CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
MICKEYBOARDS
国際児童文庫協会(ICBA)の
音楽ディレクター♪MICKEYのブログです。
◆音楽★映画★本★日々の出来事などを語ります◆

« 【あなたと、どこかへ。】を読んだ。 | Main | The Hot Sardines ♪ »
プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2021年06月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml
【おばんでございます】を読んだ。[2021年02月01日(Mon)]
桜木紫乃 著 【おばんでございます】(2020 北海道新聞社)を読みました。

       https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.hokkaido-np.co.jp/sp/amp/article/478603%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAdWZ4sjp963L-gGwASA%253D


     桜木氏の初エッセイ。️
     新人賞を取ってから単行本デビューまでに5年かかり、
     ❰ホテルローヤル❱で直木賞受賞までさらに多くの年月を費やしました。
     書いても書いてもボツ原稿ばかりで編集者に『育ててもらい』
     オッカからサッカになれた桜木氏。苦労の連続だったのですね。ふらふら
     場末のストリッパー、漁師、任侠、放浪者たちが
     どんよりした町で必死に生きていくような湿気たっぷりストーリーとは違い、
     本作は軽快でユーモラスなタッチで綴られ、新たな桜木氏を発見しながら
     ページをめくりました。
     お子さんたちや夫さんのことも出てきて❬フツー❭の部分も垣間見えて安心しましたてれてれ

     《流れ着いた土地で不平を言わずに生きる!》

     私も見習います。m(_ _)m
     
     
     ~~~北海道のサラサラの雪を北海道生まれの作家は
        掌の暖かさで雪玉にするかの様に小説を編む~~~


      短いエッセイ集なので読みやすかったのですが、
      やはり桜木節️  何度も立ち止まったり戻ったりしながら
      ことばを噛みしめてゆっくり胸に落としていきました。

      
     巻末の、北海道で活躍する❰シ−クレット歌劇団0931❱主宰の愛海夏子さんとの
     対談も面白いです。  
      


   
Posted by icba-committee at 21:16 | 読書ノート2(開) | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/icba/archive/3503
コメントする
コメント
最新記事
最新コメント
icba-committee
The Hot Sardines ♪ (02/04) まあちゃん
The Hot Sardines ♪ (02/03) icba-committee
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) まあちゃん
【Breakfast at Tiffany's 】を観た。 (01/05) icba-committee
Cross stitching はさみ (10/09) まあちゃん
Cross stitching はさみ (10/08) icba-committee
全日本 栗愛好会♯ (09/20) icba-committee
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/20) まあちゃん
【♪Klavier auf dem Meer und dem Berg ♪/海と山のピアノ】を読んだ。 (09/19) 抹茶
全日本 栗愛好会♯ (09/19)