CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年06月 | Main | 2013年08月»
最新記事
月別アーカイブ
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
プロフィール

アイキッズさんの画像
アイキッズ
プロフィール
ブログ
7月13日 第4回アイキッズ活動報告  [2013年07月22日(Mon)]
スライド1.JPG



スライド2.JPG



スライド3.JPG



スライド4.JPG


スライド5.JPG


スライド6.JPG
京都新聞で紹介されました [2013年07月17日(Wed)]
7月13日(土)第4回アイキッズ活動で、なれずし飯漬けをしている様子が京都新聞滋賀版に紹介されました。



2013-07-14京都新聞滋賀版.jpg
ESDのためのKODOMOラムサール〈釧路湿原〉 [2013年07月17日(Wed)]
ESDのためのKODOMOラムサール〈釧路湿原〉

にアイキッズから2人が参加しました。


■日 程:2013年7月6日(土)〜7日(日) 1泊2日
■参加した子どもたち
     釧路湿原、サロベツ原野、宮島沼、大沼(北海道)
     谷津干潟(千葉県)、藤前干潟(愛知県)、琵琶湖(滋賀県)の子ども代表約30人
■プログラム
 釧路市北部に広がる釧路湿原は、面積18,000haの日本最大の湿原で、日本がラムサール条約に加入した1980年に第1号のラムサール条約登録湿地となりました。湿原にはタンチョウ、オジロワシ、キタサンショウウオ、高層湿原の植物など、多くの貴重な野生動植物が生息しています。
 タンチョウは、アイヌ語でサルルン・カムイ(湿原の神)と呼ばれ、湿原を代表する生きものです。明治期に乱獲された影響で一時は絶滅したと考えられていましたが、釧路湿原で細々と生き延びていたのが発見され、地元の人々の手厚い保護の取り組みによって絶滅をまぬがれ、現在では1,000羽を超えるまで個体数が回復しました。
 このタンチョウ保護運動の歴史は、やがて日本のラムサール条約加入、登録湿地の拡大(現在46湿地)へと発展してきたのです。
 釧路湿原とそこに暮らす人と生きものとの共生、歴史と文化、賢明な利用の実際について学びました。


■釧路湿原フィールドワーク

CIMG0036 (2).jpg


■KODOMO活動発表(アイキッズの発表要旨)
@.滋賀のびわ湖を紹介します。びわ湖は、日本最大の湖です。ラムサール条約の登録面積を、びわ湖と釧路湿原とを比べてみました。なんとびわ湖は、釧路湿原のおよそ8倍の大きさがあります。
広さも有名ですが、世界中で3番目に古い湖であることもとても有名です。なんと400万年の歴史があります。

CIMG0100 (2).jpg


A.その広さと古い歴史があることから、1000種類の生き物がいたり、世界中でびわ湖だけしか住んでいない生き物が53種類もいたりします。魚だけでも世界中でびわ湖にしかいない魚が、11種類もいます。1メートル以上になるビワコオオナマズは、一番有名です。
滋賀の人々は、昔から、飲み水や魚といったびわ湖の恵みを受けて生活してきました。

B.アイキッズの活動テーマは、ふるさとの伝統食づくりを通して、びわ湖のめぐみについて考えることです。これが滋賀の食文化財に指定された伝統食です。

C.この中でも一番有名な食べ物が、魚の「なれずし」です。できあがるまでに半年から数年かかります。ご飯の中で魚を発酵させて作ります。この料理には、魚を保存しておくふるさとの人々の知恵が詰まっています。他にもびわ湖の魚や地元の野菜を使っていろいろな料理を作っています。
伝統食を作って食べることを通して、人とびわ湖との関係について学んでいます。食材を生み出すふるさとの自然環境についても考えています。びわ湖の恵みを今後もいただけるように、どのような環境にすればいいのか考えていきたいです。

