CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2020年10月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
記事掲載の効果 [2010年01月29日(Fri)]
ハンプティダンプティ文庫の紹介記事が先日横浜の「ひろたりあん通信」という地域紙に掲載されました。昨日の活動では、見学者が何人も・・・音符
ボランティア希望の学生さんは、この記事を見て訪ねて来られたそうです。効果大ですね〜
何でもやってみるもんですハート

リーダーの方がおっしゃるには、昨年オパール・ダンさんにお会いしてから、ぐーんと元気をいただいて、良い方向へ向かっているとのこと。
そういえば、伊藤忠記念財団の助成金をいただいたのもその後でしたね・・

3月の活動日には是非またダンさんにお会いしたい、メンバ−にも会って欲しいと話してくれました。
Posted by icba-committee at 20:01 | ≪文庫紹介≫ | この記事のURL | コメント(0)
文庫の存続 [2010年01月17日(Sun)]
15日(金)にICBAの文庫ミーティングがありました。2ヶ月に1度くらい開かれるこの会議では、国内の東京近郊にある文庫のメンバ−が集まり、ICBAのイベントの話をしたり、海外文庫の状況や文庫報告をしたりします。文庫の子どもたちは、小学校を卒業すると基本的には文庫も卒業なので、3月はリーダーを含め会員が入れ替わる時でもあります。当然6年生が多い文庫はごそっと会員が減ってしまうので、文庫を存続させるには大切な時期ですねまる

目黒区にあるフランス語文庫「マロニエ文庫」もそのひとつ。2人のマダムに来ていただいているそうです。最近ではフランス語圏から帰国される方が少ないのでしょうか?フランス語の本を中心に据えた文庫活動はきっと貴重なものだと思います。何とか文庫が継続することを願っています。

実はもう一つフランス語文庫があります。最近リーダーの方が横浜から川崎市の麻生区にお引っ越しをされたので、是非そちらの方でも続いてほしいなぁと思います音符
Posted by icba-committee at 10:00 | ≪文庫紹介≫ | この記事のURL | コメント(2)