committee at 13:49 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【Jai Bhim !】を観た。[2021年08月24日(Tue)]
【ジャイビーム インドとぼくとお坊さん】(2020 竹本泰広 監督)を
     見ました。

    https://www.jaibhim-movie.com/

   🇮🇳    What's Jai Bhim ?


     インドの中央都市ナグプールでは、朝からインド人同士が「ジャイビーム」
     と挨拶を交わしています。主にインドの仏教徒たちの挨拶のことば。

     3000年以上に渡ってインドの根底にまで染みついたヒンズー教における
     カースト制度を禁止しようとして、貧しい階級から努力して政治家になった
     「ビームラーオ・アンベードカル」という偉人がいました。

     奴隷のように扱われていた人たちが人間たる尊厳を取り戻すために、
     ヒンズー教から仏教に改宗する大きな運動が、60年前に
     アンベードカルを中心にナグプールの都市で行われたのです。

     「ジャイ」は万歳、
     「ビーム」はアンベードカルの名。
      アンベードカル博士の存在と行動は、虐げられた人たちにとって、
     人間として生きるための微かな光になり勇気となりました。

      アンベードカル亡き後、その遺志は時空を超え、
     旗(祝日・日の丸)日出る国からインドの大地に現れたひとりの僧侶に引き継がれることになります。
     路頭に彷徨う人々の新しい光となり、今もインド民衆から多くの尊敬を集めている、
     ❬佐々井秀嶺❭(ささい しゅうれい)さん、本作はその人のドキュメンタリーです。

     数年前に、監督は奥さまの提案で家族でインド旅行しました。カレー
     現地で、インド仏教の頂点に立っているのが日本人だと知り、
     ドキュメンタリー映画を撮ろうと再訪します。

     1935年生まれ。
     32歳で渡印してから50年以上。自殺未遂3回。身分差別や貧困と闘い、
     インド発祥でありながら廃れていた仏教を復興させることに身を捧げ続けている
     佐々井さん。

     生死をさ迷う大病から生還し、昨年はコロナにも感染。
     それでもなお、情熱を持って突き進んでいる姿は、
     私たちにたくさんの希望を与えてくれます。

    
     師はインド料理はまずいといいます。インド人
     日本食が大好きです。
      インドで生き抜くのは大変だ。
     人に騙されるのは当たり前だと言います。
      なぜ、インドにいるか? それが使命だ!と言いきります。

     カースト差別は今もインド社会のあらゆる場面で残っていますが、
     現実にも立ち向かい、人として生きる希望の光(ビーム)きらきらを称えるかのように
     今日もインド仏教徒たちの間では「ジャイビーム」が使われています。

      ジャイビーム!  魔法のことばですね。

     77分の中に愛がぎゅっと詰まった素晴らしい
     ドキュメンタリーを観ることができて元気chargeできました。\(^o^)/

     多くの人に観ていただきたい秀作です。映画(かちんこ)

        
Posted by icba-committee at 22:27 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
【Mutual Understanding 】を観た。[2021年08月22日(Sun)]
【Mutual Understanding 】(2019 野呂悠輔 監督)を見ました。

   https://m.youtube.com/watch?v=4U0na6eKgqk

  
   留学生のフランス人女性はNY[]でホームシックになっていました。(;o;)
   そんなとき、同じ語学学校に通う、謎めいた日本人男性と出会います。
   ある夜二人は、歩いて一緒に帰ることに。
    会話は盛り上がり、女性はうちに来ない?と誘いましたが
   断られます。そして、彼は彼女の前から姿を消しました・・・

    ☆広島こわい映画祭2020☆

         光武蔵人賞    受賞

    ((((;゜Д゜)))

   21分の中で、観客の創造力が広がっていきます。
   どんなワケアリだったのか。。。。
   孤独なのに淋しそうでない彼の独特の雰囲気が夜のNYに溶け込んでいます。

    夏に観て良かったですヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ
Posted by icba-committee at 14:26 | 映画(かちんこ)FILM | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
最新記事
最新コメント
icba-committee
The Hot Sardines ♪ (02/04) まあちゃん
The Hot Sardines ♪ (02/03) icba-committee
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) まあちゃん
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) icba-committee
Cross stitching はさみ (10/09) まあちゃん
Cross stitching はさみ (10/08) icba-committee
全日本 栗愛好会♯ (09/20) icba-committee
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/20) まあちゃん
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/19) 抹茶
全日本 栗愛好会♯ (09/19)