CIMG0104 (2).jpg


D.滋賀県の人々は、琵琶湖の水を守ろうとみんなで頑張ってきたので、びわ湖は昔とは比べてどんどんきれいになってきています。
滋賀県では、汚れた生活の水も高い技術できれいにしてからびわ湖に戻しています。すくってそのまま飲める水がたくさんあるきれいなびわ湖にみなさんも是非一度きてみてください。

■KODOMOラムサール会議 
アピールづくりのディスカッション

CIMG0077 (2).jpg


7月13日(土)集合場所・時間の変更 [2013年07月05日(Fri)]
アイキッズ通信


“7月13日(土) 第4回アイキッズ活動“集合時間・場所のご連絡

みなさんこんにちは! 第4回アイキッズ活動のスケジュールをご連絡します。

<かいさい日>
     ・ 7月13(土) 8:30〜16:30
<じかん>
     ・ よてい 8:30(集合(しゅうごう))〜16:30頃(解散(かいさん))
<しゅうごう>
     ・ パナソニック 草津工場 正門前
<かいさん>
     ・ 同上

      
<持ちもの>名札、飲み物、お弁当(べんとう)、タオル、フィールドノート、筆記(ひっき)用具(ようぐ)、(エプロン、三角巾(さんかくきん)、は事務局準備)

当日スケジュール(よてい)
○  8:30  しゅうごう(パナソニック 草津工場 正門前)
             「草津メロンと愛彩菜のお話を農家さんにお聞きします」
○ 12:00        【昼 食】
○ 12:45   草津あおばな館
              『愛彩菜や草津野菜の調理実習&なれずしの飯づけ』
○ 16:30  かいさん(パンソニック 草津工場 正門前)
以上
【至急】びわっこ大使募集! [2013年07月05日(Fri)]
〜タイでKODOMOラムサールに参加して世界の子どもたちと交流しよう〜
 
 滋賀県では、県内の小学生(4年生〜6年生)を募集し、びわっこ大使として、平成26年1月にタイ・バンコクで開催される「KODOMO ラムサール国際湿地交流」に派遣します。
本県の取り組みを世界に発信するとともに、現地の子どもたちとの交流を行い、環境保全の核となる次世代のリーダーを育成することを目的とします。
 この事業を通じて、未来の湖国の環境保全を担う子どもたちの成長を育み、地域を越えた交流が広まることを期待しています。

★詳しくはこちらをご覧ください↓★
http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/biwakko.html

○目的:
 県内の小学生を、平成26年1月にタイ・バンコクで開催される「KODOMOラムサール国際湿地交流」に派遣します。本県の取り組みを世界に発信するとともに、現地の子どもたちとの交流会を行い、湖国の未来を担う子どもたちのさらなる成長を育むことを目的とします。
 また、参加者がこの事業を通じて学んだことを地元に持ち帰り、他の子どもたちに伝え、活躍してくれることを期待しています。

○対象:県内に在住する小学4年生から6年生

○募集定員:6名

○応募締切:2013年7月10日(水)必着

○主な内容(予定):
(1)事前学習会の実施(5回予定)
 日程: 平成25年7月28日(日)、8月3日(土)、10月6日(日)、11月10日(日)、12月22日(日
(2)事前説明会(保護者、指導者への説明)
 日程:平成25年8月3日(土)、 12月22日(日)【予定】
(3)タイへの派遣
 日程:平成26年1月9日(木)〜1月14日(火)  【予定】 
(4)三方五湖への派遣
 日程:平成26年8月9日(金)〜8月11日(日)  【予定】
 場所:福井県若狭市および美浜町  三方五湖
(5)報告会
 日程:平成26年2月頃
 内容:タイなどでの交流を報告
■費用:@タイへの派遣
     約5万円+自宅から関空までの往復交通費
    A事前学習会、説明会、報告会での自宅からの往復交通費
    B三方五湖への派遣
     自宅から県内集合場所までの往復交通費
■締切:7月10日(水)郵送で必着

■課題:作文(自由様式)+活動写真

★応募を希望される方は、至急事務局まで連絡願います。

○主催:滋賀県、公益財団法人淡海環境保全財団