CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MICKEYBOARDS

国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆


プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2022年01月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【目の見えない白鳥さんとアートを見に行く】を読んだ。 [2021年10月28日(Thu)]
川内有緒 著 【目の見えない白鳥さんとアートを見に行く】
     (2021 集英社インターナショナル)を読みました。

   https://www.shueisha-int.co.jp/mienaiart

      白鳥健二さん、51歳、全盲。
      年に何十回も美術館に通う❬美術鑑賞家❭

   
      このタイトルに惹かれますね。

        目の見えないひとがアートを見る目
   どのように?触ったり、音声ガイドを聴く?
   同行者が詳しく細かく解説するのを聴きながら見るのです。
   見方はひとそれぞれで、草原に見えたり湖に見えたりすることが
   面白いです。

    アートは自由に見ていいのだと再認識しました。
          眼鏡

    
    著者は絵について白鳥さんに説明しているうちに、
    新たなことに気づいていきます。
        氏は一般的な解説を求めているのではなく
        (それなら音声ガイドや点字資料で充分)
        作品全体の雰囲気を体験するために
        晴眼者と足を運び楽しんでいるのです。

    【バウルの歌を探して】で川内有緒と出逢い、
    私にとって長年探し続けていた謎を究明できた
    衝撃的な一冊だったので、
    著者の新作には期待が大きかったです。右矢印2右矢印2
    ノンフィクション作家:高野秀行氏も絶賛していた本作を読める日が
    待ち遠しくてたまりませんでした。

    著者は白鳥さんや仲間を囲んで障害についてストレートに語り合い、
    氏の人生、アート鑑賞をする意味を見いだし、自身が抱いていた偏見に
    考えさせられます。

    最も印象的だったのは、
    「もしも手術で目が見えるようになるとしたら、
    受けたい?」の質問に、
    『子ども時代に戻って見えるようになるのならいいけど、
     今の年齢で急に見えるようになってもねぇ。。
     もう慣れているから、このままがいいよ(^◇^)』と答えた
    白鳥さん。
     白鳥さんは美術館が大好きなのです。

      人間の深さを感じられた335頁でした。

      
     

     掲載されているアート作品
      ピエール・ボナール、 パブロ・ピカソ、クリスチャン・ボルタンスキー、
     大竹伸朗の絵画、興福寺の仏像、障害がある人の作品、
     風間サチコの木版画、マリーナ・アブラモヴィッチの《夢の家》など。 


    
    
Posted by icba-committee at 13:13 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
コメント